Rouge

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found ルージュ (Rouge) は、5人のメンバーで活動していたブラジルのポップ・ミュージック・ガール・グループである。AlineWirley 、 FantineThó 、 Karin Hils 、 Li Martins 、 Lu Andradeです。 アルゼンチンの企業RGB Entertainmentが制作したテレビチャンネル SBTおよびDisney Channelで放送されるタレントショー Popstarsを通じて2002年に結成されました。 [1] [2] メンバーは30,000人の候補者から選ばれ、レーベルSony Musicと契約を結びました。 [3]

グループの最初のスタジオアルバム、 ルージュ (2002年)は、ブラジルで200万部を超える売り上げを記録しました。 アルバムの成功は、「 NãoDápra Resistir 」、「 Beijo Molhado 」、そして主にヒット曲 「 Ragatanga 」に牽引され、「 Brazianian Spice Girls 」と呼ばれる全国的な現象としてグループを確立するのに役立ちました。 。 [4] グループのデビューアルバムの成功に伴い、同じ年にエレクトロニックミュージックの聴衆をターゲットにしたRouge Remixesというタイトルの<i id="mwLA">リミックス</i>アルバムが発売されました。 セカンドスタジオアルバムC'est La Vie (2003)は、約100万部を売り、 ヒット曲 「 Brilliha la Luna 」と「 Um Anjo Veio me Falar 」をプロデュースしました 。 Lu Andradeが2004年に去った後、残りの4人のメンバーはアルバムBláBláBlá (2004)とMil e uma Noites (2005)を継続してリリースしました。 [1]

ルージュの作品の第1フェーズは2006年6月に終了し、グループの分離とソニーミュージックとの契約の有効期限が切れ、更新されませんでした。 ルージュは4年間で約600万件のレコードを販売し[5] 、ブラジルとラテンアメリカ で最も成功した女性グループになり、合計で3つのゴールド、3つのプラチナ、1つの ABPDによるダブルプラチナ 。 [6] 彼らの指導者であり起業家である音楽プロデューサーであるリックボナディオの指導のもと、彼らはブラジルや中南米 、 ヨーロッパ 、 アフリカのいくつかの国で売り切れたツアーに乗り出しました。 彼らはまた、コマーシャルやテレビ番組のスターであり、 ステッカーアルバム 、 サンダル 、 人形などのいくつかのライセンス製品の顔でもありました。

2012年には、ファンのキャンペーンの後、 リックBonadioは 、チャネル上で彼のプログラムの中で、呂アンドラーデを除いて、一緒にメンバーをもたらしたMultishow 、 スターファクトリー 。 そこで、彼らは2つの新しい歌を録音しました、そして、官僚的な問題のために彼らは新しいツアーを始めませんでした[7]

2017年9月12日、グループは5人のメンバー[8]がステージに戻ることを発表し、 チャダアリスパーティーで15歳の誕生日を祝いました。 最初はショーは2つしかありませんでしたが、最初のショーのチケットは数分で売り切れたため、新しい日付が予定されていました。 [9] [10] 2018年、彼らはブラジル全土で完売したツアー、 Rouge 15 Yearsに乗り出しました。 [11] [12] その後、2005年以来の最初の新曲、 Bailandoをリリースしました。 彼らは新作を続け、絶賛されている曲Dona da Minha Vidaをリリースし、2019年にはグループの5番目のスタジオアルバムLes 5inqを伴う曲Solo Tuを リリースします。 2019年1月24日、新しい中断が無期限に発表されまし 2222若い木若い木 た。 [13]

キャリア[編集]

2002: ポップスター[編集]

RGBが制作し、 2002年 4月27日から9月7 日までSBTとDisney Channelが発表したPopstarsプログラムは、 ブラジルで最初から女性のポップミュージックグループの結成を伴っていました。 何千人もの女の子たちがオーディションに参加し、 ポップスターになるという夢を実現することを唯一の目的として、審査員に才能を披露しています。 20エピソード以上で、18歳から25歳の候補者は、リックボナディオ[14]アレクサンドルシアーヴォ 、 イアラネグレテ 、イヴァンサントス、 リミナの審査員によって評価され、チューニング、リズム、 機知などの問題が前向きに評価されました。カメラ、カリスマ性、ダンスの才能に。 [1] [2]

サインアップした数千人の候補者のうち、6,000人がサンパウロサンバドロームでの最初のノックアウトラウンドに選ばれ、そこでコーナーアセスメントが行われました。 第2フェーズでは、2,000人の少女だけが分類されました。 次の段階では、裁判官はますます厳しい要求になり、次の段階では、 ポップスターのキャリアに本当に直面することができた女の子だけを選択しました。 ポップスターの家で行われた最終ラウンドでは、5つのエリミナリーラウンドの後、8人の女の子だけが分類されました。 第六と最終ラウンドが終わっ予選後、 女の子のグループ ブラジルは :最後に、残りの5人の女の子によって形成されたアライン・ウィリー 、 Fantineカントー 、 カレン・ヒルズ 、 リー・マルティンス (その後、彼によって知られている出生名とパトリシア) ルチアナアンドラーデ 。 [2] グループに選ばれた名前は「 5文字で、 フランス語では官能的な色 [ ] を意味し、ポップな ため、ルージュ」でした[15]

2002–03:ファーストアルバムと国際的な成功[編集]

