遠藤チャンネル

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
人物
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
国籍 日本の旗 日本
居住地 東京都の旗 東京都
職業 YouTuber
身長 ???cm
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年 -
ジャンル
  • 音楽
  • ビデオブログ
  • 料理
  • 逆張り
  • 時事ネタ
登録者数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
総再生回数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年6月2日時点。
テンプレートを表示

遠藤チャンネル(1984年1月30日-)は、日本の男性YouTuber、TikToker、元ホスト、歌手。

来歴[編集]

  • 東京に上京するために高千穂大学に入学。その後、ホストを始め、学業に時間を費やすことが出来ず、高千穂大学を中退する。
  • 2017年9月に動画投稿を開始、皆が知っている遠藤の初投稿はナイキのシューズを紹介するだけのほのぼのとした動画の印象であったが、実際の初投稿はハチ公の撮影をするという意外な動画であった。試行錯誤を重ね商品紹介動画をいくつか公開したのち、逆張りの芸風を始める。
  • 2019年7月19日『京都アニメーションを燃やした男は悪くない!』と題した動画を公開したところ、ネット上で大炎上してしまう。怒れるアニメオタクらによる通報爆撃がおこなわれ『京都アニメーションを燃やした男は悪くない!』動画はBANされYouTubeアカウント1週間停止措置を受けてしまう。さらにその後、過去の動画も数点BANされたのち、投稿動画の収益化広告がすべて剥がされる。明らかに嫌がらせ目的の著作権侵害申し立てやプライバシー侵害申し立ても行われ、Twitterアカウントも凍結させられた。執拗な通報を恐れた遠藤は投稿動画のほとんどを非公開にし、サブチャンネルで動画を投稿し始めた。
  • 2019年9月 当時サブチャンネルで投稿していた動画は収益化広告を付けるための狙いか、無難な作風が目立った。逆張りの対象はYouTuberや芸能人のゴシップばかりで、事件・事故を取り上げることがほぼなくなった。2週間ほどサブチャンネルで活動するも、収益化広告は復活しなかった模様。収益化は可能になったが広告が一切つかない、と本人談。8月17日、収益化できなくても動画投稿は継続すると表明しメインチャンネルでの動画投稿を再開した。ところが9月1日午前3時ごろ、メインチャンネルが削除される。
  • 2019年9月よりメインチャンネルを作り直し、0から活動を再開することとなった。9月15日、新チャンネルが収益化可能になったことが遠藤より報告される。この頃から動画の高評価が低評価を上回り始める。新チャンネル当初はサブチャンネル時代のような無難な動画が多かったが、遠藤の芸風を理解する視聴者が増え、次第にかつてのような舌鋒も受け入れられるようになった。近似した芸風のYouTuberステハゲが活動停止したことによる難民流入も追い風となった。2020年3月24日には登録者数が10万人を超え、さらなる人気拡大が期待されている。

人物[編集]

  • 遠藤は、世間でバッシングを受ける人物を独自の理論や詭弁で擁護する一方、評価の高い人物はこき下ろす“逆張り系”YouTuber。昨年の京都アニメーション放火事件で、「犯人は悪くない」と主張し炎上。その後アカウントがBANされる。
  • 「~は悪くないっすね」などの独特な言い回しや、整ったルックスにそぐわない奇行が人気で、逆張りスタイルも定着したためか、現在チャンネルは安定して成長を続けている。
  • Twitterではリプライに逐一いいねしたりDMを返信するマメさや渋谷や新宿で遭遇したファンとの記念撮影に快く応じるサービスの良さなども視聴者から評価され、着実にファンを増やしている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • YouTubeチャンネル
  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)
  • 遠藤チャンネル (@endou0123) - TikTok


This article "遠藤チャンネル" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:遠藤チャンネル.