烏丸せつこ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

からすま せつこ
烏丸 せつこ
生年月日 (1955-02-03) 1955年2月3日(67歳)
出身地 日本の旗 日本 滋賀県大津市
身長 156 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ
活動期間 1979年 -
配偶者 田中寿一(1982年 - 2001年)
一般人男性(2014年 - )
事務所 ティー・アーティスト
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
『海潮音』
『四季・奈津子』
『駅 STATION』
テレビドラマ
『功名が辻』
『花嫁のれん』シリーズ
備考
6代目クラリオンガール(1980年)
テンプレートを表示

烏丸 せつこ(からすま せつこ、1955年2月3日[1][2] - )は、日本女優[3]

滋賀県大津市出身[1][2]。中京大学中退[4]。ティー・アーティスト所属[1]。6代目(1980年度)クラリオンガール[5]。身長156cm、血液型はA型[1]。「日本人離れしたボディ」で脚光を浴びた[6]

来歴[編集]

1979年に6代目(1980年度)クラリオンガールに選出され、芸能界デビュー、デビュー直後にCF、ポスター等でセミヌードを披露する[7]。あどけない表情と[5]日本人離れしたプロポーションで、当時のグラビアを席捲した[8]

『海潮音』に出演し、女優としてのスタートを切る。同時期には五木寛之による『四季・奈津子』の主役・奈津子役で初主演。ファッション史研究の川本恵子は「裸が最高、ファッション不要。肉体そのものが完璧で、それだけで圧倒的に存在感があるから、ファッションなんて必要ない。あのヌード以上に魅力的な衣装なんてない」などと評した[9]

周囲をアタフタさせる大胆な言動も注目を集め[5]、『サウンドストリート』でラジオDJとしても活動。ビートたけしや浜田省吾らとの関係が噂されたこともあった[5][10]

NHK大河ドラマ『功名が辻』で明智光秀の妻・槇役を、『南京の真実』では広田弘毅夫人・広田静子役を演じ活動を再開。

2014年には『ジュリエット通り』で本格的な舞台に初出演[4]

2020年に出身地の滋賀県を舞台とする『スカーレット』でNHK連続テレビ小説に初出演した[11][13]

私生活[編集]

1981年の『駅 STATION』で知り合った[14]、自身の所属事務所の社長で映画プロデューサーだった妻子[注 1]ある田中寿一と、不倫の末、1982年に結婚。1983年、1990年に女子を出産[15]。しかし田中が事業を失敗し7億5000万円の借金を作ったため2001年離婚した[15]。烏丸自身も1億2000万円の負債を抱えたが、自己破産[15]し、その1億2000万円の借金は債権者に返済されないままとなっている。

共通の知人を通じて知り合った2歳年下の大手レコード会社社員のディレクターと2014年6月10日に婚姻届を提出[8][16]。またも不倫の末の略奪婚だった。

出演[編集]

映画[編集]