2003年ルージュ。

リアリティショーの後、バンドはとの契約を締結し、ソニーミュージックとRGBエンターテイメント 、国際的な制作会社、プログラムのプロデューサーPopstars帯で高い賭けし、既に店舗で最初の仕事の一部15万コピーを配布したブラジルとアルゼンチンでは、最初の出荷。 [14] タイトルはバンドの名前だけであるこのアルバムは、わずか2か月の販売で75万部に達しました。 彼の最初の作業曲は「NãoDápra Resistir」 [16] 、「Ragatanga」は、テーマの元の歌手であるLas Ketchupが特別に参加したトラックで、すぐに大ヒットになりましたが、理解できない歌詞もありました。 5か月後、アルバムはすでに100万部売れました。 [17] CDには14トラックが含まれており、そのほとんどはプロデューサーのリックボナディオによって書かれました 。 [15]

続いて、グループは「Beijo Molhado」、「Hoje Eu Sei」、「OlhaSó」など、ブラジルのラジオ局で一連のヒットを記録しました。 このアルバムには、トラック「NuncaNãode Sonhar」へのKLBグループの参加も含まれています。 [1] [2] 2002年12月、アルバムRougeのリミックス版Rouge Remixesがリリースされました。 コレクションは30,000部を売りました。

2003–04: C'est la Vieとルチアナからの出発[編集]

バンドのセカンドスタジオアルバムであるC'est la Vieは、最初の週だけでも10万枚を売り上げ、「Brilha la Luna」はブラジル全土のラジオ局で最も演奏された曲の1つでした。 このディスクは、甘いバラードとポップミュージック、およびズークダンスとミックスしています。 [18] バンドのメンバーによると、最初のCDはコンテストに勝ったバンドのためにすでに準備ができており、すでに2番目のアルバムにあり、彼らは制作プロセスに参加し、作品を発表しました。 その一例が、5人のメンバーによって作曲された「Um Anjo Veio Me Falar」です。 [19] ブラジル、 アルゼンチン 、 ポルトガル 、 アンゴラでトップ20に入った「 Vem Cair Na Zueira 」と「 C'est la Vie 」もシングルとしてリリースされました 。 また、制作プロセスの一環として、「スーパーヒロイン」をテーマに、よりモダンで洋服を着るようになった5人の少女の髪型やメイクの外観の変更もありました。 アルバムは100万枚以上売れた。 [20] ファンティーンは「私たちの見た目はより強く、私たちを戦士のように見せます」とコメントしました。

2004年2月11日、Luciana Andradeは、彼らが演奏していた音楽のスタイルに適応せず、突然の名声にも適応せず、フォークや岩。 [21] Luciana Andradeがグループの主要な声ですが[17]当時、苦情は少女たちにはほとんど稼がれないとメディアに達しました。残りはビジネスごとにおよそR $ 500で、ビジネスマンに残りました。 [22] 他のメンバーは、彼女の離職は、それが誰もが彼らのキャリアで起こっていたすべてを再評価するようにしたので、良い影響を与えたと言いました。 [23] [24]

2004–06: Blah Blah Blah千と一夜と分離[編集]

ファイル:Rouge 2004 show.jpg
2004年、Blah Blah Blahツアーのコンサートでルージュ。

グループによってリリースされた3番目のアルバムであるBláBláBláは、Luciana Andradeの欠如が特徴です。 [1] [2] Rougeはよりアグレッシブで成熟したポップに賭けています。 BláBláBláは 13万部を売り上げ、大ヒットしたヒット曲「BláBláBlá」、「SemVocê」、「VemDançar」をヒットしました。 このアルバムでは、メンバー自身が「Na Palma DaMão」、「Pra Semper Te Amar」、「Wherever I Go」などのいくつかのトラックを作曲しました。 バンドのメンバーとのゲームを含むCD-ROMとして開くコンピューター用のマルチメディアトラックがあります。 同年、ブラジル文学アカデミーから最優秀バンド賞を受賞した 。

2222若い木若い木 2222若い木若い木 2222若い木若い木

翌年にはアルバム「 Mil e uma Noites 」をリリースし、2005年夏の成功を収めた「Vem、Habib」と「O AmoréIlusão」をリリースした6つの新曲のみをリリースしました。 未発表曲の響きは東洋のメロディーに向けられた。 [25] 2006年にバンドの終了が発表されました。 [21] このアルバムは、50,000枚以上の販売でゴールド認定を受けました。 Sony Musicとの契約が終了し、更新されなかったため、グループは2006年 6月に 解散しました 。 [2]

2011–12:再会するキャンペーン[編集]

2011年の初めに、グループの元ファンとフォロワーは、メンバーが2012年に完成する10年間の記念DVDのレコーディングとツアーを再開することを目的としたQueremos Rouge DVD 10 Anosというキャンペーンを開始しました。お別れ。 キャンペーンをサポートする動画がYouTubeで公開され、何千もの視聴回数と注目を集めました。 [1] [2] 12月13日、ファンティーヌはキャンペーンに気づき、公式Facebookページでルキアナとまだ摩擦があるだろうという憶測に対抗する機会を得て、彼らは友達であり、最近の仕事でのグループの欠席に対する批判から彼女を擁護した。 歌手はまた、それがより深刻な仕事である限り、彼女が再会を支持したと言いました。

その年の終わりに、カリンヒルズは、グループに戻ってほしいと思う人がこんなに多くなるとは想像もしていなかったと宣言したが、彼は別れの発表は相当であるとだけ言って、新たなスタートの考えを却下した。 「私はこのすべての騒動が私たちをかき立てるのを否定しません。 最初からやり直すのではなく、私たちの物語を美しい方法で終わらせるためです。」 [26] 2012年の初めに、以前のように古い曲を追体験したり、 ダンスポップや振り付けの曲を作ったりするのではなく、グループに戻ることを希望していると述べたので、ルシアナはキャンペーンにコメントする番でした。状況。 歌手は、過去に行き詰まることなく、より成熟した仕事で帰るのは素晴らしいことだと付け加えました。 [27] [1] [2]

