You can edit almost every page by Creating an account. Otherwise, see the FAQ.

ポラツクのシメオン

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

Петровский-Ситнианович
1818年のリトグラフ
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
国籍
モスクワ大公国
職業 社会的および宗教的人物、神学者詩人劇作家

世界中のシメオンPolotsky( -サミュエルGavrilovich(他の情報源によれば- Emelyanovich)ペトロフスキー- Sitnianovich [1] (Sitniyanovich ); Polotsky - toponymicニックネーム;年12月12、 1629ポロツクポロツクのシロンスク県Rzeczpospolita - 8月25日、 1680年モスクワロシア王国)-ロシア文化の人物、精神的な作家、神学者詩人、劇作家、翻訳者 。彼はマリア・ミロスラフスカヤ出身のロシア皇帝アレクセイ・ミハイロヴィッチの子供たちの指導者でした:イワンソフィアヒョードル。 Zaikonospassky修道院の学校の創設者、 SylvesterMedvedevの教師。

[編集]

このような詩人とともにシルベスター・メドベージェフ、 Karion(イストミン) 、 Feofan Prokopovich 、 Mardarii KhonykovとアンティオキアKantemir 、彼はロシアの最も初期の代表の一つと考えられている音節詩の時代の前にTrediakovskyとロモノーソフ

ロシアの神学的思想と文化の歴史の研究者によると、大司教ゲオルギー・フロロフスキーは、次のように述べています。困惑したモスクワ社会<...>ピイタや書記のように、あらゆる種類の任務のために学んだ人のように」 [2]

バイオグラフィー[編集]

シメオンポロツキー。星の形をした詩「ツァレヴィッチ・シメオンの誕生の際の皇帝アレクセイ・ミハイロヴィッチへの挨拶」。

1629年にポラツクで生まれました。当時はポーランド・リトアニア連邦の一部としてリトアニア大公国の一部でした。サミュエル-シメオンには家族に3人の兄弟と1人の姉妹がいました 。

彼はキエフ-モヒラ大学で学び、そこで彼はラザール・バラノヴィッチ(1657年以来、チェルニゴフの司教)の学生であり、彼は一生親密でした。

彼の本や原稿にシメオンは「自分を呼ばれるのでhieromonachi Polocensis OrdinisサンクティBasiliiマグニ」 [3]一部の研究者は、有名な作家がUniate修道会参加していることを示唆しているバシリウス(オルドBasilianus S.ヨサファット) [4]この意見が誤っています。シメオンは中世ラテン語の伝統に従っただけなので、それによれば、すべての東方の僧侶は、聖の共同支配によって導かれました。バジルグレートは、聖バジル(「オルドS. Basilii」)の伝説的な秩序のメンバー、「Basilians」と呼ばれていた[5]

1656年頃、ポロツクのシメオンがポロツクに戻った、正統派の受け入れ修道院生活をエピファニー修道院でとなったのdidascal正教兄弟の学校1655年、彼はクリスマス牧歌Gutrki Pastokhovyyaを作曲いるポロツクで、 。 1656年にアレクセイミハイロヴィッチがこの街を訪れたとき、シメオンは彼の作曲の「メートル」という挨拶を皇帝に個人的に提示することができました。

1664年に彼はモスクワに行き、そこで亡くなった掌院イグナティウス(イエヴレヴィッチ)の所持品を拾いました。しかし、彼は生まれ故郷のポラツクには戻らなかった。皇帝は彼に密会の若い書記官を訓練するように指示し、訓練の場所としてアイコン列の後ろにスパスキー修道院を任命しました。

1665年、シメオンは皇帝に「新しく与えられた息子への歓迎」を贈った[6] 。同時に、彼はニコン総主教の寄託のためのモスクワ評議会の準備と開催に積極的に参加し、パイジウス・リガリスの下で通訳を務めました。

1666年11月にニコン事件でモスクワにやってきた東部総主教の承認を受けて、シメオンは「知恵を求める」、つまりロシア国家の教育水準を上げる必要性について皇帝に演説を行った。

