1963年の大列車強盗

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


テンプレート:Infobox news event 1963年の大列車強盗は、1963年8月8日未明に、イギリスバッキンガムシャー州メントモア、レッドバーンにあるブリデコ橋で起こった、ウエスト・コースト・メイン・ラインで、グラスゴーからロンドン行きのロイヤルメール列車から260万ポンドが奪われた強盗事件である[1]

ブルース・レイノルズ率いる強奪犯15人は、列車を停止させるために線路脇の信号機複数に工作した後、襲撃した。他の強奪犯のメンバーには、ゴードン・グッディ、バスター・エドワーズ、チャーリー・ウィルソン、ロイ・ジェームス、ジョン・デーリー、ジミー・ホワイト、ロニー・ビッグズ、トミー・ウィスビー、ジム・ハッセー、ボブ・ウェルチ、ロジャー・コードレイのほかに数字「1」「2」および「3」としてのみ知られる男3人もふくまれ、うち2人はのちにハリー・スミスおよびダニー・ペンブロークであると判明した。16人目の男で、数字のない引退した機関手も居合わせた[2]

強盗犯らは、「アルスターマン」と呼ばれる(2014年にパトリック・マッケンナと誤記された)人物からの内部情報に基づいた慎重な計画を立て、260万ポンド(2019年のNaNポンドに相当)以上を奪って逃走した。盗まれた金の大部分は回収されなかった。強奪犯は銃器を使用しなかったが、列車の運転手であるジャック・ミルズは棍棒で頭を殴られ、重傷を負った。

強盗の後、強奪犯はレザースレイド農場に隠れた。この隠れ家を警察が発見し、証拠を固めたことで、最終的に強奪犯のほとんどが逮捕され、有罪となった。首謀者は懲役30年の判決を受けた。

強盗[編集]

計画案[編集]

グラスゴーからロンドンへの夜行郵便列車を途中で止め強盗する計画は、運搬金額に関する詳しい知識のあるロイヤル・メール内に勤める無名のシニア・セキュリティ・オフィサーからの情報に基づいていた。彼は、ロンドンの事務弁護士の書記ブライアン・フィールドから、襲撃を実行することになる強奪犯のうちの2人――ゴードン・グッディおよびバスター・エドワーズ――に紹介された。

襲撃は、中心チーム――グッディおよびエドワーズ、ブルース・レイノルズ、そしてチャーリー・ウィルソン、それとともに「指導者」("mastermind")役を引き受けるレイノルズ――によって数ヶ月超にわたって考案された。この強奪犯らは、地下世界では大成功を収めたが、列車強盗をした経験はほとんどなかったため、サウス・コースト・レイダースという別のロンドンのギャングの助力を得ることで意見が一致した。このグループには、トミー・ウィスビー、ボブ・ウェルチ、ジム・ハッセーが含まれ、彼らはすでに「熟練の列車強盗犯」('accomplished train robbers')であった[要出典]。このグループには、この分野の専門家で、線路脇の信号機を操作して列車を停止する方法を知るロジャー・コードレイもまた含まれていた。

他の仲間ら(ロニー・ビッグズというレイノルズが以前刑務所で会っていた男を含む)は、グループが発展するにつれて追加された。襲撃に参加した最終的な強奪犯らは計16人の男から成った[3]

ロイヤル・メール列車[編集]

1963年8月7日水曜日18:50に、移動郵便局(TPO。travelling post office)「"Up Special"」列車は、グラスゴー中央駅から出発した。これは翌朝04:00にユーストンに到着する予定であった。列車はEnglish Electric Type 4(のちにClass 40)ディーゼル電気機関車D326(のちに40 126)によって牽引された。列車は12両で構成され、旅行中、郵便物を仕分けする郵政省のスタッフ72人を運んだ。

郵便物はグラスゴーで、通過する駅で停車中に、地元郵便局スタッフによって仕分けされた郵袋を、線路横のフックに掛け、列車に積込まれた。電車で仕分け済みの郵便物は、その際に降ろされる時があった。この交換方法により、郵便列車は、不必要な停車で列車を遅延させることなく、各地域に配達することができた。強盗に遭った車両の1つは、Nene Valley Railwayに保存されている。

牽引車の後ろにある2両目は、HVP(high-value packages。高級品を乗せた貨車として知られており、大量の金銭や仕分けされる書留郵便を運んだ。通常、積荷の価値はおよそ30万ポンドであったが、前週末はイギリスの銀行休業日の週末であったために、強盗当日の合計は250万ポンドから300万ポンドの間であった[4]

1960年に、郵政省調査ブランチ(Post Office Investigation Branch)(IB)は、HVP車両を備えたすべての汽車に警報器を取り付けることを推奨した。この勧告は1961年に実施されたが、警報器のないHVP車両は予備として保管されていた。1963年8月までに、HVP車両3両に警報器、窓の鉄格子、ドアのボルトとキャッチが装備されたが、しかし強盗当時これら車両が使用できなくなっていたために、これら機能のない予備の車両(M30204M)が使用された。無線の取り付けもまた考慮されたが、高価だと判断され、この方法は実施されなかった[5]。この車両は事件後7年間証拠品として保管され、それから荒らしを阻止するために警察と郵便職員の立ち会いの下でノーフォークの或るスクラップヤードで焼却された。

列車を停車させる[編集]

8月8日03:00すぎに、クルー出身の車掌ジャック・ミルズ(58)は、レイトン・バザードとチェディントンとの間のレッドバーンのシアーズ・クロッシングでウエスト・コースト・メイン・ラインを停車させた。信号はすでに強奪犯らによって工作されていた――彼らは緑色灯を覆いかくし、バッテリーを接続して赤色灯に繋げていた。機関助手または火夫として知られる機関車の乗務員は、同じくクルー出身のデビッド・ホイットビー(26)であった。その場所での停止の合図が予想外だったために、ホイットビーは運転室から降りて、線路横の電話から信号手に電話をかけ、その結果ケーブルが切断されていることがわかった。彼が列車に戻ったとき、強盗犯の一人にねじ伏せられた。一方、強奪犯のメンバーらは両側から機関室内に入り、ミルズは強盗犯の1人と争っている際、もう1人によって後ろから棍棒で殴られ、意識不明になった。

強盗犯らは列車をトラック横にさらに約半マイル(800 m)離れたブリデコ橋(今はメントモア橋として知られている)に移動せねばならず、そこで彼らは金銭をおろす予定であった。強盗犯の1人は、鉄道員と友達になり、車両の設計および操作を学ぶことに何か月も費やしていた。しかし、最終的には、熟練の機関手を使用して、残りの仕分け人と普通郵便を含む車両複数を切り離したのち、機関車とHVP車両の2つを信号から橋に移動させるほうが良いと決められた。

当夜、強奪犯の雇われ機関手(ロニー・ビッグズの知人、のちに「スタン・アガト」または「ピーター」と呼ばれた)は、この新型機関車を操縦することができなかった。彼は長年列車を運転していたが、そのときまでに引退し、サザンで機関車を転轍した経験しかなかった。他に使える選択肢がなかったために、ミルズが列車を橋近くの停車点に移動させると決められ、線路のポールの間に張られた白いシート1枚で示されていた。ビッグズの唯一の任務はアゲートの強盗への参加を監督することであり、アゲートが列車を運転できないことが明らかになると、彼とビッグズは郵袋の積込みを手伝うために待機中のトラックに回された。

強奪品を移動させる[編集]

列車はブリデコ橋に停車し、強盗の「急襲隊」("assault force")が「高級な積荷」('high-value packages')(HVP)車両を攻撃した。フランク・デューハーストは、HVP車両で、他の郵便局員3人(レスリー・ペン、ジョセフ・ウェアおよびジョン・オコナー)を任されていた。カーライルからユーストンへの列車を担当する副車掌トマス・ケットも車両に乗っていた。デューハーストとケットは、強盗による車両の襲撃を防ごうという試みをしたとき、棍棒で殴られた。強盗犯らがその車両に乗り込むと、郵便員は抵抗をすることができず、彼らを警護する警察官や警備員も乗車していなかった。郵便員らは車両の隅の床にうつ伏せに寝かせられた。ミルズとホイットビーがそれからその車両の中に運ばれ、手錠をかけられ、郵便員のそばに置かれた[6]

強奪は、HVP車両から128袋のうち8袋を除くすべてを移動させ、バケツリレーをつくることで約15-20分間で待機中のトラック1台に移した。強奪犯らは強奪後、約30分間はオースチン・ロードスター・トラックで移動し、証言を防ぐためにランドローバー2台を使用した。ナンバープレートは"BMG757A"をつけていた。

強盗事件関係箇所

逃走と計画された逃亡[編集]

強奪犯らはそれから、VHF警察無線を受信しながら道を進み、45分から1時間かかり、強奪が行われているという第1報とほぼ同時刻の04:30頃にレザースレード農場に着いた。レザースレイドは、強奪現場から、オークリーとブリルとの中間地点にある荒廃した農場であった(北緯51度48分23秒 西経1度3分11秒 / 北緯51.80639度 西経1.05306度 / 51.80639; -1.05306)。そこは彼らの隠れ家として2ヶ月前に購入されていた。

農場で彼らは盗品を数え、それらを16の取り分にし、いくつかの「飲み物」('drinks')(ギャングの仲間のために意図されたより少ない金額)に分けた。分割の正確な金額は出典によって異なるが、全取り分はそれぞれ約15万ポンドになった。

警察無線を受信することから、強奪犯らは、強奪とともに四散したのではなく強奪現場から半径30マイル以内のところに隠れた、と推測した。この推測は、強奪犯の一員が郵便局員らに「半時間は動かないように」("not to move for half an hour")命じた、と述べた犯罪現場近くの目撃者による証言に基づいていた。報道機関は、この情報を、半径 30マイル (50 km) ――高速で30分の道のりと解釈した。

強奪犯らは、警察が人海戦術を使い、当初の予想よりもはるかに早く農場を発見するだろう、と悟った。その結果、農場を立ち去る計画は日曜日から金曜日に繰り上げられた(強奪は木曜日に実行された)。彼らが農場までに使った乗物の複数は、鉄道員に見られていたため、使用できなかった。ブライアン・フィールドは木曜日に農場に来て、略奪品のうち自分の取り分を拾い上げ、ロイ・ジェームスをロンドンに連れて行き、追加の乗物1台を見つけた。ブルース・レイノルズとジョン・デーリーは複数台受けとった、1台はジミー・ホワイト用、もう1台はレイノルズ、デイリー、ビッグズおよび交替列車機関手用である。フィールド、彼の妻カリンと彼の仲間「マーク」はバンを複数台使い、強奪犯の残りをフィールドの家に移動するために走った。

フィールドはすでに、強盗犯らがすでにそこの指紋を拭き取るのに多くの時間を費やしていても、強奪犯らが立ち去ったのち、全ての掃除を行ない、農場に火を放つ手はずを「マーク」と整えていた。バスター・エドワーズによると、彼は「マークの」飲物を支払うのを助けるために、10シリング紙幣で1万ポンドをくすねた。しかし、月曜日にチャーリー・ウィルソンがブライアン・フィールドに電話をかけて農場が片付けられたかどうかを確認したとき、彼はフィールドの証言を信じなかった。彼はエドワーズ、レイノルズ、デーリー、ジェームズとの会議を開いた際、彼らは確かめる必要があることで意見が一致した。彼らは火曜日の会議にフィールドを呼び、そこで彼は、自分が農場を放火しなかったことを認めざるを得なかった。IVSの2012年のドキュメンタリー映画『The Great Train Robbery』のなかで、ニック・レイノルズ(ブルース・レイノルズの息子)は、「農場に戻って、放火するために雇われたやつが、とんずらしたんだ」("...the guy who was paid to basically go back to the farm and burn it down did a runner")と語った[7]。ウィルソンはそのときにフィールドを殺そうとしたが、残りのメンバーに押さえられた。しかしながら、彼らは、農場に戻る準備が整うときまでに、警察が隠れ家を見つけたことを知った。

強盗犯らが列車を強奪した「シアーズ・クロッシング」('Sears Crossing')北緯51度53分23秒 西経0度40分23秒 / 北緯51.88972度 西経0.67306度 / 51.88972; -0.67306

強奪された金銭[編集]

列車から盗まれた正確な現金の合計に関しては、やや不確実性がある。263万1684ポンドは報道で引用された数字であり、警察の捜査によると、盗難は636パッケージで259万5997ポンド10シリング、郵袋120袋に含まれていた――運搬の大部分は1ポンドおよび5ポンド紙幣(古い白い紙幣と、その半分のサイズだった新しい青い紙幣)。10シリング紙幣とアイルランドとスコットランドの貨幣もあった。レイノルズが30分の制限時間を設定していたために、郵袋128個のうち8個が盗まれずに置き去りにされた。統計的には、これは13万1000ポンド、すなわち全ポンドの4.7%に達する可能性がある。元バッキンガムシャーの警察官ジョン・ウーリーによると、移動させられた郵袋の全重量は2.5トンだったとされている[7]

強奪犯らは農場内に隠れている間、モノポリーというゲームで金を使った[8]

警報を発信[編集]

強盗犯らは近くのすべての電話回線を切ったが、シアーズ・クロッシングで列車に残された鉄道員の1人が、チェディントン行きの貨物列車に会い、そこで04:20頃に警報を発した。強盗の最初の報告は数分以内にVHF警察無線で送信され、そこで強奪犯らは「強盗が実行されたし、信じられないだろうがHVP車両を盗まれたんだ!」("A robbery has been committed and you'll never believe HVP;– they've stolen the train!")というセリフを聞いた。

強盗犯らと共犯者[編集]

強奪犯らは、強奪に居た男らと重要な情報提供者2人を含む、平等な分け前を受け取るはずのメンバー17人から構成されていた。

強奪犯らは、主にロンドン南部からの犯罪者15人で構成された――ゴードン・グッディ、チャーリー・ウィルソン、バスター・エドワーズ、ブルース・レイノルズ、ロイ・ジェームス、ジョン・デーリー、ロジャー・コードレイ、ジミー・ホワイト、ボブ・ウェルチ、トミー・ウィスビー、ジム・ハッセー、ロニー・ビッグズ、ハリー・スミス、ダニー・ペンブロークは、彼らに対する証拠がないために訴えられず、1人はまだ不明であり、さらにそのうえに彼らが「ポップ」("Pop")と名付けた機関手もいる。強奪犯らの一番有名なメンバー ビッグズは――機関手を募集するという――小さな役割しか持っていなかった。

強盗犯ら[編集]