  • 海潮音(1980年、ATG) - 吉井さちこ 役
  • 四季・奈津子(1980年、東映) - 奈津子 役
  • マノン(1981年、東宝) - みつこ 役
  • 駅 STATION(1981年、東宝) - 吉松すず子 役
  • すっかり…その気で(1981年、東宝) - 春日さち子 役
  • MISHIMA(1985年)
  • メイク・アップ(1987年) - マミ 役
  • ゴキブリたちの黄昏(1987年、ヘラルド・エース) - モモコ 役
  • ハロー張りネズミ(1991年、大映)
  • 北緯15°のデュオ(1991年、「北緯15°のデュオ」の上映を成功させる会) - マニラ在住の日本人女性 役
  • 奇跡の山 さよなら、名犬平治(1992年、東宝) - 加納恵子 役
  • 南の島に雪が降る(1995年、リバース配給) - 叶谷知美 役
  • 岸和田少年愚連隊・望郷(1998年)
  • 母の居る場所・台風一過(2004年、KAERU CAFE) - 美智子 役
  • パローレ(2004年、K&M) - 幸子 役
  • 怪談新耳袋#怪談新耳袋劇場版ヒサオ(2004年8月21日、スローラーナー)
  • 誰がために(2005年、パル企画)
  • そうかもしれない(2006年、シナジー)
  • 歌謡曲だよ、人生は(2007年) - 小畑忠子
  • 松ヶ根乱射事件(2007年、シグロ=ビターズ・エンド=バップ)
  • 次郎長三国志(2008年、角川映画) - お夏 役
  • 南京の真実 第一部・七人の死刑囚(2008年1月25日、チャンネル桜エンタテインメント) - 広田弘毅の妻・静子 役
  • 伊藤の話(2008年4月26日、カエルカフェ) - 屋敷の乳母 役
  • 湾岸フルスロットル1(2008年) - 主人公堂上駿のバイト先の店長 役
  • 湾岸フルスロットル2(2008年) - 主人公堂上駿のバイト先の店長 役
  • ふるさとをください(2008年、きょうされん企画映画) - 片倉千草 役
  • 少年メリケンサック(2009年、東映)
  • 沈まぬ太陽(2009年)
  • ロストクライム -閃光-(2010年7月3日、角川映画)
  • HESOMORI -ヘソモリ-(2011年、HESOMORI投資事業有限責任組合)
  • はさみ hasami(2012年1月14日、アートポート)
  • 樹海のふたり(2013年) - 小森茂子 役
  • 64-ロクヨン-(2016年) - 日吉雅恵 役
  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2016年6月25日) - 牛頭 役[17]
  • 二重生活(2016年6月25日) - 近所のおばさん 役
  • 祈りの幕が下りる時(2018年1月27日、東宝) - 宮本康代 役
  • 傀儡(2018年6月16日、T-artist) - 柳井波絵 役
  • 教誨師(2018年10月6日、マーメイドフィルム=コピアポア・フィルム) - 野口今日子 役
  • オボの声(2018年10月20日、T-artist) - 武井昌子 役
  • 現在地はいづくなりや 映画監督東陽一(2020年2月22日、モンタージュ) ※ドキュメンタリー映画
  • 横須賀綺譚(2020年7月11日、Cinemago) - 陽子 役
  • 明日の食卓(2021年5月28日、KADOKAWA / WOWOW) - 石橋よしえ 役[18]
  • なん・なんだ(2022年1月15日、太秦)- 美智子 役
  • 夕方のおともだち(2022年2月4日、彩プロ)

テレビドラマ[編集]

