たッぴーおか

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

たッぴーおか
TAPPY OKA
別名義 ぷりん将軍
生年月日 (1988-12-31) 1988年12月31日(33歳)
出身地 日本の旗 日本・鹿児島県
血液型 O型
身長 170cm
言語 日本語
出身 スクールJCA27期
コンビ名 パスコロパーティー(解散)
賢者タイム。(ユニット)
グループ名 蜂蜜れもん、タッピーおか(旧芸名)
芸風 コント、漫談、ものまね
事務所 株式会社TAP
活動時期 2018年 -
同期 オートクチュール
奈良原
パルテノンモード
ゆむら など
現在の代表番組 月曜から夜ふかし
他の活動 ホスト、美容師
公式サイト たッぴーおか公式WEBサイト
テンプレートを表示
スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
YouTube
チャンネル
活動期間 2013年1月4日 -
登録者数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
総再生回数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年6月21日時点。
テンプレートを表示

たッぴーおか(1988年12月31日 - )は、日本の男性お笑い芸人、ものまね芸人、YouTuber。鹿児島県出身。所属事務所は株式会社TAP。スクールJCA27期生。

来歴・人物[編集]

2017年11月に放送された『月曜から夜ふかし』で「近年のハロウィーンにおける熱狂ぶり」が取り上げられた際、ある人物のコスプレをしたまま路上でうなだれていた所をスタッフに声を掛けられる[1]

放送後その時の様子が反響を呼んだ事をきっかけに本格的にお笑い芸人の道を志し、翌年の2018年にプロダクション人力舎の芸人養成所であるスクールJCAへ27期生として入学。在学当初は「パスコロパーティー」というコンビを組んでいたが、程なくしてピンでの活動を始める[2]。また、在学中に沢井亮と「賢者タイム。」というユニットを組みM-1グランプリに出場[3]

卒業後は事務所に所属せずフリーで活動していたが、2019年6月5日に公式ツイッターにてオフィス北野(後に株式会社TAPへ社名変更)へ預かりという形で所属した事を発表した[4]。2020年1月21日に「タッピーおか」と改名した事を発表。名付け親はダンカン[5]

2020年7月6日より、株式会社TAPへの正式な所属が決定[6]。また、同年12月4日付で芸名を「たッぴーおか」に改名した[7][8]

YouTuberのゆゆうたとのコラボ動画をYouTubeにアップもしている。

芸風[編集]

主にモノマネ芸を行っており、ある人物に扮する際には「ぷりん将軍」という名義を用いている。他のレパートリーには「あんドーナツ」「FINLAND」等がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. 北朝鮮・金正恩氏の仮装男性がハロウィーンで被害「ケツとかボンってやられるし…」”. Livedoorトピックニュース (2017年11月28日). 2019年4月23日閲覧。
  2. パスコロパーティーは解散となりました..”. ぷりん将軍公式Twitter (2019年7月25日). 2020年5月6日閲覧。
  3. 賢者タイム。”. M-1グランプリ コンビ情報詳細. 2020年6月29日閲覧。
  4. ご報告”. ぷりん将軍公式Twitter (2019年6月5日). 2019年6月5日閲覧。
  5. 改名のお知らせ”. タッピーおか公式Twitter (2020年1月21日). 2020年1月24日閲覧。
  6. ご報告”. タッピーおか公式Twitter (2020年7月6日). 2020年7月8日閲覧。
  7. 芸名変更のお知らせ「たッぴーおか」”. 芸能事務所 株式会社TAP(タップ)公式ホームページ (2020年12月4日). 2020年12月8日閲覧。
  8. 本日からたッぴーおかに表記変えさせて頂きますッピ!!”. たッぴーおか公式Twitter (2020年12月4日). 2020年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]


This article "たッぴーおか" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:たッぴーおか.