ベンソンの銃撃戦

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


ベンソンの銃撃戦(Shootout in Benson)
Benzon Arizona Map 1901.jpg
ベンソンのサンボーン地図 1901年。バージニア・ホテルと鉄道駅は、下左にある
日付 1907年2月27日
場所 アメリカ合衆国アリゾナ準州ベンソン
関係者 ハリー・C・ウィーラー
結果 1人死亡
1人負傷

ベンソンの銃撃戦(ベンソンのじゅうげきせん、Shootout in Benson)は、アメリカ合衆国西部開拓時代の最後の偉大な銃撃戦の1つである。1907年2月27日に、アリゾナ・レンジャーズ ハリー・C・ウィーラーは、アリゾナ州ベンソンの町でJ・A・トレーシーという男を拘束しようとした。トレーシーは逮捕に抵抗し、ウィーラーに発砲したが、ウィーラーは武装したし、銃撃戦が続いた。銃撃が終わったとき、トレーシーとウィーラーの両者が重傷を負っていた、しかしながら、前者は負傷のために死亡したし、ウィーラーは完全に回復した[1][2]

背景[編集]

J・A・トレーシーはベイル・ステーションに住んでいる裕福な実業家であったし、そこで彼はヘルビーシャ・カッパー・カンパニーの代理人として雇われた。著者プレザント・デスパインによると、トレーシーはネバダ州からアリゾナに来て、或る若い貴婦人を追いかけた。彼は彼女と過去に関係を持っていた。しかし、貴婦人はトレーシーに興味がなかたし、彼女は1905年と1906年の間にネバダを離れてフェニックスに向かった。そこで彼女はケンタッキー大佐D・W・シルバートンの息子ミスタ・D・W・シルバートン・ジュニアという人物とジョインし、2人は落ち着くためにツーソンに行った。ミスタ・シルバートンは、自分は、ベンソンの銃撃の余波で新聞複数に話すことを拒否したために名前が不明のままである若い貴婦人と結婚した、と主張した。彼女はコロラドの裕福な家族の娘であったし、トレーシーとの関係のために、彼女は自分の家族の名前を困惑から守りたいと思っていた。伝えられるところによると、式はフェニックスの巡回伝道者聖職者によって行われたが、その後の調査は、この結婚は捏造されたかもしれないことを示唆した。トレーシーはミセス・シルバートンをあきらめていなかった。彼は彼女に脅迫状を送り始め、しばらくして、彼女がすでに結婚していることに気づかずに、彼女に求婚するつもりでダイヤモンドの指環を購入した[1][2][3]

1907年2月に、彼らはトレーシーが「物事を正しくするために」("to set things right")ツーソンに来ることを発見したとき、シルバートンはどこか別の場所にいるのが最善であろうと判断した。そのため、2月26日午後に、彼らはビスビー行きの列車に乗りこんだ。途中で彼らはベイル駅に立ち寄ったし、彼らがトレーシーがプラットホームの外に立っているのが見えたのはこのときであった。ミスタ・シルバートンはトレーシーと対決するために列車を降りたが、その後に続く議論で正確に何が言われたのかは不明である。列車が再び動き始めたとき、シルバートンはそれに乗り込み、トレーシーが車掌車に跳び乗ろうとするのが見えた。旅はビスビーに向かって続いた、しかしながら、列車はベンソンの小さな町で一夜止まらなければならなかったし、シルバートンは駅の向かいにあるバージニア・ホテルの部屋を予約することを余儀なくされた。トレーシーが後ろを追いかけているのではないかと恐れて、ミスタ・シルバートンは駅を監視し、前者が到着したならば彼に警告するために地元の男を雇った[1][2][3]

