1871年のロサンゼルスの中国人虐殺

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

1871年のロサンゼルスの中国人虐殺(Los Angeles Chinese massacre of 1871)
Los Angeles, corpses of Chinese victims, Oct 1871.jpg
虐殺中に殺害された中国人移民ら
Lua エラー モジュール:Location_map 内、456 行目: Location mapのモジュール「"Module:Location map/data/United States Los Angeles Central"」もしくはテンプレート「"Template:Location map United States Los Angeles Central"」が作成されていません。
場所 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
座標 北緯34度03分24秒 西経118度14分16秒 / 北緯34.056583度 西経118.237806度 / 34.056583; -118.237806
日付 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
標的 中国人移民ら
攻撃手段 大虐殺
死亡者 19人
犯人 非中国人の乱衆約500人
動機 人種的動機、地元牧場主ロバート・トンプソンの偶発的な殺害に対する復讐
テンプレートを表示
ロバート・マクレイ・ウィドニー 1885年ころ

1871年のロサンゼルスの中国人虐殺(1871ねんのろさんぜるすちゅうごくじんぎゃくさつ、英: Los Angeles Chinese massacre of 1871)は、1871年10月24日に発生した、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスでの中国人移民を対象とした人種的虐殺である。約500人の白人とヒスパニック系アメリカ人などが、ロサンゼルスの旧チャイナ・タウン地区の中国系住民に対して嫌がらせ、強盗などの人種差別的行為を行い、殺害した[1][2]

虐殺は「ニーグロウ・アレイ」("Negro Alley")とも呼ばれる、Calle de los Negrosで行われた。乱衆は、ライバルの堂(tong)、Nin Yungと、Hong Chowの衝突の結果として、警察官1人と牧場主1人が殺害されたと聞いたのち集まった。彼らの死亡のニュースは、中国のコミュニティ「が白人らを無差別に大量に殺している」("were killing whites wholesale")という噂に燃料を供給するにつれ、街中に広まり、より多くの男がニーグロウ・アレイの境界の周りに集まった。いくつかの21世紀の情報源は、これをアメリカ史上最大の大量リンチングと記述している[2][3]

中国人移民19人が殺害され、うち15人は暴動の過程で乱衆に絞首刑にされたが、そのほとんどはすでに射殺されていて、その後絞首刑にされた[4]。少なくとも1人はミュティレイトされた、そのとき乱衆のメンバー1人が犠牲者のダイヤモンドの指環を手に入れるために指1本を切り落とした。殺害された人々は、当時のロサンゼルスの小さな中国人人口の10%超を占めていたし、それは虐殺前は172人であった。乱衆のうち男10人が訴追され、8人がこれらの死亡で故殺罪で有罪判決を受けた。それら有罪判決は、専門的事項のために上訴で覆された。

要約[編集]

1871年のロサンゼルスの中国人虐殺は、1870年の国勢調査によると5728人の町であるロサンゼルスで、前例のない規模の暴力的で致命的な事件であった[5][6]。中国人コミュニティの内部での論争が漏れでて、「アメリカ人の傍観者の死亡と市の警察官の負傷」("death of an American bystander and the wounding of a city policeman")につながった。この不運な事象は、Calle de Los Negrosを中心とした憎悪と暴力的な破壊の狂乱を火花で発火させた。これは、町で最も古い路地の1つであり、賭博の巣窟のみならず中国の住居と事業の両者で知られていた[7]。虐殺で殺された中国人犠牲者らの1人を除いて全員が、虐殺に至る最初の事象に関与していなかった。混乱が収まった後、少なくとも150人の個人が特定され、「徹底的な検死官の死因審問と大陪審の会合の後」("after an exhaustive coroner's inquest and the convening of a grand jury")の暴力に直接に関係していた[8]。陪審は最終的に、虐殺の犠牲者らの1人の死亡に直接に関与したとして男7人を裁判にかけた。裁判官ロバート・M・ウィドニーは、2年と9年の間の範囲の、故殺罪の有罪判決を言い渡した。しかしながら、カリフォルニア州最高裁判所への上訴は有罪判決をくつがえし、それらケースをウィドニーの裁判所に差し戻した。地方検事キャメロン・E・トムは、それらケースの再審理に反対することを決定し、1873年晩春に被告人を解放した。ロサンゼルス史におけるこの胴枯病は、何度も言及されてきた。新聞報道と法廷報道記事は、市史のこの不幸な時期を背景に、刑事司法制度の役割に関する包括的な展望を提供している。

虐殺の直接の原因は、ライバルの堂、Nin Yungと、Hong Chowの間の戦いの痕跡である。ライバルの派閥どうしは、Yut Hoの誘拐とされることをめぐって争った。Hoは既婚であると報じられたが、女が不足しているために中国コミュニティ内で売春が横行していたし、性奴隷に売られた女らの多くの個々のケースが多かった。警察は以前、料金と引き換えに逃亡者の女らを捕まえ返すために両側を助けていた。しかしながら、Hoの場合、事態は手に負えなくなっていた。2日間、紛争はエスカレートし、ジーザス・ビルデラインとロバート・トンプソン、それぞれ警察官と民間人の死亡につながった。運命的な出来事から間もなく、出来事の場所コロネル・アドビの周りに群衆が集まった。無差別な銃撃と絞首刑が続き、暴力は両側の数百人の負傷と死亡につながり、少なくとも他の3つの地域で繰り返された。混戦の中で、地区裁判官になる予定のロバート・M・ウィドニーを含む、個人数人が状況を落ち着かせようとした。『Los Angeles Star』は、警戒委員会がロサンゼルス・ストリート、Calle de los Negros、メイン・ストリートが合する地点で群衆に話しかけたと報じた。郡保安官ジェームズ・F・バーンズが率いる警察は、数時間後に状況を把握することができただけであった。その後、刑事司法行政システムは、凶悪な行為の責任者らを罰するために事実の詳細をまとめ始めた。

虐殺の主な根拠は、主に、Yit Hoと称する女の所有をめぐる2つの中国の堂の仲間らの間での戦いの激化と見なされている。2つのグループの敵は1871年10月23日から10月24日まで銃を発砲し、ロサンゼルスの警察官ジーザス・バーデラインと民間人ロバート・トンプソンを殺害した。諸報告は、事件を殺人と記述するものとの相違を呈した。夕暮れの数分後に、コロネル・ブロックのいたるところで大規模な集会があった。諸報告によると、群衆の中の一部は、虐殺に関与した7つの殺人を統轄する地区裁判官になるロバート・M・ウィドニーを含んで、グループを落ち着かせ、中国人殺害を阻止しようとした。あるニュース報道によると、最後の殺害は午後9時30分に発生した[9]。当時、郡保安官ジェームズは、さらなるコミュニティの仲間とともに、十分な補強を得ていた。その上、それは虐殺の開始から4時間であり、群衆を四散させ、徹夜で彼らを守っていた。刑事司法施行構造は、大規模な殺害を止める点でまったく欠陥があって、前例のない非人道的な行為を裁くための事実を探す調査を開始した。