1667年に彼は皇帝アレクセイミハイロヴィッチの子供たちの宮廷詩人と教育者に任命されました。彼はFedorAlekseevichの教師でした。そのおかげで彼は優れた教育を受け、ラテン語とポーランド語を知り、詩を書きました。ポラツクのシメオンは皇帝の演説を作曲し、厳粛な発表を書きました。彼は1666-1667年の評議会法を「構築」するように指示されました。 PaisiusLigaridaの論争の論文を翻訳しました。

「ピョートル大帝の受胎と誕生の伝説...」 P。 N。クリオクシナポラツクのシメオンは、皇帝の息子である将来のピョートル1世の運命を星から正確に予測したと言われています。この遅い話は真実ではありません。おそらく、これの根拠は、バロック詩学に特徴的な占星術のテーマがある、若いピーターIの洗礼の日にシメオンによって提示されたお祝いの詩でした[7]

シメオン・ポロツキーはヨーロッパのバロックの代表であり、保守的なロシアの環境では多くのことが彼には奇妙に見えました。たとえば、バフーン、放浪するミュージシャン、民俗祭典が迫害されました。女性は部屋に座って、外国語を学ぶことさえ罪深いと考えられていました。それにもかかわらず、宮廷での最初の作品の企画を委託されたのは、ポラツクのシメオンでした[8]

シメオンポロツキーは、ロシアの美術史の創設者と見なされています。彼は古代神話の重要性を認識していましたが、当時の多くの人にとっては異教の異端と見なされていました。彼はアイコンの絵に関する論文を書いた。この動機は、17世紀最大のロシアの画家シモン・フョードコフとのコラボレーションであったと考えられています[8]

神学と教育学[編集]

ポロツクのシメオンは、セオドアIIIの前で、ニキータゾートフの知識をテストしてから、ピーターIの教師に任命します。

1666年に評議会を代表して、彼はラザロとニキータの請願に反論した。 1667年の終わりに、エッセイは皇帝と評議会に代わって「正教会のロシア教会の精神的な群れの政府のための政府の棒」というタイトルで出版されました。信仰、-手に負えない羊への罰としての罰-残酷で略奪的なオオカミを殺すための処刑、キリストの群れを攻撃する"" [9] 。この本は、学問的なレトリックの典型的な例です。評議会のメンバーは、評議会の議論の中でこのエッセイを2回参照しました。このエッセイはすぐに発行され、クリスチャンを読んで啓蒙するために評議会によって推奨されました。

しかし、数年後、この本は、それが含んでいたカトリックの異端(聖母マリアの無原罪の御宿りの教義(「10の感嘆」)、崇拝の異端(「13の感嘆」)-時代の問題で非難されました。聖なる贈り物の聖変化の)。古儀式派は当初、この作品に対して鋭く否定的な反応を示し、「曲がった杖」と呼んでいました[10] 。ラテン語の神学的意見の存在は、後にポラツクの反対者の一人であるチュードフ僧侶ユーティミウスによって指摘されました。 1665年の夏、アレクセイミハイロヴィッチの法令により、スパスキー修道院に木造の邸宅が建てられ、密会の若い書記官がシメオンに師事しました。命令の公式文書から判断すると、1668年5月までに学校はすでに閉鎖されていました。どうやら、学校は狭い目標を達成しました:ラテン語、そして外交の言語を、シルベスター(メドベージェフ)を含む若い政府高官に教えることです。

1667年以来、ポロツクのシメオンは王室の子供たちの育成を委託され、そのために彼はいくつかの作品を書きました: 「VertogradMulticolor」 (「読書のための本」として役立つことを目的とした詩のコレクション)、「キリストの生涯と教え」私たちの主と神」、「簡単なカテゴリ別の質問と回答の本」。 「カトリック信仰の王冠」では、ポロツキーは、外典から始まり占星術で終わる、学校と読書が彼に与えた知識の全量をグループ化しました。 「王冠」は使徒継承のシンボルに基づいており、ポロツキーはウルガタのテキストから聖書を使用し、教会当局に言及するとき、彼は最も喜んで西洋の作家(祝福されたジェロームオーガスティン)を引用します。

