鈴木まりこ (政治家)

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

日本の旗 日本の政治家
鈴木 麻理子
すずき まりこ
出身校 アイダホ大学
所属政党 日本のこころを大切にする党(2016年)
自由党(2017-2019年)
公式サイト [1]
テンプレートを表示

鈴木 まりこ(すずき まりこ、1984年10月4日 - )は、日本の政治家。

経歴[編集]

生後7ヶ月で父親の転勤によりロサンゼルスへ渡り、5歳で日本に帰国後、東京都武蔵野市立大野田小学校入学。小学5年生時にカナダのブリティッシュコロンビア州サレー市に転居。エレメンタリースクール、セカンダリースクールを経て、東京都町田市立金井中学校の3年生に編入、東京都立国際高校国際学科卒業後、2006年、12月アイダホ大学卒業までに計13年間カナダやアメリカに滞在した。その後英会話スクールGABA勤務、経営コンサルタント、会社役員を経て、2016年、日本のこころを大切にする党へ入党し参議院東京第一支部支部長に就任。同年の第24回参議院議員通常選挙にて日本のこころを大切にする党の公認候補として東京選挙区から出馬[1]、経済活性化政策として世界初となる、消費税の一部を年金とは別に国が積み立て、老後に役立てる「消費税マイレージ制」の導入を提案し[2][3]、落選するも102,402票を獲得した。同年、同党を離党。2017年、自由党へ入党し自由党京都府第5区総支部長に就任。京都府舞鶴市への移住を経て、第48回衆議院議員総選挙に京都府第5区から出馬[4]、消費増税の凍結などを訴えた[5]。2018年、一般社団法人次世代独立国際研究所を設立し、以後、代表理事を務める。2019年、自由党解党に伴い、国民民主党への合流はせず政治活動を続けている。西郷隆盛、田中角栄、小沢一郎、白洲次郎を尊敬し、日本語、英語、フランス語の各話者である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

  • 日本のこころを大切にする党
  • 自由党
  • 第24回参議院議員通常選挙
  • 第48回衆議院議員総選挙

外部リンク[編集]


This article "鈴木まりこ (政治家)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:鈴木まりこ (政治家).