ペーター・ルートゥム

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

ペーター・ルートゥム(Peter Lutum 1961-)は、ドイツの哲学者 、哲学博士。および日本文化研究者である。

略歴[編集]

ペーター・ルートゥム(Peter Lutum)は1961年、ドイツ連邦共和国(旧西ドイツ)ノルトライン=ヴェストファーレン州メテレン出身である。 ペーター・ルートゥムは、ハンブルク大学(Universität Hamburg)で哲学および日本文化を学び、日本へ留学した。 日本の大阪にある大阪大学および、東京にある明治学院大学で学ぶ。帰国後、ハンブルク大学を卒業して暫くのち、 ペーター・ルートゥム博士は、2003年に再び日本を訪れて以来、日本に居住して、国立国会図書館等で日本語古文書の原典文献を精査研究し、哲学書を就筆している。

解説[編集]

ペーター・ルートゥム博士の祖先は、ピューリタン革命のため混乱するイングランドから、三十年戦争が終結した神聖ローマ帝国ドイツへと移住して来た。 ペーター・ルートゥムの実家は、ドイツの老舗チョコレート菓子店であり、ベルリンに多くの支店を有するベッカライカフェの名店「Beumer und Lutum(ボイマー・ウント・ルートゥム)」を経営している。 ペーター・ルートゥム博士は語学力に優れドイツ語・英語・フランス語・スペイン語・日本語が堪能である。ペーター・ルートゥムが尊敬する人物は、プロイセン王国の哲学者イマヌエル・カントである。 ペーター・ルートゥムは1989年11月、ドイツで大学の同僚達と共に、ベルリンの壁崩壊のニュースを聴いて歓喜した。 ペーター・ルートゥムの故郷メテレン(Metelen)とは、ミュンスター近郊のオランダ国境近くにある町で、第1次世界大戦、第2次世界大戦の戦災を免れた、 赤屋根のハーフティンバー様式が多く、古く美しい町並である。メテレン周囲はどこまでも平坦な土地で、牧場とライ麦畑が広がる牧歌的な風景である。 メテレン近隣のエムスビューレン(Emsbüren)は風車のプンパーニッケルで名高い。


おもな著書[編集]

ドイツ語書籍: Mittel und Erkenntnis: Eine Studie über das Analogie-Denken in der japanischen Geistesgeschichte

Die japanischen Volkskundler Minakata Kumagusu und Yanagita Kunio. 

英語書籍; Japanizing: The Structure of Culture and Thinking in Japan

関連項目[編集]

ドイツ連邦共和国 神聖ローマ帝国 ウェストファーレン ハンブルク大学 大阪大学 明治学院大学 哲学 哲学者 思想家 日本文化 チョコレート スペキュラース プンパーニッケル

外部リンク[編集]

Bäckerei Beumer-Lutum

Mittel und Erkenntnis: Eine Studie über das Analogie-Denken in der japanischen Geistesgeschichte

Die japanischen Volkskundler Minakata Kumagusu und Yanagita Kunio.

Japanizing: The Structure of Culture and Thinking in Japan


This article "ペーター・ルートゥム" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ペーター・ルートゥム.