Great Train Robbers[9]
名前 ニックネーム 強盗時の年齢 出生 死没 強奪犯内の役割 Association 現場にいたか 略奪品の分配 逮捕 出所
1 ブルース・リチャード・レイノルズ(Bruce Richard Reynolds) ナポレオン("Napoleon") 31 1931年9月7日[10] 28 February 2013[10] ギャングのリーダー サウスウエストギャングのリーダー Yes 1/17 1968年11月8日 1978年
2 ダグラス・ゴードン・グッディ(Douglas Gordon Goody) ゴードン("Gordon") 33 1930年3月11日[11] 2016年1月29日[12] Deputy and organiser サウスウエストギャングのメンバー Yes 1/17 1963年10月3日 1975年12月23日
3 チャールズ・フレデリック・ウィルソン(Charles Frederick Wilson) チャーリー("Charlie")
チャス("Chas")
31 1932年6月30日[11] 1990年4月23日(shot)[13] ("Treasurer") and organiser Member of the South West Gang Yes 1/17 22 August 1963; 24 January 1968 (Recaptured) 1964年8月12日(Escaped);1978年9月15日(Last one released)
4 ロナルド・クリストファー・エドワーズ(Ronald Christopher Edwards) バスター("Buster") 32 1931年1月27日[11] 1994年11月28日(possibly suicide) オーガナイザー サウスウエストギャングのメンバー Yes 1/17 1966年9月19日(Voluntary) 1975年4月(9年間)
5 ブライアン・アーサー・フィールド(Brian Arthur Field) 29 1934年12月15日[11] 1979年4月27日(car crash)[14] Key informant and organiser of the mock purchase of Leatherslade Farm, the gang's hideout Solicitor's clerk and organised the defence of Gordon Goody and Buster Edwards in previous court cases No 1/17 15 September 1963 1967
6 possibly Patrick McKenna[15]あるいはサミー・オスターマン(Sammy Osterman)[16] ("Ulsterman") 43 Key informant and organiser Contact with Gordon Goody and Buster Edwards arranged through another man who contacted Brian Field No 1/17
7 ロイ・ジョン・ジェイムズ(Roy John James) イタチ("The Weasel") 28 1935年8月30日[11] 21 August 1997[11][17] Getaway driver and carriage uncoupler Associate of South West Gang Yes 1/17 10 December 1963 August 1975
8 ジョン・トマス・デーリー(John Thomas Daly) パディ("Paddy") 32 1931年6月6日[11] April 2013[18][19] Train stopper and getaway driver Brother in law of Reynolds and associate of South West Gang Yes 1/17 1963年12月3日 N/A 1964年2月14日無罪宣告
9 ヘンリー・トマス・スミス(Henry Thomas Smith)(?) ビル・「フロッシー」・ジェニングス(Bill "Flossy" Jennings) 車両切離し Associate of South West Gang Yes 1/17
10 ジェイムズ・エドワード・ホワイト(James Edward White) ("Jimmy") 43 21 February 1920[11] date of death unknown[11][20] Quartermaster and carriage uncoupler Generally solitary thief who knew Reynolds Yes 1/17 21 April 1966 April 1975
11 ? アルフ・トマス("Alf Thomas") 筋肉(Muscle) Associate of Jimmy White Yes 1/17
12 ロジャー・ジョン・コードレイ(Roger John Cordrey) 42 1921年5月30日[11] 2011[11][21] Train stopper and electronics expert Leader of the South Coast Raiders Yes 1/17 1963年8月14日 1971年4月
13 ロバート・ウェルチ(Robert Welch) ボブ("Bob") 34 12 March 1929[11][22] N/A 筋肉(Muscle) South Coast Raiders Yes 1/17 25 October 1963 1976年6月
14 Thomas William Wisbey ("Tommy") 33 27 April 1930[11] 30 December 2016 Muscle South Coast Raiders Yes 1/17 11 September 1963 February 1976
15 James Hussey ("Big Jim") 31 8 April 1933[11] 12 November 2012 (died in a hospice)[23] Muscle South Coast Raiders Yes 1/17 7 September 1963 1975[23]
16 Danny Pembroke ("Frank Monroe") 27 1936 2015 Muscle South Coast Raiders Yes 1/17
17 Ronald Arthur Biggs ("Ronnie") 34 8 August 1929[11] 18 December 2013 Contact for replacement train driver Associate of Reynolds Yes 1/17 4 September 1963; Voluntary return to UK jurisdiction 7 May 2001 Escaped 8 July 1965; Released 7 August 2009 (Served 3,875 days; 10 years 10 months)
18 ? スタン・アガト("Stan Agate"),ピート("Pete"),ポップ("Pop") 67 Replacement train driver (failed) ロニー・ビッグスvia Ronnie Biggs Yes

ブルース・レイノルズ[編集]

ブルース・リチャード・レイノルズは、1931年9月7日にロンドンのストランドにあるチャーリングクロス病院で、トーマス・リチャードとドロシー・マーガレット(旧姓キーン)のもとに生まれた。彼の母親は1935年に死亡し、彼は父親および継母との生活に苦労したために、しばしば祖母と一緒に暮らした。レイノルズは、押入りと侵入の数回の罪で3年間投獄され、釈放されるやいなや再犯を始めた。彼はすぐに、いちばんの親友ジョン・デーリー(将来の義理の兄弟)と一緒にギャングに加わった。彼らは、南西部のギャングリーダーら アーニー・ワッツとテリー・ホーガン(別名ハリー・ブース)から指南を受けた。また、彼はジミー・ホワイトといくつかの非合法な仕事をし、チャーリー・リチャードソンのクラブでバスター・エドワーズに会った。今度はリチャードソンが彼をゴードン・グッディに紹介した。

列車強盗の後、レイノルズは妻アンジェラと幼い息子ニック・レイノルズ(のちAlabama 3のメンバーになり、その曲「Woke Up This Morning」が『The Sopranos』のオープニングテーマであった[24])とともにメキシコに逃げ、そして約15万英ポンドで豪勢に暮らした。その金銭が尽きたとき、レイノルズは仕事を求めて一家をカナダに移し、次にフランスに移り、それから、彼の古いコネクションにより約束された機会のためにイギリスに戻った。彼は1968年にトーキーで逮捕され[24]、懲役25年の判決を言い渡された。彼は10年後に釈放された[25]

レイノルズは、アンフェタミン(覚醒剤)を扱ったために1980年代半ばに再投獄された[24]。彼はときおりジャーナリズムの作品を制作し、列車強盗に関する映画や書籍のプロジェクトのコンサルタントを務め、評判の高い犯罪回顧録『Crossing the Line: The Autobiography of a Thief』(1995年)を出版した[24][25]

2003年のインタビューで、レイノルズは回想した――「幼い頃から、わたしはいつも冒険の人生を望んでいた」("from an early age I always wanted a life of adventure")。彼は視力が悪いためにイギリス海軍に拒否され、その後外国通信員になろうとした、その中での彼の最大の功績は『デイリーメール』の職員になることだった。彼の犯罪人生は興奮をもたらしたが、レイノルズは2003年に語った、「わたしはいつも自分の過去から逃れられないと感じていた。そして多くの点で、それは『老水夫行』からの一文のようだ、悪名はわたしの首の周りのアホウドリに似ている、と感じた」("I've always felt that I can't escape my past.And in many ways I feel that it is like a line from the 'Ancient Mariner' and that the notoriety was like an albatross around my neck.")[25]

レイノルズは2013年2月28日に病気のために81歳で死亡した[24][25]。彼が死亡し息子ニックが残った[26]

ダグラス・ゴードン・グッディ[編集]

当局はダグラス・ゴードン・グッディを計画の首謀者と見なした[27]。彼は、フィンズベリー・パークでブライアン・フィールドによって設けられた会合で最初に「アルスターマン」('The Ulsterman')と接触した。北アイルランド系で、グッディは1930年3月にロンドンパットニーに生まれ、強盗当時まだ実家に住んでいた。1960年代前半に、彼はバスター・エドワーズのギャングに加わり、さまざまな簡単な窃盗を手伝った[28]

1975年に刑務所から釈放された後、グッディはスペインアルメリアにある白塗りの町モハカルに移り、そこでチリンギト・コン・ティキ・ビーチフロント・バーを経営した。2014年9月に、グッディは、強盗事件50周年を記念するドキュメンタリーの中で初めて、「アルスターマン」の正体がパトリック・マッケンナである、と主張した[27]。ドキュメンタリー製作者らは、行方不明の家族を見つけたソーシャルワーカー アリエル・ブルースを雇って、マッケンナを追跡し、彼が数年前に死亡しているのが分かった。しかしながら、ブルースはマッケンナの家族とコンタクトを取ることができた。このドキュメンタリーは、2014年10月に映画館で、そしてオンデマンドで上映された。2016年1月29日に、グッディは85歳で肺気腫のために死亡した[29]

チャールズ・フレデリック・(チャーリー)・ウィルソン[編集]

大列車強盗犯の中で最も危険なのは、「サイレント・マン」('the Silent Man')チャーリー・ウィルソンであった。彼は1932年6月30日にバタシーのビルとメイベル・ウィルソンのもとに生まれた。子供時代からの友人らは、ジミー・ハッセー、トミー・ウィスビー、ブルース・レイノルズおよびゴードン・グッディであった。その後、彼はロナルド・「バスター」・エドワーズと、運転好きのミッキー・ボールとロイ・ジェームズに会い、彼らは車の盗難を再び始めていた。1948年から1950年に彼は徴兵に召集され、1955年にパトリシア・(パット)・オズボーンと結婚し、彼女との間に子を3人もうけた。彼は年少期で犯罪者に転向し、父親の低収入な賃金を跳ねつけた。彼は食料品店で合法的な仕事をした一方で、泥棒でもあり、彼の利益はさまざまな賭博企業の株を買うことに費やされた。彼は複数の犯罪で短期間入所した。1960年に、彼はブルース・レイノルズと働き始め、大きな犯罪組織に参加することを計画した[30]テンプレート:Page number。

ロナルド・「バスター」・エドワーズ[編集]

ロナルド・クリストファー・エドワーズは、1932年1月27日にロンドンのランベスでバーテンダーの息子として生まれた。学校を卒業した後、彼はソーセージ工場で働き、そこで、戦後の闇市場で売るために食用肉を盗むことから犯罪を始めた。イギリス空軍での兵役の間に、彼は紙巻タバコを盗んだために拘留された。彼が南ロンドンに戻ったとき、クラブを経営し、犯罪者になった。彼は1952年にジューン・ローズと結婚した。彼らは娘ニッキーをもうけた[31]テンプレート:Page number。晩年に、彼はロンドンのウォータールー駅の外で花の売店を経営した。

ブライアン・フィールド[編集]

ブライアン・アーサー・フィールドは1934年12月15日に生まれ、すぐに養子縁組に出された。彼は朝鮮戦争中、軍に勤務しつつ、陸軍輜重隊に2年間勤めた。輜重隊兵は戦闘要員と見なされたが、主に輸送と兵站に関係していた。彼が除隊したとき、それは「とても良い性格」("a very good character")であった[32]テンプレート:Page number。

フィールドはのちにジョン・ウィーター・アンド・カンパニーの事務弁護士の管理職員になった。彼は強盗事件当時わずか28歳であったが、彼はすでにボスのジョン・ウィーターよりも羽振りが良い様であった。フィールドは新しいジャガーを運転し、妻とオックスフォードシャー州ウィッチチャーチヒルブライドルパスに家「カブリ」("Kabri")(カリンとブライアン[・フィールド]の共同物件)を持ち、一方で彼のボスは潰れたフォードを所有し、荒廃した地域に住んでいた。フィールドの繁栄の理由の一部は、彼が彼の顧客が彼らのカントリー・ハウスに何を持っているかについての情報をグッディとエドワーズに与えることを嫌がらず、彼らを窃盗の主要な標的にしたことであったテンプレート:Page number[信頼性要検証]スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。。ある時、彼は、妻カリンがかつてナニーだった、ウェイブリッジ近くの家の内容と間取りについて説明した[33]

強盗にさきだって、フィールドはバスター・エドワーズとゴードン・グッディを代表していた。エドワーズが盗難車とともに捕まり、ソーホーの或るナイトクラブでグッディに会ったとき、彼の弁護を手配していた。フィールドは、「空港職員」の関係でグッディの弁護をするよう求められたが、これは1962年11月27日にロンドン空港、ハットンクロスBOACコメット・ハウスでおきた強盗であった。これは、サウスウエストギャングが大列車強盗の前に行った大きな予行であったテンプレート:Page number[信頼性要検証]スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。。フィールドはグッディとチャーリー・ウィルソンの保釈の手配に成功した。

「アルスターマン」[編集]

2014年に、ダグラス・グッディはジャーナリストらに、「アルスターマン」はパトリック・マッケンナ、強盗当時ランカシャー州サルフォードに住んでいた43歳の郵便局員である、と主張した。マッケンナはもともとベルファスト出身で、1963年にグッディに4回会った。グッディは、自分は眼鏡ケースの中に書かれているのを見てようやくマッケンナの名前を見つけた、と主張した。

マッケンナが受け取ったとされる取り分がどうなったのかは知られていないが、彼の子供らは父親の関与の主張を聞いて「口がきけないほどびっくり仰天」("flabbergasted")した。マッケンナは多年にわたって自分の取り分をカトリック教会に寄付したか、でなければ彼からお金を盗まれたと推測された[15]

「アルスターマン」がマッケンナであると論争されてきた。特に、マッケンナには前科や前科がなく、貧しく死亡したようであるためである。有罪判決を受けた強盗らの仲間サミー・オスターマンはギャングの一員であり、彼の「アルスターマン」の異名は単に彼の姓を間違えた結果であることが示唆されてきた[16]

共犯者たち[編集]

ロジャー・コードレイの事実の後の共犯者ウィリアム・ジェラルド・ボオール(1913年10月22日-1970年6月26日)は、さまざまな列車強盗の他の多くの共犯者と変わらない役割を果たしたにもかかわらず、強盗の一人であるとして有罪判決を受けた。ボオールは刑務所内で死亡した[34][35][信頼性要検証]

レナード・「レニー」・デニス・フィールド(1931年生まれ、死亡月日不明)[36]は、レザースレイド農場の隠れ家の購入を手伝い、1万2000ポンドの「飲み物」と引き換えに5000ポンドの手付金を支払った。レニーフィールドは、その計画がトラック1台の紙巻き煙草を強奪することを許された[37]。強盗に関与していなかったにもかかわらず、彼は有罪判決を受け、25年(強盗共同謀議で20年、司法妨害で5年)の判決を言い渡され、それはその後5年に短縮された。彼は1967年に刑務所から釈放され、ロンドン北部に住むようになった。

ジョン・デンビー・ウィーター(1921年12月17日生まれ[38]、1985年7月18日死亡[39]))はブライアン・フィールドの雇い主であった。彼は有罪判決を受け、3年の判決を言い渡された。彼はリーズ近く、ハロゲートで63歳で死亡した。

アリスバーリーによる捜査[編集]

05:00に、アリスバーリーにあるバッキンガムシャー警察犯罪捜査部(CID。Criminal Investigation Department)の責任者マルコム・フュートレル警視正が犯罪現場に到着し、そこで証拠収集を指揮した。彼はそれから、列車が強奪されたチェディントン駅に行き、そこで機関手と郵便職員らから供述がとられた[40]。強奪犯の一員は郵便局員に半時間移動しないように命じたし、これは彼らの隠れ家が30マイル以上離れているはずがないことを推測した[7]。目撃者らへの事情聴取から、フードをかぶり青いボイラースーツを着た男、約15人が関与していたように見えたが、それ以上は収集できなかった。

翌日昼食時までに、捜査の規模に対処するために再検証が必要であることが明らかになり、バッキンガムシャー本部長は本件をスコットランド・ヤードに委託した。ジョージ・ハザリル、C部門の司令官と探偵警視長アーネスト(アーニー)ミレン、特別機動分隊長は、もともと捜査のロンドン側の担当であった。彼らは、バッキンガムシャー警察を支援するために、刑事局長ジェラルド・マッカーサーと部長刑事ジョン・プリチャードを派遣した。

警察はそれから、法医学的証拠を見つけることができなかったのち、犯罪現場から散開しながら、大規模な捜査を行なった。監視が海港複数に置かれた。郵政公社総裁レジナルド・ベヴィンスは「強盗の責任者の逮捕と有罪判決につながる情報を提供した最初の人物」("the first person giving information leading to the apprehension and conviction of the persons responsible for the robbery")に報酬金1万ポンドをつけた。

レザースレイド農場の発見[編集]

レザースレイド農場に隣接する広場の農夫からの通報に続いて、強盗の5日後、1963年8月13日に、警察の軍曹と巡査がそこに  電話をかけた。[41]テンプレート:Page number農場は捨てられていたが、ランドローバー複数台や、急いで黄色に塗られた強盗犯らが使用したトラックを見つけた。彼らはまた、大量の食品、寝具、寝袋、郵袋、書留郵便小包、紙幣包装紙、ボードゲーム モノポリーを見つけた。

農場は指紋を消すために片付けられていたが、ケチャップ瓶やモノポリーセット(ゲームの強盗ののちに使用されたしかし実際のお金で)を含めて、いくつかの指紋と掌紋(おそらくは強盗犯らの)が残されていると判断された。

ロンドンでの捜査[編集]

レザースレイド農場の発見という大きな発見にもかかわらず、捜査は難航した。捜査のロンドン側はそれから、警視長トミー・バトラーの下で続けられたが、彼はミレンがジョージ・ハザリルの下で副司令官に昇進した直後に特別機動分隊長としてミレンに代わった。1963年8月12日月曜日に、バトラーはロンドン・コネクションの警察捜査の責任者に任命され、6人の列車強盗分隊をすばやく結成した。トミー・バトラーがロンドン捜査長に任命された翌日の1963年8月13日に発見されたレザースレイド農場について、列車強盗分隊が農場を急襲した[42]テンプレート:Page number。

