ラティマーの虐殺

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

ラティマーの虐殺
日時 1897年9月10日
場所 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
目的 賃金上昇
手段 ストライキ、抵抗、デモ
参加集団
United Mine Workers
保安官の民警団
指導者
マイケル・チェスロック
ジェームズ・F・マーティン
人数
300–400人
約100人
死傷者と逮捕者
  • 死者: 少なくとも19人[1][2]
  • 負傷者: 多数
逮捕者: 74人

ラティマーの虐殺(ラティマーのぎゃくさつ、Lattimer massacre)は、1897年9月10日の、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ヘーズルトン近くのラティマー鉱山で、少なくとも19人の非武装のストライキ中の無煙炭鉱山労働者の暴力による死亡である[1][2]。主にポーランド人、スロバキア人、リトアニア人、そしてドイツ人の鉱山労働者らは、ルザーン郡保安官の民警団に射殺された。もっと多くの労働者が負傷した[3]。虐殺はUnited Mine Workers(UMW)の歴史の転換点であった[4]

背景[編集]

中央および東ヨーロッパの経済は19世紀後半に苦戦していた。ヨーロッパの農村人口は、経済の農業部門または新しい産業部門が吸収できるよりも速く成長したし、工業化は農業経済と工芸経済の両方を混乱させたし、大規模な商業および外国の農業生産者らとの競争が激化した[5]。これらの要因は、アメリカへの大量移民のほとんどを駆り立てた[5] Disproportionate numbers of new Slavic immigrants worked in the coal mining industry,[5]。アメリカで彼らは全鉱山労働者の中で最も搾取された1つであった[4]。1875年と1887年にペンシルベニア州北東部で英語を話す鉱山労働者がストライキを行なったとき、多くのスラブ人鉱山労働者がスト破りとして輸入され、この地域の英語を話す移民らとアメリカ人の鉱山労働者らによって「かさぶたとして軽蔑された」[6]

19世紀後半の炭鉱の状況は厳しいものであった。鉱山の安全は低かったし、ペンシルベニア州北東部の3万2000人の鉱山労働者が1870年以来死亡した[7]。競争の激しい業界ですでに低い賃金は、石炭業界の低迷の後、1890年代半ばに17%下落した[4][8]。1897年秋までに賃金はいくらか改善したけれども、この地域の無煙炭会社は賃金を引き下げ、鉱山内の操業を統合した(しばしば、その結果、よりきびしい労働条件になった)[4]。場合によっては、会社は、労働者らに会社から家を賃借することを強制し、負傷したとき会社の医師だけに診てもらうよう要求した[4]

ストライキ[編集]

1897年9月6日付けの保安官マーティンによる宣言、不法集会、「騒動」そして鉱山や採掘設備の平和的運営への干渉に対する警告

1897年8月に、Lehigh and Wilkes-Barre Coal CompanyのHoney Brook部門は、露天掘りの労働者らを一時解雇し、残りの従業員の賃金を削減し、その地域の企業城下町に住む労働者の賃金を引き上げた[4]。会社はラバ舎を統合し、10代のラバの追手らに、ラバを拾うために毎日はるか遠くまで移動するよう強制した(彼らはそのための時間を補償されなかった)[4][9]。決定的な話し合いの後に、1897年8月14日に25から35人の10代の追手がストライキした[4][9]。監督者と一部の運転手との間の争いは、露天掘り鉱山労働者らと地下炭鉱労働者らによる追加のストライキにつながったし、8月16日までに、2000人近くの労働者がストライキをしていた[4][9]。ほとんどすべての鉱山労働者が8月18日にUMW(United Mine Workers)に参加したし、2日以内に、この地域のほとんどすべての鉱山がストライキの拡大により閉鎖された[1]。多くのスラブ人鉱山労働者は、発生期のUnited Mine Workersに加わっていなかった。それは英語を話す鉱山労働者らとアメリカの鉱山労働者らの両者が示す民族差別のためのみならず、未組織鉱山労働者らと元スト破りらとの関係が貧弱だったためでもあった[6]。しかし、悪化する労働条件と15%の賃金引き上げを求めるUMWの要求により、多くのスラブ人鉱山労働者が組合に加わった[1][10]

ストライキの第1の波は、8月23日に終了した。それは会社が残業代を支払い、賃金を地域平均に引き上げ、鉱山労働者らが負傷したとき自分の医師に会うことを許可し、鉱山労働者らに会社所有の住宅に住むことを強制しなくなった後であった。2つ目のストライキは8月25日に始まった。 ヴァン・ウィックルがスラブ人労働者らをスト破りとして使おうとしたとき、代わりにスラブ人らがストライキに加わった。ストライキは近くにある他の2つの石炭工場にも広がったけれども、同社はすぐに賃金を地域平均まで引き上げることに同意し、ストライキは8月28日ころ終了した[4]

