遠藤大平

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
人物
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
国籍 日本の旗 日本
職業 ネット配信者
身長 171 cm (5 ft 7 in)
YouTube
チャンネル
活動期間  2017年 - 2020年9月
登録者数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
総再生回数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
テンプレートを表示

遠藤 大平(えんどう たいへい、1984年1月30日 - )は、日本の元YouTuber。ツイキャス配信者、ニコニコ動画投稿者、TikToker、投資家である。香川県出身。東京都渋谷区在住。通称 遠藤様。挨拶はこんちゃっすー。

来歴[編集]

1984年1月30日に香川県で生まれる。高校を卒業するまで地元香川で生活していた。

中学校はバスケ部、高校は無所属。

2002年4月、高千穂大学に進学。2年生の時にホストを始めることをきっかけに中退。

ホストを辞めた後からYouTubeを開始するまでの詳細の経歴は公表していないが、本人のツイキャスで「YouTubeをやる前は蕎麦屋をやろうと思って蕎麦の勉強に打ち込んでいた」と話している。

2017年から 「遠藤チャンネル」 として、YouTube上で活動。

世間で称賛されているものに対してはゴミなどと酷評し、不祥事を起こした人に対しては、「~は悪くないっすね」等の独特な言い方をし、整ったルックスにそぐわない奇行が人気で、YouTubeの登録者は20万人まで達した。

しかし、2019年7月の「京都アニメーション放火殺人事件の犯人は悪くない」という動画や[1]、2020年3月の「志村けんのコロナ感染はおめでとう」といった度重なる不謹慎動画の投稿により、2020年9月に事実上のYouTube永久追放となる[2]

また、2020年2月に、ダイヤモンドプリンセスにおける集団感染が発生した際、自分がダイヤモンドプリンセスに乗っていると偽って助けを求める動画をYouTubeに投稿した結果、ロシア国営放送が運営するYouTubeニュースチャンネルの「ロシア24」にその動画が引用されたこともあった。[3]

その後、卒業アルバムが流出し、本名の「遠藤大平」として、生配信アプリツイキャスをメインに活動開始。その間、度々YouTubeアカウントを作成するが、すぐに(最長3ヶ月弱)削除され、その後のYouTube上での活動は困難と判断し、ツイキャス、TikTokに専念する事をツイキャス生配信にて表明。

2021年2月からは、動画投稿サイトニコニコ動画にて活動開始。

2021年5月からYouTubeでTaihei(6月24日現在はたいへい)として動画投稿を再開した。[4][5]

2021年7月、YouTubeを引退すると発表した。また、それ以前のアカウントでアップしていた動画を転載していたチャンネルも含めて、一斉に垢BANされた。

ネットキャリア[編集]

ネットキャリアの幕開け[編集]

2017年9月 動画投稿を始めたきっかけは、YouTuberヒカルとラファエルのコラボ動画を見たことだという。彼らそれぞれの月収が数千万あることを知り、YouTuberが儲かるビジネスだと認識する。遠藤はチャンネル開設して少しの間、遠藤先生とチャンネル名でやっていたと言う。遠藤が最初に投稿したのは、「ハチ公の様子を撮った動画」だ。よく初投稿だと言われているナイキのシューズを紹介する動画は、あくまで当時のアカウント最古の公開動画である。そして、商品紹介動画をいくつか投稿したのち、逆張りの芸風を始める。現在ほどファンが多くなかった頃に立てられた2ちゃんねるスレッドによると、2018年12月時点で登録者は1000人程度だったという。

炎上、そして最初のチャンネル削除[編集]

2019年7月19日 『京都アニメーションを燃やした男は悪くない!』と題した動画を公開したところ、ネット上で大炎上してしまう[1][6]。通報が多数行われ、動画は削除されYouTubeアカウント1週間停止措置を受ける。さらにその後、過去の動画も数点削除されたのち、投稿動画の収益化広告がすべて剥がされる。明らかに嫌がらせ目的の著作権侵害申し立てやプライバシー侵害申し立ても行われ、Twitterアカウントも凍結させられた。執拗な通報を恐れた遠藤は投稿動画のほとんどを非公開にし、サブチャンネルで動画を投稿し始めた。