  • 松本清張の「顔」(1982年9月、TBS) - 主演:夏川ケイ 役
  • 火曜サスペンス劇場「二人の女」(1983年12月27日、日本テレビ) - 谷村こずえ 役
  • ドラマ人間模様「追う男」(1986年、NHK
  • 月曜ワイド劇場「死を呼ぶ結婚 床下の恋人は花に埋もれて…美人OL50日間の新婚生活」(1986年2月10日、ANB)
  • 金曜女のドラマスペシャル「はるちゃん・待ちくたびれた女」(1987年2月27日) - 主演:はる 役
  • 夏樹静子サスペンス「砂の殺意」(1987年5月25日)
  • 月曜・女のサスペンス・傑作推理受賞作シリーズ・死の郵便配達(1989年9月18日、テレビ東京系列) - 主演:尾崎静子 役
  • 男の選びかた(1997年、THK)
  • 新・花へんろ(1997年5月 - 6月、NHK総合)
  • 少年たち(1998年12月、NHK総合) - 角田理恵 役
  • さそり 第4話・第5話(2004年、BS-TBS)
  • 早乙女千春の添乗報告書(16)静岡湯けむりツアー殺人事件(2004年10月18日、TBS) - 鈴子 役
  • ハチロー〜母の詩、父の詩〜(2005年1月 - 3月、NHK総合) - ハル 役
  • 次郎長 背負い富士(2006年6月 - 8月、NHK総合) - ふな 役
  • 大河ドラマ 功名が辻(2006年、NHK大河ドラマ) - 槇 役
  • 水戸黄門 第36部 第12話「母と呼ばせた大相撲・松江」(2006年、TBS・C.A.L)
  • 陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜(NHK総合) - お代の方 役
    • 陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜(2007年)
    • 陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜2(2008年)
  • 京都地検の女 第4シリーズ 第7話「毒薬殺人の果てに…過食妻の孤独」(2007年12月13日、ANB)
  • 土曜ワイド劇場(テレビ朝日)
    • 「温泉(秘)大作戦(5)」(2008年) - 西邑妙子 役
    • 「私は代行屋!」(2012年8月18日) - 菅原夏美 役
  • 再婚一直線!(2008年) - 栗林正子 役
  • 水曜ミステリー9(テレビ東京
    • 「指紋捜査官・塚原宇平の神業(3)完璧すぎる指紋」(2008年) - 河村治子 役
    • 「街占師 〜北白川晶子の事件占い〜」(2008年9月11日) - 水島友里江 役
    • 「ガンリキ 警部補・鬼島弥一」(2012年1月18日、テレビ東京) - 川澄菜穂子 役
  • 芸術祭参加ドラマ シュラバッ!〜女の秘密と遺産バトル〜(2008年10月4日、中部日本放送制作・TBS) - 豊島悦香 役
  • 必殺仕事人2009 第14話(2009年5月1日、朝日放送制作 / テレビ朝日系) - おゆうの母 役
  • 月曜ゴールデン (TBS)
    • 「家族〜あなたに死刑が宣告できますか?」(2009年5月18日) - 遠野幹子 役
    • 「離婚妻探偵2」(2009年6月15日)
    • 「十津川警部シリーズ51」(2014年1月13日) - 金井富美 役
    • 「税務調査官・窓際太郎の事件簿26」(2014年2月24日) - 星島初子 役
  • 金曜プレステージ(フジテレビ)
    • 「平岩弓枝作家50年記念・嫁の座」(2009年5月29日)
    • 「浅見光彦シリーズ38 十三の冥府」(2010年9月24日) - 神尾和子 役
  • 鉄の骨 第4話(2010年7月24日、NHK土曜ドラマ) - 長岡昇の妻 役
  • 科捜研の女 第10シリーズ CASE.X(2010年9月16日、テレビ朝日) - 浅羽美恵 役
  • 花嫁のれん(東海テレビ) - 谷本照子 役
    • 第1シリーズ(2010年11月1日 - 12月29日)
    • 第2シリーズ(2011年10月31日 - 12月29日)
    • 第3シリーズ(2014年1月6日 - 3月28日)
  • 松本清張ドラマスペシャル 砂の器 第二夜(2011年9月11日、テレビ朝日・東映) - 旅館の女将 役
  • 名もなき毒 第7話 - (2013年8月19日 -、TBS) - 奈良和子 役
  • プレミアムドラマ「私は父が嫌いです」(2015年3月29日、NHK BSプレミアム) - 古賀サトエ 役
  • コウノドリ 第5話(2015年11月13日、TBS) - 笠原節子 役
  • 遺産相続弁護士 柿崎真一 第3話(2016年7月21日、読売テレビ) - 津木野芳子 役
  • 神の舌を持つ男 第9話(2016年9月2日、TBS) - 小野寺華子(女将) 役
  • 砂の塔〜知りすぎた隣人(2016年) - 三田久美子 役
  • 隠れ菊(2016年、NHK-BS) - 吉岡鶴代 役
  • 月曜名作劇場ドラマ特別企画「十津川警部シリーズ6 日光・恋と裏切りの鬼怒川」(2018年9月10日、TBS) - 亀井公子 役
  • 連続テレビ小説 スカーレット(2019年 - 2020年、NHK) - 小池アンリ 役[11]

情報番組ほか[編集]

  • 美女紀行・E湯・E旅(1986年、テレビ朝日)
  • いい旅・夢気分(2009年5月、テレビ東京) - あいはら友子とともに房総半島の旅
  • わたしが子どもだったころ 第87回「菊地成孔」編(2009年10月、NHK BShi) - 再現ドラマでのストリッパー 役
  • NHKスペシャル 未解決事件 File.03「尼崎殺人死体遺棄事件」(2013年6月、NHK) - 主犯の女性 役

舞台[編集]

  • ジュリエット通り(2014年10月8日 - 10月31日、Bunkamuraシアターコクーン) - ボタン 役

ディスコグラフィー[編集]

※ すべてアポロンより発売、2019年9月24日現在、一部の曲がオムニバスアルバムに収録されている例はあるが、すべて未CD化

シングル[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1981年10月21日 EP AY07-1 A JINX(ジンクス) 康珍化 岡本一生 戸塚修 日清「イタリアンヤキソバ」イメージ・ソング
B Big Birdを待たないで 東陽一 荒木一郎 井上鑑
1982年 EP AY07-3 A キャット・ウォーク 康珍化 亀井登志夫 後藤次利
B 夢ばなれ 篠塚満由美 TEmPA
1984年11月21日 EP AY00-001S A 流されて 竜真知子 滝沢洋一 大谷和夫
B FLAPPER DANCE 伊藤薫

アルバム[編集]

