You can edit almost every page by Creating an account. Otherwise, see the FAQ.

バトルグラウンドの銃撃戦

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


バトルグラウンドの銃撃戦(Battleground Gunfight)
民警団が配置された尾根
日付 1901年10月8日
場所 アメリカ合衆国アラスカ準州フォート・アパッチ・インディアン居留地
別名 バトルグラウンドの撃ち合い(Battleground Shootout)
関係者 ビル・スミス
結果 無法者らの逃亡
死者 2人
負傷者 2人であるかもしれぬ

バトルグラウンドの銃撃戦,(バトルグラウンドのじゅうげきせん、Battleground Gunfight[1] は、バトルグラウンドの撃ち合いBattleground Shootout、バトルグラウンドのうちあい)[2]としても知られ、アメリカの民警団法執行官の集団とスミス・ギャングの間の銃撃戦である。それは1901年10月8日に、アリゾナ準州フォート・アパッチ・インディアン居留地内で、こんにち「バトルグラウンド」として知られる森林の中の開拓地で戦われた。9人のアリゾナ・レンジャーと副保安官らがウシ泥棒ビル・スミスと彼のギャングに追いついた。その後の発砲の長い応酬の間に、レンジャー カルロス・タフォラ[3]と、副保安官ビル・マクスウェル[4]が、殺されたし、1人か2人の無法者が負傷したかもしれない。結局は、スミス・ギャングは民警団から逃れ、メキシコに逃げ込んだ[2]

背景[編集]

アリゾナ・レンジャーズは1901年に設立されたし、バトルグラウンド銃撃戦は新しい警察力を巻き込んだ最初の主要な銃撃戦となった。スミス・ギャングは、レンジャーズの最初のターゲットの1つであった。グラハム郡北東部のビル・スミスはブルー・リバーに牧場を所有し、そこに母親と弟らと妹らと一緒に暮らした。牧場主の家は、元ラフ・ライダー ヘンリー・バレットのような、近くの入植ら者からウシを泥棒する拠点として機能した。1898年に、スミス兄弟はバレットとビル・フェルプスから焼き印を押されていない子ウシらを窃盗したとして逮捕された。ビル・スミスが全責任を負ったので、彼はセント・ジョンズの刑務所に送られた。これのために、ビルはヘンリー・バレットに対して恨みを抱いたと言われた。1901年10月第1週に、スミス・ギャングはスプリンガービル近くのパット・ノールで発見され、15頭または20頭の盗まれたウマの群れを連れて南に向かった。警察の情報提供者らは、彼らはユタからの途中である、そこで彼らは列車強盗をした、と述べた。数日後に、ビルと彼の兄弟アルは、ヘンリー・バレットとビッグ・シエネガの範囲の別のカウボーイに出くわした。直面の間に、ビルはバレットを殺すぞと脅したので、バレットはアパッチ郡の保安官に知らせたし、保安官は民警団を組織した[2]

民警団は副保安官ハンク・シャープが率いており、ヘンリー・バレットと、ピート・ピーターソンとエリヤ・ホルゲートという名前の2人の地元住民をふくんでいた。一方、アリゾナ・レンジャーズのカルロス・タフォラとデュアン・ハンブリンが、スミス・ギャングを探すために割り当てられた。グリーアで、レンジャーズと民警団が出会い、無法者らの追跡と捕獲に協力することに決めた。レンジャーズはそれからバレット、ピーターソン、そしてホルゲートを正式に代理に任命したし、彼らは無法者らのリトル・コロラド川への道をたどり始めたし、彼らはシープス・クロッシングとして知られている場所でそれを渡った。そこから、民警団はロレンツォ・クロスビーの牧場に行き、彼の奉仕とアーチおよびウィリアム・トーマス・「ビル」・マクスウェル兄弟の奉仕に参加し[4]、そのどちらも優秀な斥候(スカウト)であると説明された。これら男3人も正式に代理に任命され、民警団を合計9人の部隊にした。民警団はその後、トレイルに沿って南のビッグ・レイクへ、そしてブラック・リバーのデッド・マンズ・クロッシングへと続いた。10月7日に、ピート・スローターが所有する牧場で、民警団は最近無法者らによって占領されたと考えられる放棄されたキャンプを見つけた。レンジャーズはその夜、同じ場所でキャンプし、翌朝川岸の西側を進むことに決めた[2]