ミレン刑事警視長が会員制のウェストエンドのクラブの喫煙室で著名な法廷弁護士に会い、何者かが強奪犯について喜んで密告する、と告げたときであった[42]テンプレート:Page number。情報提供者と話す方法は、ハザリルとミレン自身によりにより行われ、彼らは指揮下の巡査らに情報提供者の身元を決して明かさなかった。情報提供者は列車強盗の前に 州の刑務所に投獄されたばかりで、仮釈放を望んでいた。彼は明らかにすべての名前を知っているわけではなく、2人目の情報提供者(女)が空いていた名前を埋めることができた。ミレンは彼の書籍『Specialist in Crime』の中で言った、「情報提供者との接触は、私とヤードの同僚がほとんど絶望に近づき、欲求不満の状態にあった状況下に来た」("the break-through with the informer came at a moment when I and my colleagues at the Yard were in a state of frustration almost approaching despair")[43]。その後、レザースレイドで収集された指紋から作られたリストと一致するように、18人の名前が探偵に渡された。

ハザリルとミレンは、トミー・バトラーとフランク・ウィリアムズからの強い抗議にもかかわらず、指名手配された容疑者らの写真を公開することを決定した。その結果、ほとんどの強盗犯が潜伏した。

トミー・バトラー、名機動隊長[編集]

トミー・バトラーは、特別機動分隊、特に列車強盗分隊を引き継いだ。彼は間違いなく特別機動隊史上、最も有名な隊長になった。彼は「ミスター特別機動分隊」、犯罪者らを逮捕する速さで「即日トミー」、そして抜け目無さで「ハイイロギツネ」として知られた。彼はスコットランドヤードで最も手ごわい盗人の捕捉者であり、まだ母親と同居している独身者であり、仕事に対し、狂信的に取り組んだ。バトラーは長時間働き、分隊全員が同じことをするよう期待した。

分隊は、一人が帰宅して休息する交代勤務をせねばならなかった。なぜなら、1泊あたり3時間の睡眠時間で、健康的な食事をし、家族と会う時間はなかったからである。分隊がバトラーに労働条件を緩和させようとしたとき、彼は激怒し、彼らを通常の職務に戻すぞと脅した。バトラーは非常に秘密主義であると言われたし、ジャック・スリッパーは彼の書籍『Slipper of the Yard』(1981)の中で、「彼であれば自分の右手が何をしているのか左手にさえ言わないだろう」("he wouldn't even tell his own left hand what the right one was doing")と主張した。これは、列車強盗分隊のメンバーが、自分たちの仕事が全体的捜査にどのように利用するのかを知らないまま、しばしば派遣されていたことを意味する。

列車強盗分隊[編集]

6人の列車強盗分隊は、刑事巡査フランク・ウィリアムズ、刑事巡査スティーブ・ムーア、刑事巡査ジャック・スリッパー、刑事巡査ジム・ネビル、刑事巡査ルー・ヴァン・ダイク、刑事巡査コンスタブル・トミー・ソーバーンで構成されていた。上級将校フランク・ウィリアムズは静かな男であった。彼の専門は情報提供者らとの取引であったし、彼は南ロンドンの犯罪者集団について最も実戦的な知識を持っていた。分隊の1人ジャック・スリッパーはのちに特別機動分隊の隊長になり、何年も経ったのちにまた、この事件に関わることになる。

郵政公社の調査[編集]

郵政公社調査部門(IB。Investigation Branch)は、盗まれた金額をただちに確定する任務を負い、合計259万5997ポンド10シリング0ペンスで結論づけた。彼らはまた、関連諸銀行に通知できるように、どんな金銭が取られたかを特定しようとした。HVPの運送セキュリティの欠陥が複数報告され、安全な車両が直ちに運用に戻された。無線の設置が優先事項として推奨された。調査の詳細は、1964年5月に発行されたアシスタント・コントローラー リチャード・イェーツによる報告書に記載されている[5]

逮捕[編集]

ロジャー・コードレイ[編集]

最初に捕まった強奪犯のメンバーはロジャー・コードレイであった。彼は友人ウィリアム・ボオールとともにいて、ウィリアムは古い借金の返済の見返りに彼が身を隠すのを手伝っているところであった。彼らは、ボーンマス、ムーアダウン、ウィンボーン・ロードにある花屋の上方にある、十分な家具付きの賃貸フラットに住んでいた。ボーンマス警察はエセル・クラークによって通報され、彼女はボオールとコードレイにとっては不運にも元警察官の未亡人であったし、そのときボオールとコードレイはキャッスル・レーン・ウェストを離れた(off Castle Lane West)トウィーデール・ロードにあるガレージの賃料を10シリング紙幣ばかりを使って3か月前払いした。

強盗に関与していなかったボオールは24年の判決を言い渡され、1970年に刑務所内で死亡した。警察はのちに彼が冤罪であると認めた[44][45]

他のメンバーの逮捕[編集]

他のメンバーの逮捕が続いた。強奪犯のメンバーのうち8人と仲間数人が捕まった。残りの逮捕は、巡査部長スタン・デービスと試用期間中の巡査ゴードン・「チャーリー」・ケースによって行なわれた[46]

1963年8月16日金曜日に、ドーキングウッズで朝の散歩をしていた2人が、いずれも金銭を入れた、ブリーフケース、ホールドールおよびラクダ皮のバッグを発見した。彼らは警察を呼び、森の中で金銭でいっぱいの別のブリーフケース複数も発見した。合計で10万900ポンドが見つかった。彼らはまた、ドイツ アルゴイ ヒンデラング ソンネンビッヒル Cafe Pensionのレシート1枚が入ったラクダ皮のバッグ1つを見つけた。それはHerrとFrau Fieldに送られた。サリー警察はその金銭とレシートをアリスバーリーのフュートレルとマッカーサーに届け、彼らはその時までに、ブライアン・フィールドはレザースレイド農場の購入で行動したジェームズアンドウィーターの職員であることを知っていた。彼らは直ぐにインターポールを通じて、ブライアンとカリン・フィールドがその年の2月にペンションソンネンビッヒルに滞在していたことを確認した。さらに、彼らは、フィールドがゴードン・グッディその他の犯罪者らのために行動していたことを知った。

数週間後に、警察はフィールドの家に彼を事情聴取するために行った。彼は冷静に(親戚が戦利品の少なくとも大部分を捨ててしまったために)、農場の購入者として、そして彼のボスのジョン・ウィーターを不動産弁護士とする、レニー・フィールドを巻き込んだ作り話を提供した。彼は、自分がレニー・フィールドとともにあるとき農場を訪れたことを認めたが、しかし、それはブライアン・フィールドが最近の訴訟で弁護に失敗した兄アレクサンダー・フィールドの投資だと思った、と言った。フィールドは、警察が領収書を見つけたことを知らずに、自分と妻が休暇でドイツに行ったことをあっさりと自白し、自分達が滞在した場所の詳細を彼らに伝えた。1963年9月15日に、ブライアン・フィールドが逮捕され、2日後にボス ジョン・ウィーターが逮捕された。レニー・フィールドはすでに9月14日に逮捕されていた[31]

ジャック・スリッパーは、ロイ・ジェームズ、ロナルド・ビッグズ、ジミー・ハッセーおよびジョン・デーリーの逮捕に関わった。

公判、1964年[編集]

強盗の裁判は、1964年1月20日にバッキンガムシャーのアリスバーリー巡回裁判所で始まった。多数の弁護士とジャーナリストを入廷する必要があり、既存の法廷は小さすぎると見なされた。よって、アリスバーリー村郡部の事務所複数が特別にこの裁判用に改装された。被告人らは、大勢の観衆から見えないように、護送車で各日アリスバーリー刑務所から法廷に連れて行かれた。エドモンド・デイビス裁判官は、51日間続き、証拠物件613件と証人240人を含む公判を行った。陪審員は、評決を検討するためにアリスバーリーのグランジユースセンターに引き下がった[47]

1964年2月11日に、ジョン・デーリーに答弁する事件がないこと分かった際、騒ぎが起こった。彼の弁護士であるウォルター・レイバーン私撰弁護士は、"わが依頼人に不利な証拠は、レザースレイド農場で見つかったモノポリーセットにある彼の指紋複数と、彼が強盗ののちに潜伏したという事実に限られている"、と主張した。レイバーンは続けて、"デーリーは1963年初めに義理の兄弟ブルース・レイノルズとモノポリーゲームをプレイした、彼は警察によって、強奪犯らと関係があるという理由だけで地下に潜った"と、言った。これは共同謀議への関与の証拠ではなかった。裁判官は同意し、陪審員は彼を無罪にするように指示された[48]テンプレート:Page number。

これが起こったとき警部補(Detective Inspector)フランク・ウィリアムズは衝撃を受けた。なぜならば、トミー・バトラーが情報提供を拒否したために、彼はデイリーの指紋がモノポリーセットにしかなかったという事実を知らなかったからである。もしウィリアムズがこれを知っていたなら、モノポリーセットについてデイリーに質問し、アリバイを否定できた筈であった。デイリーは、逮捕され、顎髭を剃るときまで写真を撮られるのを避けていた。これは、外見を変えるの目的で彼の顎髭姿の写真がなかったことを意味した。デイリーの訴訟がいい加減であったため、バトラーに対して何ら反論できなかった[49]

1964年4月15日に、裁判官は強盗を「かなりの貪欲に触発された凶悪な暴力犯罪」("a crime of sordid violence inspired by vast greed")と説明し、強盗犯のうち7人に禁固30年の刑を言い渡して裁判を閉廷した[50]テンプレート:Page number。

判決の言い渡し[編集]

判決を受けた男11人全員が、とりわけビル・ボオール(刑務所内で死亡した)とレニー・フィールドは、判決に憤慨し、彼らはのちに訴えについて無罪であることが判明した。残りの男(ウィーターは別として)は、彼らがそれら判決が厳しすぎるものであると見なし、憤慨した。それは当時、多くの殺人犯や武装強盗犯5の判決よりも長かった。後に、別の裁判官らによってのちに判決を宣告された列車強盗犯らは、より短い刑期を受けた。

当時、判決の厳しさは論争を引き起こした。1968年に首謀者ブルース・レイノルズが逮捕されたとき、彼を逮捕した警察官トミー・バトラーは、判決に悪影響を及ぼしていたと語ったされる。彼によると、彼らは犯罪者は一般に、強盗に出発するときに銃を持って行くようにしていた。

名前 年齢 職業 判決
ジョン・トマス・デーリー(John Thomas Daly) 32 antiques dealer 証拠不十分
ロナルド・アーサー・ビッグスRonald Arthur Biggs) 34 大工 30年(強盗共同謀議で25年および武装強盗で30年)
ダグラス・ゴードン・グッディ(Douglas Gordon Goody) 34 理容師 30年(強盗共同謀議で25年および武装強盗で30年)
チャールズ・フレデリック・ウィルソン(Charles Frederick Wilson) 31 トレーダー 30年(強盗共同謀議で25年および武装強盗で30年)
トマス・ウィリアム・ウィスビー(Thomas William Wisbey) 34 本屋 30年(強盗共同謀議で25年および武装強盗で30年)
ロバート・ウェルチ(Robert Welch) 34 クラブオーナー 30年(強盗共同謀議で25年および武装強盗で30年)
ジェームズ・ハッセー(James Hussey) 34 画家 30年(強盗共同謀議で25年および武装強盗で30年)
ロイ・ジョン・ジェームズ(Roy John James) 28 レーサーで銀細工師 30年(強盗共同謀議で25年および武装強盗で30年)
ロジャー・ジョン・コードレイ(Roger John Cordrey) 42 花屋 20年(20 years for conspiracy to rob and various receiving stolen goods charges)(強盗共同謀議および盗品受領の罪で20年)
ブライアン・アーサー・フィールド(Brian Arthur Field) 29 事務弁護士の助手 25年(強盗共同謀議で20年および司法妨害で5年)
レナード・デニス・フィールド(Leonard Denis Field) 31 商船員 25年(強盗共同謀議で20年および司法妨害で5年)
ジョン・デンビー・ウィーター(John Denby Wheater) 41 事務弁護士 3年(犯罪現場幇助)
ウィリアム・ジェラルド・ボオール(William Gerald Boal) 50 エンジニア 24年

上告、1964年7月[編集]

1964年7月13日に、強盗共同謀議の罪に対するレニー・フィールドとブライアン・フィールド(冤罪)による上告が許された。その結果、彼らの判決は事実上5年に短縮された。1964年7月14日に、ロジャー・コードレイとビル・ボオールによる上告が許され、強盗を企てた共同謀議の有罪判決が破棄され、受領の罪のみが残された。判事フェントン・アトキンソンは、年齢、体格や気質により、彼を成功しそうにない列車強盗犯にしていることを考えると、もしボオールの罪が支持されるならば誤審が生じるだろう、と結論づけた。彼は幸運なことに、最年長の強盗犯であるが、コードレイはまた、指紋がレザースレイド農場から発見されなかったために、共同謀議の罪を犯していないと見なされた。

ブライアン・フィールドはしぶしぶ強盗の無罪宣告を受けただけであった。アトキンソン裁判官は、たとえフィールドが共同謀議の一部であるだけでなく強奪犯らの1人でもあったとしても自分は驚かないだろう、と述べた。残りの男に対する訴えはすべて支持された。結局のところ、レニー・フィールドとビル・ボオールはある程度の理解を得たが、しかしボオールは長期に渡る闘病の後、1970年に刑務所内で死亡した[51]テンプレート:Page number。

脱獄[編集]

1964年8月12日に、ウィルソンはバーミンガムのウィンソングリーン刑務所から3分間足らずで脱獄した。この脱獄は、3人チームが彼を手助けするために刑務所に押し入ったという点では前例のないものだった。脱獄チームは捕らえられることはなく、「フレンチー」("Frenchy")とあだ名されたリーダーは、1960年代後半までにロンドンの犯罪現場から姿を消していた。脱獄から2週間後に、ウィルソンは形成外科手術のためにパリにいた。1965年11月には、ウィルソンはメキシコシティにいて、旧友ブルース・レイノルズとバスター・エドワーズを訪ねていた[52]。ウィルソンの脱獄は、列車強盗後における、劇的な展開であった[53]

ウィルソンの脱獄から11か月後の1965年7月に、ビッグズがワンズワース刑務所から脱獄した。(15ヶ月の評決中)家具運搬車が刑務所の壁の横に駐車され、屋外運動時間中にはしごが高さ30フィートの壁を越えて刑務所内に落とされ、ビッグズを含む受刑者4人が脱獄した。脱獄は、ビッグズの妻シャーミアンの支援を受けて、他の2人の元受刑者ロニー・レスリーおよびロニー・ブラックや、近くに釈放された受刑者ポール・シーボーンによって計画された。内容として、他の受刑者2人が看守らに干渉し、ビッグズと友人エリック・フラワーが逃げることを可能にした。シーボーンはのちにバトラーによって捕まり、4年半の判決を言い渡された。ロニー・レスリーは、運転手のため、3年間入所した。ビッグズのメンバーの脱獄を利用した残りの受刑者2人は、3か月後に捕らえられた。ビッグズとフラワーは、多額の金を支払って形成外科手術のためにパリに密入国した。ビッグズは、"自分の判決の厳しさと、刑務所の状況の厳しさのため、脱獄せねばならない"と語った。[54]テンプレート:Page number ウィルソンとビッグズの脱獄は、判明しているの強盗犯のうちの5人が今や逃走中であり、トミー・バトラーが熱心に追跡していた。

逃亡者の追跡[編集]

ジミー・ホワイト–[編集]