ハリー・C・ウィーラー中尉とそのキャプテン トマス・H・リンニングもホテルの宿泊客であった。デスパインによると、ホイーラーは「沈着冷静な」("levelheaded")ことで知られていて、「最速な銃使いの1人」("one of the fastest guns around")であった。翌朝、2月27日に、シルバートン家の人々は眼が覚めてトレイシーが町に着いていたことを知ったので、ミスタ・シルバートンは通りに出て、それがはっきりしているかどうかを確認した。そこで彼は、トレイシーがプラットホームに立ってビスビー行きの列車を待っているのが見えたし、回転式拳銃のハンドルがジャケットの下からのぞいていた。シルバートンはその後バージニア・ホテルに戻り、フロント・デスクの事務員に護身用の武器を求めた。事務員は謝絶したが、シルバートンの窮状は近くのロビーで待っていたウィーラー中尉に偶然聞こえた。状況を知らされた後、ウィーラーは、シルバートンが列車に向かう間、トレーシーを逮捕するために外に出た[2][3]

銃撃戦[編集]

ファイル:Harry Cornwall Wheeler.jpg
アリゾナ・レンジャーズのキャプテンとしてのハリー・C・ウィーラー
ベンソンの再建されたサザンパシフィック鉄道駅 観光案内所として利用されている

或るベンソンの新聞によると、トレーシーはシルバートン家の人々が駅の方へ歩いているのが見えて、コルト.45を抜いて彼らに発砲したし、彼はウィーラー中尉に直面したし、彼は言った――「そこで待て。おまえを逮捕する。その銃をよこせ」("Hold on there.I arrest you.Give me that gun.")しかしながら、返事よりもさきに、トレーシーはウィーラーに発砲し始めた。1発目は彼を傷つけずにウィーラーのジャケットを貫通したが、残りの弾丸のうち1発が彼の左脚に当たった。その後、彼は武器を抜き、お返しに4発発砲し、各発射の後に前進した。4発すべてがトレーシーの腰より上に当たったが、彼は通りの真ん中に立ったままであった。このとき、トレーシーはウィーラーにこう呼びかけた――「おれはくたくたに疲れはてている。おれの銃はからだ」("I am all in. My gun is empty.")それはただのトリックにすぎなかったが、完璧にはたらくトリックであった。ウィーラーは銃を地面に投げてトレーシーに向かって歩き始めたが、トレーシーは武器を保持して再び発砲し始めた。弾丸のうち1発がウィーラーの右脚に当たったが、新聞によると、彼は岩らで武装し、無能力になるまでトレーシーをねらってそれらを投げ始めた。しかし、ゆかいなデスパインは新聞に反論し、ウィーラーは実際はトレーシーに打ち倒され、彼らが並んで横たわっていたので、中尉は岩1つをつかみ、それでトレーシーの頭じゅうを打ったと言っている。いずれにせよ、両方の男は重傷を負ったし、シルバートンは無事に逃げた。両方の情報源は、戦いが終わった直後に、或る見物人がウィーラーのこう言うのが聞こえたことで一致している――「まあ、続いていた間、素晴らしい戦いだったな、ああ、じいさん?」("Well, it was a great fight while it lasted, wasn't it, old man?")ウィーラーはトゥームストーンの病院に運ばれ、数か月間活動を停止し、アリゾナ・レンジャーズの3番目で最後のキャプテンとしての任務に戻った。トレーシーはツーソンに送られたが、旅が始まって数時間後に、メスカル駅で負傷のために死亡した。彼は4発撃たれた。首に1発、胸に1発、肩に1発、腰に1発[1][2][3]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 Territorial News: Harry C. Wheeler: Captain of the Arizona Rangers” (2005年12月14日). 2012年5月23日閲覧。[リンク切れ]
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 DeSpain, Pleasant; Don Bell (2000). Sweet Land of Story: Thirty-Six American Tales to Tell. August House. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0874835690. https://archive.org/details/sweetlandofstory0000unse 
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 Arizona Trails: Arizona Ranger Thomas H. Rynning”. 2012年5月23日閲覧。


This article "ベンソンの銃撃戦" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ベンソンの銃撃戦.