鈴木宣之

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

鈴木 宣之
誕生 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
職業 実業家、作家、アマチュア野球指導者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 芝浦工業大学工学部二部
活動期間 1995年 -
ジャンル エッセイ
主題 イチロー
デビュー作 『父と息子 イチローと私の二十一年』(1995年)
子供 鈴木一泰(長男)
イチロー(次男)
親族 福島弓子(義娘)
鈴木来海(孫)
有限会社オフィス・イチロー及び有限会社ビー・ティー・アール代表
テンプレートを表示

鈴木 宣之(すずき のぶゆき、1942年12月8日 - )は、日本の実業家、作家、アマチュア野球指導者。愛知県名古屋市熱田区出身。東海中学校・高等学校、芝浦工業大学工学部二部卒業。

高校在学中は外野手として野球部で活動。3年生のとき、夏の愛知県大会ベスト4進出。大学卒業後は、東京都品川区西中延の伯父の会社に勤務。1970年、愛知県西春日井郡にて実兄の世話で、機械部品製造の自営を始める。

イチローの実父で、イチローの個人事務所「オフィス・イチロー」の代表も務める。イチローの父親であることから、「チチロー」と呼ばれることもある。また、元ファッションモデルの鈴木来海は孫に当たる。

来歴・人物[編集]

  • 1970年、実兄の世話になり、機械部品製造町工場を創設。
  • 1995年、二子山親方・辰巳琢郎・山際淳司らとともに、「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を受賞した。
  • 2003年、オリックス時代のCM出演料などを個人所得とせず、宣之が代表を務める『オフィス・イチロー』の所得に計上していたとして、名古屋国税局から約9000万円の申告漏れを指摘された[1]
  • イチロー記念館であるアイ・ファインの運営会社BTRの代表などを歴任しており、講演活動にも積極的に取り組んでいる。

イチローの父親として[編集]

イチローが小学校の3年生の時から中学に入るまで、学校から帰宅して日が沈むまで毎日、野球の練習に付き添い、また練習後は毎晩イチロー選手の足の裏をマッサージをしていた[2]。1994年にはイチローの個人事務所『オフィス・イチロー[1]』を設立し、自ら社長に就任している[3]

デイリー新潮の取材によると、1999年にイチローが福島弓子と結婚したことを契機に親子関係は悪化を始めた。宣之がこの結婚に否定的だったことや、宣之がイチローのメジャー・リーグ移籍に反対していたこともあり、イチローは宣之から距離を置くようになった[1][3]。2003年1月に『オフィス・イチロー』が名古屋国税局からの9千万円の申告漏れを指摘された際には、イチローは宣之の不適切な管理を批判した[1]

イチローは宣之が講演など公の場で自身に言及することを望んでおらず[1][3]、2003年に元広島監督の古葉竹識が広島市長選に立候補した際、イチローと宣之は応援演説の要請を受けていたが、イチローは古葉の選挙対策関係者に対し、宣之には絶対に街頭演説をさせないよう要請している[3]

2002年11月に豊山町で催された『イチロー杯争奪学童軟式野球大会』の表彰式で、イチローは「大リーグ挑戦を父に反対されて辛かったけれど、意思を貫いてよかった。自分で決断ができる大人になってほしい」と述べたと報じられている[1]。一方、宣之自身は息子のメジャー挑戦に反対したことはないと主張している[4]

著書[編集]

  • 『父と息子 イチローと私の二十一年』(1995年3月1日、二見書房)ISBN 978-4576950327、ISBN 978-4576011493(改題『息子イチロー』)
  • 『イチローとわが家ほんとうの話』(1996年7月1日、家の光協会)ISBN 978-4259544805、ISBN 978-4259546687(新装版)
  • 『イチローと13人の仲間 野球少年「鈴木一朗」物語』(1996年7月1日、二見書房)ISBN 978-4576960753
  • 『溺愛 我が子イチロー』(1996年8月1日、小学館)ISBN 978-4093871860
  • 『大リーガーイチローの少年時代』(2001年10月31日、二見書房)ISBN 978-4576011691
  • 『いちばん好きなこと一直線 子育ては、父親最大の仕事』(2003年3月24日、麗沢大学出版会、広池学園事業部)ISBN 978-4892054570

脚注[編集]

外部リンク[編集]

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "鈴木宣之" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:鈴木宣之.