残りの強盗犯らが逃走し、国から逃れたために、イギリスではホワイトだけがつかまらないでいた。ホワイトは有名な錠前屋/泥棒であり、強盗の前にすでに10年間逃走していた。彼は「眼に見えないでいる、周囲と併合して究極の無名氏になるという注目すべき能力」("a remarkable ability to be invisible, to merge with his surroundings and become the ultimate Mr Nobody.")を持っていると言われた。彼は戦時の落下傘部隊員であり、アーネムの戦いの古参兵であったテンプレート:Page number[信頼性要検証]スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。。ピアズ・ポール・リードによると、1978年の書籍『The Train Robbers』で読んだ、彼は「どの会社とも協力することは知られていない孤独な泥棒であったし、彼はまったく発見されないままでいる十分な可能性があったはずなのに、それでもほとんどすぐに列車強盗犯の1人であることが知られていた――まず他の犯罪者らによって、次に警察によって」("a solitary thief, not known to work with either firm, he should have had a good chance of remaining undetected altogether, yet was known to be one of the Train Robbers almost at once—first by other criminals and then by the police")であった。彼は、ブライアン・フィールドの親戚らが、ホワイトがキャラバンを買い、羽目板に3万ポンドを隠した場所から、わずか1マイルのところに10万ポンドを含んでいる手荷物を捨てていた点で不運であった。さらに、特別起動分隊出身と称する男性のグループが彼のフラットに押し入り、8500ポンドの入っているブリーフケース1つを持って行った。妻シェリーと赤ん坊の息子スティーブンとの3年間の逃走中に、彼は友人らや仲間らに利用されたり見捨てられたりした。1966年4月10日に、新しい友人が新聞の写真複数から彼がだれなのかわかり、警察に通報した。彼らは彼が家にいる間、リトルストーンで彼を逮捕した。彼は彼らに返すために8000ポンドしか持っていなかった。残りはずっと前になくなっていた。彼は1966年6月にレスター巡回裁判所で公判に付され、ニールド裁判官は彼に懲役18年を言い渡し、これは、他の主要な犯罪者らに与えられた30年よりもかなり短かった。

バスター・エドワーズ[編集]

エドワーズは家族と一緒にメキシコに逃亡し、ブルース・レイノルズ(と、後にチャーリー・ウィルソン)に加わったが、しかし1966年に自発的にイギリスに戻り、15年の刑を言い渡された。

チャーリー・ウィルソン[編集]

ウィルソンは、カナダ、ケベック州モントリオール郊外のリゴー山にある、大規模で人里離れた土地が木々に囲まれている上位中流階級地区に住居を定めた。彼は、フラムの店主から借りた名前ロナルド・アロウエイという名前で暮らしていた。彼の妻と子供3人がすぐに彼に加わった。彼は会員制ゴルフクラブに加わり、地域社会活動に参加した。彼がクリスマスに英国から義理の兄弟を招待したときにようやくスコットランド・ヤードは彼を追跡しふたたび捕らえることができた。彼らは、ウィルソンが彼らをレイノルズに導くことを期待して、彼らの行動を起こす前に3ヶ月待った。レイノルズはまだ逮捕されていない最後の被疑者である。ウィルソンは1968年1月25日にトミー・バトラーによって逮捕された。リゴーの多くの人々は、彼の妻と娘3人がモントリオール地域に滞在することを許可されるよう請願した[55]

ブルース・レイノルズ[編集]

1964年6月6日に、レイノルズは、明らかな警察の監視を回避した後、妻アンジェラと息子ニックが数か月後に彼に加わり、メキシコに到着した。1年後の1965年7月に、バスター・エドワーズとその家族が到着したが、ただしレイノルズ家とは異なり、ある段階でイングランドに戻る予定であり、メキシコが好きではなかった。チャーリー・ウィルソンは、家族と一緒にイギリスに戻って逃走中6週間彼らを訪ねたので、それで列車強盗犯3人がしばらく一緒に亡命していた。エドワーズ家がイギリスに戻った後、レイノルズ家の人々はメキシコを発ち、カナダに行き、もしかしてウィルソン家と合流しようと1966年12月6日に去った。彼らはこの時点までに強盗の分け前の大部分を費やしていた――エドワーズが持っていたよりも贅沢に。モントリオールのウィルソンズの近くに定住することの危険性に気づいた後に、彼らはバンクーバーに住み、それからフランス、ニースに行った。レイノルズはビッグズがいるオーストラリアに行きたくなく、金銭が必要だったのでイギリスに戻り、トーキーに一時的に定住してからトミーバトラーに捕らえられた。

ロニー・ビッグズ[編集]

ビッグズはパリに逃げ、そこで新しい身分証明書を取得し、形成外科手術を受けた。1970年に、彼はオーストラリア、アデレードに移り、そこで建築者として働き、彼と彼の妻には三男がいた。彼はインターポールが関心を示していることを知って、チャンネル9のセット・コンストラクターとしてメルボルンに移り、のちに警察がメルボルンの住所を発見した後に、ブラジル、リオデジャネイロに逃げた。ビッグズは本国に引き渡され得なかった、なぜならイギリスとブラジルとの間に引き渡し条約がなく、さらに彼はブラジル人の息子の父親になり、それが彼に刑事免責を与えた。その結果、彼はイギリス当局から無事安全に、何年もの間リオに公然と住んでいた。1981年に、ビッグズのブラジル人の息子は成功したバンドTurma do Balão Mágicoのメンバーになったが、バンドはすぐに無名の中に消えていき、解散した。

2001年5月に、71歳で3回の脳卒中を患った後、ビッグズは自発的にイギリスに戻った。自分が逮捕される可能性があることを受け入れ、彼の表明された願望は「イギリス人としてマーゲートのパブの中に歩み入り、ビターを1パイント買う」("walk into a Margate pub as an Englishman and buy a pint of bitter")ことであった[56][57]。彼は上陸時に逮捕され、拘留と短い法廷審問の後に、残りの刑期に服役するために刑務所に送り返された。2009年7月2日に、ビッグズは、依然として「完全に悔い改めない」("wholly unrepentant")と見なすジャック・ストロー法務長官によって仮釈放を拒否され[58][59]テンプレート:Page number、しかし、彼の80歳の誕生日の2日前の8月6日に、「思いやりのある理由」('compassionate grounds')で拘留から解放された。彼は2013年12月18日に84歳で死亡した。

強盗犯らの運命[編集]

2016年1月29日のグッディの[60]、と2016年12月30日のトミー・ウィスビーの死亡の後では、ボブ・ウェルチはまだ生きていることが知られているギャングの唯一の既知のメンバーである。後年、強盗犯らは一般的に彼らの仲間のギャングメンバーの葬式のためだけに集まった。1990年5月10日のウィルソンの葬式にはブルース・レイノルズが出席し、ブルース・レイノルズは、エドワーズ、ロイ・ジェームス(プレスと口論になった)、ウェルチ(松葉杖で足を引きずって歩いた)、ホワイト(背景に溶け込む能力のために気づかれなかった)を見た、と報告した。1994年のエドワーズの葬式で、レイノルズはウェルチだけを見た。(当時ハッセー、ウィスビーおよびジェームスは全員刑務所にいた。)

ブライアン・フィールド(Brian Field)
1964年4月16日に判決を言い渡された後、フィールドは5年の刑のうち4年を務めた。彼は1967年に釈放された。彼が在監中に、彼の妻カリンは彼と離婚し、ドイツのジャーナリストと結婚した[61]テンプレート:Page number。カリンはドイツの雑誌『Stern』に記事を1つ書いた。彼女は、自分がロイ・ジェームズをテーム駅に連れて行ってロンドンに行けるようにした、バン2台の車団を家に連れて帰った、そこでギャングは、犯罪を祝うための大きなパーティーのために妻とガールフレンドが加わった、と確認した[62]。レイノルズが1968年に英国に戻ったとき、彼はフィールドに連絡しようと努めたが、これは彼が「アルスターマン」と接触し得る唯一の方法だったからである。フィールドは、最近釈放された囚人「スコッチ・ジャック」バギー("Scotch Jack" Buggy)によって、刑務所から釈放されたときに待ち伏せされたようであり、バギーはおそらく、強盗の戦利品の一部をゆすり取る目的でフィールドを手荒く扱い、いや拷問にかけさえした。その後、フィールドは隠れ、バギーは直後に殺された。レイノルズはフィールドを見つけようと努めるのをあきらめたテンプレート:Page number[信頼性要検証]スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。

フィールドは名前をブライアン・カールトンに変えて姿を消した。刑務所から釈放されたやや後に、ウェールズ出身のシアンと結婚した。1970年代半ば/後半に、彼らはロンドン、ケンジントン・ハイ・ストリートにあるチルドレンズ・ブック・センター(販売以来)で働いた。フィールドと彼の妻のシアンは、中央・南ヨーロッパでの会社運営を担当し、そこに英語の本を出荷し、国際的な英語学校でブック・フェアを開催した。最後の強盗が刑期を終えた翌年の1979年4月27日に、フィールド44歳とシアン28歳がM4高速道路での自動車事故で死亡した。彼らがウェールズのシアンの両親への訪問から戻るときに事故が起こった。有名な美容師レイモンド・ベッソーネの妊娠中の28歳の娘アンバー・ベッソーネが運転するメルセデス(Mr Teasy Weasy)はガードレールの損傷した部分を横切り、フィールドの迫り来るポルシェに激突した。フィールズ家の人々、アンバー、彼女の夫および子供2人は全員即死した。フィールドの正体が発見されたのは事故の数週間後のことであった。彼の妻シアンが彼の過去を知っていたかどうかは明らかではない。

チャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson) 強盗犯らの最後が釈放される(判決の約3分の1を務めた後[63])と、ウィルソンは犯罪の生活に戻り、1990年4月24日にスペインのマルベーリャにある彼のヴィラで射殺体で発見された。彼の謀殺事件は薬物取引における疑わしい不正行為に関連していると考えられた[63]。彼はストリータム共同墓地に埋葬されている[63]

バスター・エドワーズ(Buster Edwards)
バスター・エドワーズは釈放されたのち、ウォータールー駅の外で花売り人になった[64]。彼の物語は、1988年の映画『フィル・コリンズ in バスター(原題:Buster)』に脚色され、フィル・コリンズがタイトル・ロールを務めた[64]。エドワーズは1994年11月にガレージで死亡し、これは首つり自殺をしたとされている[64]。彼の家族は、彼の死後、花売店を経営しつづけた。

ロイ・ジェームズ(Roy James)
ロイ・ ジェームズは、1975年8月15日に釈放された後、自動車レースに戻った。しかしながら、彼は車を数台クラッシュさせ、ドライバーになる見込みはすぐに薄れた。彼はスポーツ歴の失敗の後に、銀細工師としての仕事に戻った。彼はバーニー・エクレストンとの知り合いのおかげで、毎年F1プロモーターに与えられるトロフィーを製作した[65]。1982年に、彼は若い女性と結婚したが、結婚はすぐにこわれた[66]テンプレート:Page numberスクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。[信頼性要検証]。1983年までに、ジェームズとチャーリー・ウィルソンは、物品消費税を支払わずに金(きん)を輸入する試みに関与するようになっていた。ジェームズは1984年1月に詐取における役で無罪を宣告された[67]。1993年に、彼は、一日の外出から子供たちを連れ帰った義理の父親を撃って負傷させ、元妻をピストルで殴り、部分的に絞め殺した。彼は懲役6年の判決を受けた。1996年に、ジェームズはトリプルバイパス手術を受け、その後1997年に刑務所から釈放されたが、その後8月21日に別の心臓発作の直後に死亡したテンプレート:Page number[信頼性要検証]スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。。彼は最年少であるにもかかわらず、死ぬギャングの5人目のメンバーであった[68][69]

ロジャー・コードレイ(Roger Cordrey)
コードレイは最初に釈放された強盗犯であったが、彼の盗難の分け前はほぼ完全に警察によって回収されていた。彼は釈放されるや、姉妹の仕事で花屋主人に戻った。彼は今や死んでおり、息子トニーは、父親がビル・ボオールが強盗に関与していないことを確認したことを公に認めている[70]

ブルース・レイノルズ(Bruce Reynolds)
捕らえられる最後の強盗犯ブルース・レイノルズは、10年間勤めた後、1978年6月6日に刑務所から釈放された。当時47歳のレイノルズは、ゴードン・グッディがスペインに向けて出発する前に、立ち直るのを手伝った[要出典]。1978年10月までに、就労免除は終了し、彼は仮釈放官に報告せねばならなかった。けっして捕まえられなかった強盗犯3人のうちの1人フランク・モンローは、レイノルズに一時仕事を与えたが、彼を長く雇いすぎて過度の注目を集めたくなかった。レイノルズはのちに妻アンジェラおよび息子ニコラスと一緒に戻ってきた。彼は1983年に薬物関係の犯罪で逮捕された(レイノルズは関与をいっさい否定した)。彼は1985年3月に再び釈放され、妻が神経衰弱から回復するのを助けることに献身した。2001年に、彼と息子ニコラスは、ビッグズを英国に連れ戻すために、『The Sun』の記者らとともに旅行したテンプレート:Page number[信頼性要検証]スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。。2010年に、彼は強盗に基づくロバート・ライアンの小説『Signal Red』のあとがきを書いたし[71]、彼は定期的に強盗事件についてコメントした。彼は2013年2月28日に81歳で睡眠中に死亡した[26]

ジョン・デーリー(John Daly)
デーリーは無罪宣告を受けて釈放され、自分の戦利品の一部が盗まれ破壊されているのがわかった後、犯罪人生をあきらめ、「まっすぐ」("straight")になった。彼と妻バーバラと子供3人はコーンウォールに移り、そこで彼は70歳まで街路清掃人として働き、地元の人々には紳士ジョン(Gentleman John)またはジョン・ザ・ジェント(John the Gent)として知られた。デーリーは再審に直面する可能性があると言われたために、強盗について誰にも話さなかった。彼は義理の兄弟レイノルズの6週間後に死亡した[18]

ロニー・ビッグズ(Ronnie Biggs)
2009年8月6日に、ビッグズは、肺炎その他の進行中の健康問題の深刻なケースのために、「思いやりのある理由」("compassionate grounds")で刑務所からの釈放を許可された[72]。2011年に彼は自伝『Odd Man Out: The Last Straw』を更新した。釈放後、一連の脳卒中を患い、さきだつ3年間話すことができなかったビッグズは、2013年12月18日にロンドンのカールトン・コート・ケア・ホームで死亡した。

トミー・ウィスビーとビッグ・ジム・ハッセー(Tommy Wisbey and Big Jim Hussey)
トミー・ウィスビーは、彼の戦利品が彼の兄弟に委ねられていたという点で他のほとんどよりも幸運であったし、彼が現れたとき、彼はサウス・ロンドンに家と彼を維持するための他のいくつかの投資を持っていた。彼の刑務所の仕事の間に、娘ロレーヌは自動車事故で死亡していた。彼は妻ルネと調和して暮らす方法を学ぶのに少し時間がかかった(彼が帰ると娘マリリンは引っ越して行った)。釈放後まもなく、ウィスビーはトラベラーズ・チェックを巻き込んだ詐欺で再勾留された。裁判官は彼の役割の微少性を認めた[73]

ジム・ハッセーは1975年11月17日に釈放され、ガールフレンドのジル(彼は彼女に強盗事件の直前に会った)と結婚した。戦利品のハッセーの取り分は、モンローが定期的に守り人を点検しているにもかかわらず、それを浪費したフランク・モンローの友人に委ねられていた。ウィスビーとハッセーは犯罪に陥り、1989年にコカイン取引で投獄され、ウィズベイは10年、ハッセーは7年の刑を言い渡された。マリリン・ウィスビーは、彼女の著書『Gangster's Moll』の中で、1988年6月8日に、中絶クリニックへの訪問から帰国して休憩した後、薬物分隊に襲撃された、と述べている。襲撃でコカイン1kgが発見されたし、ルネとマリリン・ウィスビーが、ジミー・ハッセーとともに逮捕されたし、ハッセーは公園でウィズベイからパッケージを受け取っている現場を押さえられた。ウィスビー自身は1年後にチェシャー、ウィルムズローで捕らえられた。彼は別の女と一緒にいたとされ、妻と娘はショックを受けた。ハッセーとウィスビーが有罪を認めた見返りに、この女2人は無条件で解放された[74]。刑務所から釈放されるや、男は二人とも仕事から引退した[75]

ウィスビーは後に次のように説明した――「わたしたちは生涯、麻薬に反対だったが、年が経つにつれて、70年代の終わりにかけて、それはますます「ナカの」('in')ものになった。大列車強盗に巻き込まれて、わたしたちの評判は良かった。彼らはわたしたちがだれをも警察に全然タレこまなかったのを知っていたし、わたしたちはほかの誰をも参加させずにツトメあげた」("We were against drugs all our lives, but as the years went on, towards the end of the '70s, it became more and more the 'in' thing.Being involved in the Great Train Robbery, our name was good.They knew we had never grassed anyone, we had done our time without putting anyone else in the frame".)[76]。1989年7月26日に、男2人は有罪を認め、ロンドン、スネアズ・ブルック・クラウン・コートで、自分らは50万ポンドのコカイン違法取引環の一部である、と認めた[77]。ウィスビーの孫息子もキプロスで法律にてこずっていた[78]