しかし、9月1日に新しい賃金率が発表されたとき、限られた数の労働者だけが昇給を受けた[4][10]。経営陣はスラブ人労働者らをより公平に扱うことに同意した[10]が、しかし、鉱山所有者らは他の約束に背を向けた[4]。ストライキ複数が再開された。9月3日に、労働者3000人が鉱山4つを行進し、閉鎖した[1][11]

鉱山所有者らの私的軍隊である石炭鉄警察はストライキを破るには数が少なすぎることが判明したために、所有者らはルザーン郡保安官ジェームズ・F・マーティンに助けを求めた[10]。マーティンは、それ以上の行進が起こらないようにするために、約100人のイギリス人とアイルランド人の市民の民兵隊を設立した[1][2]。5日以内に、8000人から1万人の鉱山労働者がストライキを行なった[1][4][12]。9月8日に、鉱山所有者らは、スクーカル郡の保安官が、ポッツビル近くに集まり鉱山を閉鎖していた数千人の鉱山労働者を逮捕するように要求したが、しかし保安官は拒否した[10]

虐殺[編集]

1897年9月10日、代理に任命された民警団によって背中を撃たれたストライキ中の鉱山労働者を退却させる。

9月10日金曜日に、約300から400人の非武装のストライキ参加者――ほぼ全員がスラブ人とドイツ人――が、新しく結成されたUMW組合を支援するために、ラティマーの町にあるカルバン・パーディーが所有する炭鉱に行進した[1][2][4][9][10]。彼らのゴールは、まだ開いているラティマー鉱山で新しく結成されたUMW組合を支援することであった[2][9]。デモ隊は道路上で数回、法執行官らと対峙させられ、解散を命じられたが、しかし行進を続けた[10]

保安官代理らは午前のほとんどを、自分らが殺す鉱山労働者の人数について冗談を言って過ごしていた[13]。或る保安官代理は、保安官と彼の仲間らと一緒にラティマーに向かう路面電車に乗っている間、「あそこに着いたとき、やつらのうちの6人をバラすほうに賭ける」と言うのをふと耳にした[14][15]

デモ隊は、午後3時45分にラティマーに到着したとき、保安官と150人の武装した保安官代理にふたたび会った[2][9][16]。保安官マーティンは行進者らに解散するように命じ、それから先頭行進者の両手からアメリカ国旗をひったくろうとした[2][9][17]。つづいて乱闘が起こったし、警察は武装していない群衆に発砲した[2]。少なくとも19人の鉱山労働者が死亡したし、ほかに17人から49人が負傷した[1][2][3][9][17]。多くは背中を撃たれていたし、数人は複数の銃創を持っていたし、これは、彼らが保安官代理らの標的にされていたことを示した[10][18]

余波[編集]

ストライキはその地域の一時的な大衆不安につながった。マーティン保安官が助けを求めて電話した後、ペンシルベニア州兵は秩序を回復するために郡に派遣された[10][19]。9月10日晩遅くに、第3旅団(一部はルザーン郡に駐屯)の2500人以上の部隊が配備された[19]。地元スラブ人コミュニティ指導者らは9月11日に集会を開き、労働者を落ち着かせ家族を養う資金を集めそしてマーティン保安官とその保安官代理らの刑事訴追を求めようとした[10]。憤慨した鉱山労働者らは9月12日に、Lehigh and Wilkes-Barre Coal Companyの鉱山監督ゴーマー・ジョーンズはいないかと無駄に探したし、彼らが彼を見つけ得なかったとき、彼の家を破壊した[10]。9月20日に、スラブの女性のグループ(暖炉の火かき棒とめん棒で武装)は、約150人の男と少年にマカドゥーの石炭工場を閉鎖させたが、しかし、州兵の迅速な到着によって追い返された[19][20]。州兵の砲兵部隊は9月24日に、残りの部隊は5日後に撤退した[19]

地面にいる鉱山労働者を撃つ保安官代理。キャプションは「ペンシルベニアの犯罪とは何か?」とある。

マーティン保安官と73人の保安官代理は逮捕され、裁判にかけられた[9][10]。裁判で、被告人らは、行進者らが解散の命令に従うことを拒否し、保安官とその代理人らに向かって攻撃しつつあったと主張した[18]。証人ジョン・プスティは正式な証言で述べた――

テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

銃撃が起こったとき、わたしはストライキ参加者らと一緒にいました。わたしたちが保安官に近づいたとき、彼は道の中央まで歩き、わたしたちに立ち止まるよう命じました。何人かの男性が前進しました、それからわたしには保安官代理らから2つの一斉射撃が聞こえました。ストライキ参加者はだれも武装していませんでした。わたしは右腕を撃たれました、わたしが走り始めたときわたしは右脚を撃たれました、玉は後ろから入り、前から出ました[21]

さらなる医学的証拠は、ほとんどすべてのストライキ参加者が背中を撃たれたことを示した[10][18]。がそれにもかかわらず、保安官と彼の保安官代理ら人は無罪となった[9][10]

ラティマーの虐殺は、United Mine Workers(UMW)の歴史における転換点であった[4]。UMWは、ペンシルベニア州の炭鉱らでの地位を確立するのに苦労しながら、1万人以上の新メンバーの劇的な急増を目撃した[9][10]。この事件は、英語を話さない鉱山労働者らの従順さについての長年の神話を終わらせるのに役立った[22]。ちょうど3年後に、組合は、地域全体の鉱山労働者らの大幅な賃上げと安全の向上を勝ち取るのに十分に強力であった[2]。これは、UMWの活動家であるジョンミッチェルの組合でのキャリアを大幅に後押ししたし、ラティマーのストライキ中の彼の努力のために全国組合の会長に選出されることになる[23]