発売日 規格 規格品番 アルバム
1981年11月 LP AY28-1 キスミー Kiss Me
No. タイトル 作詞 作曲 編曲
A1 Rock' Roll Doll 浜田省吾 戸塚修
A2 How Are You 実川俊 井上鑑・実川俊
A3 Everything 下田逸郎 井上鑑
A4 Woo-ha Woo-ha 実川俊 井上鑑・実川俊
A5 Jinx(ジンクス) 康珍化 岡本一生 戸塚修
B1 いつとはなしに.. 来生えつこ りりぃ 戸塚修
B2 Kiss Me 下田逸郎 井上鑑
B3 Big Birdは待たないで 東陽一 荒木一郎 井上鑑
B4 冷たい窓 来生えつこ 荒木一郎 戸塚修
B5 バラード 浜田省吾 戸塚修

オムニバスアルバム[編集]

  • JーPOPヒットパレード7 80-82 ベスト・ヒット・セレクション(1998年10月25日、ダブリューイーエー・ジャパン、WPC7-8557)- 「Jinx(ジンクス)」を収録
  • R40’S 本命 魅惑の女優たち(2013年5月8日、徳間ジャパンコミュニケーションズ、TKCA-73899)- 「Jinx(ジンクス)」を収録

写真集[編集]

  • マノン(1981年、KKベストセラーズ)
  • 平凡パンチ臨時増刊(1985年、マガジンハウス)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. 妻は東宝女優・沢井桂子[14]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 烏丸せつこ”. T-artist. 2020年1月6日閲覧。
  2. 2.0 2.1 烏丸せつこ - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年4月16日閲覧。
  3. 烏丸せつこ”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月16日閲覧。
  4. 4.0 4.1 “烏丸せつこ、再婚同士の熟年婚!お相手は2歳年下レコード会社社員”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 3. (2014年6月18日). https://www.sanspo.com/article/20140618-AUCDEXWTYNITXHYZMUHFY7EEQM/3/ 2020年1月10日閲覧。 
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 アサヒ芸能 (徳間書店) (2011年11月3日号): 37. 
  6. 烏丸せつこ「なんか古くない?」「くっさー」「キモッ」主演作めった切り”. 日刊スポーツ (2021年12月25日). 2021年12月25日閲覧。
  7. 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 「熟女」の誕生とそれから
  8. 8.0 8.1 “59歳 烏丸せつこ結婚 2歳下の大手レコード会社社員と”. ZAKZAK (産経デジタル). (2014年6月18日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140618/enn1406181147013-n1.htm 2017年4月16日閲覧。 
  9. 『週刊朝日』1981年9月18日号 川本恵子「裸が最高、ファッション不要の烏丸せつこ」、p.139
  10. 週刊朝日 (朝日新聞社) (1981年10月30日号): 145. 週刊朝日 (朝日新聞社) (1982年1月29日号): 126. 
  11. 11.0 11.1 “滋賀県出身の烏丸せつこ、ご当地『スカーレット』で朝ドラ初出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2152835/full/ 2020年1月10日閲覧。 
  12. 小池アンリ役・烏丸せつこさんインタビュー - NHK連続テレビ小説「スカーレット」 2020年2月22日
  13. 本人は、かつて連続テレビ小説のヒロインオーディションに計2回応募し、その『マー姉ちゃん』(昭和54年度前期)と『鮎のうた』(昭和54年度後期)、どちらも最終選考まで残ったと明かしている[12]
  14. 14.0 14.1 週刊新潮 1982年10月28日号 「烏丸せつこの『虜』になった四十八歳」、p.120
  15. 15.0 15.1 15.2 元巨乳クラリオンガール 自己破産で自宅差し押さえの過去”. NEWSポストセブン. 小学館 (2010年12月27日). 2017年4月16日閲覧。
  16. “烏丸せつこ、再婚同士の熟年婚!お相手は2歳年下レコード会社社員”. SANSPO.COM (産経デジタル): p. 2. (2014年6月18日). https://www.sanspo.com/article/20140618-AUCDEXWTYNITXHYZMUHFY7EEQM/2/ 2020年1月10日閲覧。 
  17. 中村獅童、笑撃のビジュアル公開!宮藤官九郎の地獄ファンタジーで怪演”. シネマトゥデイ (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  18. "和田聰宏、大東駿介、山口紗弥加、藤原季節、宇野祥平ら、菅野美穂主演『明日の食卓』出演". Real Sound. blueprint. 2021-03-02. 2021年4月9日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。

外部リンク[編集]

テンプレート:クラリオンガール

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "烏丸せつこ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:烏丸せつこ.