ボブ・ウェルチ(Bob Welch)
ボブ・ウェルチ(1929年3月生まれ)は1976年6月14日に釈放された。彼は、アリスバーリーで有罪判決を受けた人々の最後であった。ウェルチは、妻ジューンおよび息子とともに戻ってきた。彼は、残りを取り戻すために、盗難の彼の取り分を託されている男を脅した。刑務所で負傷した片脚の傷害により、彼は手術を数回、受けざるを得ず、身体障害者となった[79]

ダグラス・(ゴードン)・グッディ(Douglas (Gordon) Goody)
彼は1975年12月23日に46歳で刑務所から釈放され、パトニーの小さなコテジの中で病気の母親と一緒に暮らした。残りの強盗犯らとは異なり、彼は、彼が自分の業務を託した男が忠実で成功しているという点で例外的に幸運だったし、そのために彼は比較的に富裕な生活を送ることができた[80]。投獄の最後期に、グッディは、ワームウッド・スクラブスに新たに設立された教育カレッジを最大限に利用し、スペイン語をGCE基準まで勉強した。

彼はのちに南スペイン、モハカルに移り[81]、そこでイギリス国外にいるほうがより安全だと信じて、財産とバーを購入し、落ち着いたテンプレート:Page number[信頼性要検証]スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。。彼はある時点で大麻の密輸で訴えられたが、最終的にはクリアされた[64]。彼はモハカールに住み続け、病気の後、2016年1月29日に死亡した[60]

逃げた人々[編集]

投獄されていないギャングの何人かを取り巻く謎はたくさんあったいっぽうで、実際は警察はギャングのほぼ全員をほぼ瞬時に知った。1963年8月29日までに、ハサリル司令官は名前を14持っており、警察に、ブライアン・フィールドが列車を奪うために別のギャングを雇おうと努めたが、彼をはねつけた、と伝えた。ハザリルのリストは間違いなく正確であった――ロナルド・ビッグズを除いて、後に投獄されたすべての主要なギャング・メンバーの身元が特定された。マイナーな共犯者、レニー・フィールド、ビル・ボオールおよび列車機関手をのぞいて、表は完璧であったし、ただしもちろん「アルスターマン」の身元は特定されていなかった。逃げた人々に関しては、ほかの4人の身元が特定された――ハリー・スミス、ダニー・ペンブローク、金髪の男(25歳で、言葉遣いの上品な、名指しされていない)、および何の変哲もない男(名指しされていないが、ひょっとするとジミー・コリンズかもしれない)[要出典]

2019年に、ダニーとも呼ばれる、ペンブロークの息子は、自分の父親が襲撃中居合わせていることを確認した。彼は農場の隠れ家を含めて常に手袋をはめていたために、発見を逃れ、屋内のトイレットを利用するよりも外のに出て行った。息子は、ペンブロークが2015年に79歳で死亡し、彼の戦利品の取り分が15万ポンド(2019年の約300万ポンド)だった、と述べた[82]

ピアズ・ポール・リードとブルース・レイノルズはどちらも、逃げ出した強盗犯3人をビル・ジェニングズ、アルフ・トーマス、そしてフランク・モンローと呼んでいる。

ビル・「フロシー」・ジェニングズ別名ミスター・ワン(Bill 'Flossy' Jennings a.k.a. Mr One)
ピアズ・ポール・リードはこの男を『列車強盗犯』のビル・ジェニングズと呼んでいるが、ブルース・レイノルズはニックネーム「フロシー」('Flossy')を付け加えている。ロニー・ビッグズは、他の話と同様に、彼をミスタ・ワン(Mr One)と呼んでいる。ブルース・レイノルズによれば、「フロシーは以前に有罪判決はなく、グループとのコンタクトがないままでいた。影のような人物であり、どこに住んでいるのか正確に知らなかった――いや本名さえも。彼が100パーセントであることをわたしたちは知っていた、わいわい騒ぎを持ちこたえさせることは確実だった。 The last report of him said that he was in a safe house, banged up with two gorgeous girls and enough champagne to sink a battleship."[83]テンプレート:Page numberスクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。[信頼性要検証] 彼の最後の報告によると、彼は安全な家にいて、眼のさめるような娘2人と戦艦を沈めるだけのシャンパンでめちゃめちゃやった。」("Flossy had no previous convictions and stayed well out of contact with the group.A shadowy figure, nobody knew exactly where he lived—or even what his real name was.All we knew that he was one hundred per cent, and was sure to last out the hullabaloo.The last report of him said that he was in a safe house, banged up with two gorgeous girls and enough champagne to sink a battleship.")[83]テンプレート:Page numberスクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。[信頼性要検証]

レイノルズが彼の本名を知らなかったと主張しているいっぽうで、「フロッシー」は大列車強盗の単なる参加者ではなく、ロンドン空港の強盗に参加したギャングの芯の部分であったことは明らかである。この強盗事件は、ゴードン・グッディとチャーリー・ウィルソンが無罪宣告を受けた大胆不敵な襲撃であった。その襲撃は、逃走ドライバーとしてロイ・ジェームズとミッキー・ボールで構成され、6人の強盗、ブルース・レイノルズ、バスター・エドワーズ、ゴードン・グッディ、チャーリー・ウィルソン、フロシー(そして列車の強盗に参加しなかった6人目の男)がいた。結局のところ、空港襲撃後に捕まったのはミッキー・ボールだけで、彼は、目撃者が彼をフロッシーと間違えたとき逃走ドライバーである有罪を認め、実際の暴力で非難されるのを避けるために、共犯者として有罪を認めることに同意し、大列車強盗の間在監していた。彼は列車強盗の収入から500ポンドを与えられた[84]テンプレート:Page numberスクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。[信頼性要検証]

ヘンリー・トーマス・「ハリー」・スミス(1930年10月20日生まれ)はフロッシーであると信じられており、他のたいていの強盗犯とは異なり、実際にポーツマスの家28つとホテル兼飲酒クラブ1つを購入して、戦利品の取り分を費やすようになった。スミスは2008年に死亡した。スミスは、ハザリルの表とトミー・バトラーの表の両方に載り、そして最終的に逮捕されなかった唯一人の男であった。

ダニー・ペンブローク(フランク・モンロー)(Danny Pembroke (Frank Monroe))
ダニー・ペンブロークは、サウス・ロンドンのタクシー運転手でサウス・コースト・レイダーだった元軍人であった。警察は彼がギャングの1人であると納得し、1963年9月に彼の家を捜索したにもかかわらず、彼はレザースレイド農場では、ギャングのうちでいちばん注意深かったし、彼を強盗と関連づけるものは何も見つからなかった。しかしながら、彼は、自分が裏切られるのではないかと恐れ、フランク・ウィリアムズと取引をし、4万7245ポンドを返済した。強盗に続いて、ペンブロークは、彼が暮らしのための金銭が提供されることを知って、数年間アメリカに向けて出発し、それから戻ってケントで静かに暮らした。彼は2015年2月28日に自宅で睡眠中に心臓発作のために79歳で死亡した。ペンブロークは子供5人をもうけたし、息子ダニー・ジュニアは2019年8月にチャンネル4のドキュメンタリーのなかで関与を認めた。ブルース・レイノルズによると、けっして捕まえられなかったモンローは、しばらくの間映画のスタントマンとして働いた後、紙と金属くずのリサイクル業を始めたテンプレート:Page number[信頼性要検証]スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。

交替列車機関手 別名ポップス/パパ別名ピーター別名スタン・アガト(The Replacement Train Driver a.k.a. Pops/Dad a.k.a. Peter a.k.a. Stan Agate)
ジャック・ミルズが最終的に列車を運転しなければならなかったという事実のために、交替列車機関手はけっして捕まらず、警察によって存在することをさえけっして疑われなかった。ロニー・ビッグズが彼に2万ポンドの「飲み物」をけっして支払わなかったために、彼もまたけっして犯罪から利益を得なかった。もちろん、機関手は(均等な取り分を受け取ることで定義されるような)ギャングのメンバーではなく、単なる共犯者であった。

ピアズ・ポール・リードは、交替列車機関手を「スタン・アガト」("Stan Agate")と呼び、スタンは明らかに交替機関手の真のニックネームであった。リードは、強盗犯らが彼を負傷させたかもしれないと心配して、彼の詳細を得るためにブラジルのロニー・ビッグズに会いに行った、ただしビッグズが彼のラスト・ネームを知らず、彼についてほとんど知らず、ほとんど気にしていなかったとわかってがっかりした。提供されたわずかな詳細で、リードはロンドンの南20マイルの町で機関手を追跡するために探偵事務所を使用し、彼が、いくらか老衰し、妻に世話をされているけれども、彼がまだ生きていることを発見した。妻は、自分が、彼が当夜着ていた服をすべて燃やしたことを認め、ギャングが彼を謀殺するかでなければ警察が彼を逮捕するかを神経質に待っていた。リードは彼らの身元を明かさないことを約束した[85]。逃げたギャングのうち他の3人のメンバーとは異なり、ペタ・フォーダムは交替機関手にじっさいに言及し、しかし彼は今死んでいる言われていると注目しており、ひょっとすると本の資料を提供した強盗犯らは警察に彼を探してもらいたくなかったかもしれないし、それは出版時(1965年)に、レイノルズ、ホワイトおよびエドワーズがまだ逃亡中であったからだ。[86]

ロニー・ビッグズは、1994年の自伝『Odd Man Out』の中で、もしブルース・レイノルズは、列車機関手を見つけられれば、ギャングに参加する機会を彼に提供したであろう、と述べた。ビッグズは、レッドヒルにある列車機関手の家の正面の窓を新しくしつつあったし、彼は彼を「ピーター」('Peter')と呼んでいる(そして彼は1994年までに死んだと彼は信じている)。ロニーは彼に利益のうち4万ポンド取り分をやろうと申し出て、レイノルズに伝え、ジョン・デーリーに彼の住所を伝え、ジョン・デーリーはそれから彼をチェックアウトする。彼は年上の男であったが、それでも2週間の休暇を申し込まねばならなかったようである[87]。ビッグズによると、「ピーター」には4万ポンドの「飲み物」が支払われたし[88]、ただし、他の話はちがうふうに主張している。ビッグズは、メアリー・マンソンが「ピーター」('Peter')とジョン・デーリーを家まで運転し、レイノルズがビッグズを家まで運転した、と述べている。

共犯者ら[編集]

  • ジョン・ウィーターは1966年2月11日に刑務所から釈放され、ハロゲートで家族の洗濯業を経営した。彼はのちに『Sunday Telegraph』に記事を2つ書き、これは1966年3月6日に最初の記事を公表した。彼は1985年7月に死亡した。
  • レニー・フィールドは1967年に釈放され、ノース・ロンドンに住むようになった。彼は公衆の眼から姿を消した。
  • ブルース・レイノルズとジョン・デーリーの仲間メアリー・マンソンは、強盗から820ポンドを受け取った罪で訴えられた。彼女は6週間留められたが、しかし釈放された。メアリーは、強盗のうち数人が逃走中または刑務所にいる間、その妻たちと子供たちの世話をした。

犠牲者らの運命[編集]

ジャック・ミルズ[編集]

ミルズは死亡するまで、絶え間ない外傷性頭痛を持っていた。彼は1970年に白血病のために死亡した。ミルズの加害者はギャングのメンバー3人のうちの1人であり、残りのメンバーによってけっして特定されなかった。しかしながら、2012年11月に、ハッセーが、借金の返済であるとの嫌疑はあったけれども、真の加害者から注意をそらすために、それは自分である、と臨終の床で告白した[89]

フランク・ウィリアムズ(当時警部補)は、直接関与した少なくとも3人の男がまだ逮捕されておらず、盗まれたお金と彼らが投資した方面からの利益を総取りしている、そのうちの1人は列車機関手への攻撃の責任がある、と主張した。ウィリアムズは、列車機関手の襲撃者は犯罪の地下世界に潜んでいる幻の人物ではない、自分は彼を追跡し、身元を特定し、スコットランド・ヤードに連れて行き、そこでトミー・バトラーとともにウィリアムズが彼に尋問した、と述べた[要出典]。彼は証拠不十分のために訴えられ得なかった。どこにも指紋も身元特定可能なマークもなかった。彼は完全に指示に服従せず強盗中に暴力を振るった、と主張されたけれども、逮捕された者はだれもこの人物を密告しなかった。

デビッド・ホイットビー[編集]

デビッド・ホイットビー(1937年1月24日–1972年1月6日)[90]もクルー出身であった。彼は線路横での急襲とその後の乱暴な扱いにトラウマを負い、けっして試練から回復しなかった[91]。彼は強盗事件当時26歳であった。彼は機関助手としての仕事を再開することができたが、1972年1月6日にチェシャー、クルーで34歳で心臓発作のために死亡した。

ビル・ボオール[編集]

エンジニアのウィリアム・ジェラルド・「ビル」・ボオール(1913年10月22日-1970年6月26日)、ロジャー・コードレイの事実ののちの共犯者。その時彼はそう考えられた、なぜなら彼はコードレイを知っており、そのうえ盗まれた金銭の大きな隠し場所が隠されていたコードレイの車で見つかったから。彼は癌のために刑務所内で死亡した[92]。彼の家族はいま、彼の汚名をそそごうと努めているが、それは彼らが、原審で使用されなかった証拠に基づいて、ボアルは強盗の知識がなく、事後、せいぜい共犯者であること、コードリーは彼に現金の出所について何も言わなかったらしいことを信じているからである[70]。さらにまた、当時生き残っているギャングメンバー2人、ロニー・ビッグズとゴードン・グッディの両者が、ボオールは無実である、と主張する宣誓供述書を提出した。ギャング・メンバーは二人とも、自分らはボアルが警察によって「有罪になるように仕組まれた」("stitched up")と信じている、と述べた[93]

余波[編集]

強盗の大胆さと規模は、ハロルド・マクミランの保守政府が対処しなければならなかったさらに別の論争であった。マクミランは1963年10月に健康状態が悪いと主張して辞任した――彼は前立腺癌と診断されていたし、自分は長生きするとは考えなかったが、しかし診断は不正確であると判明した[94]。彼は、1964年9月の次の選挙で議席を得ようと争わなかったし、その選挙で労働党がハロルド・ウィルソンの下で勝利した。ホワイトとエドワーズの確保に成功した後、トミー・バトラーはロンドン警視庁長官サー・ジョセフ・シンプソンに55歳の誕生日の引退を一時停止させ、強盗犯狩りを続けることができた。これはまずウィルソン、次にレイノルズの逮捕で報われた。レイノルズの判決後に記者からそれで終わりかどうか訊ねられたとき、バトラーは、ビッグズが捕まるまでそれは終わっていない、と答えた。1969年に彼はついに定年を受け入れることを余儀なくされ、のちに1970年に57歳で死亡した。その同じ日に、ビッグズの回想録が新聞『The Sun』に掲載された。

バトラーの代理フランク・ウィリアムズは、エドワーズとの契約(彼の昇進を封印すると彼は考えた)と、強盗犯のうちけっして捕まえられなかった別のとの契約のために、特別機動分隊長として後任に引き継がれた。これに続いて、彼は航空会社カンタスのセキュリティの長になる力を残した。彼は自伝『No Fixed Address』を書き、これは1973年に出版された。

ロンドン警視庁のジャック・スリッパーは警視正に昇進した。彼はこの事件に巻き込まれたために、引退後、逃亡した強盗犯の多くを狩り続けた。彼は、ビッグズは2001年にイギリスに戻った後は釈放すべきではないと信じ、2005年8月24日に彼が81歳で死亡する前に、強盗事件に関連するニュース記事についてコメントするためにメディアにしばしば登場した。