銃撃戦[編集]

スミス・ギャングが配置された峡谷。

10月8日火曜日朝に、民警団は目を覚まし、朝食をとり、そして川を下り続けるために鞍をつけた。途中で彼らはPair-O'Dice Ranchを通過した。この地域はホワイト・マウンテンの一部であるために、森林が深く、横断するのが困難である。また、とても寒かったし、雪が地面を覆っていた。その日、スミス・ギャングは、ブラック・リバーの源近く、幅200ヤード (180 m)、深さ100フィート (30 m)の峡谷の、フォートアパッチ居留地の西の境界のすぐ内側、リザベーション・クリークにキャンプした。こんにち、場所はリザベーション・レイクの湖岸線近くにある。スミスのギャングは食べ物を必要としていたので、午後クマ1頭を殺したし、複数の銃声が0.5マイル (0.80 km)離れた民警団に聞こえた。結局のところ、マクスウェル兄弟は、雪の中のクマの射撃と血液の跡の場所がスミスのキャンプに戻ったことを見つけたし、そこは民警団がキャンプした場所から6マイル (9.7 km)であった。その時までにほとんど夜であった。民警団が峡谷に近づくと、スミスの警備犬が吠え始めた。これはビル・スミスに警告したし、彼はもっとよく見るために峡谷の縁まで上がった。そこから彼は、民警団がキャンプに向かっているのが見えたために、残りに話すために走って戻った[2]

ビル・スミスのギャングは、彼の兄弟であるアル、ジョージ、そしてフロイド、義理の兄弟アダム・スラガー、および他の身元不明の男2人をふくんでいた。9人の民警団のうちヘンリー・バレットだけが、1898年のサン・ファン・ヒルの戦いでセオドア・ルーズベルトと戦って、戦闘経験を持っていた。民警団は、キャンプから300ヤード (270 m)離れた場所で、ウマから下り、それらを、無法者らと徒歩で対峙するために樹数本につないだ。民警団はその後、西からキャンプに向かった。これは、もし銃撃戦が始まれば、法執行官らが日光の中に発砲しなければならないことを意味した。深い峡谷は、影になっていたし、スミス・ギャングに良い防御位置を提供した。民警団がキャンプに到着したとき、タフォラ、ハンブリン、そしてビル・マクスウェルは、バレットと他の5人が尾根の覆いの後ろに残っている間、無法者らの降伏を要求するために開拓地に進み続けた。ビル・マクスウェルが要求を呼びかけた後、ビル・スミスは答えた――「わかった、どちらから出て欲しいんだ?」("All right, which way do you want us to come out?")マクスウェルは答えた――「こちらからすぐに出てこい」("Come right out this way.")このころ、バレットは、尾根から何が起こっているのか見え、タフォラと他の2人に隠れるように叫んだが、ハンブリンだけがアドバイスをいれた[2]

しばらくして、ビル・スミスはサベージ・モデル1895.30口径のライフルを背中に隠して姿をあらわした。それから、突然、彼は武器を明らかにして、発砲し始めた。ビル・マクスウェルが前額を撃たれ即死したのはこのときであった。その後、タフォラはトルソを2発撃ち抜かれ、地面に倒れた。しかしながら、彼はなんとか回転式拳銃を引き抜いて発砲しかえし、その後、両側の残りが続いた。小戦闘は少なくとも数時間続いたし、それが終わったときすでに暗かった。銃撃戦の間、レンジャー ハンブリンは、無法者らがウマらを追い払うために発砲している峡谷の周りに位置を変えた。したがって、スミス・ギャングがその夜脱出を選択したとき、彼らは徒歩で峡谷から登らなければならなかったし、結局のところそれに成功した。民警団はギャングのキャンプを攻め取ったが、タフォラが負傷したためにそれ以上犯罪者らを追跡しなかった。彼は医師を必要としていた[2]

余波[編集]

ファイル:Apache Scouts Fort Apache 1919.jpg
左から右へ、ファースト・サージェント・チキン、ジェシー・パーマー、ティー・スクエア、サージェント・ビッグ・チョウ、コーポラル・C・F・ジョシュ フォート・アパッチで 1919年

