米谷實久

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 米谷 實久(まいや さねひさ、1876年(明治9年)8月2日 - 1945年(昭和20年)9月6日)は、旧陸奥国米谷村(現:宮城県登米市東和町米谷)の村社・鹿島神社20代目祠官(社掌)である。明治39年、米谷村の「鹿島神社」は、秈荷神社(ぜんかじんじゃ)に合祀されたため、米谷實久は最後の社掌となる。社掌とは、旧制での神職の職名で、神社における祭祀(さいし)をつかさどる神職の長のことで「祠官、神主、宮司」といわれる。

【経歴】[編集]

年 月 日 出 来 事
 明治 9年 8月 2日  宮城県登米郡米谷村生まれ
 明治25年12月26日  相続により、20代目鹿島神社社掌を継承する。
 明治26年 4月 6日  8等司業を拝受
 明治34年 5月15日  村から町へ「町制施行」により、米谷町日面に本籍地変更。
 明治39年12月28日  鹿島神社廃絶。20代目社掌の米谷實久は、社掌失職。

 村社鹿島神社と村社諏訪神社の2社を、秈荷神社に合祀。

 諏訪神社社掌が、秈荷神社の社掌に。


 ☆秈荷神社は、古来一定の祠官が無く、代々、村社の鹿島神社と諏訪神社の

   2社が社掌を兼務していた。

 ☆失職後は上京、静岡、東京市内の本所、三河島、荒川区尾久等を住居とする。

 昭和 2年 1月 4日  東京府東京市本所区向嶋中の郷町に転籍。
 昭和18年10月     米谷正九郎へ家督相続する。
 昭和20年 2月     荒川区尾久から、千葉県松戸市馬橋へ 疎開
 昭和20年 9月 6日  千葉県松戸市馬橋にて逝去

       妻:米谷 ヨシ

          生:明治10年10月4日 (宮城県登米郡登米(とよま)村:大槻文助長女)

          没:大正12年6月19日 (東京府北豊島郡三河島町)

【鹿島神社(鹿島神宮寺)の歴史】[編集]

    社格:村社  祭神:武甕槌命(たけみかずちのみこと)

時 代 年 号 記 事
 白鳳時代  和銅元年(708年)  万巻大聖人が、鹿島山神宮寺を開祖した
 平安時代  延暦21年(802年  坂上田村麿が、蝦夷征討軍の根拠地(後の米谷城)から引き上げるときに、

御神体を祭った社殿を造営して、家臣の米谷氏に守護させた。

 鎌倉時代  永仁元年(1293年)  葛西左馬尉重直が、米谷村宮前の地に鹿島神社を勧請したと伝えられる。
 南北朝時代  正平元・延文5年

  (1360年)

 円海法印が、鹿島神宮寺と称した神仏習合の修験道場に改宗して、神社の興隆を図り、

鹿島神社の 中興の祖になったと伝えられる。米谷氏の世襲により相続された鹿島神社は、

その後、神仏習合のままで、明治維新まで続いた。


☆ 20代米谷實久の弟・実清は” 法螺貝(ほらがい)”を代々所持していたことから、

   鹿島神宮寺は、修験道の修験者(山伏)の系統と考えられる。

 明治時代  明治元年(1868年)  明治政府より、神仏分離令が布告され、鹿島神宮寺は神社」として独立し、

村杜鹿島神社と改められ、当時の18代神職の常善院天隆は、

復飾【還俗】(げんぞく)を命じられ、米谷宮帆を名乗る。

   同  明治39年(1906年)  神仏分離から39年目に、村杜鹿島神社と村杜諏訪神社の2社を村杜秈荷神社に合祀。

諏訪神社の社掌が、秈荷神社の社掌に任命され、村杜鹿島神社は廃絶し、

20代社掌米谷實久は失職する。


☆ この年は全国の約4割の「神社」が合祀された…これは日露戦争の戦費調達のために

  行われたという。

☆ 廃絶後の神具や文書・資料は、弟・実清の家系(中田町)に保管されている。

【歴代社掌・神職】[編集]

 歴 代   法号・氏名  生・没 年月日 備 考(僧官・僧位、他) *中興以前は不詳
中興初代  常善院 圓海     生没年月日不明   1360年(南北朝時代)   開祖600年後の”中興の祖”
  2代  常善院 圓弘    生没年月日不明
  3代  常善院 勝尊    生没年月日不明
  4代  常善院 亮舜    生没年月日不明
  5代  常善院 宥覧    生没年月日不明
  6代  圓藏院 宥傳    生没年月日不明
  7代  威徳院 規澄    生没年月日不明
  8代  常善院 秀豊    生没年月日不明
  9代  般若院 三澄    生没年月日不明
  10代  金剛院 舜清    生没年月日不明
  11代  威法院 榮澄    生没年月日不明   1656年三宝荒神社の”別当”になる  (大寺の寺務を総括した僧)
  12代  金剛院 榮源  生不明~没:1705.閏4.10   権大僧都・法印(追贈)
  13代  常善院 榮尊    生没年月日不明
  14代  常善院 榮順    生没年月日不明
  15代  常善院 亮榮    生没年月日不明
  16代  常善院 宥範  生不明~没:1830.9.19   権僧都・法印
  17代  常善院 天隣    生没年月日不明   1851年 導師
  18代  常善院 天隆