背景[編集]

カリフォルニアに住む中国人移民らの増加に対する差別が、高まっていた。それは虐殺の根本的な原因として説明されてきた[10][要ページ番号]。ロサンゼルスの白人居住者らは、彼らを外国人グループと見なして、中国の人口の増加に憤慨していた。1863年に、州議会は、アジア人(中国人、モンゴル人、インド人その他と定義)が白人に対して法廷で証言できず、虐待と不正に対して無防備になり、法律の範囲を超えるという法律を可決していた[11]。1868年に、アメリカは中国帝国とバーリンガム条約に署名し、移民の条件を設定していた[11]。この時期に、アメリカに移住した中国人労働者のほとんどは男であったし、一時的に滞在するつもりであった。ロサンゼルスの小さな中国人コミュニティの数は200より少なく、80%が男であった[11]

もう1つの要因は、ロサンゼルスの荒々しいフロンティアの性質であった。ロサンゼルスは、1850年代に、そのサイズにしては不釣り合いに多くのリンチがあり、「人気ある正義」("popular justice")への愛着があった(これは全国的な暴力の時期でもあった)[12]。それは全国から短期滞在者らを引き付けたし、アルコール使用は主に男の人口の間で高かった。

暴動の数日前にロサンゼルスで、Hong ChowとNin Yungの会社として知られる、中国の堂派閥2つは、Yut Hoという名づけられた中国人女(Ya Hitとしても文書化されている)の誘拐とされることをめぐる確執から対立を始めた。彼女は結婚していると新聞で発表された。中国コミュニティでの女の欠如のために、コミュニティのほとんどの女は娼婦として働き、本質的に性奴隷に売られていた。以前、警察は堂がコミュニティ内の女らとの対立を維持し、時には堂による支払いと引き換えに、逃亡した女らを捕まえ返すのを支援していたが、この場合、事態は手に負えなくなった。中国人の男2人が互いに銃撃したとして逮捕され、保釈されたが、警察はオールド・チャイナ・タウン界隈を監視し続けた。それは、Calle de los Negrosに沿って発展していたし、それは植民地時代に命名された[11][13]

Calle de los Negros[編集]

1888年の地図。Calle de los Negrosは、ロサンゼルス・ストリートに改名されたばかりであった。どちら側でも、それら建物は「チャイナタウン」と記されている。ブロード・プレイスのアーカディア・ストリートの角にコロネル・アドビ。オールド・チャイナタウンは、アラメダ・ストリートを越えて北東に続き、現在はユニオン・ステーション・コンプレックスになっている。

Calle de los Negrosは、ロサンゼルスの主要ビジネス地区のすぐ北東に位置し、アーカディア・ストリートの交差点から広場まで500フィート (150 m)を走っていた。この未舗装の通りは、スペイン人入植者らによって、もともとそこに住んでいた暗い顔色(おそらく多民族の祖先――スペイン人、ネイティブ・アメリカン、アフリカ人)のカリフォルニオス(併合前、スペイン語を話すカリフォルニア人)にちなんで命名された[14]。1860年代にロサンゼルスの最初のチャイナタウンがそこで発展するときまでに、この界隈はスラムに悪化していた[11]

20世紀前半ロサンゼルスの商人ハリス・ニューマークは、回想録の中で、Calle de los Negrosは、「実際、どこにでもあるような無法地帯だった」("as tough a neighborhood, in fact, as could be found anywhere.")と回想した[15]。ロサンゼルスの歴史家モロー・メイヨーは1933年にそれを説明した――

幅40フィートの恐ろしい道が1つのブロック全体を走り、サルーン、賭博場、ダンスホール、そして淫売屋でいっぱいだ。それは、昼夜を問わず、男女を問わず、多くの人種の人々で混雑していた。みな、ここからあそこへ、バーからバーへ、テーブルからテーブルへと  急いで混雑していました。場所ごとにバンドがあり、ハープ、ギターその他の弦楽器が主であった。(a dreadful thoroughfare, forty feet wide, running one whole block, filled entirely with saloons, gambling-houses, dance-halls, and cribs.It was crowded night and day with people of many races, male and female, all rushing and crowding along from one joint to another, from bar to bar, from table to table.There was a band in every joint, with harps, guitars, and other stringed instruments predominating.)[16]

Sing Yu の拷問[編集]

1870年10月14日に、Sing Yuという中国人娼婦がロサンゼルスから誘拐された[17]。彼女の所有者である、See YupカンパニーのSing Leeは、彼女の帰還に対して100ドルの報償金をかけた[18]。(Sing LeeがSing Yuに報酬金を提供したのはこれが2回目であった。彼女は以前8月25日に誘拐され、即日取り返されていた[19][20]。)市保安官ウィリアム・C・ウォーレン、巡査ジョセフ・G・ダイの両者は、Sing Yuがサン・ブエナベンチュラに連れて行かれていたことを確認した。保安官ウォーレンはSing Yuをサン・ブエナベンチュラまで追いかけた[21]。しかしながら、ウォーレンが到着する前に、サン・ブエナベンチュラの連邦保安官は、官吏ダイが電報した情報でSing Yuを逮捕した[22]。連邦保安官ウォーレンはベンチュラでSing Yuを入手し、10月31日朝に彼女をロサンゼルスに帰した。ウォーレンとダイはどちらも、Sing Yuの報酬金を受け取る資格があると主張した。その午後、ウォーレンとダイの両者が裁判官トラフォードの法廷での公聴会に出席した。公聴会の後、ダイは通りでウォーレンと対決し、報酬金を盗んだとして彼を非難した。ウォーレンは紛争を予期して、左手でデリンジャーを背中の後ろに隠した。ウォーレンは、ダイと口論している間、左手をさっと出し、ダイの頭部にピストルを発砲した。ウォーレンの射撃は効果がなかったし、男は両者ともにそれから回転式拳銃を抜き、互いに相手をねらって発砲したと述べた[21]。ウォーレンはそけい部を撃たれ、翌日死亡した[23]