9月26日、グループの元プロデューサーであるリックボナディオは 、ファンと協力してリターンキャンペーンを広めました。 [28] 同日、 ディアリオ・デ・サンパウロ紙は、少女たちが秘密裏に集まることを明らかにした。 [29] その後まもなく、パトリシアは問題を議論するための会合を設けることを考えているが、具体的なものは何もないと宣言した。 [30]

2012–14:返還の試みと障害[編集]

10月10日、プロデューサーのRick BonadioがメンバーのAlineとPatriciaと面会し、オランダからのビデオ会議で Fantineの存在も面談します。 [31] 10月17日にカリンを明らかにした雑誌カラスグループをリアリティショーを記録するために再び会ったMultishow スターファクトリー Bonadioのを、と考え新しい曲を録音。 メンバーはまた、グループが間違いなく戻ることはなく、それは新曲の送別ツアーであり、 ファンティーヌ・トーはほとんどそれを受け入れなかったが、 ルシアナ・アンドラーデだけが古いスタイルの音楽と同一しないために戻らないと述べた 。 [32] [1] [2] 2013年4月8日、 ファブリカデ エストレラスのエピソードがリリースされますそこでは、 リックボナディオがメンバーと会って、新しい曲の録音を招待します。 その際、ルシアナとの出会いも披露され、歌手はポップミュージックとは一線を画したものではなくなったため、帰国しないことを決意したこと、また、以前に去った後、帰国するのは公平ではないことが明らかになりました。 [33] 翌週、最初のプロモーションシングル " TudoéRouge "がリリースされ、ショー[34]に録音され、4月22日に2番目の " Tudo Uma Vez "がリリースされました。 [35] しかし、当時は収益の統合は行われていませんでした。 7月10日、ファンティーネは自分のページで、グループが官僚的な問題を抱えていることを説明しました。たとえば、古い曲をリリースしたり、「ルージュ」ブランドを再び使用して名前を使用できるようにするなどです。 「私は率直に言って、待ちわびるのはうんざりだと言っています。それは3年間の不安と期待です。 。 。 )私は金と権力で失われ、この貪欲な人々を理解し、美しいだけで物事の発展を妨げていない「と彼は言った。 [36]

Aline、Karin、Fantine、Patriciaは、元のアイデアが戻ってから1年後の2014年3月30日に、プロジェクトの達成の難しさを説明する書簡を一般に公開しました。 声明の中で、メンバーは、官僚的な段階を経たものの、まだグループの名前を使用できないなどの多くの障害があり、スポンサーシップはワールドカップに集中しており、芸術的環境は時代遅れであることを説明しました当時の投資。 [37] さらに、グループは元メンバーのルチアナアンドラーデの仕事を祝福し、「彼女は非常に質の高いソロキャリアを築き続けています。 ル、私たちはあなたのキャリアと成功を望んでいます」とファンに彼女に圧力をかけないように言います。 [38]

2017–19:ReturnおよびLes 5inq[編集]

2017年のチャルージュツアーのショーでルージュ

2017年8月、ルージュの15歳の誕生日は、ファンや元メンバー全員から熱烈に祝われました。 翌月、チャダアリス党の公式プロフィールは、「一人でそれを引き起こしているなら、一緒に想像してみてください」という言葉でピンクのバナーを公開しました。 [1] [2] 画像はファンの間で大騒ぎを引き起こし、ファンはグループがパーティーの1つのテーマかもしれないと推測し始めました。 9月12日、プロフィールはピンクでキラキラした画像を公開し、ファーストアルバムのカバーを暗示し、翌日には公式声明を約束しました。 9月13日、元の編成のグループの復帰が発表されました。 翌日、チケットが発売され、すぐに売り切れました。 3時間後、イベントの主催者は、ティールージュのチケット5,000枚が完売したことを正式に発表し、翌日には追加のショーが予定されていました。 このショーは反響を呼び、非常に熱烈な露出を受けたため、グループは2018年にブラジルの主要首都を巡る新しいツアーを発表することを決定しました。 10月26日、サンパウロショーの販売が11月25日に始まり、リオと同様に、販売された7,000枚のチケットが3時間強で完売しました。 チケットの購入を担当するWebサイトはそのような要求をサポートせず、数分間ダウンしていました。 担当会社によると、約240,000人が同時にサイトにアクセスしました。 仮想キューは約2万人に達し、大衆に大きな不便を引き起こしました。 12月2日に新しいエキストラショーが予定されていましたが、同じ日に売り切れました。 [39] [40] [41] 10月、ルージュが確実に戻ったことが確認された[42]

11月29日にグループは再びソニーミュージックブラジルと契約し、12月1日に彼らのディスコグラフィー全体がデジタルプラットフォームで販売およびストリーミングできるようになりました。 [43] [44] Spotify Brasilのトップ200に入った7曲に加えて、デジタルプラットフォームでリリースされた後、4つのアルバムはブラジルのiTunesのトップ10と7曲のシングルのトップ100に達しました 。 [45] [46] 2018年1月27日、グループはセアラ州フォルタレザで ルージュ15アノスツアーを開始し[47] 、2018年8月11 日ペルナンブコ州レシフェで終了しました。 [48] [49]