ラティマーの虐殺が起こった交差点複数は、80年間マークされていなかった。1972年に、ローワー・ルツェルン郡とカーボン郡の連合労働評議会とUMWは、敷地内に小さな記念碑を建てた[24]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 Anderson, John W. Transitions: From Eastern Europe to Anthracite Community to College Classroom. Bloomington, Ind.: iUniverse, 2005; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-595-33732-5
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 2.9 Miller, Randall M. and Pencak, William. Pennsylvania: A History of the Commonwealth. State College, Penn.: Penn State Press, 2003; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-271-02214-0
  3. 3.0 3.1 Estimates of the number of wounded are inexact. They range from a low of 17 wounded (Duwe, Grant. Mass Murder in the United States: A History. Jefferson, N.C.: McFarland, 2007; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-7864-3150-4) to as many as 49 injured (DeLeon, Clark. Pennsylvania Curiosities: Quirky Characters, Roadside Oddities & Other Offbeat Stuff. 3rd rev. ed. Guilford, Conn.: Globe Pequot, 2008; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-7627-4588-6). Other estimates include 30 wounded (Lewis, Ronald L. Welsh Americans: A History of Assimilation in the Coalfields. Chapel Hill, N.C.: University of North Carolina Press, 2008; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-8078-3220-0), 32 wounded (Anderson, Transitions: From Eastern Europe to Anthracite Community to College Classroom, 2005; Berger, Stefan; Croll, Andy; and Laporte, Norman. Towards A Comparative History of Coalfield Societies. Aldershot, Hampshire, UK: Ashgate Publishing, Ltd., 2005; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-7546-3777-8; Campion, Joan. Smokestacks and Black Diamonds: A History of Carbon County, Pennsylvania. Easton, Penn.: Canal History and Technology Press, 1997; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-930973-19-4), 35 wounded (Foner, Philip S. First Facts of American Labor: A Comprehensive Collection of Labor Firsts in the United States. New York: Holmes & Meier, 1984; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-8419-0742-0; Miller and Pencak, Pennsylvania: A History of the Commonwealth, 2003; Derks, Scott. Working Americans, 1880–2006: Volume VII: Social Movements. Amenia, NY: Grey House Publishing, 2006; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-59237-101-9), 38 wounded (Weir, Robert E. and Hanlan, James P. Historical Encyclopedia of American Labor, Vol. 1. Santa Barbara, Calif.: Greenwood Press, 2004; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-313-32863-3), 39 wounded (Long, Priscilla. Where the Sun Never Shines: A History of America's Bloody Coal Industry. Minneapolis: Paragon House, 1989; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-55778-224-5; Novak, Michael. The Guns of Lattimer. Reprint ed. New York: Transaction Publishers, 1996; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-56000-764-8), and 40 wounded (Beers, Paul B. The Pennsylvania Sampler: A Biography of the Keystone State and Its People. Mechanicsburg, Penn.: Stackpole Books, 1970).
  4. 4.00 4.01 4.02 4.03 4.04 4.05 4.06 4.07 4.08 4.09 4.10 4.11 4.12 4.13 4.14 Blatz, Perry K. Democratic Miners: Work and Labor Relations in the Anthracite Coal Industry, 1875–1925. Albany, NY: SUNY Press, 1994 モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-7914-1819-7
  5. 5.0 5.1 5.2 Murrin, John M.; Johnson, Paul E.; McPherson, James M.; and Gerstle, Gary. Liberty, Equality, Power: A History of the American People, Concise Edition. 4th ed. Florence, Kentucky: Cengage Learning, 2008; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-495-56598-9
  6. 6.0 6.1 Klein, Philip Shriver and Hoogenboom, Ari. A History of Pennsylvania. 2d ed. State College, Penn.: Penn State Press, 1973; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-271-01934-4 p. 330.
  7. Richards, John Stuart. Early Coal Mining in the Anthracite Region. Mount Pleasant, S.C.: Arcadia Publishing, 2002. p. 7; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-7385-0978-7
  8. Graebner, William. Coal-Mining Safety in the Progressive Period: The Political Economy of Reform. Lexington, KY: University Press of Kentucky, 1976; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-8131-1339-3
  9. 9.00 9.01 9.02 9.03 9.04 9.05 9.06 9.07 9.08 9.09 9.10 Dublin, Thomas and Licht, Walter. The Face of Decline: The Pennsylvania Anthracite Region in the Twentieth Century. Ithaca, NY: Cornell University Press, 2005; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-8014-8473-1
  10. 10.00 10.01 10.02 10.03 10.04 10.05 10.06 10.07 10.08 10.09 10.10 10.11 10.12 10.13 10.14 Lewis, Ronald L. Welsh Americans: A History of Assimilation in the Coalfields. Chapel Hill, N.C.: University of North Carolina Press, 2008; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-8078-3220-0
  11. Although the striking workers managed to close mines where the employees had not walked off the job, those mines tended to stay closed only so long as the strikers ringed the works. Once they left, the mine re-opened. See: Blatz, Democratic Miners: Work and Labor Relations in the Anthracite Coal Industry, 1875–1925, 1994.
  12. Other sources claim as many as 15,000 miners were on strike. See: Lewis, Ronald L. Welsh Americans: A History of Assimilation in the Coalfields. Chapel Hill, N.C.: University of North Carolina Press, 2008; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-8078-3220-0; Pula, James S. Polish Americans: An Ethnic Community. Bonn, Germany: VNR Publishing House for the German Business World, 1995; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-8057-8427-6
  13. Novak, Michael. The Guns of Lattimer. Reprint ed. New York: Transaction Publishers, 1996; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-56000-764-8
  14. Novak, The Guns of Lattimer, 1996, p. 122.
  15. Wolensky, Kenneth C. The Lattimer Massacre. Historic Pennsylvania Leaflet No. 15. Harrisburg, Pa.: Pennsylvania Historical and Museum Commission, 1997.
  16. Sources differ on the number of deputies present. One source claims only 86 deputies confronted the marchers. See: Pula, James S. Polish Americans: An Ethnic Community. Bonn, Germany: VNR Publishing House for the German Business World, 1995; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-8057-8427-6
  17. 17.0 17.1 Pula, James S. Polish Americans: An Ethnic Community. Bonn, Germany: VNR Publishing House for the German Business World, 1995. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-8057-8427-6
  18. 18.0 18.1 18.2 Novak, Michael. Unmeltable Ethnics: Politics and Culture in American Life. 2nd ed. New York: Transaction Publishers, 1996; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-56000-773-7
  19. 19.0 19.1 19.2 19.3 Pennsylvania National Guard. 28th Infantry (Keystone) Division: Mechanized: 125 Years of History. Nashville, TN: Turner Publishing Company, 2005; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-59652-025-6
  20. Gilje, Paul A. Rioting in America. Bloomington, Ind.: Indiana University Press, 1999; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-253-21262-6
  21. “Lattimer Shooting Trial”. New York Times. (1898年2月15日). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1898/02/15/102489082.pdf 2013年8月13日閲覧。 
  22. Beik, Mildred A. The Miners of Windber: The Struggles of New Immigrants for Unionization, 1890s–1930s. State College, Penn.: Penn State Press, 1996; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-271-01567-5
  23. DeLeon, Clark. Pennsylvania Curiosities: Quirky Characters, Roadside Oddities & Other Offbeat Stuff. 3rd rev. ed. Guilford, Conn.: Globe Pequot, 2008; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-7627-4588-6
  24. Foote, Kenneth E. Shadowed Ground: America's Landscapes of Violence and Tragedy. 2d rev. ed. Arlington, Tex.: University of Texas Press, 2003; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-292-70525-5

読書案内[編集]

外部リンク[編集]

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "ラティマーの虐殺" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ラティマーの虐殺.