この期間中、See Yup Companyは3つに分かれた。Yo Hingが率いるHong Chow Company、Sam Yuenが率いるNin Yung Company、およびHop Wo Company[24]

Sing Yuは11月5日に刑務所から釈放された[25]。3日後に、Sing Yuは中国人の男5人のグループから救出された。彼らはサンバーナーディーノの郊外で彼女を拷問しているのが発見された[26][27]。Sing Yuは火の上に吊るされ、両脚と腹部が火傷し、背中は数か所を縦に切られていた[28]。Yo Hingの会社のメンバーである男5人は、殺人未遂で逮捕され起訴された[29][30]。翌日に、Yo Hingは、Que Maという名前のサンバーナーディーノの居住者に対して令状を宣誓して出してもらった[31]。Yo Hingは、2年前にQue Maがウマ1頭を盗んだと非難した[32]。Que Maは、サンバーナーディーノでオフィサー・ダイに逮捕され、11月12日にロサンゼルスに連れてこられた[33]。Que Maがロサンゼルスで拘留されている間に、Sing Yuの拷問に関与した男5人が裁判にかけられ、4人が大きな身体的傷害をともなう暴行で有罪とされた。Ah Chu、Ah Yok、Lee Jung、およびWang Hingは、それぞれ500ドルの罰金の支払い、またはそれがないときは州刑務所で2年間の懲役を宣告された[34]。11月29日に、Que Maに対する証人が法廷に出廷しなかったために、Que Maに対する訴訟は取り下げられた。彼がサンバーナーディーノ郡裁判所からの召喚状を身につけているのが見つかり、すでに終了した拷問裁判に彼が出席する必要があった[32]。Yo Hingは、Que Maの裁判費用を支払う必要があった[35]

12月8日に、Sing Yuは、アナハイムのLee Wooを重窃盗で告訴した[36]。告訴は10月14日に発生した誘拐に関連している可能性がある。Lee Wooは12月17日に逮捕され[37]、裁判は12月23日に裁判官グレイの法廷で予定されていた。しかしながら、裁判の前の晩、サンタバーバラ郡の副保安官がロサンゼルスに到着し、重窃盗罪でSing Yuを逮捕した[38]。郡副保安官は、連邦副保安官ダンラップとともに、ニーグロウ・アレイでSing Yuを逮捕し、市議会議員ジョージ・フォールが所有するキャリッジ馬車に乗せた[39][40]。Yo Hingのカンパニーに所属する男らのグループがキャリッジ馬車を追いかけ、コマーシャル・ストリートで追いついた。Yo Hingの男らはキャリッジ馬車の中に4発発砲し[39]、Wanという名前の中国人の男に当たり、ウマらのうち1頭を殺した[40]。キャリッジ馬車は逃げたし、ヨヒンの男らのうち4人が逮捕された[30][39]。翌日、Los Angeles Daily Star は、サンバーナーディーノでシンユーを拷問した罪で有罪判決を受けた男らがサンクエンティンから解雇されたと報じた。彼らの罪状は州最高裁判所によって覆された[29][39]

1871年1月に、サンバーナーディーノの洗濯屋所有者Wong Hengと彼の妻は、サンフランシスコを経由して中国に向かう途中で、ロサンゼルスを通過していた。彼らがロサンゼルスに到着するや、Yo Hingは、Wong HengがSing Yuを火あぶりにした中国人の男4人に関する情報を持っていると非難し、自分に賠償するようWong Hengに要求した。Wong Hengは拒否した。翌日、Wong Hengと彼の妻はサンフランシスコに向けて出発するために車らに乗りこんだ。しかし、車が出発する前に、Wong Hengと彼の妻は、Yo Hingの代理人らの1人からの告訴で逮捕された[41][30]。さらに、Yo Hingの別の代理人Lee Yeeは、Wong Hengが600ドル借り、中国に戻る前にその金額を返済することを承知したことを示すことを目的とする偽造契約書を使用して、Wing Hengに対して訴訟を起こした[42][30]。事件が解決するときまで、Wong Hengの金銭のすべては、刑務所長フランク・カーペンターによって没収された[30]

3月前半に、Wong Hengの友人Chow Cheeがサンフランシスコからロサンゼルスにきた。Yo Hingは、Chow CheeがWong Hengを守るために来たのではないかと疑った。それで、Chow Cheeを処分するために、Yo Hingの代理人2人Lee YeeとQuang Youは、Chow CheeがLee YeeとQuang Youを殺すために400ドルで男を雇おうとしたと裁判官グレイ法廷で告訴した[30] 裁判は3月4日におこなわれた[43]。そして3月7日に終了した[44]。裁判官グレイは告訴を却下し、悪意ある訴追の費用を支払うよう告訴人らに要求した[30]。「Wong Heng、Chow Chee、そして彼らの友人や仲間に対する困惑した怒りに満ちた」("filled with baffled rage against Wong Heng, Chow Chee and their friends and company”)Yo Hingはその後、Lee Leeungを送ってHeng Shunの妻を盗んだ。Lee Leeungは他の3人をともなってHeng Shunの家に行き、彼の妻Yut Hoを連れ去った。彼女は裁判官トラフォードの事務所に引きずり込まれ、そこで意志に反して、何が起こっているのかを知らずに、結婚式の形式を経験させられ、その後キャリッジ馬車でLee Leeungによって運ばれた。Heng Shunはその後、人身保護令状で裁判官イグナチオ・セプルベダの前に彼女を連れてこさせたし、裁判官は彼女をHeng Shunに戻すように命じた。裁判官が命令するやいなや、Yo Hingの友人らはYut Hoに急いで行き、彼女をむりやり連れ去った。警察官らが彼女を連れ戻し、夫に戻した。その夜晩くに、別の人身保護令状が発行されたし、Yut Hoは、裁判官マレー・モリソンの前に連れて行かれ、Lee Leeungに引き渡され、連れ去られた[30]

闘争罪[編集]

10月24日午後に、前日にニーグロウ・アレイで起こった銃撃について、裁判官グレイの法廷で聴聞が開かれた。Yut Hoの兄弟Ah Choy(Won Choy)とWon Yu Takは、Yo Hingを殺害しようとしたとして告訴された。そしてYo HingはAh Choyを殺害しようとしたとして告訴された。聴聞の後、当事者らはニーグロウ・アレイに戻った[45]

聴聞の約1時間後に、巡査ジーザス・ビルダーレインはコロネルの建物の角に行き、5分間留まった。ニーグロウ・アレイは静かだったので、彼はアーカディア通りの反対側にあるCaswell&Ellisに進んだ。そこで彼は、キャスウェルがここ数日間で多数のピストルを販売していたと言われた。ビルダーレインはキャスウェルを離れてその地域をパトロールし、ピコ・ハウスを回ってメインとアーカディアの角にある、ヒグビーズ・サルーンに立ち寄った[46]