2018 ルージュ15年ツアーのショーでルージュ

2月4日、グループはDomingãodoFaustãoで、グループの最初のリターンシングル 「 Bailando 」の歌を通じて、新しい素材のリリースを開始しました。 [50] この曲は、いくつかのデジタルプラットフォームのランキングで1位になり、 Spotifyプラットフォームの「As 50 Virais do Brasil」などのリストの最上位にあり、そのビデオクリップはYouTubeで最も視聴されているものの一番上にあり、200万回以上視聴されています。 48時間。 [51] [52] 2019年3月には、ルージュの女の子が新しい曲をリリースします。今回は、子供向けの映画「 ペドロコエーリョ」のサウンドトラックです。 ルージュ主演のフィーチャーテーマ曲Trust Meのミュージックビデオは、2019年3月19日にリリースされました。 [53]

8月31日、グループは帰国後2度目の公式シングル 「 Dona da Minha Vida 」を発表しました。この曲は、ブラジルのメインストリーミングおよびオンライン販売プラットフォームのトップに急上昇し、 ItunesおよびApple Musicで [54] [55] [56]

10月2日、ルージュは5つのトラックを含むことに加えて5番目の未発表作品であるという事実に関連して、 5と名付けられた最初のEPのリリースをソーシャルメディアで発表しました。 打ち上げはその月の8日に行われました。 [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] 2019年1月19日、Spotifyの投票によりシングルとして選ばれた「 Solo Tu 」がリリースされました。 [68] [69] [70] [71]

2019年1月24日に、グループは公式ページを通じて無期限の休憩をとることを発表しましたが、ファンのためにリリースされたグループのキャリアの5番目である新しいスタジオアルバムLes 5inqを後に残すことを発表しました。 2月1日。 さらに、2017年に開始された作業の第2フェーズを完了するために、すべての曲のビデオをフィーチャーしたアコースティックEP Rouge Sessions-De Portas Abertasをリリースしました。 [72] [73] [74] [75] [76] [77] メンバーによる作業が行われていなくても、アルバム「 Les 5inq」はItunesでの販売で第1位、曲「 Como Na Primeira Vez 」はリリースの最初の週でiTunesブラジルランキングで第3位にランクされました 。 [78]

出版物[編集]

ルージュグループが成功する前から、グループのメンバーの名前とルージュブランド自体を使用して、いくつかの製品を発売するというプロデューサーによる計画がすでにありました。 [79] 当初、このグループは女性店チェーンのMarisaのコマーシャルに出演し、 母の日とクリスマス のキャンペーンを実施し、メンバーのサイン入りステッカーを全国のMarisaストアから配布した。 [80] 2003年9月9日の時点で配布されたグループの5人のメンバーのためにベビーブリンクドールも作成されました。 [81] グループはまた、女の子をイメージしたチューインガム、菓子、イースターエッグを製造する会社であるアルコールと契約を結びました。 ルージュグループの普及のために7種類以上の製品が生産されました。 [82]

2003年にエディターアブリルは、グループのファンが収集できる180枚のステッカー付きの図鑑ブック[83]リリースしました。翌年、 Kromo Editoraは、ファンが収集して貼り付けることができるルージュの女の子の72枚の写真からなる図書を発売しました。イラスト入りの本で。 ステッカーの品質はステッカーアルバムのコレクターの間でよく知られていました。 [84] またによって「サンダル・ルージュ」を立ち上げたグループGrendeneは 、すぐにメディアの成功になった後、翌年、彼らはペンダントに来て、新しいサンダルをリリースしました。 [1] [2] グレネンとの最後のローンチは、「タマンコルージュ」でした。 [85] グループの最盛期に発売された学校向けのブランドもありましたが、希少性の高さから、今回の発売を担当した企業を知ることは困難です。

2011年、 Tilibraはグループから着想を得た一連のノートブックを発売しました。ノートブックごとに色が異なります。 [86]

2018年、女の子はエイボンの 「カラートレンド」メイクアップラインの位置を変更するためのポスターの女の子でした。 [87] 問題のキャンペーンのエディションでは、女の子がブランドの雑誌の表紙と記事に載っているほか、CMの新バージョン「ポップスター」(グループのファーストアルバムから)を使ってコマーシャルを録音しています。

レガシー[編集]

スパイスガールズは、グループの最大の影響の1つです。

ルージュはそのキャリアの中で、 ブラジルでのレコード販売で記録を破ったグループの 1つになり、600万部以上が販売され[88] 、ブラジルとラテンアメリカで最も売れた女の子グループとなりました 。 [89] このグループのアルバムの1つは、 ブラジルの音楽業界の歴史の中で最も売れたアルバムのリストにも載っており、 ルージュグループのデビューアルバムであり、ダブルプラチナ認定を受けています。 [90] 「ブラジリアンスパイスガールズ 」と呼ばれる[91][92]一部の批評家は、それらを「実験用ラット」 [93]および「ポップシンデレラ」 [94]と呼んでいます[95]

Unknown FactsウェブサイトのEduardo Coelhoは、グループを公開したリアリティショーPopstarsを崇拝しました。 「このフォーマットの長所と短所があったとしても、国土での現実のショーとの関連で否定できなかったのは、彼らが少なくともルージュと呼ばれる真の現象を作成し、成形し、生み出したということです。」 [96]作家はまた、グループの最も成功した曲「ラガタンガ」を賞賛し、忘れることは不可能であり、その振付は壮大であると主張しました。 [97] ウェブサイトA Escotilhaのクリスティアーノフレイタスは、グループのブラジリアンポップへの貢献を「ブラジルですでに明らかにされたジャンルの主要な現象の1つ」と定義しました。 Diáriodo Nordesteは 、特にスパイスガールズによって大衆化された「純粋にブラジルのポップミュージックに直面し、ブラジルに「ガールバンド」のコンセプトをもたらした」とグループに認めた[98]フォーリャのウェブサイトのジャーナリストディエゴバーガスは、ルージュのキャリアをスパイスガールズのキャリアと比較して、両方に類似点があることを確認しています。若い年齢での気象の成功;ピーク時には、メンバーの離脱に苦しみました。 どちらのグループも活動時間はほとんどありませんでしたが、多くのファンを維持しました。 [99]