占星術の知識にもかかわらず、シメオン・ポロツキーは超能力者や山師と積極的に戦いました。彼はまた陰謀と露出した治療師を認識しませんでした。彼は説教「迷信に対する教え」を書いた[8]

シメオンポロツキー。 Tsarevich Fyodor (1661)の誕生を記念して、「挨拶」のサイクルから「心の過剰から、口が話す」というハートの形をした詩を描いた。

ポラツクのシメオンは、1682年にシルベスターメドベージェフによってフョードルアレクゼーヴィッチの承認を得るために提出された、スラブ-ギリシャ-ラテンアカデミーの憲章の原案(「アカデミーへの特権」)の著者であるとほとんどの研究者によって認められています。シメオン・ポロツクが編集したアカデミー憲章によると、アカデミーの学長と教師は、信仰と教育の問題に対して最高の管理権を与えられました。アカデミー法人は異端と戦う義務を負っており、多くの犯罪の特権には火傷が含まれていました。から。ソロビエフ「特権」について書いた:「皇帝セオドアのプロジェクトによると、モスクワアカデミーは異教徒の西との必要な衝突の場合に正教会がそれ自身のために建てたかった要塞です。これは単なる学校ではなく、ひどい尋問法廷です。保護者と教師は「非正統の罪」という言葉を発し、犯罪者のために火が燃えます。 » [11]

聖なる贈り物の提供の時期についての神学的論争において、ポラツクのシメオンはその見解の擁護者であり、後に(1690年に)「崇拝の異端」として非難されました。後者と当局の前で、総主教ピティリムの十字架の部屋でエピファニー・スラビネツキーと1673年にこの問題に関する「暴言」(論争)の「ラテン」側に参加しました。当時、論争は純粋に神学的でした。シメオンの死後、ずっと後に社会政治的な音を獲得した。

説教[編集]

シメオンポロツキーの記念碑(2004年;彫刻家A。フィンランド語)

S.ポロツキーは、法廷での彼の独立した立場を利用して、モスクワでの生きている教会の説教を復活させました。 S.ポロツキーの説教(数は200以上)は説教の規則を厳守した例ですが、彼らは人生の目標を見失うことはありません。これは当時前例のない現象であり、教会生活に有益な結果がなければ残っていませんでした。 S.ポロツキーの説教は、彼の死後、1681年から1683年に、ソウルランチとソウルサッパーの2つのコレクションで出版されました。

[編集]

Simeon Polotskyは、最初のベラルーシ語とロシア語の詩人の1人であり、教会スラヴ語ポーランド語の音節の詩の著者です。 「押韻の詩篇」(1680年に出版)と題された詩篇の詩的な転置に加えて、ポロツキーは多くの詩を書き(コレクション「押韻」を編集)、王室の生活からさまざまなイベントを歌い、礼拝者、および「Vertogradmulticolored」に含まれる多くの道徳的および教訓的な詩。 Lによると。そして。サゾノヴァ、「Vertograd multicolored」は、シメオン・ポロツクの創造性の頂点であり、ロシア文学のバロックの最も印象的な現れの1つです。から。ポロツキーはまた、初期の劇場のために2つのコメディ(学校のドラマ)を書いた:「ネブチャドネザル王、金の体、そして焼けていない洞窟の3人の子供についてのコメディ」と「放蕩息子の寓話のコメディ」 ;後者は特に成功を収めました。

Есть мнение, что ради своей деятельности он отказался от семьи и стал монахом. В доказательство же приводят его рассуждения о вреде семейной жизни для мыслителя и поэта[8]:

Ибо не будет мощно

—удалят и дети.

Его современник, друг и ученик Сильвестр Медведев утверждал[8]:

На всякий же день име залог писати в пол-десть по полтетради, а писание его бе зело мелко и упсисто.