Sam Yuenが発表した記事によれば、Ah Choyは「ニーグロウ・アレイの東側にある家の裏側で夕食を食べていて、騒ぎが聞こえ、玄関に出て行った。Yo Hingと他の3人はピストルを持って周りにいたし、そのうちの1人がAh Choyの首を撃った。Yo Hingと残りはその後、角の階段を駆け下りた」("eating his evening meal at a back part of a house on the east side of Negro Alley and heard a fuss, went out to the front door;Yo Hing and three others were around with pistols, and one of them shot Ah Choy in the neck.Yo Hing and the others then ran down the stairs at the corner")、この角はアリソとロサンゼルス・ストリートの角であった[47]

ビルデラインはメインとアーカディアの角でウマに乗っていて、巡査エステバン・サンチェスと話していて、銃撃が聞こえた。彼はニーグロウ・アレイの方向に乗っていき、サンチェスにあとに続くよう指示した。彼は、ボードライ建物の廊下で中国人の男のグループが互いに銃撃しているのが見えた。彼は、男らのいちグループを追い始め、それはボードライ・ビルディングの中に走りこみ、彼は戸口に負傷した中国人の男が1人横たわっているのに気づいた。彼はベンチュラ・ロペスとフアン・エスピノサの助けを借りて、銃をもっている中国人の男1人を逮捕し始めた。男らの別のグループは、コロネル・アドビに撤退していて、アドルフ・セリスとコンスタブル・ヘスターを撃っていた。逮捕された男を刑務所に連れて行く間、ビルデラインは、コロネル・ビルディングの角から3番目のドアであるSam Yuenの店の前を通り過ぎ、ピストルを手にしている中国人の男が見えた。彼は、Sam Yuenの店で男を逮捕するつもりでロペスおよびエスピノサとはなれた。ビルダーレインはサンチェスに別の男を逮捕するよう指示したが、誰を逮捕するか特定しなかった。Sam Yuenの店の男はビルダーレインをねらって発砲し、すぐにドアを閉めた。ビルダーレインとサンチェスはそれぞれ異なるドアを通り、家を抜け、コロネル・アドビの後ろの囲いの中に入った。そこで彼らは武装した男たちのグループに出会った。ビルダーレインは自分が追っている男を逮捕しようとして、肩を撃たれ、ピストルを落とした。サンチェスは発砲され、それに応じて3回撃たれた。男は両者ともにその後撤退した。男らのグループは、ビルデラインを追跡してGene Tongの店を抜け、建物の外に出た。いったん外に出ると、ビルダーレインは廊下の隅にある支柱で自分を支え、警察の笛を吹き鳴らした。男3人が日干しレンガの家から出てきて、ビルデラインをねらって撃った後、家に後退した。銃撃のうち1発は、Jose Mendiblesの脚に当たった。サンチェスは廊下を走ってきて、Sam Yuenの店のドアに近づいつつあった。キャスウェル&エリスのそばに立っている群衆は、彼らが内側から発砲しているのでドアの近くに行かないよう彼に警告した。サンチェスは右からドアに近づき、中をのぞくと、ピストルを上げるSam Yuenが見えた。両方の男が同時に発砲した。中の他の男らも発砲した。この時、ロバート・トンプソンが現れ、左からドアに近づいた。サンチェスとセリスの両者がトンプソンにひっこんでいるよう警告した。サンチェスは銃を再装填するために角に後退し、別の銃を与えられた。サンチェスがドアから離れている間、トンプソンがSam Yuenの店の中に銃弾2発を発射した。1発が中から発射され、トンプソンの乳房に当たった。トンプソンは言った「"I'm killed"」。セリスはトンプソンをウォルウェーバーのドラッグ店に連れて行くのを手伝い、そこで彼女は後に死亡した[46][48][49][50][51]。Sam Yuenと彼の兄弟は、コックを装ってエプロンを持って逃げた[24]。そして、Yo Hingはアレックの理髪店に隠れた[24][39]

銃撃が収まり、コロネル・アドビへの扉が閉まった後、市保安官フランク・ベイカーは、中国人の男らが立ち去ることを許可しないよう指示して家を守るために男らを割り当てた。男らはサンチェス通り、ニーグロウ・アレイ、そしてプラザに配置された[52]。チャイナタウンの端に大勢の群衆が集まり、いかなる中国人も逃げるのを妨げる警備として、法執行官らが行き来した。増加する群衆を知らされて、市の長年の政治家である3期市長クリストバル・アギラールも状況を調査し、その後立ち去った。トンプソンの死亡のニュースが街を通過したとき、ニーグロウ・アレイの中国人コミュニティが「白人を無差別に殺していた」("were killing whites wholesale")という噂とともに、より多くの男がニーグロウ・アレイの境界の周りに集まった[11]

暴動[編集]

乱衆の最初の犠牲者はAh Wingであった。群衆はAh Wingを捕らえた。彼はボードライの建物から来たように見えた。連邦保安官ベイカーは彼をさがし、「1つの装弾をアウトしている 四身の射撃の名手」("four barreled sharp-shooter, with one load out")を見つけた。ベイカーは銃を没収し、彼を解放した[52]

Ah Wingはしばらくしてふたたび捕らえられたが、今度は手斧で武装していた。巡査エミル・ハリスがAh Wingを担当した。ハリスとチャールズ・エイブリーが、刑務所のほうへAh Wingを護送した。群衆約100人が彼らをアーケイディアとメイン・ストリートを追った。それから、メインとスプリングの交差点で、エイブリーは後ろから打たれ、群衆はAh Wingを取り、ハリスをおさえた。Ah Wingはトムリンソンのコラルまで導かれ、そこで門の梁から絞首刑にされた[52]。これは、ミシェル・ラチェナイが1年も経たない前に絞首刑にされたその門であった[48]。ハリスはその後、コロネル・ビルディングに戻った。

アガスタス・ケイツは、コロネル・アドビの前のアーカディア・ストリートを警備していた。ドアが開き始めた。ケイツは居住者らにドアを閉めるよう言ったが、彼らはそうしなかった。それで警察官は警備員の1人にデリンジャーをそれをねらって発砲するよう命じた。ドアが閉まったし、ケイツその他はドアから離れ去った。その後、彼らがドアに背を向け通りの向こう側を見守っているとき、ドアが開き、銃弾3発が発射された。ケイツは向きなおり、ドアがもとのように閉まるのを見るのにちょうど間に合った[39]

