本橋伸一郎

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 本橋 伸一郎(もとはし しんいちろう)は、元アマチュア野球選手。愛知県豊明市出身[1]

経歴[編集]

1980年5月25日生まれ[2]。豊明市立唐竹小学校、同豊明中学校卒業[2]

小学校1年生で野球を始め、小学校5年生で名古屋東リトルリーグに入団。小学校6年生の時、全日本リトルリーグ野球選手権大会で1回戦で3打席連続ホームランを放つ。中学校に進学し東名古屋スターズに入団。中学3年生の時、日本少年野球選手権大会でも3試合連続ホームランを放つ[2]

1996年、スカウトを受け、PL学園の硬式野球部に入部。高校1年生で甲子園に出場し、3年生では3番・ショートのレギュラーとして甲子園に出場[2]

横浜高校との試合[編集]

1998年8月20日、第80回全国高等学校野球選手権大会の準々決勝で、横浜高校と対戦。試合が始まってすぐ、自分のコンディションに違和感を感じたという[2]>。具体的な故障個所などは分からなかったが、8回表、監督に交代を願い出る。しかし交代は聞き入れられず、試合は延長戦に突入。

そして延長17回表、2アウトの場面でエラーを犯し、横浜高校がチャンスを得てその後得点、そのまま試合は横浜高校が勝利した。

大学以降[編集]

高校卒業時に複数のプロ球団から誘いがあったが、「より実力をつけたい」と大学進学を選び[3]、日本大学に入学したが、テレビや新聞などで横浜高校との試合がたびたび取り上げられ、ファンからの「野球をやめないで」との声もあったものの、次第に「野球を続けてはいけないのか」と自問自答するようになったという[2]。やがて野球に対する情熱を失い、野球から離れる事にした。

その後、一般企業の営業職に就職したりなどしたのち、2012年に豊明市に戻る。2017年現在は接骨院を営み、また、豊明中学校の野球部の指導をしている[2]

メディア出演[編集]

  • NHK NHKスペシャル 延長17回死闘の果てに
  • TBS バース・デイ ライバル伝説
  • テレビ朝日 アメトーーク!
  • CBC サンデードラゴンズ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. 元PL学園野球部 株式会社ベンヌ 本橋伸一郎さん”. 東海ラジオ (2019年1月23日). 2019年3月13日閲覧。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 ゆいまるくらぶ 2017年8月号 (PDF)”. 株式会社中広 (2017年8月). 2019年3月13日閲覧。
  3. 20世紀スポーツ伝説 ライバル伝説…光と影”. TBSテレビ. 2019年3月13日閲覧。


This article "本橋伸一郎" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:本橋伸一郎.