何人かの芸術家は彼らのキャリアのいくつかの側面に影響を与えたとしてルージュを引用しました。その中には、 アニッタ 、 [100] [101] パブロヴィッター 、 [102] グロリアグルーヴ 、 [103] ガールズグループの ガールズ アンドラヴェナ 、マルチメディアメイサシルバ 、 ティアゴアブラ バネル 、さらに女優のフェルナンダスーザなどがあります。 [104] [105]

経歴と実績[編集]

ファイル:Rouge no carnaval 2004.jpg
カプリコソスデピラレスでのルージュパレード、2004年。

グループとして、ルージュは一連の賞を受賞しました。6つのTrofeu Universo Musical、3つのMy Nick Awards 、7つのCapricho Awards 、2つのMultishow Awards(ブラジル音楽) 、およびLatin GrammyとMTV Video Music Brasilの ノミネートなどです。 彼らのキャリアを通じて、彼らは最高のバンド、アルバム、音楽でいくつかの賞を受賞しました。 彼らはブラジル全土で600万件を超えるレコードとシングルを販売しました。

このグループは、ブラジルで女性グループにとって最大のデビューを果たし、 ルージュとともにナンバー1のプロ・ムジカブラジルで、全国で17番目のベストセラーアルバムとなりました。 アルバムと曲のRagatangaは、それぞれのリストでさらに9週間同時にトップにとどまり、シングルがトップを離れた後でも、アルバムはベストセラーアルバムのランキングでさらに1週間続き、合計でトップ10週間になりました。 [106] [107] [108]

フィルモグラフィー[編集]

テレビ[編集]

タイトル 位置 備考
2002 ポップスター 参加者 シーズン1
2002 はるかに多くのポップスター 自分自身
2002 ルージュ:ストーリー プレゼンター
2003年 ロミオとジュリエット Julietの友達 年末特別
2005年 フロリベラ 自分自身 エピソード:「7月14日」
2013 スターファクトリー 自分たち[109] エピソード:「ルージュの復活」



</br> エピソード:「すべてはルージュです」



</br> エピソード:「もう一度やり直します」
2018年 TVZ 特別プレゼンター エピソード: "2月7日" [110]

映画[編集]

タイトル キャラクター
2003年 Xuxa Abracadabra 彼ら自身(interpretando a música "Vem Cair Na Zueira")
2005年 イルカの秘密のエリアナ 彼ら自身(interpretando a música "Vem Dançar")
2018年 ペドロコエーリョ (Vozes cantando "Confia em Mim")

会員[編集]

ステージ名 出生名 生年月日 出生地
アリーン・ウィリー アリーン・ウィリー・ダ・シルバ 18 de dezembro ニューヨーク 、 ニューヨーク
ファンティーヌ・トー ファンティーヌ・ロドリゲス・トー 15 de fevereiro バラドガルサ 、 マトグロッソ州
カリンヒル カリンペレイラデソウザ 7 de fevereiro パラカンビ 、 リオデジャネイロ
リー・マーティンス パトリシア・リッサ・柏葉マーティンズ 29 de março セルタノポリス 、 パラナ
ルーアンドラーデ ルシアナアンドラーデ 18 de setembro バルジニャ 、 ミナスジェライス

ディスコグラフィー[編集]

  • ルージュ (2002)
  • セ・ラ・ヴィ (2003)
  • Blah Blah Blah (2004)
  • 千と一夜 (2005)
  • レ5インチ (2019)

ツアー[編集]