その後、今度はニーグロウ・アレイに面した別のドアが開いた。中国人の男が1人急いで出てきて、30または40発の銃弾が発射された。彼は10フィート未満行き、倒れた。C・デヌケは検死官の死因審問中に、この男はAh Cutであると述べた。家の中の別の男が大きな窓に立ってカーテンを脇に寄せたし、数パーティーが来て、散弾銃とピストルを窓の中に発砲した[53][39]

ヘンリー・ハザードによると、建物でかなりの銃撃があった。その後まもなく、男らがはしごで建物をのぼり始めた[54]。彼はチャールズ・オースティンが最初に建物をのぼっているのを認めた[55]。ある時点で、郡保安官バーンズは屋根の上に男11人を数えた[53]。さまざまな目撃者も以下の身元を特定した、Rufugio Botello[53]、Jesus Martinez[56]、J. C. Cox[57]、Sam Carson[53]、そして"Curly" Crenshaw[54]が屋根の上にいた。屋根の上の男らが建物の裏庭で中国人をねらって撃った。それから誰かが斧複数を渡し、男らは屋根に穴を開け始めた[54]。10個の穴が開けられていたと報告された[39]。男らは天井をとおして部屋の1つに向かって発砲し始め、居住者らに家から走り出させた[57]

J・C・コックスは証言した、1人の男が家から走り出た、通りの乱衆が発砲し始めた。コックスは彼が這いもどるのが見え、みずからすすんで中に入り、男を外に出した。彼はアルコールにちょっと浸したボールを得て、火をつけ、部屋に投げ入れた。彼はその後中に入ると、負傷した男1人を見つけ、通りの向こう側に運んだ[53]。群衆はそれから勇気を奮い立たせて建物の中に入り、その部屋で中国人の男2人を見つけ、彼らを引き出した。ハザードは、この時点で群衆はそれらドアを壊し、居住者らを連れ去り、角のほうへ進むことを始めたと証言した[54]。Daily Starは、最初のドアが午後8時45分ころ、たたきこわされたと報じた[48]

男らのグループらは、中国人をニーグロウ・アレイから遠ざけ始めた[54]。連邦保安官ベイカー[52]、郡保安官バーンズ[52]、 官吏らへスター[58]およびハリス[52]は、個別に、安全のために中国人を刑務所に連れて行くように関係者に指示した。ハリスの印象は、たとえ彼がおそらく、Ah Wingが絞首刑にされたことを知っていたとしても、それらグループは刑務所まで進んだというものであった[52]。それらグループの一部は実際に、捕虜らをぶじ郡刑務所に連れて行った。しかし、他のグループは、男らを絞首刑にするようにトムリンソンの囲いかでなければジョン・ゴラーの荷馬車店のどちらかに導いた。ヘンリー・ハザードと将軍ジョン・ボールドウィンは、リンチ党に何の役にも立たないことを示した。ゴラーの店での危険、トムリンソンの囲いでのボールドウィン。ウォルター・ホワイト、ジョン・ラザロビッチ、そしてロバートとウォルター・ウィドニー兄弟からなる男らの1グループは、トムリンソンのの近くの乱衆から中国人4人をなんとか救いだした[58]。巡査ビリー・サンズはなんとか4人を救いだした。ゴラーの店の近くのアンティオーネ・シルバから1人[53]。午後9時20分ころ、郡保安官バーンズは群衆に話しかけ、ボランティア25人に朝まで平和の維持と建物の警備を支援するよう要請した[48]

出来事[編集]

暴動者らは、中国人移民らが住むビルディングの屋根に登り、つるはしを使って屋根に穴を開け、中の人々をねらって撃った[4]。外に逃げた人々は、屋根の上の銃撃者らに撃たれた[4]。多くの人も殴打され、拷問された[4]

暴動の終わりまでに――

ロサンゼルスの中国人の死体らは、ロサンゼルスのダウンタウン・ビジネス地区の中心近くの3か所に絞首刑にされていた。キャリッジ馬車店の前の歩道上の木製日よけから。キャリッジ馬車店の角を曲がった通りに駐めた「プレーリー・スクーナー」2台の側面から。そして、残り2か所から数ブロック離れた材木置き場の中に通じる広い門の桁から。犠牲者の1人は、ズボンなしで左手の指1本なしで絞首刑にされていた[11]。(The dead Chinese people in Los Angeles were hanging at three places near the heart of the downtown business section of the city;from the wooden awning over the sidewalk in front of a carriage shop;from the sides of two "prairie schooners" parked on the street around the corner from the carriage shop;and from the cross-beam of a wide gate leading into a lumberyard a few blocks away from the other two locations.One of the victims was hanged without his trousers and minus a finger on his left hand.)

歴史家ポール・デ・ファラは、ズボンは金銭を取るために持ち去られ、指はダイヤモンドの指環を取るために切られたと書いた[11]

乱衆は、そのブロックの実質的に中国人が占めたあらゆるビルディングを略奪し、ほとんどすべての居住者を攻撃または強盗した。中国人移民の男合計19人が乱衆によって殺された[4]

犠牲者[編集]

以下の人々がリンチされた[13]――

  • Ah Wing
  • Dr. Chee Long "Gene" Tong、内科医
  • Chang Wan
  • Leong Quai、洗濯屋
  • Ah Long、葉巻製作者
  • Wan Foo、料理人
  • Tong Won、料理人で音楽家
  • Ah Loo
  • Day Kee、料理人
  • Ah Waa、料理人
  • Ho Hing、料理人
  • Lo Hey、料理人
  • Ah Won、料理人
  • Wing Chee、料理人
  • Wong Chin、商店主

以下の人々がコロネル・アドビの建物で撃たれ殺された[13]――

  • Johnny Burrow
  • Ah Cut、リキュール製作者
  • Wa Sin Quai

AP通信はその夜午後9時に『San Francisco Daily Examiner』にその場でのアカウントの詳細を記したレポートを送った。乱衆は約500人であったし、これは、すべての男、女、子供を含む、都市の人口約6000の8%を構成すると推定された[11]。犠牲者らは市の共同墓地に埋葬され、それは最終的に市に引き継がれた。共同墓地の北部は、ラモン・C・コルティネス視覚芸術学校によって占められている[59]

死因審問[編集]