当時サブチャンネルで投稿していた動画は収益化広告を付けるための狙いか、無難な作風が目立った。逆張りの対象はYouTuberや芸能人のゴシップばかりで、事件・事故を取り上げることがほぼなかった。2週間ほどサブチャンネルで活動するも、収益化広告は復活しなかった模様。8月17日、収益化できなくても動画投稿は継続すると表明しメインチャンネルでの動画投稿を再開した。ところが9月1日午前3時ごろ、メインチャンネルが削除される。すぐメインチャンネルを作り直し、ゼロから活動を再開することとなった。9月15日、新チャンネルが収益化可能になったことが遠藤より報告される。この頃から動画の高評価が低評価を上回り始める。新チャンネル当初はサブチャンネル時代のような無難な動画が多かったが、遠藤の芸風を理解する視聴者が増え、次第にかつてのような舌鋒も受け入れられるようになった。

歌ってみた、料理動画、散歩動画や、TwitterではリプライにいいねしたりDMを返信するマメさ、遭遇したファンとの記念撮影に快く応じるサービスの良さなども視聴者から評価され、着実にファンを増やしている。近似した芸風のYouTuberステハゲが活動停止したことによる難民流入も追い風となった。

2020年3月24日には登録者数が10万人を超える。アカウントを削除されたことがあるため、チャンネル登録者数10万人達成でYouTubeから届く銀の盾が貰えないという噂があったが、クリエイターサポートに問い合わせると特に問題なく貰えた模様。

2020年6月13日には登録者数が20万人を超える。

突然のチャンネル削除、別人格になるも永久追放[編集]

2020年6月28日、突然メインチャンネルの収益が停止され、サブチャンネルの動画がすべて削除される(のちに本人による自主削除だと明かされた)。現チャンネルでの動画投稿停止を宣言し、新チャンネルでひっそり活動していくと述べた。そして、以前のチャンネルを「旧遠藤チャンネル」に改め、新しくチャンネルを作成する。だが、新チャンネル最初の動画はなんと自己紹介であった。初投稿のような素振りを見せており、前チャンネルの遠藤とは別人か、あるいは記憶喪失という設定なのではないかとファンの間で考察された。時事ネタには一切触れずより健全な動画になり、1日で5万人、6日後にはチャンネル登録者数が10万人を越えた。また、高須幹弥、みずにゃん、Mr.GTA5MODなど有名YouTuberから応援のコメントも寄せられた。しかし、8月31日にメインチャンネルが削除される。遠藤はチャンネルの新規作成を何度も試みるが、すぐに削除されてしまい、事実上YouTubeからの永久追放となった。

BuzzVideoへ移行、そして卒業アルバム流出[編集]

2020年9月11日 動画投稿アプリ、BuzzVideoで活動するとTwitterで表明。一度誤ってアカウントが削除されるというトラブルに遭うも、無事収益化成功の報告が上がった。そんな最中、高校時代の卒業アルバムが流出し、本名の「遠藤大平」として、活動することとなった。しかし、9月末BuzzVideoの更新が止まる。

ツイキャスへ移行[編集]

2020年9月26日 生配信アプリツイキャスにて活動するとTwitterで告知し、毎日午後8時から、およそ30分間の生配信するようになり、ツイキャスに専念するようになった。コメントを読んだり身の上話をしたり、今までのミステリアスな雰囲気とは打って変わって視聴者と交流する様子が見られるようになった。女性ファンも増え、アイドル的な存在となった。10月1日には動画の収益化が合格されたことが生配信により報告された。

再びYouTubeに戻るも、削除され完全引退[編集]

2020年10月28日 YouTubeLiveをしたいことを理由に再びYouTubeチャンネルを開設した。日常的な動画や、生配信をメインにする。しかし、年が明け1月20日、登録者が1万人を超えたころ、突然チャンネルが削除された。チャンネルの新規作成を何度も試みるが、すぐに削除されてしまう。最終的に2月2日のアカウント削除により、完全にYouTubeから引退した。

