Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

微信

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

微信
WeChat
64px
開発元 テンセント
最新版 iPhone - 6.2.3
Android - 6.3.16
Windows Phone - 6.0.4
BlackBerry - 3.6
BlackBerry 10 - 3.0
Symbian V3/V5 - 4.6
Symbian S40 - 2.0
リポジトリ スクリプトエラー: モジュール「String」はありません。
対応OS iOS(iPhoneにインストールのみ)
Android
Windows Phone 8
BlackBerry OS/BlackBerry 10
Symbian V3/V5
対応言語 中国語、英語、インドネシア語、マレー語、スペイン語、韓国語、イタリア語、日本語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、タイ語、ベトナム語、アラビア語、ヒンディー語、ヘブライ語、トルコ語、ドイツ語、フランス語 [1][注釈 1][2]
サポート状況 継続中
種別 インスタントメッセンジャー
ライセンス フリーウェア
公式サイト https://www.wechat.com/ja/
テンプレートを表示

微信Zh-weixìn.ogg Wēixìn ウェイシン、英語: WeChat ウィーチャット)とは、中華人民共和国大手IT企業テンセント(中国語:騰訊)が作った無料インスタントメッセンジャーアプリである。「微信」とは、微少の文字数の手紙を意味する[3]

概要[編集]

企画は2010年10月にテンセント広州企画研究センターで始まった[4]。2011年1月21日に中国でサービス開始[5]。同年4月、海外向けに"WeChat"として展開された。テンセントが以前より提供していたインスタントメッセンジャーテンセントQQの発展型として、メッセンジャー機能とソーシャル・ネットワーキング・サービス機能の融合が特徴と評される[3]。金盾の影響を受けない。

世界版であるWeChatでは、Facebookアカウントでの登録が可能である。テンセントは、豊富な資金力を背景にWeChatの海外展開を進めているとされ、世界的各地に遍在する中国人ユーザーからの紹介も、普及の一助になっていると言われる[3]

WeChatのイメージキャラクターに、FCバルセロナ所属のサッカー選手であるメッシが起用され、2013年7月より南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジア地域の15カ国でテレビCMが放映された[6]

利用状況[編集]

2015年2月の同社発表によると登録ユーザー数は11億2,000万人(以降、テンセントは登録ユーザー数を公表していない)。また、20以上の言語版があり、200の国と地域をカバー、70を超える国と地域でナンバーワンのソーシャルアプリであるという[7]。2016年第1四半期における月間アクティブユーザー数が7億6,200万人に到達し、前期比29%増であると発表された[8]

機能[編集]

競合するメッセンジャーアプリ「LINE」や「カカオトーク」とほぼ同じ機能が並んでおり、文字・音声・写真・動画・表情・グループチャットなどコミュニケーション機能を有する[9]。また、バージョン5.0よりモバイル決済機能も追加された[10]が日本では利用できない。

微信支付(WeChat Pay payment)[編集]

微信支付(英: WeChat Pay payment)とは、2013年8月から中国で開始されたスマホ決済サービスである[11]。銀行口座情報を登録したユーザーが、微信支付を導入した店舗等の商品やサービスの支払い、もしくは他のユーザーへの送金等をアプリ経由でできるサービスである。

2015年7月、今月中に日本でサービスを提供すると発表し、日本の百貨店などに導入された[12][13]

出来事[編集]

ロシアでの通信規制
2017年5月6日、ロシアのスクリプトエラー: モジュール「仮リンク」はありません。(通称:ロスコムナゾール)は、同社が「インターネット上の情報配信の主催者」の連絡先を提出しなかったため、アクセスを4日に遮断したと明らかにした[14][15]

関連項目[編集]

  • インスタントメッセンジャー
  • インターネット電話
  • チャット
  • Viber(バイバー)- キプロスのViber Mediaが提供するインターネット電話サービス。
  • comm(コム)- 日本のディー・エヌ・エーが提供していたインターネット電話サービス。2015年4月21日サービス終了[16]
  • Google+ ハングアウト(グーグルプラス ハングアウト)- アメリカのGoogleが提供する統合メッセンジングサービス。
  • LINE - LINE(株)が提供するインスタントメッセンジャーサービス。
  • カカオトーク - 韓国のカカオが提供するモバイルメッセンジャーサービス。
  • WhatsApp - アメリカのWhatsAppが提供するモバイルインスタントメッセンジャーアプリケーションソフトウェア。
  • Kik Messenger - アメリカのKik Interactiveが提供するモバイルメッセンジャーサービス。
  • おサイフケータイ/Android Pay/Apple Pay/Alipay(支付宝)/LINE Pay/Facebook Messenger

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. iTunes の App Store

出典[編集]

  1. 微信(WeChat)普及状況マップ インド、タイ、マレーシアへの普及が顕著
  2. WeChat for PC
  3. 3.0 3.1 3.2 LINE最大のライバルWeChat - Tech-On! 2013年5月23日(日経BP)
  4. Loretta Chao , Paul Mozur (2012年11月19日). “Zhang Xiaolong, Wechat founder”. The Wall Street Journal. http://cn.wsj.com/gb/20121119/tec072332.asp 2012年12月2日閲覧。 
  5. 微信 1.0 for iPhone(测试版) 全新发布”. 微信. 2016年12月17日閲覧。
  6. 微信(WeChat)の海外ユーザーが7,000万人を突破 新たなイメージキャラクターにはメッシを起用
  7. WeChat(微信)の登録アカウント数が11億人に到達 - THE BRIDGE 2015年2月4日(THE BRIDGE)
  8. TENCENT ANNOUNCES 2016 FIRST QUARTER RESULTS - Tencet For Immediate Release 2016年5月18日
  9. WeChat
  10. WeChat、中国におけるソーシャル×キャッシュレスなモバイル決済を目指す - THE BRIDGE 2013年10月9日(THE BRIDGE)
  11. 中国テンセントがスマホ決済「WeChat Pay」の日本戦略、「国境をまたぐO2Oツールに」(日経コンピューター)
  12. モバイル決済サービス「微信支付」、日本上陸へ(国立研究開発法人 科学技術振興機構 中国総合研究交流センター)
  13. 中国で最も人気のあるモバイル決済「微信支付(WeChat Pay)」、日本で中国人旅行者向けに普及本格化(SBIサーチナ)
  14. ロシア、中国のメッセージアプリ「ウィーチャット」を遮断(ロイター)
  15. ロシア、中国の通信アプリ「微信」も規制 利用情報提供せず(産経新聞)
  16. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1502/28/news019.html

外部リンク[編集]


スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。 スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "微信" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:微信.



Read or create/edit this page in another language

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。