 米谷 宮穂

 生不明~没:1879.?.?   1868年 神仏分離令  <王政復古>

  復飾【還俗】(げんぞく)

  19代  米谷 泰治 生:1843.1. 8~没:1892.12.20    少講義、7等司業 (旧姓・渥美泰治)

  18代米谷宮穂の三女すゑと婚姻、宮穂の養嗣子となる

  20代  米谷 實久 生:1876. 8. 2~没:1945. 9. 6   鹿島神社廃絶、最後の社掌

  【経歴】 参照

  -  米谷 正九郎 生:1907. 2.21~没:1992. 7.31   1943.10.22、家督相続・戸主継承となる(荒川区尾久)

  妻・冨美枝(旧姓・佐藤)  共に千葉県松戸市馬橋で逝去。

  子供は、“5男2女” 神官を引き継ぐことなく、それぞれ独立          

【関連事項】[編集]

・神宮寺[編集]

    • 奈良時代頃から、寺が、「神社」に付属して置かれるようになった(神仏習合)

    • 社僧を置き、寺務の統括を行う。  ☆社僧とは、神社に所属して仏事を行う僧。

    • 神護寺、別当寺、宮寺、神宮院・・・とも呼ばれる。

    • 明治元年(1868年)、明治政府より神仏分離令により、神社、寺院として独立、あるいは、廃絶した神社も多い。

・秈荷神社[編集]

     社格:村社  祭神:経津主命(ふつぬしのみこと)、倉稲魂命(くらいねたまのみこと)

     合祀:・賀茂神社(祭神・別雷命) ・神明社(祭神:天照皇大神) ・秋葉神社(祭神:加具土命)

     (ぜんかじんじゃ)   宮城県登米市東和町米谷字秈荷56

・法印の称号[編集]

      修験道《奈良時代初頭の「役小角」(えんのおずぬ)、を祖とし、護摩(ごま)を焚き、呪文を唱え、

     祈祷をして、難行・苦行を行って、霊験を得る山岳信仰》の、修験者(山伏)の尊称としても用いられた。


・『米谷』という国内の地名や、読み方について[編集]

     <地 名>

        • 奈良県奈良市米谷町 (大和国添上郡)・・・まいたに

        • 兵庫県宝塚市米谷  (摂津国川辺郡)・・・まいたに

        • 兵庫県宝塚市米谷清 (摂津国川辺郡)・・・まいたにきよし  

        • 宮城県登米市東和町米谷 (陸奥国登米郡)・・・まいや

        • 宮城県遠田郡小牛田町北浦米谷浦 (陸奥国遠田郡)・・・まいやうら


     <読 み>

        こめたに、こめや、よねや、よねたに、まいや、まいたに・・・。

      ☆ 昭和47年までの米谷郷土史編纂委員会の調査による。姓の読みは、日本各地にそれぞれの読みがあって、定かでない。

・東和町米谷(まいや)の地名の由来[編集]

     東和町の東陽寺裏庭には、米谷(まいや)の地名の由来となった、「米渓ヶ泉」と呼ばれる清泉があります。

      『住古この泉より白米を食する僧等がおり里人奇瑞の事と地名の「前谷」を「米谷」と改めた。』米谷(まいや)の地名由来の泉である。

                                            (東和町教育委員会の説明標識と東陽寺HPによる)

     同寺は、仙台藩の伊達騒動「樅の木は残った」で有名な原田甲斐の菩提寺です。

 

・合祀された鹿島神社をルーツとしている、米谷(まいや)姓の人々[編集]

       • 宮城県登米市内 中田町1軒・・・東和町米谷に居住者無し。

       • 千葉県松戸市馬橋から独立して、千葉県、埼玉県、神奈川県に在住。・・・馬橋に居住者無し。


      ☆ 明治時代の戊辰戦争で活躍した、登米市登米(とよま)の本覚寺に墓がある、仙台藩士・米谷吉郎右衛門氏に関わる系統や、

        戦国時代の伊達政宗配下によって謀殺されたという、米谷城城主で葛西氏の家臣・米谷常秀氏に関わる系統、

        および岩手県大船渡市にあるスーパー・マイヤの系統は、本件:陸奥国米谷の鹿島神社の系統に関連するかは不明。


      ☆ 登米市東和町役場にて作成された米谷家系図の資料をもとに確認。

【参考文献】[編集]

    4.1 「東和町米谷郷土史年表」        米谷郷土史編纂委員会  昭和48年3月発行

    4.2 「東和町米谷郷土史年表付録」      米谷郷土史編纂委員会  昭和48年3月発行

    4.3 「東和町米谷家系図」          登米市東和町役場    平成14年8月作成

    4.4  宮城県神社庁 HP

    4.5  弟・実清の家系に保管されている資料


This article "米谷實久" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:米谷實久.