2020年11月17日 ファンからの要望が多かったInstagramを開設。

ニコニコ動画でも活動、逆張りの復活[編集]

2021年2月12日 ツイキャス生配信にて、時事ネタを再開したいと公表し、同月21日に、動画投稿サイトニコニコ動画にて活動をする。逆張りはもうやらないと宣言したものの、数日後に逆張りらしき動画を投稿する。そこからしばらく時事ネタ動画を投稿していたのだか、収益単価等の問題により、2021年3月に動画投稿を一時休止をした。しかし、2021年6月に投稿を再開した。

YouTube引退 投資家として活動[編集]

2021年5月15日 ツイキャス配信にて、YouTubeチャンネルを新しく開設したと公表。日常動画のみの投稿だったが、7月14日未明、チャンネルが削除されていることが確認された。この垢BANにより、遠藤の昔の動画やツイキャスの切り抜きを転載していたチャンネルも同時に削除された。 その後遠藤は新チャンネルを開設したが2日で削除された。「こうへい」という名前でもチャンネルを開設したのだか、2021年7月21日にチャンネルがBANされ、YouTubeを引退すると発表した。ツイキャスも不定期配信となり、投資家としてTwitterでの活動を中心にしていくとのこと。

人物[編集]

  • 世間でバッシングを受ける人物を独自の理論や詭弁で擁護する一方、評価の高い人物はこき下ろす“逆張り系”を確立させた。後にこれを真似する動画投稿者が増え、メディアに晒されるなどの注目を集めた。炎上系で成功したYouTuberはシバターとよりひとだけと言われていた中、遠藤もその中に名を上げられたが、永久追放となりYouTuberとしては失敗に終わった。
  • 遠藤は2020年1月26日に「新型コロナウイルスは悪くない」という、新型コロナウイルスをゲームに例えた動画を投稿し、“ゲームマスター”と呼ばれるようになった。「ダイヤモンド・プリンセス号に乗ってます、助けてください!」という嘘の動画を投稿した際には、ロシア国営放送で紹介された。それからも、度々新型コロナウイルスのことを動画にし、時にはためになる感染防止対策の動画を投稿し、話題を集めた。
  • 2020年5月、ニュースサイトJ-CASTが不謹慎系YouTuberのインタビュー記事を公開。遠藤が取材を断ったものと思われる一文がある。
  • 2020年6月に、TikTokのテレビCMに出演した。
  • 2歳年上で既婚の姉がいる。しかし、まともな職についていなかったことを家族に咎められ、姉の結婚式に参加できなかった。
  • 2020年の正月には地元香川県へ帰り、10年ぶりに実家の犬と再開した。
  • ホスト時代、客との交際が発覚したが、人気が高かったため、罰金とクビを免れたという。
  • 唇が紫色なのは、当時ギャル男に憧れていて、日焼けサロンに通っていたため。意外と厚め。
  • 逮捕歴があるが、罪状は公開していない。その時留置所で食べたカレーライスが人生で一番美味しい飯だったという。
  • 好きな食べ物はメロン。過去に10万円の一律給付金を使って高級マスクメロンを食べてる動画も投稿している。
  • 昔渋谷の高級高層マンションに住んでいたことがある。
  • YouTubeの最高月収は150万円。
  • 遠藤は数少ないYouTube永久追放者仲間として知られる、へずまりゅうと頻繁に連絡を取っている。初対面は2020年3月。
  • 遠藤は、遠藤の二番煎じとして知られる底辺YouTuberと、永久追放後に一度飲みに行ったことがある。
  • 彼のファンは“遠チル”、“遠藤信者”、“紫タラコ教”などと呼ばれている。
  • 遠藤はもう一つの収入源にLINEを活用していたが、2021年6月に規約違反のため凍結したという。
  • 遠藤がホストをやっていた時の源氏名は、公平(こうへい)だったらしい。
  • 2021年7月に遠藤は、目のクマをとる整形をした。[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]



This article "遠藤大平" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:遠藤大平.