1315年-1317年の大飢饉

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

大飢饉のころにドイツ、エアフルトでイルミネイトされた『Biblia Pauperum』の黙示録から。死はマンティコアにまたがって座り、その長い尾は炎の玉(地獄)で終わる。飢饉は彼女の空腹な口を指している。

1315年–1317年の大飢饉(1315ねん-1317ねんのだいききん、Great Famine of 1315–1317)(ときどき1315年–1322年と年代付けられる)は、14世紀初頭にヨーロッパを襲った有史における最初の一連の大規模な飢饉の総称である。ヨーロッパのほとんど(東はロシアに、南はイタリアに及ぶ)が影響を受けた[1]。この飢饉は何年にもわたって多くの死者を出し、11世紀から13世紀までの成長と繁栄の期間の明確な終わりを印づけた[2]

大飢饉は1315年春の悪天候から始まり、作物の不作が1317年の夏収穫まで続いた。不作の影響は1322年まで完全に回復することはなかった。作物の不作だけが問題ではなく、牛の病気の流行などにより羊と牛の数を80パーセントも減少させた。また、この期間は極端なレベルの犯罪や病気、大量死、さらには共食いと子殺しに特徴づけられた。また、この飢饉は、教会、国家、ヨーロッパ社会、そして14世紀に続く将来の災難に影響を及ぼした。

研究によると、大飢饉を招いた悪天候は火山の噴火によって引き起こされた可能性が示されている[3]。ニュージーランドのタラウェラ山の大規模噴火は1315年に始まり約5年間続いた[4][5]

背景[編集]

飢饉は中世ヨーロッパではおなじみの出来事であった。例えば、局所的な飢饉は、14世紀だけでも1304年、1305年、1310年、1315年〜1317年(大飢饉)、1330年〜1334年、1349年〜1351年、1358年〜1360年、1371年、1374年〜1375年、そして1390年のフランスで発生した[6]。また、大飢饉の影響を受けたなかでも最も繁栄した王国イングランドでは、1321年、1351年、そして1369年に飢饉が発生していた[6]。飢饉が起こるとほとんどの人々にとって十分な食料はなく、その事による平均寿命の低下を招いた。イギリス王室に関する公式記録によると、記録が残されていた中で最も長い時の平均余命は1276年の35.28歳であったが[6]、大飢饉の起きた1301年から1325年の平均寿命は29.84年となった。

大飢饉が起こる以前は中世温暖期(1300年以前の期間)だったこともありヨーロッパの人口は前の時代と比較して爆発的に増加し、19世紀までいくつかの場所で匹敵しなかったレベルに達した――実際、今日のフランスの田舎の一部は、14世紀の初めよりもまだ人口が少ない[6]。しかしながら、植えた種子から得られる小麦の収穫量の比率は、1280年以降は減少し、食料価格は上昇していた。豊作の後に、この比率は7:1まで高くなったが、不作が起こるとそれは2:1まで低下した。(すなわち、植えられた1つの種子から2つの種子が収穫された。1つは来年の種子用、もう1つは食糧用となる。現代の農業ではその比率が30:1かそれを超える水準である(英語版agricultural productivity参照)[6]

大飢饉は、中世の温暖期の終わりに始まった。1310年と1330年の間、北ヨーロッパでは、厳しい冬と雨の多い寒い夏によって特徴づけられた。中世全体で持続的な悪天候の時期がいくつかあった。

変化する気象パターン、危機への対処における中世諸政府の非効率、および歴史的な高さでの人口レベルのために、それは食料生産における誤差がほとんどない時期になった[6]

大飢饉[編集]

1328年のヨーロッパ

1315年春に、ヨーロッパの広範囲で、異常に激しい雨が降り始めた。春と夏を通じて雨が降り続き、気温は涼しいままであった。このような条件下では、穀物は成熟せず、広範囲にわたる作物の不作につながった。動物のための藁や干し草も充分に用意できず、家畜のための飼料もなかった。イングランドでは、ヨークシャーとノッティンガムの低地が浸水し、ヨークシャーのリバー・フォスの豊かな土壌は流された[7]