死因審問はまる4日間を対象とし、さまざまな目撃者へのインタビューが含まれていた。失望させられることに、これまでに知られている、調査からのデータは確認されなかったし、新聞フィードバックらが唯一の情報源として機能していた。まず、2時間かかったロバート・トンプソンに関する2つのインタビューは、幅広く精巧なものであることが明らかになった。それでも、たった1人のオブザーバーConstable Bilderrainだけが調査された。彼の事件の説明は、事実に依存していたし、トンプソンが彼を支援する過程で撃たれたのではないかと心配していた。虐殺を全く犯していない、殺害された中国人犠牲者らの正義を追求する過程で、男7人が、疑いなく罪悪感にさいなまれているかいなか、法廷で判決を受けた。最高裁判所は、遺伝子殺害に関する訴追を省略した。さらに、高等裁判所の評決に、判決を受けたデモ参加者らが潔白であることを信頼するように彼らに強制する根拠がなかったことは、明らかである。地方検事と裁判官は1873年に、新しい裁判を追求することは非現実的で非論理的になりつつあると感じた。係争点は中止された。それ以来、中国人コミュニティは、大虐殺と不運を記念して市で例外的な祈りを捧げている。

大陪審と有罪判決[編集]

検死官の死因審問に続いて、ドクタGene Tongの未亡人Tong Yuは、夫の死亡に至った虐殺を「扇動し、参加した」("inciting and participating")として、堂の指導者らの1人Yo Hingを非難し、司法裁判所に訴えた。Yoは11月4日の告訴を受けて当初拘束されたが、大陪審は彼を出来事と直接に結び付けることができなかったし、彼は後に釈放された。

この告訴の4日後、「郡裁判所裁判官イグナチオ・セプルベダは、虐殺周辺の事件を調査するために特別大陪審を召集した」("County Court Judge Ygnacio Sepulveda convened a special Grand Jury to investigate the events around to the Massacre.")。さまざまな背景を持つ個人、Juan Jose(長期居住者)、William Perry(建築請負業者)、Kaspare Cohn(建築請負業者)、William Henry(鞍製作者で市議会議員)、Martin Sanchez(農場主)で構成される、陪審が構成された。裁判官セプルベダは、可能な限り力強い言葉で暴力のパターンを非難し、陪審にその機会に勇敢に立ち向かうよう要求した[60]。陪審の報告は、重罪と殺人の49の起訴を指摘した(ほぼ半分に分かれている)。報告は、虐殺につながる出来事の完全な声明を強調した。報告の公表の直後、A・R・トンプソン、チャールズ・オースティン、そしてチャールズ・クロフォード(公式記録エドモンド・クロフォード)が拘束された。5人の別のセット、Louis Mendel、Jesus Martinez、Andreas Soeur、Patrick McDonald、およびD.W. ムーディが逮捕され、拘束された。中国人3人と白人2人が拘束されたが、より小さい罪状で、さらに5人の名前のない個人が拘束された。

裁判[編集]

最も有名なケースは人民対ケレンであったし、被告人はCha ChaとFan Choの中国人の女2人を致命的な暴行兵器でねらって撃ったとして起訴された。ケレンは保釈金1000ドルで釈放された[61]。他のいくつかの証人陳述書は、無関係な主要な質問に基づいた地方検事トムと弁護人らによる異議でみちていた。人民対Quong WanおよびAh Yengで、WanとYengは暴動の創始者であると非難され、その後、Ah Coyの殺害で起訴された。これらの告発と相まって、中国人コミュニティは虐殺の数日前に銃を買いまわっていた、一部の中国人もサンフランシスコから戦いの準備をととのえていると期待されていた、という噂があった。人民対Crenshawでは、訴訟はGene Tongの殺害を追求した。その後、すべての訴訟が1つにまとめられ、公衆と報道の両者から関心を集めた。

有罪判決を受けた暴動者らは刑を宣告され、サン・クエンティンに連れて行かれた一方で、他のいくつかの事件が残っていた。そのようなケースは、Fong Yen Ling、Sam Yuen、Yin Tuck、およびAh Yingv対ロサンゼルス市長および市議会をふくんでいる。その中で商人らは虐殺の間の店の損害賠償を求めて訴えた。裁判官は、市は事業の破壊に対して責任を負わないと判断したし、もし事業主が崩壊前に市に通知したならばそのような責任は成立するであろうと述べた。他のいくつかの訴訟は、証拠が不足しているという理由で却下された。かくして、裁判所の決定を理解するには、財産の破壊と死亡にもかかわらず、法規定の見直しが不可欠であった。

暴動者らの解放[編集]

人民対Sam Yuenで、Sam Yuenは裁判官トラフォードの前でジーザス・ビルダーレインを銃撃した罪で起訴された。巡査はYuenを「意図的に、故意に、凶暴に、そして予め考えた悪意をもって、John Doeと身元が確認された中国人を殺害するように、援助し、教唆し、支援し、カウンセリングし、そして奨励した」(“willfully, deliberately, feloniously and of malice aforethought, aiding, abetting, assisting, counseling and encouraging a Chinaman, identified as John Doe, to kill and murder")と告発した。ビルデラインに逮捕状が発行された一方で、Yuenは追跡され得なかった。彼が1872年に戻ったとき、令状は出されなかった。

2つ目の令状が発行されたとき、複雑がさらに生じた[62]。しかしながら、諸報告は、部隊への虐殺後の追加である巡査フランク・ハートリーがYuenを逮捕したことをしめした。アドルフォ・セリスは、暴力の時に両者がコロネル・ブロックに入ったとき、自分はYuenが別の中国人の男の後ろを走っているのが見えた、と証言した[63]。彼はYuenを虐殺の現場に置く詳細を語り、彼が積極的な役割を果たしていることを確認した。虐殺は、ロサンゼルスの法律を通じて少数派の保護を前面に押し出した。同時に、少数派に対する開いた偏見があった。Sam Yuenの場合のような、司法手続きは順調に進んだ。人種に基づいて訴訟を決定した陪審であれば、Yuenは信頼し得ると判断したであろう。しかしながら、裁判所は、ジーザス・ビルダーレインによる惑わせる話の反転を含む、証人の証言に依存する法の適正な手続きに従った。それはかくして、法の適正な手続きが守られたと結論付けされ得る。

しかしながら、虐殺が犯罪との闘いに向けて積極的進歩につながったかどうかにかんする透明はない。その後の数週間で、反中国人の憎悪が炎上した。明白な反中国の暴力は、手続きの後に自然にじょじょに消えた。しかしながら、これにもかかわらず、反中国感情は持続し、より微妙に表現された。

余波[編集]

