アーベル・ガルルマン

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



アーベル・ガルルマン(1900年3月 - 1945年)はナチス・ドイツ時代のドイツ国防軍の軍人・将校。

経歴[編集]

ガルルマンはベルリン郊外の農家に生まれる。父母共に厳格なカトリック教徒で幼いガルルマンもカトリック教徒であった。

7歳の時にドイツ皇帝のヴィルヘルム2世も参加する式典に父に連れられガルルマンはそこで豪華な装飾品や軍服に憧れを持つようになる。

学校での成績は至って平凡だったが、15歳の頃には父の影響もあってかドイツ帝国への忠誠心を強く持つようになり、将来は軍人になることを夢見ていた。また、当時は第1次世界大戦が始まっており、ロシア帝国に対する憎悪心も高めていった。

タンネンベルクの戦いなどの報道を受けガルルマンはヒンデンブルクやルーデンドルフといったドイツ軍人に強く憧れ17歳の時(戦局が傾いてきて初めて)に遂に従軍を決意し戦争に参加した。

はじめ東部戦線に配属されたガルルマンだったがロシア帝国で革命が起きると西部戦線に配属されその後は皇帝の戦いなどに参加した。ここで戦果を上げ若いながらも勲章を与えられた。しかしドイツは敗北しドイツ革命も勃発。ガルルマンはそれほど共産主義を嫌っては居なかったが皇帝を追い詰め退位させた事には不満でドイツ共産党やソビエト連邦を憎むようになった。

退役していたガルルマンだったがナチスに入党しその後ヒトラー政権が樹立され再軍備宣言が行われると軍役に復帰した。

第二次世界大戦[編集]

ガルルマンはポーランド侵攻に参加した。中隊長として部隊を率いた。ガルルマン中隊はウッチ、ルブリンなどの都市への攻撃で活躍し、鉄十字勲章を受章。少佐に昇進し砲兵師団の師団長を務めることとなった。

独ソ戦でも活躍しガルルマンの砲兵師団は3号戦車がT-34に劣っているのを見て積極的に火力支援に徹しT-34を50両、KV-1を80両撃破するという大戦果を上げた。中将に昇進しフリードリヒ・パウルスの側近となるも独ソ戦線が停滞するとゲーリング国家元帥の命令でガルルマンは西部戦線に参加することとなった。

ドイツの敗北が濃厚になる中でガルルマンはこの責任はヒトラーにあると考え、その権力を別の人物へ移す必要があると考えた。こうしてヒトラー暗殺計画に加担することになった。

しかしこれは簡単に見破られガルルマンは親衛隊に拘束された。一年の期間幽閉されるも結局主犯格でないために許され名誉剥奪で許された。

ヒトラーが自殺しドイツが降伏するとソ連に恨まれているのではという疑念にかられガルルマンは45歳の若さで服毒自殺した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

  • ドイツ国防軍史
  • ナチスの戦争
  • 物語 ドイツの歴史


Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "アーベル・ガルルマン" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:アーベル・ガルルマン.