穀物の不作により食料の価格が上昇し始め、イングランドでの価格は、春と真夏との間に2倍になった。また、雨天では海水を蒸発させることは難しく、塩の入手も困難になることで食塩の価格も30シリングから40シリングに上昇した[8]。また、食塩の不足により肉を長期間保存することも難しくなった。ロレーヌでは、小麦の価格が320%上昇し、そのためにパンは小作農らにとって手に入れることができなくなった。長期の緊急事態のための穀物の貯蔵所は、王族、領主ら、貴族ら、裕福な商人ら、そして教会に限られていたため庶民の食料は不足した。飢えた人々は森の中で野生の食用の根、草、ナッツ、そして樹皮などで飢えを凌いだ[8]

文書化された事件の数は、飢饉の規模を示している。イングランドのエドワード2世は1315年8月10日にセント・オールバンズに立ち寄り、自身と側近のためにパンを見つけるのに苦労した。イングランドの王が食事をすることができなかったのは稀であった[9]。ブリストル市の年代記は1315年に次のことがあったと報告した―― 'a great Famine of Dearth with such mortality that the living coud scarce suffice to Bury the dead, horse flesh and Dogs flesh was accounted good meat, and some eat their own Children. The Thieves that were in Prison did pluck and tear in pieces, such as were newly put into Prison and devoured them half alive.' [10]

フランス軍はルイ10世の下で、フランダースに侵入しようとしたが、オランダの低地では畑は浸され、軍隊は沼にはまり込んだために、食糧を運び去ることができずそれらを離れる過程で食糧を燃やしながら、撤退を余儀なくされた[11]

1316年春にも、蓄えを奪われたヨーロッパの住民に雨が降り続いた。貴族から農民までの社会のすべての人々が影響を受けたが、特に農民は住民の95%を占め、予備の食料を持っていなかった[12]。そのため、その場の飢えを凌ぐために輓獣を屠殺し、種粒を食べ、自分の食料を得るために子供たちを捨てる(「ヘンゼルとグレーテル」を参照)など多くの犠牲を払い、老人の間ではより若い世代が生き残るために自発的に食べ物を拒否することによって抵当に入れられた[12]。当時の年代記は共食いの多くの事件を指摘したが、「そのような話が単にうわさの問題ではなかったかどうかは決してわからない」("one can never tell if such talk was not simply a matter of rumor-mongering")[12]

雨天が続いたために、飢饉のピークは1317年であったが、天候は夏の頃までには通常のパターンに戻った。しかし、その時までに人々は肺炎、気管支炎、結核のような病気によって非常に衰弱していたために、また食料の備蓄の多くが食べられていたために食糧供給が比較的正常なレベルに戻り人口が再び増加し始めたのは、1325年になってからであった。現代の歴史家は犠牲者について数々の議論をしているが、多くの都市や町の人口の10〜25%が死亡したと推定されている[6]。後に発生する黒死病(1347年–1351年)はより多くの人々を殺すことになるが、それは数か月のうちにその地域を襲ったのに対して、大飢饉は何年も続き大衆の苦しみを長引かせた[6]

Jean-Pierre Leguayは「すでに過密状態であった世界、特に農村の過疎の自然の出口であった町では、大規模な虐殺が行われた。」("produced wholesale slaughter in a world that was already overcrowded, especially in the towns, which were natural outlets for rural overpopulation")と述べた。[13]死亡率の推定値は場所によって異なるが、いくつかの例は、イングランド南部での10〜15%の損失をふくんでいる[14]。北フランスは人口の約10%を失った[15]

地理[編集]

大飢饉は、イギリス諸島、フランス北部、オランダ、北欧、ドイツ、およびポーランド西部を含む北ヨーロッパに限定されていた[16]。また、それは、間接的にのみ影響を受けたバルト三国の極東を除いて、バルト三国の一部にも影響を及ぼした[16]。飢饉はアルプス山脈とピレネー山脈が南北の境界になっていた。

結果[編集]

この大飢饉は、死者の数、影響を受けた広大な地理的地域、その長さだけでなく、その永続的な効果についても注目されている。

教会[編集]

When God saw that the world was so over proud,
He sent a dearth on earth, and made it full hard.
A bushel of wheat was at four shillings or more,
Of which men might have had a quarter before...
And then they turned pale who had laughed so loud,
And they became all docile who before were so proud.
A man's heart might bleed for to hear the cry
Of poor men who called out, "Alas! For hunger I die ...!"