  • ポップスターツアー (2002–03)
  • C'est La Vieツアー (2003–04)
  • プラネタポップツアー (com Br'oz) (2004)
  • Blah Blah Blahツアー (2004–05)
  • 千夜一周ツアー (2005)
  • ルージュティー (2017–18)
  • ルージュ15年 (2018)
  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 [CAMPANHA Rouge 10 anos]”. All Pop Stuff (25 de Agosto de 2007). 19 de Junho de 2010閲覧。
  2. 2.00 2.01 2.02 2.03 2.04 2.05 2.06 2.07 2.08 2.09 2.10 Grupo Rouge pode voltar”. O Fuxico (25 de Agosto de 2007). 19 de Junho de 2010閲覧。
  3. Pop adolescente ganha mais um representante Jornal do Commercio
  4. BANDA ROUGE É VERSÃO BRASILEIRA DO EX-GRUPO BRITÂNICO SPICE GIRLS”. Virgula (2010年8月2日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. Por Onde Anda: Rouge”. MSN Brasil (2010年8月2日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  6. Rouge”. ABPD. 30/06/2010閲覧。
  7. Ouça “Tudo é Rouge”, música inédita do grupo Rouge”. Portal Popline (15 de abril de 2013). 2014年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。
  8. Rouge anuncia show no Rio com formação original”. G1. 30/06/2010閲覧。
  9. “Rouge está de volta para show no Rio de Janeiro: saiba como conseguir ingressos”. Terra. https://www.terra.com.br/diversao/purebreak/rouge-esta-de-volta-para-show-no-rio-de-janeiro-saiba-como-conseguir-ingressos,37cd6618c008dee84180b07cf98dab96bmwo2qsh.html. 
  10. Marques, Marina. “Rouge faz dois shows em São Paulo com ingressos esgotados” (英語). Guia da Semana. 2018年9月5日閲覧。
  11. “Rouge está de volta para show no Rio de Janeiro: saiba como conseguir ingressos”. Terra. https://www.terra.com.br/diversao/purebreak/rouge-esta-de-volta-para-show-no-rio-de-janeiro-saiba-como-conseguir-ingressos,37cd6618c008dee84180b07cf98dab96bmwo2qsh.html. 
  12. Marques, Marina. “Rouge faz dois shows em São Paulo com ingressos esgotados” (英語). Guia da Semana. 2018年9月5日閲覧。
  13. Rouge anuncia pausa na carreira: "Conseguimos cumprir nossa missão"”. revistaquem.globo.com. 2019年1月25日閲覧。
  14. 14.0 14.1 Rouge, uma banda sob encomenda” (20 de agosto de 2002). 18 de junho de 2010閲覧。
  15. 15.0 15.1 Rouge lança CD e clipe na esperança de manter o sucesso” (19 de agosto de 2002). 19 de junho de 2010閲覧。
  16. Candidatas ensaiam primeira música de trabalho das Popstars” (6 de julho de 2002). 19 de junho de 2010閲覧。
  17. 17.0 17.1 As cinderelas do pop” (6 de outubro de 2009). 19 de junho de 2010閲覧。
  18. Rouge emplaca de novo” (9 de junho de 2003). 19 de junho de 2010閲覧。
  19. Meninas do Rouge falam à ÉPOCA em entrevista exclusiva” (4 de julho de 2003). 19 de junho de 2010閲覧。
  20. De volta ao estúdio para gravar, grupo Rouge faz fotos durante ensaios” (03/11/2012). 2 de abril de 2017閲覧。
  21. 21.0 21.1 Uma nova chance para as cantoras do Rouge”. 8 de março de 2010閲覧。
  22. Luciana deixa o grupo Rouge”. 18 de dezembro de 2010閲覧。
  23. As pródigas meninas do pop” (8 de julho de 2004). 19 de junho de 2010閲覧。
  24. Bye bye Rouge
  25. Rouge autografa novo CD” (4 de agosto de 2005). 19 de junho de 2010閲覧。
  26. Grupo Rouge, do hit ‘Ragatanga’, pode voltar: ‘A comoção dos fãs na internet dá uma mexida na gente’, conta Karin”. Globo. 19 de Junho de 2010閲覧。
  27. Luciana Andrade, ex-integrante do Rouge, fala sobre possível retorno do grupo”. MTV. 2012年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。19 de Junho de 2010閲覧。
  28. Empresário Rick Bonadio anuncia que está trabalhando para a volta do grupo Rouge” (1 de outubro de 2012). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  29. Banda Rouge ensaia retorno ao mundo da música”. Terra (1 de outubro de 2012). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  30. Ex-integrante do Rouge comenta sobre possível retorno do grupo”. Cifra Clube News (1 de outubro de 2012). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  31. Grupo Rouge se reúne em São Paulo com produtor Rick Bonadio; veja foto”. MTV (1 de outubro de 2012). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  32. 'Rouge não vai voltar, mas irá celebrar o sucesso desta história linda', diz a cantora Karin Hils”. Revista Caras (1 de outubro de 2012). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  33. T01.E02 - A volta do Rouge”. Multishow (1 de outubro de 2012). 2013年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月31日閲覧。
  34. Ouça “Tudo é Rouge”, música inédita do grupo Rouge”. Portal Popline (15 de abril de 2013). 2014年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。
  35. Grupo Rouge retorna com turnê e novos singles”. Portal Virgula (15 de abril de 2013). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  36. Fantine Thó, do Rouge, abre o jogo sobre empecilhos para retorno da girlband”. Portal Popline (15 de abril de 2013). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  37. ‘Rouge’ divulga carta aberta para os fãs informando que o grupo não lançará novos projetos em 2014”. Portal Famosos (15 de abril de 2013). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  38. Grupo Rouge emite nota oficial com adiamento da reunião por tempo indeterminado”. Portal Popline (15 de abril de 2013). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  39. “Rouge está de volta para show no Rio de Janeiro: saiba como conseguir ingressos”. Terra. https://www.terra.com.br/diversao/purebreak/rouge-esta-de-volta-para-show-no-rio-de-janeiro-saiba-como-conseguir-ingressos,37cd6618c008dee84180b07cf98dab96bmwo2qsh.html. 