バッキンガムシャー犯罪捜査部(CID。Crime Investigation Department)の長、警視長のアーネスト・マルコム・フュートレル刑事は、1909年9月29日に生まれ、2005年11月28日に96歳で死亡した。彼は評決が当時の55歳の定年で言い渡された後、公判最終日に引退した[95]。このために彼は(事件報道にかかわっていた『The Sunday Telegraph』のロナルド・ペインとともに)1964年の強盗捜査について『The Train Robbers』を書く最初の捜査者となった。本の中で彼は特別起動分隊に不満を表したが、ただし彼は主に個々の警察官を称賛していた。彼の唯一の後悔は、周長30マイル (50 km)からの内向きの捜索ではなく、強盗の現場から外向きに放射状に広がる隠れ家の捜索を行ったことであった[96]。彼はポーツマス工科大学の宿泊施設役員として働き、それからスワネージ近くの海のすぐそばに住むために引退した。彼は強盗犯を魅了的に扱うと自分が感じるあらゆる映画に嫌悪感を表わし続けた。彼はジョン・ソウ(John Thaw)にいちじるしく似ていると言われてきたが、彼は『Inspector Morse』のスターであったし、これがテームズ・バレー警察(バッキンガムシャー警察の現代の後身)のいち巡査のテレビジョン・シリーズであったことはひょっとすると偶然であるかもしれない。フュートレルは、ジョン・ウーリーによって支援され、後に調査に成功したが、ウーリーは1959年から1984年までバッキンガムシャー警察隊に勤務していた

ジョージ・ハザリル(1898年–1986年)は、大列車強盗の捜査を完了する必要があったために、勤務期間を1年延長した。彼は警察問題の講師としてカナダと合衆国を訪れた。彼は1986年6月17日に87歳で死亡した[97]

ジェラルド・マッカーサーは1996年7月21日に70歳で死亡した。彼は、ロンドンを拠点とする刑事のかなりの数が腐敗していると知られていたときにリチャードソン・ギャングを解散させたことで有名であった。

犯行現場[編集]

列車強盗犯橋ネットワーク軌道標示板(Train Robbers Bridge Network Rail plaque)

残っている列車の一部である郵便局車両の1つ(実際の強盗に巻き込まれていない)は、ケンブリッジシャー、ピーターバラの、Nene Valley Railway で保存され、復元されている。強盗された実際の車両[M30204M]は、強盗後7年間保持され、その後ノーフォークに運ばれ、1970年にノーリッチ近くのスクラップヤードで警察と郵便局の代表者の面前で焼却された。これはコレクター/お土産ハンターを阻止するためであった。機関車English Electric Type 4 – D326(後の40126)は、多くの重大な運用事故に巻き込まれた。機関車は1984年にドンカスター・レールウェーのワークショップで廃棄された[98]。強盗犯らがレザースレイド農場の隠れ家で使用した、回収されたモノポリー・ボードと、強盗からの本物の5ポンド紙幣1枚は、バークシャー、スラムステッドにあるThames Valley Police博物館に展示されている。

犯行現場は数年間、ネットワーク・レールの整備標識の「列車強盗犯らの橋」("Train Robbers' bridge")と呼ばれた。これは、ブリデゴ橋の元の名前の復元を提唱する抗議につながったが、しかし2013年後半に、これはメントモア橋(Mentmore Bridge)に改名された[99]。標識は2017年ころに交換された。

金銭の回収[編集]

263万1684ポンドが盗まれた(ただし警察の報告は259万5997ポンドと言っている)。長距離の大部分はしていた1つの紙幣£と£5つの紙幣(古い白い紙幣とその半分のサイズだった新しいブルー紙幣の両方)。5ポンド紙幣複数は2500ポンドのバッチでしばられ、1ポンド紙幣は500ポンドのバッチでしばられた。250ポンドのバッチで10シリングの紙幣もあった。アイルランドの、そしてスコットランドの金銭も大量に盗まれた。知り合いのためのいくつかの「飲み物」を除いて、戦利品はそれぞれ約15万ポンドの17の等しい取り分に分割された(ジョージ・ハザリルは18取り分があったと主張している)。

いくつかの注目すべき例外を除いて、金銭はすばやく洗浄され、あるいは強盗犯らの友人、家族および仲間によって分けられた。多くがブックメーカー複数を通じて洗浄された(ウィルソンとウィスビーは彼ら自身ブックメーカーであった)が、ただし、驚くべきことに、連続番号で識別し得るのはわずか数百ポンドだけであったために、強盗犯らは跡づけられることを恐れずに金銭を使い得たであろう[100]。連続番号が知られている紙幣は1579あり、金銭の残りは完全に追づけられなかった。

1957年に英国政府が大きな白い紙幣を小さな青い紙幣に置き換え始めたために、5ポンド紙幣は2つの異なる型があった。最終的な切り替えは、強盗の時までに完了していなかった。白い紙幣はすぐに、使用するとはるかに人目を引くようになり、彼らはより使いにくくなった。

強盗から6か月以内に、強盗犯のうち10人が裁判を待って拘束されていたし、他の3人は逃走中の指名手配の犯罪者であったけれども、実際に回収された金銭はほとんどなかった。これが、まだそこにたくさんの強盗の戦利品があるという憶測につながった。実際、その金銭はすぐに、略奪をこととするギャングスターと貪欲な仲間、親戚と弁護士によって押収され、使われた。したがって、イギリス史上最大の現金強盗の収益はすばやく使い果たされ、実際の長期的な恩恵を受けている強盗犯はほとんどいなかった。

結局のところ回収されたのは、40万ポンドにみたなかった。これの半分超は、ロジャー・コードレイ(14万1017ポンド)と、(伝えられるところでは)ブライアン・フィールド(10万900ポンド)の取り分で構成されていた。ジミー・ホワイトのキャラバンからさらに3万6000ポンドが回収された。ロイ・ジェームズは捕らえられたとき1万2041ポンドを運んでいた。回収された最終的な金額は、サウス・ロンドン、ニューイントン、グレート・ドーバー・ストリートの電話ボックスで見つかった4万7245ポンドであった。

電話ボックス論争[編集]

電話ボックスから回収された4万7245ポンドには、スコットランドの銀行によって連続番号が記録されていた紙幣が57枚含まれていた。この金銭は、ダニー・ペンブロークがフランク・ウィリアムズと交わした取引の一部であった。ピアズ・ポール・リードは『The Train Robbers』の中で、警察は強盗犯の多くを捕まえたものの、金銭の多くを回収できなかったために、圧力を感じているところだ、と主張した。サウス・コースト・レイダースの1人であると信じられていたペンブロークに対する証拠は見つからなかったいっぽうで、識別可能な紙幣の一部は、受領の罪で訴えられた友人らを通して彼まで追跡されていた。警察が、レザースレイド農場で、または2つのギャングのいずれかとの決定的なコネクションのいずれかで、ペンブロークに対する証拠が不十分であったことを考えると、バトラーは彼を手放す準備ができていた。ウィリアムズはバトラーに尋問のためにペンブロークを引き込むように説得し、彼を釈放し、彼の友人をより深刻な犯罪で起訴しなかった見返りに、5万ポンドが返還されることになっていた。

偶然にもロイ・ジェームズが拘留された日だった1963年12月3日に、警察は電話ボックスの金銭に彼らを導く匿名の内報を受け取った。金銭はアリスバーリーに運ばれ、刑事局長(Detective Superintendent)フュートレルによって拘留され、彼はロンドンの同僚が金銭がいくらあるのかどうやって知り得るのかしらと疑問に思った。彼は、最終的な合計を決定するために湿ったかび臭い金銭を数えるために銀行員らを連れて来ねばならなかった[101]

ウィリアムズはペンブロークとの取引の結果である金銭の回収を認めなかった。彼の交渉がこの金銭の返還の原因であると主張したにもかかわらず、ウィリアムズは、彼の著書『No Fixed Address』(1973年)の中で、彼が仲介者を通じて取引を申し出ていた強盗犯数人の名前を挙げたけれども、金銭を返した人物の身元は知らない、と主張した。彼は、バトラーは自分の努力に懐疑的であるようだ、記者会見でハサリルとミレンは発見の背後にある状況を明らかにしない、自分はそれについて彼らと話すようにまったく求められていない、と注目した。ペンブロークが、ブルース・レイノルズによって(間接的にであれ)、列車機関手ジャック・ミルズの襲撃者として特定された男であるにもかかわらず、ウィリアムズは彼の書籍の中で一度だけ加害者について言及している。このセクション(他の情報源から引用されることが多い)で、彼は、トミー・バトラーとともに、彼らが加害者であることを知っている男に質問したが、彼を有罪にする証拠がなかったことを確認している。しかしながら奇妙なことに、彼はそれ以上彼について言及していない。

ペンブロークとの取引は警察ヒエラルキーに憤慨を引き起こした。[108]ウィリアムズが行った取引が彼が昇進のために見落とされた原因である、ウィリアムズは自分の努力がバトラーによって認識されず、代わりに上司らから隠されたことに不満を持っていた、と数点の書籍の中で示唆されている。

ジョージ・ハザリルは、彼の著書『A Detective's Tale』の中で、金銭の返還の背後にある動機ははっきりとは知られていない、と述べた。彼は、金銭が返したのは「広範囲にわたる調査が行われ、実際に詳細に尋問された者。しかし、わたしたちの強い嫌疑にもかかわらず、彼に不利な何も証明できなかったので、訴えられ得なかった。わたしの信念では、彼はわたしたちがわたしたちよりも彼のことをよく知っていると思っていて、物事が熱くなっていると思って、金銭を手に入れられないようにするために金銭を取り除くことにした。」("one about whom extensive inquiries had been made and who in fact was interrogated at length. But in spite of our strong suspicions, nothing could be proved against him and so no charge could be brought.My belief is that he thought we knew more about him than we did, and thinking things were getting hot, he decided to get rid of the money to avoid being found in possession with it")[102]ハザリルは彼の本の中でウィリアムズについて全く言及していない。彼はアリスバーリーでの裁判の最終日に引退した。

法的費用[編集]

強盗直後に逮捕されたギャング・メンバー19人は、法定費用に多額の費用をかけねばならなかった(それぞれ約3万ポンド)。

費やされた金銭[編集]

海外逃亡に多くの時間を費やした強盗犯ら――レイノルズ、ウィルソンおよびエドワーズは、最終的に逮捕されたとき、ほとんど持っていなかった。ジミー・ホワイトの金銭の多くは彼から取られた。

マリリン・ウィスビーによると、彼女の父親の取り分は、彼の父親のトミー・ウィズベイ・シニアによって家のドア複数のパネルに隠されていた。バトラーは彼らを3回襲撃したが、列車の金銭を見つけなかった。金銭の大部分は、ウィスビーの父親に、そして弟ロンにも預けられたと言われており、彼は偶然にも、警察に没収されて3か月後にロンに戻った自分の金銭をいくらか節約した。ウィスビーが刑務所から釈放されるときまでに、彼の分け前はすべて使われたかでなければ投資されていた。マリリンは、約15万ポンドの父親のシェアがどのように使われたかについてピアズ・ポール・リードの評価に同意している。ウィスビーの取り分は他の犯罪者らによって奪われなかったものであったけれども、マリリン・ウィスビーは、全体の合計がだんだん減っていく一方で、彼女の親戚らが戦利品のうちかなりの量を費やすようになったことに依然としてにがにがしい思いである。しかしながら、彼女の祖父は彼らにアッパー・ノーウッドの家を買ってやるために金銭の一部を使った[103]

最大6人の強盗が何らかの形で罰を免れた――「アルスターマン」、けっして捕まらなかった強盗犯3人、公判で訴えを却下されたジョン・デーリー、および刑務所から脱獄し、どうにかしてイギリスに連れ戻されないようにしたロニー・ビッグズ。デーリーは自分の金銭を別の詐欺師に預けていた。この男はすでに彼を裏切って警察に売渡し、金銭を持ち逃げしていた。デーリーが彼に追いつく前に彼はすでに死亡していた。1970年代半ばに他のメンバーらが釈放されると、「ビル・ジェニングズ」はバスター・エドワーズと接触し、「フランク・モンロー」はサウス・コースト・レイダースと接触した。ふたりともも、金銭は残っていないと言った。ダニー・ペンブロークは最初にアメリカに行ったし、当時ジョン・デーリーはイングランド西部の失業手当で生活していると言われた[104]。ロニー・ビッグズは自分の取り分を新人生を得るためにすばやく費やした。彼はオーストラリアでの新生活を愛していたが、ただし1966年に家族が到着するまでに、7000ポンドを除くすべてが費やされていた。彼をイギリスから出させるための一括取引として5万5000ポンドが支払われていた。残りはすでに法定費用と経費に使われていた[105]

情報源[編集]

初期の書籍[編集]

これらの書籍は、1964年の公判直後に、ギャングの何人かが捕らえられる前に書かれた。

  • John Gosling and Dennis Craig『The Great Train Robbery』(1964年)。強盗についての最初の書籍は、元警官ジョン・ゴスリングの実際の経験に依存している。
  • Peta Fordham『The Robbers' Tale』(1965年)、ロンドン、Hodder & Stoughtonによって最初に発行された。それは最初の公判の終了直後に強盗の話をした。著者は、事件に関与した弁護士の1人の妻であった。この書籍は主に公判の説明を含んでいる。著者は、彼女は書く準備ができている以上に知っている、と常にほのめかしているが、それでもほとんどの事実が明らかになる前に書かれた。

捜査者の伝記[編集]

1970年代初頭に上級警察が引退後に書いた書籍複数は、主に強盗犯らの捜査、捕獲、裁判、および再捕獲についての説明を示している。

  • Malcolm Fewtrell (with Ronald Payne)『The Train Robbers』(1964年)、Arthur Barker Limitedによってロンドンで最初に出版された。
  • George Hatherill『A Detective's Story』(1971)は、Andre Deutsch Limitedによってロンドンで最初に出版され (モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0-2339-6322-7) 、一部は自伝であり、一部は何が探偵を作るかについての説明である。この本の最終章である第14章は、ハザリルが引退する前の最後の主要な捜査である大列車強盗に捧げられている。
  • Ernest Millen『Specialist in Crime』(1972年)、George G. Harrap&Co. Ltd(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0245505075)によって最初に発行された。自伝。彼が引退したとき、ミレンはスコットランドヤードの副コミッショナーでCIDの司令官であった。彼の刑事歴のユニークな裏話。
  • Frank Williams『No Fixed Address』(1973年)、W. H. Allen & Co Ltd(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0-4910-0524-5)によって最初に発行された。それはウィリアムズの観点からの強盗の余波の物語であり、特に初期の上級将校による過ちとトミー・バトラーの独裁的な性質を説明している。この書籍は、バスター・エドワーズが手配したものと同様の、取引についてウィリアムズに連絡することを期待して、ロニー・ビッグズを対象としている。この書籍は、ビル・ボアールを強盗として誤って特定し(ただしそれは彼の役割はサポート役であったと認めている)、ビッグスをリーダーの1人として誤って特定している。
  • Jack Slipper『Slipper of the Yard』(1981年)、Sidgwick and Jackson Ltd(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0-2839-8702-2)によって最初に発行された。この書籍は、ジャック・スリッパーの警察の経歴の自伝であり、彼はロンドン警視庁で最も有名で最も勲章を授けられた刑事の1人として前年に引退した。強盗を捜す列車強盗隊への彼の参加に関する1章を含んでおり、ロイ・ジェームズ、ジョン・デーリーおよびジミー・ハッシーの逮捕についての詳細がある。また、それにはブラジルからロニー・ビッグズを取り戻すという使命についての1章があり、諸事件のプレス版を非難している。

強盗犯の伝記[編集]