Poem on the Evil Times of Edward II, c. 1321

当時、ほとんどすべての問題の最終的な手段が宗教であり、ローマカトリックが唯一容認されたキリスト教の信仰である社会だったが、どれほどの量の祈りであっても飢饉の根本的な解決には繋がらなかった。これはローマカトリック教会の制度的権威を弱体化させ[6]、教会によって異端と見なされた後の運動の基礎を築くのを助けた。彼らはローマ教皇に反対し、ローマカトリック教会内の腐敗と教義上の誤りについての祈りの認識された失敗を非難した[6]

文化[編集]

14世紀中世ヨーロッパは、すでに広範な社会的な暴力を経験しており、強姦と謀殺のような死刑に処せられる行為でさえ、現代と比較して明らかにはるかに一般的であった(特に人口規模に比べて)[6][17]

飢饉は、普通は犯罪活動をしたいと思わない人々の間でさえ、犯罪の激しい増加につながった[6]。飢饉後の次の数十年間に、ヨーロッパはより厳しく、より暴力的な激しさを取った。それにより12世紀および13世紀の間よりさらに治安の悪化を招くことになった[6]。これは、貴族が戦場でよりも騎乗の槍合戦で偶然に死ぬ可能性が高かった12世紀と13世紀とは対照的に、14世紀に行われた百年戦争以降、様々な年代で見られた[6]

結果として飢饉によって生じる危機に対処できなかったために、中世諸政府への信頼を損なった[6]

人口[編集]

大飢饉は、1050年ころに始まっていた人口成長の前例のない期間の明確な終わりを印づけた。一部の人々は成長はすでに数十年間減速していたとも述べているが、この大飢饉によって明確な終わりを迎えたという見解は一致している。大飢饉はのちに、黒死病のような14世紀の将来の出来事に影響を及ぼすことになる、そしてそのときすでに弱体化した人口がふたたび襲われることになる[6][2]

脚注[編集]

