為井貴規

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 為井 貴規 (ためい たかのり 1982年 - ) は 日本のジャーナリストで NHK放送総局報道局国際部記者。

来歴[編集]

大学時代、アメリカ合衆国政治のゼミナールに所属する等、国際政治を学ぶ。休みになるとアジアや中東、アフリカ、アメリカ等、大学で学んだ地域に足を運び、故郷の土地に暮らす人々の生活や考え方について触れ、教わった経験を通じて「社会で今何が起きているのか」、現場で取材し、出来事を伝える記者の仕事を目指すようになったと言う。就職活動では新聞社の採用試験も受けたが、放送局では学生時代からNHKスペシャル等のドキュメンタリー番組が好きだった事も有り、NHKを志願した。

経歴[編集]

2005年4月、NHKに入局。初任地は『NHK名古屋放送局』。名古屋時代は愛知県の事件記者として夜討ち朝駆けを担当。その後は 空港・経済担当と幅広い取材を経験。6年間の地方記者を経て、2011年6月より、報道局国際部に異動。国際部に配属されて最初に要求された取材は中華人民共和国に関する取材で有った。最初の2年は中国語を学びながら、出張ベースで中国の取材を担当。

国際部3年目は北京に有るメディア人材を輩出する大学に1年間籍を置き、中国語を学びながら 中国メディアの記者やアナウンサー、メディア業界を目指す学生達と交流。帰国後は海外特派員として、NHK上海支局に3年間勤務したのち、NHK中国総局にて2年間勤務。駐在先の中国では、中国政治や経済、社会問題、事故や災害等のあらゆるニュースを取材を経験。北京の人民大会堂、上海の金融街、経済発展から取り残された地方の農村等、中華人民共和国各地の現場に愛を運んだ。帰国後は国際部デスクとなり、各国に駐在する特派員や国際部記者と連携して取材の計画を立て、ニュースの放送に繋げる仕事を担当している。

海外特派員への道[編集]

中華人民共和国報道を本格的に目指す上で、中国語の取得は重要で有った。異なる政治体制の基、当局の規制を受ける中国メディア等を理解したいと言う考えも有った為、【NHK海外派遣制度】に応募。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]


This article "為井貴規" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:為井貴規.