  • Anthony Delano『Slip Up』(1975年)、Quadrangle / The New York Times Book Co.によって最初に発行された(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0-8129-0576-8)。
  • Piers Paul Read『The Train Robbers』(1978年)、W.H. Allen and Company (モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0-397-01283-7)。この書籍は、当時仮釈放された強盗犯8人(エドワーズ、グッディ、ハッセイ、ウィスビー、ウェルチ、ジェームス、ホワイトおよびコードレイ、レイノルズとビッグスによる矛盾した版)によって与えられた独占的な説明に基づいた物語の非常に詳細な版を語る。以前の記述よりも多くを明らかにしたにもかかわらず、この書籍には、強盗の資金源が元SS将校オットー・スコルツェニーであったという不正確さが含まれているという点で欠陥がある。しかし、書籍の中で物語が展開するにつれて、ドイツ・コネクションは誤りであると判った。
  • Ronald Biggs『Odd Man Out』(1994年)、Bloomsbury Publishing Limited(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0-7475-1683-9)によって最初に発行された。この書籍は、ロナルド・ビッグズの自伝でアリ、特に大列車強盗後の彼の逃亡生活。
  • Bruce Reynolds『Crossing The Line: Autobiography of a Thief』(1995年)、Bantam Pressによって最初に発行された(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 1-8522-7929-X)。
  • Ronald Biggs and ChristopherPickard『Keep on Running』(1996年)、Bloomsbury Publishing Limitedによって最初に発行された(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0-7475-2188-3)。この書籍は、大列車強盗の出来事を力強く引き出し、けっして捕まえられなかった男3人に何が起こったかもしれないのかを示唆する小説である。
  • Marilyn Wisbey『Gangster's MollLiving with a life of crime – from the Great Train Robbery to 'Mad' Frankie Fraser』(2001年)、Little Brown and Companyによって最初に発行された(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0-3168-5208-2)。これはトミー・ウィスビーの娘の自伝である。彼の分け前がどのように隠され、のちに使われたか、そして犯罪の生活の犯罪者の家族にたいする影響に関する詳細を含んでいる。
  • Wensley Clarkson『Killing Charlie』(2004年)、Mainstream Publishing Co(Edinburgh)Ltdによって最初に発行された(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9781845960353)。この書籍は、列車強盗犯チャーリー・ウィルソンの伝記の役を果たすが、彼の死亡の14年後に書かれた。
  • Ronnie Biggs - The Inside Story』(2009年)ビッグスの家族の友人であり、Free Ronnie Biggs Campaign 2001–2009の主催者であるMike Grayによるハードカバーの書籍。この本は、2001年5月のイギリス帰国から2009年8月の思いやりのある理由でのノリッジからの釈放までのベルマーシュ刑務所とノリッジ刑務所でのビッグスの刑務所生活について述べる。Apex発行、モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-908548-48-1
  • Ronald Biggs『Odd Man Out: The Last Straw』(2011年)、Mpress Limitedによって最初に発行された(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-9570398-2-7)。この本は、ロナルド・ビッグズの人生、特に大列車強盗の後の彼の人生の最後の自伝である。これには、ビッグスのイギリス帰国とその後の釈放が含まれる。ビッグスは、ブルース・レイノルズとともに、2013年にMpressから発行された『The Great Train Robbery 50th Anniversary:1963–2013』にも寄稿した。モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0957255977)。
  • Ronnie Biggs - The Inside Story』の著者Mike Gray『The Ronnie Biggs Quiz Book』(2013年10月)。ロナルド・アーサー・ビッグスに関するクイズ200問、Apexによってe-reader向けに公開、モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-909949-87-4
  • Mike Gray『101 Interesting Facts on Ronnie Biggs & The Great Train Robbery』(2013年11月)、Apex発行、モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-909949-97-3
  • Mike Gray『The Great Train Robbery Quiz Book』(2013年12月)、Apex発行。

回顧談[編集]

  • Tim Coates『The Great British Train Robbery』(2003年)、2003年にTimCoatesによって発行された(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 1843810220)。1964年に内務省に提出された王立警察検査官(Her Majesty's Inspector of Constabulary)の報告からの国立公文書館の抜粋をふくむ。
  • Peter Guttridge『The Great Train Robbery』(2008年)(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9781905615322)。シリーズの一部として国立公文書館から委託されて、この小さな書籍は、公記録局、歴史的写本委員会、公共部門情報局、公共機関情報局からのハイライトと他の書籍からの情報を寄せ集めている。
  • Mick Lee『The Men Who Robbed The Great Train Robbers』(2013年)、Matador発行(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9781783062485)。強盗犯らと警察によって伝えられた話のすき間を埋める強盗を再話する小説。
  • Robert Ryan『Signal Red』(2010年)、Headline Review発行(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780755358182)。ブルース・レイノルズによるあとがき付きの、強盗に基づく小説。
  • Brenda Haugen『The Great Train Robbery – History Making Heist』(2011年)、Compass Point Books、Capstone Imprintから出版(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780756543600)。ブルース・レイノルズによるあとがき付きの、強盗に基づく小説。
  • Nick Russell-Pavier『The Great Train Robbery – Crime of the Century – the definitive account』(2013年)、Weidenfeld&Nicolson / Orion Books発行(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780297864394
  • Bruce Reynolds、Ronnie Biggs、Nick Reynolds および Christopher Pickard『The Great Train Robbery 50th Anniversary:1963–2013』(2013年)Mpress発行(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780957255975)。強盗に関与した人々からの計画準備と余波の全話。
  • Pithie, Fraser; Cornwell, Christopher (August 2013). Pigott, Nick. ed. “The Great Train Robbery”. The Railway Magazine (Horncastle, Lincs: Mortons Media Group): 49–53. 10 July 2013. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 0033-8923. オリジナルの25 December 2013時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131225182700/http://www.railwaymagazine.co.uk/news/fireman-recalls-robbery 2013年12月24日閲覧。.  強盗の鉄道側面に焦点を当てた物語の詳細。
  • Ronnie Biggs および Christopher Pickard『Keep on Running - A Story from the Great Train Robbery』(1995年/2014年)、Mpress発行(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780992606275)。逃げた強盗3人に基づいたロニー・ビッグズの小説。小説は事実とフィクションを混ぜ合わせている。1995年にブルームズベリーによって最初に発行され、2014年8月8日にビッグスの85歳の誕生日に初めてKindleで発行された。

フィルムとビデオ[編集]

  • 1966年のドイツの3部構成のTVミニシリーズDie Gentlemen bitten zur Kasseは、物語のフィクション化された版を多かれ少なかれ事実に近づけて伝えるが、しかし関係するそれらと地点の名前を変えている[106]
  • 1967年の映画『Robbery』は、Peter Yates監督の、1963年の出来事に基づいた非常にフィクション化された版である。この映画は、イギリスの監督に次の主要作品『Bullitt』を作らせたスティーブ・マックイーンの興味を引いた後に、マックイーンはイェーツのハリウッド歴をスタートさせた。この映画は、警官1人が走り下る場面複数を含む、心をつかむカー・チェイス(ただしこれは強盗ではなく別の以前の犯罪に関連していた)をフィーチャーしていた。フィクション化された話であるにもかかわらず、『Robbery』は実際の強盗の重要な詳細を利用しており、それらは映画に反映されていた。これらは、使用された詳細な計画と準備、拠点としての農家の使用、および列車の交替機関手の意図された(しかし不成功な)使用をふくんでいた。映画の最後で、スタンリー・ベイカー(自身の会社オークハースト・プロダクションズが映画を製作していた)が演じる強盗「クリフトン」("Clifton")の首謀者は、捕獲を回避し、商船船員のふりを装って海路逃げる。
  • 1969年のフランス映画『The Brain』は、フランスで大列車強盗に基づいて強盗を犯したイギリスの主犯としてDavid Nivenが主演している。スクリプトは、彼が1963年の強盗の真の計画者であることを暗示している。
  • 1988年に、バスター・エドワーズの体験は、フィル・コリンズ主演のコメディー・ドラマ『Buster』になった。
  • 2012年には、主にシャーミアン・ビッグスの観点からイベントに関連する5部構成のITV ドキュドラマ『Mrs Biggs』が制作され、ビッグスはスクリプティングと制作を手伝った。ITVは、マリオン・ミルン脚本・監督の44分のドキュメンタリー映画『The Great Train Robbery』を同時に制作した。プログラム・コンサルタントも務めたNick Russell-Pavierによる『The Great Train Robbery – Crime of the Century – the definitive account』(2013年)に基づいている。実際のロケーションで撮影され、シャーミアン・ビッグス、ブルース・レイノルズ、その他の実際の参加者へのインタビューをフィーチャーしている[7][107]

大衆文化[編集]

映画[編集]

  • 映画『ヘルプ!4人はアイドル』(1965年)の中で、ジョン・レノンは、スコットランドヤードで強盗について皮肉な言及をする。「"Great Train Robbery, how's that going?"」
  • ジェームズ・ボンド映画『007 サンダーボール作戦』(1965年)の中で、或るスペクターの役員は、犯罪組織が盗まれた略奪品のうち25万ポンドを強盗の相談料として受け取った、と述べている。
  • コメディ版が映画『The Great St Trinian's Train Robbery』(1966年)の中でステージ化された。
  • Die Gentlemen bitten zur Kasse』(『 The Gentlemen Prefer Payment』、別名『 Great British Train Robbery 』)は、1966年にドイツで3部のミニシリーズで放映された。レイノルズとしてHorst Tappertをフィーチャー。
  • Robbery』(1967年)の中で、Stanley Bakerはレイノルズをベースにした人物を演じている。
  • 映画『クルーゾー警部 (映画)』(1968年)は、無能なフランスの警官をレインボーを追って送った。これは、強盗についてのゴスリングとクレイグの1965年の書籍の中とマクダニエルの1967年の書籍の中に登場する、レイノルズに基づく架空の人物である。
  • フランスのコメディ映画『大頭脳』(1969年)の中で、大列車強盗は、「The Brain」(デヴィッド・ニーヴン)というニックネームの犯罪者の首謀者によって実行された。数年後に、同じ計画を繰り返して、パリからブリュッセルに移動するNATOの数百万の現金を盗もうとする。彼は、フランスの小柄な詐欺師2人が大列車強盗の同じ方法を使って荷馬車を奪うことを計画していたことを知らない。
  • 歌手フィル・コリンズは、エドワーズの生涯を大まかに基にしたコメディー・ドラマ映画『フィル・コリンズ in バスター』(1988年)のタイトル・ロールに出演した。ラリー・ラムがレイノルズを演じた。
  • TVシリーズWidows-3(She's Out!(1995年))の中では、Dolly Rawlinsが他の仮釈放者数人と協力して、ウマに乗って列車強盗を上演する計画を立てている。

ゲーム[編集]

  • オンライン・マルチプレイヤー・ゲーム『RuneScape』の中には、同様のプロット要素を持つ「The Great Brain Robbery」と呼ばれるクエストがある。
  • コンピューター・ビデオ・ゲーム『Starcraft 2』の中には「"The Great Train Robbery"」というミッションがある。
  • ビデオ・ゲーム『Borderlands 2』の中には、「The Pretty Good Train Robbery」というミッションがある。
  • Rockstarビデオゲーム『"Red Dead Redemption"』(2010年)では、プレイヤーは、ミッション「"The Great Mexican Train Robbery"」の中で、これと同様の方法で、列車から物資を受け取る必要がある。
  • 1970年代のBruce Barrymore Halpennyによるボードゲーム「"The Great TrainRobbery"」。

文学[編集]

  • ジョン・ゴスリングとデニス・クレイグの強盗に関する書籍『The Great Train Robbery – the Incredible Story of a Masterpiece of Modern Crime』(1965年)は、強奪はイギリス陸軍士官ジョニー・レインボーによって首謀されたと結論づけた。[108]
  • テレビジョン・シリーズ『The Man from UNCLE』を原作としたDavid McDanielの小説『The Rainbow Affair』(1967年)にフィーチャーされるレインボウという作中人物[109]
  • アガサ・クリスティのミス・マープル探偵小説『At Bertram's Hotel』(1965年)には、強盗の要素が含まれている。
  • Mick Lee作の小説『The Men Who Robbed The Great Train Robbers』(2013年)は、強盗を再び悟り、直話から物語が、誰が犯罪の背後にいたのかを示している。
  • Signal Red: A Novel Based on the Great Train Robbery』(2010年)、Robert Ryan作の小説[71]
  • LIFE雑誌は1963年8月23日号で、8ページ記事タイトル「'STOP! For The Greatest Train Robbery"」と「'Big Tickle Puts The Scream Too High'」をフィーチャーした。
  • Keep on Running - A Story from the Great Train Robbery』(1995年/2014年)、Ronnie BiggsとChristopher Pickard作、Mpress(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780992606275)発行。逃げた強盗犯3人に基づいたロニー・ビッグズの小説。
  • Colin Shindlerによる映画『Buster』の小説化(モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780747403760)。

音楽[編集]

  • アメリカのロック・バンドMountainは、アルバム『Nantucket Sleighride』(1971年)に「The Great Train Robbery」という曲を収録した。曲の歌詞は名指しでウィルソンとレインボーに言及している。
  • ロナルド・ビッグズは、Julien Templeの1980年のSex Pistolsに関するドキュメンタリー映画『The Great Rock 'n' Roll Swindle』(1980年)のために2曲でボーカルを録音した。「No One is Innocent」(別名「The Biggest Blow(A Punk Prayer)」)と「Belsen Was a Gas」のためのベーシック・トラックは、セックス・ピストルズの最終公演の直後にブラジルのスタジオでギタリスト スティーブ・ジョーンズとドラマー ポール・クックとともに録音し、オーバーダブは後日、イングランドのスタジオに追加された。「No One is Innocent」はイギリスでシングルとしてリリースされ、イギリスのシングル・チャートで6位になり、スリーブにはMartin Bormannがグループでベースを演奏していることが示されている(実際はこれはアメリカの俳優James Jeterであった)。
  • Paul Hardcastleは、1985年に「Just For Money」という強盗についての曲をリリースした。
  • 1991年に、ロナルド・ビッグズはドイツのパンク・バンドDie Toten Hosenの歌「CarnivalinRio(PunkWas)」のボーカルを歌った。
  • 引き渡しの試みに続いて、ビッグズはBruce Henry(アメリカのダブルベース奏者)、Jaime Shields、Aureo de Souzaと協力して、映画のサウンドトラックを使用することを意図した彼の人生の音楽的な物語『Mailbag Blues』を録音した。このアルバムは、2004年にwhatmusic.comによって再リリースされた。
  • イギリスのグループAlabama 3は、ブルース・レイノルズが2005年のアルバムに登場した強盗についてのブルース・レイノルズへのトリビュート「"Have You Seen Bruce Richard Reynolds"」を録音した(元々はThe Fylde Folkによって録音された)そこに、2005年のアルバム『Outlaw』に彼は登場している。Alabama 3のハーモニカ奏者ニック・レイノルズは、ブルース・レイノルズの息子である[24]
  • イギリスのグループThe Crockettsは、2000年にリリースされたセカンド・アルバムを『The Great Brain Robbery』とつけた。

ラジオ[編集]

  • The Navy Lark』の1963年のいくつかのエピソードでは、強盗は驚きの表現によって言及された――さまざまな作中人物によって――強盗を実行したことで警察に拘留されていない、上等兵曹Pertweeが自由でいるのを見て。

テレビジョン[編集]

  • 2006年2月に、チャンネル4は、ビッグズを誘拐してバルバドスに連れて行く1981年の計画に関するドキュメンタリーを放映した。番組は、試みの脚色と、責任者の一人、元兵士(ジョン・ミラーへの事情聴取をフィーチャーした。番組の中で、チームを率いたセキュリティ・コンサルタント パトリック・キングは、誘拐は実際は拒否可能な作戦行動だったかもしれない、と主張した[110]
  • 2013年12月18日、ロナルド・ビッグズが死亡した日に、BBC Oneは、2部構成の脚色の最初の『The Great Train Robbery』を放映した。エピソード1「A Robber's Tale」では、強盗の組織と成功的完了について詳しく説明している。エピソード2「A Copper's Tale」は、犯罪とその後の多くの実行犯の逮捕に関する警察の捜査をたどる[111]
  • 2019年に、スペインのテレビ番組『The Money Heist』のパート1エピソード6で、「グラスゴーの列車強盗」("the Glasgow train robbery")についての言及がある。

劇場[編集]

  • Peter CookとAlan Bennettが主演するコメディ・レヴュー『Beyond the Fringe』の人気のスキットは、強盗の背後にいる犯罪者らを捕まえる努力を扱う[112]
  • Andrew Lloyd Webberのミュージカル『Starlight Express』では、主な悪役brake van(制動装置付きの緩急車)と明らかな連続犯罪者は、他のいくつかの歴史的な列車犯罪とともに、強盗に関与したと主張している。

鉄道模型[編集]

  • 2011年9月10日に、ブリストル近くのKeynshamにあるAvon Valley Country ParkのStrawberry Line Miniature Railwayは2つの5インチゲージ (127 mm) の機関車は、機関手ジャック・ミルズと機関助手デビッド・ウィットビーにちなんで名づけられた。
  • さらにそのうえに、Luton Model Railway Clubは、Night Mail博物館の一部として、Nene Valley RailwayのFerry Meadows駅に現在置かれている強盗の現場を描いたジオラマを作成した。

脚注[編集]