ポラツクの詩人の後、約5万行の創造的な遺産がありました 。それらは歴史、地理学、動物学、鉱物学に関する情報を含んでいました、そして詩の中に逸話とたとえ話もあります。

[編集]

ポロツクのシメオンは1680年8月25日に亡くなりました。彼はモスクワのZaikonospassky修道院に埋葬されました。彼の墓は生き残っておらず、その作者がシルベスター・メドベージェフである碑文のある墓石は、旧修道院の救世主大聖堂にあります[8]

記憶[編集]

ベラルーシの切手、1995年
  • 1995年、ポラツクに捧げられたベラルーシの切手が発行されました。
  • 2004年、ポラツクのシメオンの記念碑がポラツク(彫刻家A)に建てられました。フィンランド語)。
  • 2013年、 Belgazprombankは、1667年に出版されたPolotskのSimeonによる本「 [12] 、それを複製しました。

文学におけるシメオン・ポロツキー[編集]

2008年、 Mによる歴史小説。 M。 Rassolova 「ポラツクのシメオン」 [13] 。この本では、17世紀後半のロシアの生活とポラツクのシメオンの社会活動に、彼の文学的および神学的活動ではなく、より多くの注意が払われています。小説は特に、シメオンは、の作成者であると主張され、不正確の数が含まれていsyllabo-トニック(実際には、音節ロシア詩で作詩の)システム。

ポラツクのシメオンの本「政府の杖」(1667年版)。 Belgazprombankの企業コレクションから

参考文献[編集]

現代版[編集]

  • 詩。 17〜18世紀の音節詩-L。、1935.-pp。89-119。
  • シメオンポロツキー。 Fav。 op。 /準備テキスト、記事、通信。 I.P.エレミナ。 -M。、L.、1953年。
  • 17〜18世紀のロシアの音節詩/ 入る。アート、準備。 A. M.Panchenkoによるテキストとメモ。 -レニングラード :ソビエト作家、1970年。-S.164-173。
  • シメオンポロツキー。詩/シメオンポロツキー; comp。、テキストの準備、エントリ。アート。と通信。 V.K. Bylinina、 L.U。Zvonareva 。 -ミンスク :Mastatskaya Literatura、1990 .-- 447 p。、8000部。 ISBN 5-340-00115-6
  • シメオンポロツキー。厳選された作品/シメオンポロツキー;テキスト、記事、通信の準備。 I.P.エレミナ。 - サンクトペテルブルク :ナウカ、2004 .-- 280p。 ISBN 5-02-026993-X
  • 政府のロッド。 -OJSC「Belgazprombank」/ SimeonPolotskyの注文により発行されたファクシミリ版。研究著者A.スーシャ;教会スラヴ語のテキストの改作、ロシア語とベラルーシ語への翻訳、A。ブレズグノフの辞書の編集。 -ミンスク:ベラルーシ国立図書館の出版社、2013年。-2冊の本。

電子出版物[編集]

CM。また[編集]

  • ヨアヒム(モスクワ総主教)
  • 博物館-ポラツクのシメオン図書館
  • シメオンポロツキー図書館-シルベスターメドベージェフ
  • ポラツクのシメオンのZaikonospasskaya学校
  • シルベスターメドベージェフ
  • 信仰の冠

メモ(編集)[編集]