  1. Lucas, Henry S. (October 1930). “The great European Famine of 1315, 1316, 1317”. Speculum 5 (4): 343–377. doi:10.2307/2848143. JSTOR 2848143. 
  2. 2.0 2.1 W. Mark Ormrod (2008). “England: Edward II and Edward III”. In Michael Jones. The New Cambridge Medieval History. 6. Cambridge University Press. p. 273 
  3. Cantor, Norman L. (2001). In the wake of the plague: the Black Death and the world it made. New York: Free Press. p. 74. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-684-85735-0. https://archive.org/details/inwakeofplague00cant/page/74 
  4. Nairn I. A.; Shane P. R.; Cole J. W.; Leonard G. J.; Self S.; Pearson N. (2004). “Rhyolite magma processes of the ~AD 1315 Kaharoa eruption episode, Tarawera volcano, New Zealand”. Journal of Volcanology and Geothermal Research 131 (3–4): 265–94. Bibcode: 2004JVGR..131..265N. doi:10.1016/S0377-0273(03)00381-0. 
  5. Hodgson K. A.; Nairn I. A. (September 2005). “The c. AD 1315 syn-eruption and AD 1904 post-eruption breakout floods from Lake Tarawera, Haroharo caldera, North Island, New Zealand”. New Zealand Journal of Geology and Geophysics 48 (3): 491. doi:10.1080/00288306.2005.9515128. 
  6. 6.00 6.01 6.02 6.03 6.04 6.05 6.06 6.07 6.08 6.09 6.10 6.11 6.12 6.13 6.14 6.15 Ruiz, Teofilo F. (January 1, 1996). Medieval Europe: Crisis and Renewal. The Teaching Company. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-56585-710-0 
  7. Lucas, Henry S. (1930). “The Great European Famine of 1315, 1316, and 1317”. Speculum 5 (4): 346. doi:10.2307/2848143. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 0038-7134. JSTOR 2848143. オリジナルの25 April 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160425020453/http://www.jstor.org/stable/2848143 2021年5月25日閲覧。. 
  8. 8.0 8.1 Famine of 1315”. Medieval Sourcebook. Fordham University. 2010年11月1日閲覧。
  9. Warner, Kathryn (2009年1月28日). “Edward II: The Great Famine, 1315 to 1317”. Edward II. 2010年11月1日閲覧。
  10. Evan T. Jones (ed.), 'Bristol Annal: Bristol Archives 09594/1' (Bristol Record Society, 2019), https://www.bristol.ac.uk/Depts/History/bristolrecordsociety/publications/BA09594-1transcription.pdf Archived 25 January 2021 at the Wayback Machine.
  11. Goldberg, Fred. “Climate Change in the Recent Past”. Frontier Centre for Public Policy. 2010年11月1日閲覧。
  12. 12.0 12.1 12.2 Nelson, Dr. Lynn H.. “The Great Famine and the Black Death 1315–1317, 1346–1351”. Lectures in Medieval History. WWW Virtual Library. 2010年11月7日閲覧。
  13. Jean-Pierre Leguay (2008). “Urban Life”. In Michael Jones. The New Cambridge Medieval History. 6. Cambridge University Press. p. 107 
  14. Paul Freedman (2008). “Rural Society”. In Michael Jones. The New Cambridge Medieval History. 6. Cambridge University Press. p. 89 
  15. Jean-Pierre Leguay (2008). “The Last Capetians and Early Valois Kings, 1314–1364”. In Michael Jones. The New Cambridge Medieval History. 6. Cambridge University Press. p. 388 
  16. 16.0 16.1 Jordan, William C. (1996). The Great Famine. Princeton, NJ: Princeton University Press. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-4008-0417-7. オリジナルの2 August 2017時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170802165634/https://books.google.com/books?id=0aDsjjZrYCwC 2017年8月29日閲覧。 
  17. Historical research has calculated that approximately 12% of human deaths from 700 to 1500 A.D. were homicides, compared to an estimated rate of 1.3% in the 21st century. [1] Archived 2 October 2016 at the Wayback Machine.

読書案内[編集]

  • Aberth, John From the Brink of the Apocalypse: Confronting Famine, Plague, War and Death in the Later Middle Ages, 2000, モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-415-92715-4—Chapter 1, dealing with the Great Famine, is available online.
  • Bridbury, A. R. (1977). “Before the Black Death”. The Economic History Review 30 (3): 393–410. doi:10.2307/2594875. JSTOR 2594875. 
  • Campbell, Bruce M. S. (1991). Before the Black Death. Manchester, England: Manchester University Press. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-7190-3927-0 
  • Jordan, William C. (1996). The Great Famine: Northern Europe in the Early Fourteenth Century. Princeton University Press. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-691-05891-7. https://books.google.com/books?id=R6mBDhnM76EC  (The first book on the subject, it is the most comprehensive treatment.)
  • Davidson, Amy (11 January 2016). “The Next Great Famine”. The New Yorker. http://www.newyorker.com/magazine/2016/01/11/the-next-great-famine. 
  • Kershaw, Ian, "The Great Famine and Agrarian Crisis in England 1315–1322", Past & Present, 59, pp. 3–50 (May 1973). Available online from JSTOR. Second most widely cited article.
  • Lucas, Henry S. "The great European Famine of 1315–7", Speculum, Vol. 5, No. 4. (Oct., 1930), pp. 343–377. Available online from JSTOR. The first (in English) and most widely cited article on the Great Famine.
  • Rosen, William (2014). The Third Horseman: Climate Change and the Great Famine of the 14th Century. New York: Viking. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-670-02589-3  (general audience)


This article "1315年-1317年の大飢饉" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:1315年-1317年の大飢饉.