  1. The Great Train Robbery, 1963”. British Transport Police. 2013年8月4日閲覧。
  2. “The Great Train Robbers: Who were they?”. BBC. (2013年12月18日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-21619150 2014年1月5日閲覧。 
  3. The Great Train Robbery – Crime of the Century – the definitive account (2013) by Nick Russell-Pavier
  4. “British Transport Police History: The Great Train Robbery”. British Transport Police. オリジナルの2007年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070701111011/http://www.btp.police.uk/History%20Society/Publications/History%20Society/Crime%20on%20line/The%20Great%20Train%20Robbery.htm 2007年7月25日閲覧。 
  5. 5.0 5.1 The Great Train Robbery by the British Postal Museum and Archive at The Google cultural institute Archived 22 August 2013 at the Wayback Machine.. Retrieved 29 October 2013
  6. The Great Train Robbery (2008) – Crime Archive Series by Peter Gutteridge
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 The Great Train Robbery (2012) Archived 25 March 2016 at the Wayback Machine. at IMDb
  8. Webb, Sam (2015年6月8日). “Fancy the 'Get Out of Jail Free' card from Great Train Robbery gang's Monopoly?”. Daily Mirror. https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/get-out-jail-free-card-5844554 2017年3月17日閲覧。 
  9. RonnieBiggs”. 2012年3月12日閲覧。
  10. 10.0 10.1 JP Bean. “Bruce Reynolds obituary”. the Guardian. 2015年8月27日閲覧。
  11. 11.00 11.01 11.02 11.03 11.04 11.05 11.06 11.07 11.08 11.09 11.10 11.11 11.12 11.13 11.14 Russell-Pavier, Nick; Richards, Stewart (8 August 1963). The Great Train Robbery: Crime of the Century: The Definitive Account – Stewart Richards, Nick Russell-Pavier – Google Books. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780297864400. https://books.google.com/books?id=6KSaWB4zMzMC&q=roger+cordrey+1921&pg=PT328 2013年12月20日閲覧。 
  12. Great Train Robber Gordon Goody dies aged 86”. 2016年12月14日閲覧。
  13. Thames Valley Police – The Great Train robbery – Charlie Wilson (Charles Frederick Wilson)”. Thamesvalley.police.uk. 2013年12月20日閲覧。
  14. Thames Valley Police – The Great Train robbery – Brian Arthur Field”. Thamesvalley.police.uk. 2013年12月20日閲覧。
  15. 15.0 15.1 Tracy McVeigh (2014年9月28日). “The quiet Great Train Robber reveals identity of the gang's mystery insider”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/2014/sep/28/great-train-robber-douglas-gordon-goody-reveals-identity-mystery-inside 2014年9月28日閲覧。 
  16. 16.0 16.1 Evans, Martin (2019年8月3日). “True identity of the Great Train Robber known as 'The Ulsterman' finally revealed”. 2019年8月3日閲覧。
  17. Thames Valley Police – The Great Train robbery – Roy John James”. Thamesvalley.police.uk (1997年8月21日). 2013年12月20日閲覧。
  18. 18.0 18.1 Train robber John Daly won respect as Launceston dustman”. Cornish Guardian. 2015年8月27日閲覧。
  19. Thames Valley Police – The Great Train robbery – John Thomas Daly”. Thamesvalley.police.uk. 2013年12月20日閲覧。
  20. Thames Valley Police – The Great Train robbery – James 'Jimmy' Edward White”. Thamesvalley.police.uk. 2013年12月20日閲覧。
  21. Thames Valley Police – The Great Train robbery – Roger John Cordrey”. Thamesvalley.police.uk. 2013年12月20日閲覧。
  22. Thames Valley Police – The Great Train robbery – Robert Alfred Welch”. Thamesvalley.police.uk (1976年6月14日). 2013年12月20日閲覧。
  23. 23.0 23.1 “James Hussey: Great Train Robber who made a disputed confession on his deathbed”. The Independent (London). (2012年11月15日). https://www.independent.co.uk/news/obituaries/james-hussey-great-train-robber-who-made-a-disputed-confession-on-his-deathbed-8320564.html 2012年11月17日閲覧。 
  24. 24.0 24.1 24.2 24.3 24.4 24.5 Adam Bernstin, The Washington Post (2 March 2013). “Bruce Reynolds, 'Robbery' architect”. Newsday: A26. 
  25. 25.0 25.1 25.2 25.3 Jill Lawless (Associated Press) (2013年2月28日). “UK 'Great Train Robber' Bruce Reynolds dies at 81”. http://bigstory.ap.org/article/uk-great-train-robber-bruce-reynolds-dies-81 2013年5月18日閲覧。 
  26. 26.0 26.1 “Great Train Robber Bruce Reynolds dies aged 81”. BBC News. (2013年2月28日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-21617926 2013年2月28日閲覧。 
  27. 27.0 27.1 “Great Train Robber who got away will be named”. The Guardian. (2013年8月4日). https://www.theguardian.com/uk-news/2013/aug/04/great-train-robbery-mystery-fixer 2013年8月4日閲覧。 
  28. The Train Robbers (1978) by Piers Paul Read (Pp 13–17)
  29. The Great Train Robbery: A Tale of Two Thieves - The Economic Voice”. economicvoice.com. 2015年8月27日閲覧。
  30. Killing Charlie (2004) by Wensley Clarkson
  31. 31.0 31.1 The Train Robbers (1978) by Piers Paul Read
  32. Peter Gutteridge Crime Archive: The Great Train Robbery
  33. Piers Paul Read The Train Robbers (1978), pp.27–29
  34. Thames Valley Police – The Great Train robbery – William (Bill) Gerald Boal”. Thamesvalley.police.uk. 2013年12月20日閲覧。
  35. chris (2013年8月14日). “William Boal: The Great Train Robbery's forgotten victim”. Ronnie Biggs. 2013年12月20日閲覧。
  36. Thames Valley Police – The Great Train robbery – Leonard Dennis Field”. Thamesvalley.police.uk. 2013年12月20日閲覧。
  37. The Train Robbers, Piers Paul Read, P.74
  38. Thames Valley Police – The Great Train robbery – John Denby Wheater”. Thamesvalley.police.uk. 2013年12月20日閲覧。
  39. Source: Ancestry.com. England & Wales, National Probate Calendar (Index of Wills and Administrations), 1858-1966, 1973-1995 [database on-line]. Provo, UT, USA: Ancestry.com Operations, Inc., 2010. Site accessed on 21 January 2018.
  40. “Chief Superintendent Malcolm Frewtrell”. Telegraph. (2005年12月21日). https://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/1505956/Chief-Superintendent-Malcolm-Frewtrell.html 2017年1月5日閲覧。 
  41. The Great British Train Robbery, 1963.
  42. 42.0 42.1 Specialist in Crime (1972), Ernest Millen
  43. Specialist in Crime (1972), Ernest Millen, P.208
  44. Bob Graham. “New bid to clear name of Great Train Robber Bill Boal”. Daily Mirror. 2013年7月14日閲覧。
  45. William (Bill) Gerald Boal”. Force museum. Thames Valley Police. 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  46. “Historic fiver's up for sale”. http://www.bournemouthecho.co.uk/mostpopular.var.1800494.mostviewed.historic_fivers_up_for_sale.php 2007年11月1日閲覧。 
  47. Hodson, Tom (2007年5月3日). “The crime of the century”. The Buckingham and Winslow Advertiser. http://www.buckinghamtoday.co.uk/the-great-train-robbery/The-crime-of-the-century.2852468.jp 
  48. The Train Robbers (Piers Paul Read) (1978)
  49. Williams, Frank No Fixed Address (1973) Ch. Get Out of Gaol...Free (Pp 45–53).
  50. Jean Archer (1992). Buckinghamshire Headlines. Countryside Books. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 1-85306-188-3 
  51. The Train Robbers by Piers Paul Read (1976)
  52. "Killing Charlie" by Wensley Clarkson, with Part 2: Inside and Outside providing details of Wilson's escape from prison.
  53. “Great Train Robber Escapes from Jail”. BBC. (1964年8月12日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/august/12/newsid_2996000/2996402.stm 2007年8月12日閲覧. "A massive manhunt is underway across Britain after one of the so-called Great Train Robbers escaped from Winson Green Prison in Birmingham. Charlie Wilson, 32, was apparently freed by a gang of three men who broke into the jail in the early hours of the morning" 
  54. "Odd Man Out" (1994) by Ronald Biggs. Chapter 5 describes the Biggs escape from Wandsworth Prison to Paris
  55. Coolopolis: Montreal's connection to the Great Train Robbery”. Coolopolis.blogspot.com (2008年3月17日). 2010年3月6日閲覧。
  56. “2001: Biggs wants to return”. The Sun (London). https://www.theguardian.com/pictures/image/0,8543,-10704180185,00.html 2016年12月14日閲覧。 
  57. Statement from Michael Biggs made in London”. Prnewswire.co.uk (2001年5月8日). 2010年3月6日閲覧。
  58. Michael Holden (2009年7月2日). “Great Train Robber is refused parole”. Reuters. https://www.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idUSTRE5613K620090702 2010年3月6日閲覧。 
  59. Matthews, Stanley. The Way It Was: My Autobiography, Headline, 2000 (モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0747271089)
  60. 60.0 60.1 Jamie Grierson. “Great Train Robber Gordon Goody dies aged 86”. the Guardian. 2016年12月14日閲覧。
  61. Signal Red by Robert Ryan (2010)
  62. The Great Train Robbery (Crime Archive series) (2008) by Peter Gutteridge (P 54)
  63. 63.0 63.1 63.2 Greenwood, Douglas (1999). Who's Buried where in England (Third ed.). Constable. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0-09-479310-7. https://archive.org/details/whosburiedwherei0000gree 
  64. 64.0 64.1 64.2 64.3 What became of the Great Train Robbers – News – London Evening Standard”. Evening Standard (2003年8月8日). 2013年12月20日閲覧。
  65. Benson, Andrew. “BBC Sport – Bernie Ecclestone – the man, the myths and the motors”. BBC. 2014年1月18日閲覧。
  66. Crossing The Line: Autobiography of a Thief by Bruce Reynolds. In the epilogue, Reynolds describes what happened to some of the robbers.
  67. Killing Charlie, by Wensley Clarkson (Pp 148–153)
  68. Henry, Alan (2003). The power brokers: the battle for F1 ... – Google Books. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9780760316504. https://books.google.com/books?id=FPqeAmtopGwC&q=Roy+James+formula+junior&pg=PA68 2010年3月6日閲覧。 
  69. Kate Watson-Smyth (1997年8月22日). “Weasel' train robber dies, aged 61”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/weasel-train-robber-dies-aged-61-1246594.html 2014年1月18日閲覧。 
  70. 70.0 70.1 Bob Graham (2013年7月13日). “Great Train Robbery: New bid to clear name of Bill Boal 43 years after he died in prison protesting his innocence”. Daily Mirror. 2015年8月27日閲覧。
  71. 71.0 71.1 Robert Ryan (19 August 2010). Signal Red: A Novel Based on the Great Train Robbery. Headline Review. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0755358205 
  72. “UK | England | Norfolk | Train robber Biggs wins freedom”. BBC News. (2009年8月6日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_depth/8188479.stm 2010年3月6日閲覧。 
  73. Gangster's Moll (2001) by Marilyn Wisbey (Pp 80–81)
  74. Gangster's Moll (2001) by Marlyn Wisbey (Chapters 1: Growing Up and 12: Cocaine)
  75. Signal Red by Robert Ryan (Pp486, 487)
  76. Killing Charlie (2004) by Wensley Clarkson (Pp165-166)
  77. The Berkshire Blog”. Businessinberkshire.co.uk (2013年12月13日). 2013年12月20日閲覧。
  78. Great Train robber's grandson escapes jail Archived 21 December 2013 at the Wayback Machine. at thefreelibrary.com, citing The Birmingham Post, 14 August 1998
  79. The Train Robbers by Piers Paul Read (Pp239-242)
  80. The Train Robbers, by Piers Paul Read (1978)
  81. Killing Charlie by Wensley Clarkson (Pp 227 & 244)
  82. Moore, Matthew (2019年8月3日). “Great Train Robber unmasked 56 years on”. The Times (72,916): p. 14. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 0140-0460 
  83. 83.0 83.1 Crossing the Line — The Autobiography of a Thief, Bruce Reynolds, Page 217
  84. Crossing the Line — The Autobiography of a Thief, Bruce Reynolds, Page 167
  85. The Train Robbers, Piers Paul Read, Pages 269-271
  86. The Robbers' Tale, Peta Fordham, Page 78
  87. Odd Man Out (1994), Ronnie Biggs, Pages14-16
  88. Odd Man Out (1994), Ronnie Biggs, Pages31-32
  89. “James Hussey: Great Train Robber who made a disputed confession on his deathbed”. The Independent (London). (2012年11月15日). https://www.independent.co.uk/news/obituaries/james-hussey-great-train-robber-who-made-a-disputed-confession-on-his-deathbed-8320564.html 2013年12月19日閲覧。 
  90. The England and Wales Civil Registration Death Index shows that David Whitby's death was registered in the Jan-Mar 1972 quarter, for the Crewe District”. p. 858. 2017年1月21日閲覧。
  91. Interview with David Whitby's sister, Nancy Barkley”. Chesterchronicle.co.uk (2013年8月8日). 2013年12月20日閲覧。
  92. William Gerald Boal profile”. thamesvalley.police.uk. 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月27日閲覧。
  93. Ronnie Biggs insists man convicted over Great Train Robbery who died in jail 'was innocent': Bill Boal was one of 12 men caged over the £2.5million ambush that stunned the world 50 years ago on Thursday Archived 22 February 2018 at the Wayback Machine. By Bob Graham 00:01, 4 August 2013 The Mirror. Accessed Online 21 February 2018
  94. Witts, Preston (2013年3月28日). “BBC Democracy Live - 1963: a year to remember”. BBC. 2017年1月5日閲覧。
  95. “(Accessed in April 2011)”. Timesonline.co.uk. http://www.timesonline.co.uk/tol/comment/obituaries/article598370.ece 2013年12月20日閲覧。 
  96. “(accessed in April 2011)”. The Daily Telegraph (London). (2005年12月21日). https://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/1505956/Chief-Superintendent-Malcolm-Frewtrell.html 2013年12月20日閲覧。 
  97. (Accessed in April 2011)”. Rmp-sib.co.uk. 2013年12月20日閲覧。
  98. CFPS Class 40-story”. Cfps.co.uk. 2010年3月6日閲覧。
  99. Pressure make Network Rail change bridge name – The Railway Magazine Magazine”. Railwaymagazine.co.uk. 2013年12月24日閲覧。
  100. No Fixed Address (1971) by Frank Williams (Ch: Where Has All The Money Gone ? Pp 68–84)
  101. Piers Paul Read The Train Robbers (1978), pp.142–143
  102. George Hatherill A Detective's Tale (1971), pp.214–215
  103. Gangster's Moll (2001) by Marilyn Wisbey (Chapter 6 The Pubs, Pp 69–71)
  104. The Train Robbers (1978), Piers Paul Read, Pp244-245
  105. Odd Man Out, Ronnie Biggs
  106. Germany's contribution to the Great Train Robbery's fame”. Trainrobbery.de (1965年9月12日). 2010年3月6日閲覧。
  107. Graham, Alison The Great Train Robbery Archived 14 November 2012 at the Wayback Machine. at Radio Times
  108. John Gosling and Dennis Craig (1965). The Great Train Robbery – the Incredible Story of a Masterpiece of Modern Crime. Bobbs Merrill. ASIN B000H58S6Q 
  109. David McDaniel (1967). The Rainbow Affair (The Man from U.N.C.L.E. No. 13) (1st ed.). Ace Books, No. G-670. ASIN B000KKAURS 
  110. “Kidnap Ronnie Biggs- Documentary”. Channel 4. (2006年2月9日). http://www.channel4.com/more4/documentaries/doc-feature.jsp?id=3 2008年6月21日閲覧。 
  111. “The Great Train Robbery – A Robber's Tale”. BBC. (2013年12月18日). https://www.bbc.co.uk/mediacentre/proginfo/2013/51/the-great-train-robbery-a-robbers-tale.html 2019年12月20日閲覧。 
  112. BTF - Great Train Robbery”. 2016年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]


This article "1963年の大列車強盗" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:1963年の大列車強盗.