スミス・ギャングが逃げた後、ハンク・シャープとアーチ・マクスウェルは20マイル離れたナットリオソに向けて現場を立ち去り、ラッドという名前の医師を召喚し、戦いのニュースを広めた。民警団の残りは、タフォラとビル・マクスウェルの遺体と共に収容所にとどまった。運悪く、タフォラは医師が到着する前に死亡した。死の前に、彼はヘンリー・バレットにドル銀貨1枚を与えて言った――「"Give this to my wife. It, and the month's wages coming to me will be all she will ever have."」("Give this to my wife. It, and the month's wages coming to me will be all she will ever have.")無法者らは峡谷を抜け出し、現在のベア・ワロウ・ウィルダニスに進んだ。次の晩、彼らはビーバー・クリークの牛キャンプに到着した。そこのカウボーイらは人質にとられ、ギャングのために食べ物を準備するよう命じられた。ビル・スミスは、人質の1人マリオン・リーを認識したし、彼はギャングのメンバーらのために夕食を作り、彼らがビル・マクスウェルを殺したことを彼らに知らせた。ビル・スミスは、彼が撃った男の1人が彼の友人であることに気づかなかったので、リーに言った――「あいつがそのように立ち上がったとき、おれたちはあいつがバレットだと思った。バレットはおれたちが欲しかった男だった。おれたちはウィル・[ビル]・マクスウェルを殺したことをとても残念に思う、あいつはおれたちの良い友達だった。おれたちのためにあいつの母親に伝えてくれ、おれたちがあいつを殺したことを非常に残念に思っていると」("When he stood up that way we thought he was Barrett.Barrett was the man we wanted.We feel mighty sorry over killing Will [Bill] Maxwell, he was a good friend of ours.Tell his mother for us that we're very sorry we killed him.")[2]

ウマ数頭を取った後、ギャングはヒュー・マッキーンの牧場のためにブルー・リバー・ウィルダネスに向かった。そこで彼らはウマらを交換することを望んでいた。マッキーンがギャングとの取引を拒否したとき、彼は銃を突きつけられ、ウマ複数、食べ物、そして武器複数を奪われた。スミス・ギャングはその後東に向かい、アリゾナ州とニューメキシコ州の国境を越え、南に向かってテキサスに向かい、リオ・グランデ川を越えてメキシコに向かった。アリゾナ・レンジャーズのキャプテン バートン・C・モスマンは、無法者らの後に部下3人を送った戦いについて知らされたし、アメリカ陸軍はアパッチ・スカウト チキンとジョシュを派遣した。スカウトらは、ニュー・メキシコじゅうでギャングを追跡し、リオ・グランデ川のほとりでトレイルを失った。最終的に、民警団は無法者らを捕まえて裁判にかけることができなかったが、アリゾナ準州からスミス・ギャングを追い出すことに成功した。タフォラとマクスウェルは銃撃戦の結果として殺されたし、無法者の1人か2人がバレットによって負傷したかもしれないし、彼はみやげのスペインのモーゼル・ライフルで武装していたし、それはギャングのメンバーらが隠れていた樹々を通り抜けることができた[2]

タフォラの遺体はセント・ジョンズに安置されたし、ビル・マクスウェルはナットリオソにある彼の家族の墓地に埋葬された。マクスウェルのハット帽は、民警団の男らがそれに触れるのは運が悪いと思ったために、現場に残された。その後何年もの間、カウボーイらはその地域で働いている間にハット帽を見たと主張した[2]

脚注[編集]

  1. Hunsaker, Gordon A. (2010). Gunfights and Gunfighters: Reflections from a Phoenix Police Officer. iUniverse. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 1-4502-0720-0 
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 2.9 McKnight, Ray A.. “The Battleground Shootout—Arizona Rangers Fight Smith Gang”. asoac.org. 2022年1月8日閲覧。 Carlos Tafolla's surname is spelled "Tafoya" in this article.
  3. Ranger Carlos Tafolla, Arizona Rangers, Arizona”. The Officer Down Memorial Page, Inc. 2022年1月8日閲覧。
  4. 4.0 4.1 Deputy Sheriff William Thomas Maxwell, Apache County Sheriff's Office, Arizona”. The Officer Down Memorial Page, Inc. 2022年1月8日閲覧。


This article "バトルグラウンドの銃撃戦" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:バトルグラウンドの銃撃戦.



Read or create/edit this page in another language[編集]