当局は暴動者10人を逮捕し、訴追した。8人は裁判で故殺罪で有罪判決を受け、サン・クエンティンで懲役刑を言い渡された。彼らの有罪判決は、法的な専門性のために上訴でくつがえされたテンプレート:Vague。有罪判決を受けた男8人は次のとおり[64]――

  • Alvarado, Esteban
  • Austin, Charles
  • Botello, Refugio
  • Crenshaw, L. F.
  • Johnson, A. R.
  • Martinez, Jesus
  • McDonald, Patrick M.
  • Mendel, Louis
訴訟一覧
Alvarado, Estefan (Juanとも) 謀殺で有罪判決 – 故殺で有罪 - 4年の判決
Armanta, Thomas からダイアモンド指環を窃盗したとされる – 72年2月21日に郡病院から逃亡
Austin, Charles 謀殺で有罪判決 – 故殺で有罪 - 5年の判決
Botello, Refugio 謀殺で有罪判決 - 故殺で有罪 - 2年の判決 総額5000ドルで保釈。訴訟は州高等裁判所に上訴。
Carson, Samuel C. 謀殺で有罪判決 – 無罪を主張 - 人民対Carson - 結果不明
Celis, Adolphus 謀殺で有罪判決 – 無罪判決
Cox, J. C. 人民対Cox. - 結果不明
Crawford, Edmond (Edwardとも) 謀殺で有罪判決 - Application for change of venire passed informally – 結果不明
Crenshaw, A. L. 別名 Curley (L. F.とも) 謀殺で有罪判決 – 故殺で有罪 - 3年の判決
Dominguez, Ramon 謀殺で有罪判決 - 人民対Ramon Dominguez - 結果不明
Johnson, A. R. 謀殺で有罪判決 – 故殺で有罪 - 6年の判決
Kerren, Richard 致命的な武器による暴行で有罪判決2つ - 1872年1月5日1つの罪状で無罪、有罪判決を得ることが不可能であるという理由で、2つ目の罪状で訴訟却下
Martinez, Jesus 謀殺で有罪判決 – 故殺で有罪 - 4年の判決
McDonald, Patrick (also MacDonald) 謀殺で有罪判決 – 故殺で有罪 - 5年の判決
Mendell, Louis 別名 Frenchy 別名 Fatty 謀殺で有罪判決 – 故殺で有罪 - 6年の判決
Moody, D. W. (Dan.) 謀殺で有罪判決 – 無罪判決
Ruiz, Ambrosio 71年11月12日に逮捕された暴動に参加して起訴 - 人民対Ambrosio Ruiz - 結果不明
Scott, J. G, 謀殺で有罪判決 - 結果不明
Silva, Antoine 死因審問中に逮捕 - 結果不明
Soeur, Andreas (Andres Sour/Saers) 逮捕 - 大陪審で検討中の訴訟 - 結果不明
Sotello, Carmen (Carmen Lugoとも) 暴動に巻き込まれ、中国人医師Gene Long Tongから金のウォッチ時計と鎖を強奪した容疑で逮捕 – 総額100ドルで保釈 - 結果不明
Thompson, David アメリカ聖公会の強盗で逮捕され、ゴラーので絞首刑にされた犠牲者らの1人からウォッチ時計を窃盗したことが判明 - 有罪 - 6年の判決
Ah Yeng 人民対Ah Shawその他 – Ah Coyの謀殺で起訴 - 無罪判決
Lee Saow (Ah Shaw) - 結果不明 人民対Ah Shawその他
Qong Wong 人民対Ah Shawその他 – Ah Coyの謀殺で起訴 - 無罪判決
Yo Duc 人民対Yo Duc - 結果不明
Yuen, Sam 人民対Sam Yuen – ロバート・トンプソンの謀殺で有罪判決 - 無罪判決

この出来事は東海岸で十分に報道されたし、そこでの新聞諸紙はロサンゼルスを暴動後の「血にまみれたエデン」("blood stained Eden")と評した[65]。カリフォルニアでの反中国差別の高まる運動は、1882年の中国人排斥法の成立で最高潮に達した[要出典]。Calle de los Negrosは、1877年にロサンゼルス・ストリートの一部として名前が変更され、ロサンゼルス・ストリートが拡幅されてプラザまで拡大されたために1888年に以前の形式で消し去られた。中国人虐殺が起こったコロネル・アドビは1880年代後半に取り壊された。2021年の時点で、コロネル・アドビの以前の敷地は、ノース・ロサンゼルス・ストリートのほぼ中央、ノース・ロサンゼルス・ストリート419番地にあるガーニア・ビルディングのすぐ東にある。

大衆文化[編集]

L.P. Leungは、『The Jade Pendant』(2013年)の中で1871年の虐殺に関与した主役について書いている[66]。これは、同名の中国製作の映画として脚色されており、これは2017年に北アメリカでリリースされた[67]

脚注[編集]