  40. “Rouge volta com formação original e já tem data para primeiro show!”. Catraca Livre. (2017-09-12). https://catracalivre.com.br/geral/inusitado/indicacao/rouge-volta-com-formacao-original-e-ja-tem-data-de-1o-show/. 
  41. Rouge esgota ingressos para show de reunião em apenas 3 horas e anuncia show extra”. portalpopline.com.br. 2017年9月20日閲覧。
  42. “Rouge grava novo single "Bailando", primeira música nova desde 2013!”. Terra. https://www.terra.com.br/diversao/purebreak/rouge-grava-novo-single-bailando-primeira-musica-nova-desde-2013,d53e6862928e39c55db863245d2b75f38s5zoha3.html. 
  43. “Álbuns da banda Rouge serão relançados após retorno aos palcos”. F5. (2017-11-30). https://f5.folha.uol.com.br/musica/2017/11/albuns-da-banda-rouge-sao-relancados-apos-retorno-aos-palcos.shtml. 
  44. “Rouge assina com antiga gravadora e anuncia músicas no Spotify!”. Terra. https://www.terra.com.br/diversao/purebreak/rouge-assina-com-antiga-gravadora-e-anuncia-musicas-no-spotify,b4b01a11fb3abc8c6c0d1791da5a9344eh2i50v4.html. 
  45. Sucesso! Rouge entra para listas de álbuns e músicas mais vendidos do iTunes Brasil”. portalpopline.com.br. 2017年12月2日閲覧。
  46. Rouge entra para o Top 50 do Spotify Brasil e coloca outras seis músicas no Top 200”. portalpopline.com.br. 2017年12月2日閲覧。
  47. Rouge marca primeira data da nova turnê nacional”. PopLine (6 de dezembro de 2017). 7 de dezembro de 2017閲覧。
  48. Rouge encerra turnê dos 15 anos de carreira no Recife”. Terra Magazine (26 de abril de 2018). 19 de maio de 2018閲覧。
  49. Rouge encerra turnê em agosto no Recife”. Blog Social 1 (26 de abril de 2018). 19 de maio de 2018閲覧。
  50. “Rouge grava novo single "Bailando", primeira música nova desde 2013!”. Terra. https://www.terra.com.br/diversao/purebreak/rouge-grava-novo-single-bailando-primeira-musica-nova-desde-2013,d53e6862928e39c55db863245d2b75f38s5zoha3.html. 
  51. Bailando: Clipe do Rouge tem mais de 1 milhão de visualizações”. popline.com. 2020年1月28日閲覧。
  52. Bailando completa 4 dias no topo do iTunes e estreia em 3º entre as virais do Spotify”. popline.com. 2020年1月28日閲覧。
  53. Rouge lança música para trilha do filme 'Pedro Coelho'”. Terra.com.br. 2020年1月28日閲覧。
  54. 2019 Annual Visitor Survey”. sweeps5026.cmcgates10.life. 2019年1月25日閲覧。
  55. Rouge lança 'Dona da minha vida', música que aborda empoderamento e relacionamento abusivo”. Portal AZ (2018年8月31日). 2019年1月25日閲覧。
  56. Dona da Minha Vida: Confira o desempenho das primeiras horas de lançamento da nova música do Rouge"”. popline.com. 2020年1月28日閲覧。
  57. Vai ter EP do Rouge na semana que vem!”. PAPELPOP (2018年10月2日). 2019年1月25日閲覧。
  58. First Listen: EP “5” do Rouge aponta novos caminhos para a girlband”. POPline (2018年10月7日). 2019年1月25日閲覧。
  59. Sabbaga, Julia (2018年10月3日). “Rouge anuncia lançamento de novo EP, EP 5”. Omelete. 2019年1月25日閲覧。
  60. Querino, Rangel (2018年10月9日). “Rouge lança "EP 5" com faixas inéditas; Ouça”. Observatório G. 2019年1月25日閲覧。
  61. Pernambuco, Diario de (2018年10月10日). “Grupo Rouge lança EP com faixa em espanhol”. Diario de Pernambuco. 2019年1月25日閲覧。
  62. Braziliense, Correio (2018年10月9日). “Rouge lança EP com faixas inéditas”. Correio Braziliense. 2019年1月25日閲覧。
  63. Rouge lança primeiro EP com músicas inéditas em 13 anos e agita a internet”. entretenimento.uol.com.br. 2019年1月25日閲覧。
  64. Após 13 anos, grupo Rouge lança primeiro EP com músicas inéditas; ouça agora”. Revista Cifras (2018年10月9日). 2019年1月25日閲覧。
  65. Oliveira, Joyce (2018年10月9日). “Ouça: Rouge marca nova fase empoderada e lança o "EP 5"”. Nação da Música. 2019年1月25日閲覧。
  66. Rouge lança o EP “5”, primeira coleção de músicas inéditas em 13 anos”. POPline (2018年10月8日). 2019年1月25日閲覧。
  67. Rouge tenta delinear identidade para o grupo nas quatro músicas inéditas do EP '5'”. G1. 2019年1月25日閲覧。
  68. Redação (2018年11月6日). ““Solo Tu”: Rouge define novo single do EP “5”!”. Em Voga. 2019年1月25日閲覧。
  69. Rouge lança clipe da música 'Solo Tu'”. www.destakjornal.com.br. 2019年1月25日閲覧。
  70. Rouge aposta na sensualidade e lança clipe da canção 'Solo Tu'”. contigo (2019年1月18日). 2019年1月25日閲覧。
  71. Fãs vão escolher novo single do Rouge. http://www.etcepop.com/2018/10/fas-vao-escolher-novo-single-do-rouge.html. 
  72. Rouge anuncia pausa na carreira: "Conseguimos cumprir nossa missão"”. revistaquem.globo.com. 2019年1月25日閲覧。
  73. Rouge anuncia nova pausa na carreira e lançamento de álbum: 'Rumo ao desconhecido'”. F5 (2019年1月24日). 2019年1月25日閲覧。
  74. Rouge anuncia uma nova pausa: “Decidimos seguir em frente””. Metropolitana FM (2019年1月24日). 2019年1月25日閲覧。
  75. Mais um fim! Rouge anuncia separação do grupo pela segunda vez”. CARAS (2019年1月24日). 2019年1月25日閲覧。
  76. Rouge anuncia nova pausa na carreira e lançamento de álbum” (英語). CidadeVerde.com. 2019年1月25日閲覧。
  77. Grupo Rouge anuncia nova pausa em comunicado oficial”. SBT - Sistema Brasileiro de Televisão. 2019年1月25日閲覧。