  1. Вялікае княства Літоўскае / Рэдкал.: Г. П. Пашкоў (гал. рэд.) і інш — Мн.: БелЭн, 2007. — Т. 2. — С. 567. — ISBN 978-985-11-0394-8.
  2. Прот. Георгий Флоровский. Пути русского богословия. Париж, 1937, стр. 75.
  3. История глазами одной книги Archived 2011-02-07 at the Wayback Machine.
  4. Margarita Korzo, Внешняя традиция как источник вдохновения. К вопросу об авторстве киевских и московских православных текстов XVII в. Два примера, Studi Slavistici VI (2009), s. 59-84
  5. Василиане”. Православная энциклопедия. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  6. Крекшин, Петр Никифорович (1684—1763) Сказание о рождении, о воспитании и наречении на всероссийский царский престол его царскаго пресветлаго величества государя Петра Перваго,: Находящееся в библиотеке его сиятельства графа Петра Борисовича Шереметева, Изданное библиотекарем Васильем Вороблевским Москва: Тип. Пономарева, 1787 стр. 3
  7. Звонарева Л.У.. “Натурфилософские представления Симеона Полоцкого”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 8.4 8.5 Рублевская, Людмила Рыцари и дамы Беларуси: исторические очерки — Минск. — ISBN 9789850214751, 9850214759, 9789850216724, 9850216727, 9789850218278, 9850218274. 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name ":0"が異なる内容で複数回定義されています 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name ":0"が異なる内容で複数回定義されています 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name ":0"が異なる内容で複数回定義されています
  9. Симеон Полоцкий «Жезл Правления»
  10. Православная энциклопедия Большой Московский собор 1666—1677 гг.
  11. С. М. Соловьев. История России с древнейших времен. Том 13, Глава 2
  12. Белгазпромбанк приступил к реализации проекта по возвращению предметов культурного наследия в Беларусь”. БелТА (2014年5月7日). 2014年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月12日閲覧。
  13. Рассолов, М. М. Симеон Полоцкий — М., 2008

文献[編集]

  • Eremin I.P. SimeonPolotskyの詩的なスタイル// TODRL。 -1948。-T。6。-S。125-153。
  • ジューコフD.、プシュカレフL. Simeon Polotsky // 17世紀のロシアの作家。 -M。、1972-S。197-335(ser。 「ZhZL」)。
  • ポロツク//キエフアカデミーのシメオンの説教で、道徳のKiseleva M.S.Problems。 -2008。-VIP。 6.-S.84-101。
  • Kiseleva M.S.本の説教における神聖な歴史:ポラツクのシメオン//時間との対話。 -M。、2008年。-S.239-254。
  • コズロフスキーI.シルベスターメドベージェフ1895
  • KorzoM.A。シメオンポロツクのカテキズムのいくつかの情報源について//キエフアカデミー。 Vip。 6.-キエフ、2008年。-S.102-122。
  • KorzoM。だが。ポラツクのシメオンの道徳神学 :17世紀後半のモスクワの書記によるカトリックの伝統の同化。成長した。 acad。科学、哲学研究所。 -M。:IFRAN、2011 .-- 155p。; 20cm-参考文献:p。 145-154。 -500部。 -ISBN978-5-9540-0186-0 。
  • マイコフL. N。 17世紀と18世紀のロシア文学の歴史に関するエッセイ-サンクトペテルブルク、1889年。
  • パンチェンコA。 M。 17世紀のロシアの詩文化-L。、1973年。
  • プロゾロフスキーA.シルベスターメドベージェフ。彼の人生と仕事1896年
  • ロビンソンA。 N。 17世紀のロシア文学における思想の闘争-M。、1974年。
  • ロビンソンA.N.シメオンポロツキー-占星術師。 -M.1985。
  • ロビンソンM.A. 、サゾノバL.I.ポラツクのシメオンの伝記と作品へのメモ// Rus。点灯。 -1988.-No.4-P.134-141。
  • サゾノバL.I.ロシアの文学文化 :近世-M。、2006年。
  • サゾノバL.そして。ロシア・バロックの詩(17世紀後半-18世紀初頭)-M。、1991年。
  • SimeonPolotskiyと彼の本の出版活動。 -M。、1982(ser。 「16世紀のロシアの初期の印刷された文学-18世紀の第1四半期。 ")。
  • タタルスキーI.シメオンポロツキー:彼の人生と仕事。 -M。、1886年。
  • ShydloўskіSA Kaardynatyのpaўstalaga / SAShydloўskі//Antalogіyaのsuchasnagaのbelaruskaga精神的に。 -SPb。:Nevsky Prostor、2003年。-S.314-327。テンプレート:Ref-by )。

外部リク[編集]


This article "ポラツクのシメオン" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ポラツクのシメオン.



Read or create/edit this page in another language[編集]