  1. Hart, James (1987). A Companion to California. University of California Press. pp. 94–99. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780520055438 
  2. 2.0 2.1 Johnson, John (2011年3月10日). “How Los Angeles Covered Up the Massacre of 17 Chinese”. LA Weekly. 2016年8月1日閲覧。
  3. Erika Lee, "Review of The Chinatown War: Chinese Los Angeles and the Massacre of 1871 (2012), by Scott Zesch", Journal of American History, vol. 100, no. 1 (June 2013), pg. 217.
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 Grad, Shelby. "The racist massacre that killed 10% of L.A.'s Chinese population and brought shame to the city", Los Angeles Times. March 18, 2021. Retrieved March 20, 2021.
  5. Census of Population and Housing”. Census.gov. 2016年6月4日閲覧。
  6. Tinsman, Heidi. "Narrating Chinese Massacre in the South American War of the Pacific" (Journal of Asian American Studies 22, no. 3, 2019), 277.
  7. The Chinese Los Angeles Massacre of 1871”. KPFA. 2021年11月22日閲覧。
  8. Blew, Robert W. "Vigilantism in Los Angeles, 1835-1874" (Southern California Quarterly 54, no. 1, 1972),18.
  9. Zesch, Scott. "Chinese Los Angeles in 1870-1871: The Makings of a Massacre" (Southern California Quarterly 90, no. 2, 2008), 112.
  10. Loewen, J. W. (2008). Lies My Teacher Told Me: Everything Your American History Textbook Got Wrong. The New Press. p. 162
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 11.4 11.5 11.6 11.7 11.8 Paul M. De Falla, "Lantern in the Western Sky", The Historical Society of Southern California Quarterly, 42 (March 1960), 57–88 (Part I), and 42 (June 1960), 161–185 (Part II); via JSTOR; accessed 3 February 2018.
  12. Paul R. Spitzzeri, "Judge Lynch in Session: Popular Justice in Los Angeles, 1850-1875", Southern California Quarterly Vol. 87, No. 2 (Summer 2005), pp. 83-122; via JSTOR; accessed 3 February 2018
  13. 13.0 13.1 13.2 Scott Zesch, "Chinese Los Angeles in 1870—1871: The Makings of a Massacre", Southern California Quarterly, 90 (Summer 2008), 109–158; via JSTOR; accessed 3 February 2018
  14. Newmark, Marco R. (1944). “Calle de los Negros and the Chinese Massacre of 1871”. The Quarterly: Historical Society of Southern California 26 (2/3): 96–98. doi:10.2307/41168958. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 2162-9358. JSTOR 41168958. https://www.jstor.org/stable/41168958. 
  15. Harris Newmark, Sixty Years in Southern California, 1853—1913 (1916; 4th ed., Los Angeles: Dawson's Book Shop, 1984), 31.
  16. Morrow Mayo, Los Angeles (New York: Alfred A. Knopf, 1933), 38.
  17. Los Angeles Daily News 16 October 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  18. Los Angeles Daily News 16 October 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 2. 2022年1月1日閲覧。
  19. Los Angeles Daily Star 26 August 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  20. Los Angeles Daily News 26 August 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  21. 21.0 21.1 Los Angeles Daily Star 1 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  22. Los Angeles Daily News 1 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  23. Los Angeles Daily News 2 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  24. 24.0 24.1 24.2 Los Angeles Daily Star 30 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  25. Los Angeles Daily News 6 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  26. Los Angeles Daily Star 31 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  27. Los Angeles Daily Star 12 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 2. 2022年1月1日閲覧。
  28. Los Angeles Daily Star 16 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  29. 29.0 29.1 Los Angeles Daily Star 29 December 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 2. 2022年1月1日閲覧。
  30. 30.0 30.1 30.2 30.3 30.4 30.5 30.6 30.7 Los Angeles Daily Star 10 March 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 2. 2022年1月1日閲覧。
  31. Los Angeles Daily News 10 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  32. 32.0 32.1 Los Angeles Daily News 29 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  33. Los Angeles Daily News 13 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  34. Los Angeles Daily News 26 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 2. 2022年1月1日閲覧。
  35. Los Angeles Daily News 30 November 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  36. Los Angeles Daily Star 9 December 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  37. Los Angeles Daily Star 18 December 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  38. Los Angeles Daily News 24 December 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 2. 2022年1月1日閲覧。
  39. 39.0 39.1 39.2 39.3 39.4 39.5 39.6 39.7 Los Angeles Daily Star 27 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  40. 40.0 40.1 Los Angeles Daily Star 24 December 1870 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  41. Los Angeles Daily Star 24 January 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  42. Los Angeles Daily Star 26 January 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  43. Los Angeles Daily News 5 March 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  44. Los Angeles Daily Star 8 March 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月1日閲覧。
  45. Los Angeles Daily Star 24 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月3日閲覧。
  46. 46.0 46.1 Los Angeles Daily News 15 February 1872 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月3日閲覧。
  47. Los Angeles Daily Star 31 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月3日閲覧。
  48. 48.0 48.1 48.2 48.3 Los Angeles Daily Star 25 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月3日閲覧。
  49. Los Angeles Daily News 3 April 1872 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月3日閲覧。
  50. Los Angeles Daily News 2 April 1872 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月3日閲覧。
  51. Los Angeles Daily News 31 March 1872 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月3日閲覧。
  52. 52.0 52.1 52.2 52.3 52.4 52.5 52.6 Los Angeles Daily Star 26 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月3日閲覧。
  53. 53.0 53.1 53.2 53.3 53.4 53.5 Los Angeles Daily News 29 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月4日閲覧。
  54. 54.0 54.1 54.2 54.3 54.4 Los Angeles Daily News 18 February 1872 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月4日閲覧。
  55. Los Angeles Daily News 26 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月4日閲覧。
  56. Los Angeles Daily News 27 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月5日閲覧。
  57. 57.0 57.1 Los Angeles Daily News 17 February 1872 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月5日閲覧。
  58. 58.0 58.1 Los Angeles Daily Star 28 October 1871 — California Digital Newspaper Collection”. cdnc.ucr.edu. p. 3. 2022年1月5日閲覧。
  59. Scott., Zesch (2012). The Chinatown war : Chinese Los Angeles and the Massacre of 1871. Oxford University Press. pp. 217. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-19-996920-3. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。OCLC 808367031. http://worldcat.org/oclc/808367031 
  60. Zesch, Scott. "Chinese Los Angeles in 1870-1871: The Makings of a Massacre" (Southern California Quarterly 90, no. 2, 2008), 123.
  61. Jew, Victor. "The Anti-Chinese Massacre in Los Angeles as a Reconstruction-era Event" In (Oxford Research Encyclopedia of American History, 2016).
  62. Dorland, Chester P. "Chinese massacre at Los Angeles in 1871" (Annual Publication of the Historical Society of Southern California, Los Angeles 3, no. 2, 1894), 24.
  63. Jew, Victor. "The Anti-Chinese Massacre in Los Angeles as a Reconstruction-era Event." In Oxford Research Encyclopedia of American History. 2016.
  64. Paul R Spitzzeri, "Judge Lynch in session: Popular justice in Los Angeles, 1850–1875", Historical Society of Southern California Quarterly 87, No. 2 (Summer 2005), 108; via JSTOR; accessed 3 February 2018
  65. "CRIMES FROM THE PAST" Los Angeles – (Oct. 24, 1871) Archived September 24, 2005, at the Wayback Machine.
  66. Leung, L. P. (2013-01-08) (英語). The Jade Pendant. FriesenPress. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9781460207451. https://books.google.com/books?id=qHlkhIK7lrwC&q=the+jade+pendant+leung 
  67. Frater, Patrick (2017年5月18日). “Cannes: China's 'Jade Pendant' Set for North American Release (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/asia/china-jade-pendant-bought-for-north-america-1202432774/ 2017年10月18日閲覧。 

読書案内[編集]

  • Scott Zesch, The Chinatown War: Chinese Los Angeles and the Massacre of 1871. New York: Oxford University Press, 2012.

外部リンク[編集]


座標: 北緯34度03分24秒 西経118度14分16秒 / 北緯34.056583度 西経118.237806度 / 34.056583; -118.237806


This article "1871年のロサンゼルスの中国人虐殺" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:1871年のロサンゼルスの中国人虐殺.