  78. Álbum novo do Rouge pega nº1 no iTunes e coloca música no Top 5”. popline.com. 2020年1月28日閲覧。
  79. Rouge, uma banda sob encomenda”. O Estado de S.Paulo (20 de agosto de 2002). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  80. Grupo Rouge comercial de dia das Mães Loja Marisa”. UOL. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。[リンク切れ]
  81. As Rouge viram bonecas e vão para as lojas”. UOL (9 de setembro de 2003). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  82. Preço do ovo de Páscoa deverá aumentar 9%, segundo dados da Abicab”. O Documento (5 de março de 2004). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  83. Rouge 2003”. Editora Abril (2 de março de 2013). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  84. Álbuns de figurinhas - Uma pequena coleção particular”. Mania de Colecionador (2 de março de 2013). 2012年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月2日閲覧。
  85. Sandália do Rouge”. UOL (2 de março de 2013). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  86. Tilibra apresenta linha de cadernos Rouge”. Maxpress (16 de março de 2011). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  87. “campanha da Avon com o Rouge”. Extra.globo. https://extra.globo.com/mulher/rouge-estrela-campanha-dos-novos-batons-de-color-trend-da-avon-22776742.html. 
  88. De volta ao estúdio para gravar, grupo Rouge faz fotos durante ensaios - Música - R7”. entretenimento.r7.com. 2018年3月21日閲覧。
  89. Muito mais que "Ragatanga": Retorno do Rouge vai além do flashback - Entretenimento - BOL Notícias”. noticias.bol.uol.com.br. 2018年3月21日閲覧。
  90. “CERTIFICADOS - Pro-Música Brasil”. Pro-Música Brasil. http://pro-musicabr.org.br/home/certificados/?busca_artista=rouge. 
  91. “Rebobine: reviva Rouge, a "Spice Girls" brasileira mais querida!”. A Gambiarra. (2017-11-08). https://www.agambiarra.com/rebobine-rouge/. 
  92. “A volta do Rouge: grupo prepara novo material e nova turnê - POPssauro”. POPssauro. (2012-11-05). http://blogs.opovo.com.br/popssauro/2012/11/05/rouge-voltou-com-novo-material-e-nova-turne/. 
  93. Muito mais que "Ragatanga": Retorno do Rouge vai além do flashback - Entretenimento - BOL Notícias”. noticias.bol.uol.com.br. 2018年3月21日閲覧。
  94. “Quem - NOTÍCIAS - As cinderelas do pop”. Revista Quem. http://revistaquem.globo.com/Revista/Quem/0,,EMI35085-9531,00-AS+CINDERELAS+DO+POP.html. 
  95. “Quem - NOTÍCIAS - As cinderelas do pop”. Revista Quem. http://revistaquem.globo.com/Revista/Quem/0,,EMI35085-9531,00-AS+CINDERELAS+DO+POP.html. 
  96. Venha conferir como estão as meninas do Rouge atualmente”. www.fatosdesconhecidos.com.br. 2018年3月21日閲覧。
  97. Muito mais que "Ragatanga": Retorno do Rouge vai além do flashback - Entretenimento - BOL Notícias”. noticias.bol.uol.com.br. 2018年3月21日閲覧。
  98. Rouge: brilho do pop - Zoeira - Diário do Nordeste”. Diário do Nordeste. 2018年3月21日閲覧。
  99. 'Esse sonho ainda tem muita potência', diz Aline sobre reencontro do Rouge”. www1.folha.uol.com.br. 2018年3月21日閲覧。
  100. (ブルトン語) Anitta tieta Li Martins, ex-Rouge, e relembra hits do grupo no programa de Sabrina Sato na Record!. http://www.purebreak.com.br/noticias/anitta-tieta-li-martins-ex-rouge-e-relembra-hits-do-grupo-no-programa-de-sabrina-sato-na-record/23043. 
  101. “De biquíni, Anitta se diverte ao cantar ‘Beijo molhado’, da Rouge, em karaokê com amigo”. Extra Online. https://extra.globo.com/tv-e-lazer/musica/de-biquini-anitta-se-diverte-ao-cantar-beijo-molhado-da-rouge-em-karaoke-com-amigo-14923339.html. 
  102. "Bailando": Veja a reação de Pabllo Vittar, Aretuza Lovi e Gloria Groove ao ouvir o novo single do Rouge em primeira mão!”. portalpopline.com.br. 2018年3月21日閲覧。
  103. ISTOÉ Gente”. www.terra.com.br. 2018年3月21日閲覧。
  104. “Tiago Abravanel posa com meninas do Rouge e festeja: "Estão de volta"”. revistaquem.globo.com. https://revistaquem.globo.com/QUEM-News/noticia/2017/10/tiago-abravanel-posa-com-meninas-do-rouge-e-festeja-estao-de-volta.html. 
  105. “‘Rouge’ grava com Fernanda Souza para o ‘Vai, Fernandinha’”. Sessão TV.br. http://sessao.tv.br/2017/11/08/rouge-grava-com-fernanda-souza-para-o-vai-fernandinha/. 
  106. ANO 2002 – Pro-Música Brasil”. pro-musicabr.org.br. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  107. Os 20 Discos Brasileiros mais Vendidos de Todos os Tempos | Bilesky Discos”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  108. Os 22 Discos Brasileiros mais Vendidos de Todos os Tempos”. ABRAMUS (2017年6月20日). 2019年3月9日閲覧。
  109. Novas fotos mostram bastidores do reencontro do Rouge”. Multishow (1 de outubro de 2012). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  110. “Elas voltaram! Rouge apresenta o TVZ Ao Vivo desta quarta (7) - TVZ - Programas - MULTISHOW”. MULTISHOW. http://multishow.globo.com/programas/tvz/materias/elas-voltaram-rouge-apresenta-o-tvz-ao-vivo-desta-quarta-7.htm. 

外部リンク[編集]

  • Sítio oficial
  • Sítio oficial (arquivado no Wayback Machine, 22 de janeiro de 2004)
  • Rouge - Facebook
  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)
  • Rouge (rouge) - Instagram


This article "Rouge" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:Rouge.