神田聖子

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

神田 聖子
本名 池永 昌代[1]
生年月日 (1967-10-30) 1967年10月30日(54歳)
出身地 大阪府枚方市
血液型 B型
最終学歴 武蔵野音楽大学音楽学部器楽科有鍵楽器専修ピアノ科卒業[1]
公式サイト 神田聖子オフィシャルサイト
受賞歴
#受賞参照
テンプレートを表示

神田 聖子(かんだ せいこ、1967年10月30日[1] - )は、大阪府枚方市出身のものまねタレント[1]。本名・池永昌代(いけなが まさよ)[1]。東京都在住[2]。血液型B型[1]。身長157センチ、体重46キロ[1]。松田聖子のみを演じるスタイルのショーや、音楽大学卒業クラッシック出身による、圧倒的な歌唱力によるショー構成は、当時のものまね界で話題になり神田聖子が写真集を発売した後、程なくして、松田聖子ものまね芸人が多数出現する、という現象を巻き起こした[要出典]

来歴[編集]

1967年、大阪府枚方市出身[1]。京都・華頂女子高校音楽科卒業後、上京[1]。1990年、武蔵野音楽大学音楽学部器楽科有鍵楽器専修ピアノ科卒業[1]。芸術学士[1]

クラッシックピアノは池永宮子・山岸領子・梅谷明・中川和義らに師事。ポピュラー・歌謡曲等は、西村誠・野田浩平らに師事。銀座プティットセリーズ時代の西村誠氏は、神田のクラッシックの発声から、歌謡曲の発声に切り替えるヒントを与える。野田浩平氏は、神田の発声時に、母音と子音に倍音が含まれる事を定義し、より神田聖子の歌唱力を位置付けた。音大時代に数多くのコンテストに出場[要出典]。音大在学中から銀座のクラブでやってきた弾き語りをしていた[3]

「ミスアイスクリーム・まねドルを探せ」など、自己PRとしてやっていた松田聖子のものまねが好評だったことから、「じゃあ、これを仕事に」と考えものまねタレントとなった[要出典]

1990年、「特番ものまね大賞」(TBS)にてグランプリを獲得[3]。デビュー後、5人のものまね芸人らと「クリソッツ」というユニットを組んで芸能活動を開始[3]。その活動が話題を呼び、1995年には業界初のそっくりタレントによるヘアヌード写真集『聖子』を出版。約7万部のベストセラーとなり社会現象となった。しかし、その社会的にダーティな部分のみが取り上げられ、孤立を余儀なくされひっそりと移籍後、1997年に個人事務所を設立する[要出典]

1999年にコージー冨田・原口あきまさ・ツートン青木・ゆうたろう・みはるらとミレニアムものまねショーで、全国ツアーにレギュラーとして参加[要出典]また、HiBiKi(郷ひろみ等のものまね名人)あっち幾三・ほいけんた・白咲姫香・はまだまみ、ら特定のタレントそっくり芸を売りとする芸人等とジョイントライブも積極的に行う[要出典]

2019年5月、ブルースシンガーソングライターとして再始動したフリーロックアーティストの優多歌を神田聖子の総合音楽プロデューサーに迎え、新たにカナリーノ音楽事務所とする。また、2019年8月28日にリリースされた優多歌のファーストアルバム『Time Limit Blues』のプロデュースを担当[要出典]

尚、神田聖子が演じるものまね聖子ショーに関しては、別の芸名を使い分けたり用途に合わせて別の芸名に変えて演じる事は一切無い[要出典]

近年では、悪性腫瘍・癌撲滅キャンペーンに強い意志意向を示し、ピンクリボンキャンペーンを中心に山田邦子率いるスター混声合唱団の一員として参加[4][5][信頼性要検証]

出演[編集]

  • 特番そっくり大賞(1990年度、グランプリ受賞)(司会・神田正輝)
  • アッコにおまかせ!
  • 池中玄太83キロ さよならスペシャル(芸能人新婦役)
  • 木曜ゴールデンドラマ
  • 中華電視「電視連合国」
  • 24時間テレビ
  • ものまねバトル大賞
  • 爆笑そっくり紅白歌合戦
  • ルックルックこんにちは
  • ヤミツキ
  • ものまね名人大賞
  • たかじん胸いっぱい
  • 走れガリバーくん
  • ミュージック・エンタ(松田聖子御本人と共演)
  • おネプ!
  • スーパーモーニング
  • 笑っていいとも(バラエティコーナー2回出演)
  • サンデージャングル
  • 全日本そっくり大賞(テレビ東京、グランプリ受賞、Ryu(山野井隆)とデュエット、ダブル受賞)
  • ギルガメッシュないと
  • 愛ラブSMAP(松村邦洋とSMAPメンバー全員と爆笑コント)
  • クイズタレント名鑑(松田聖子ものまね芸人隊一員として)
  • ダラケ! 〜お金を払ってでも見たいクイズ〜 第1回ダラケ!ものまね王座決定戦「松田聖子ダラケ!」(2016年5月12日、優勝)

映像作品[編集]

  • Seiko スキャンダルヘアヌード(1995年5月、VHS、スカイキューブ発行、リーガル出版発売、ISBN 4898030378)
    • (1985年7月、LD、アイダス、LM-37)
  • バーチャル聖子 [本当の真実の愛](1995年9月、LD、アイダス、LM-274)
  • スキャンダラス(1998年10月、VHS、ディーエムシー、VS-014)

写真集[編集]

  • 聖子 神田聖子写真集(1995年1月、撮影:ジェイ・オオタ、ハートデラックス発行、桜桃書房発売、RG-037、ISBN 4756701590)
  • 聖子アナザーサイド(1995年5月、フォトCD、ジャニス)
  • 聖子アナザーサイド(1995年5月、CD-ROM、ジャニス)
  • イノセント・ラブ(1995年8月、フォトCD、ジャニス)

受賞[編集]

  • 特番そっくり大賞(1990年、TBS、グランプリ受賞)[3]
  • 全日本そっくり大賞(テレビ東京、グランプリ受賞・Ryu(山野井隆)とデュエット、ダブル受賞)[6][信頼性要検証]
  • ダラケ! 〜お金を払ってでも見たいクイズ〜 第1回ダラケ!ものまね王座決定戦「松田聖子ダラケ!」(2016年5月12日、優勝)[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 神田聖子Profile”. 神田聖子オフィシャルサイト (2008年9月23日). 2019年12月1日閲覧。
  2. 神田聖子さんのプロフィールページ”. Amebaプロフィール. 2019年12月1日閲覧。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 『テレビ・タレント人名辞典 第3版』 日外アソシエーツ、1997年7月25日、304頁。モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 4-8169-1441-2 
  4. 山田邦子さん団長♪スター混声合唱団♪に参加”. 神田聖子オフィシャルブログ (2017年3月27日). 2019年12月1日閲覧。
  5. ピンクリボン活動inおおみや”. 神田聖子オフィシャルブログ (2019年9月17日). 2019年12月1日閲覧。
  6. 神田聖子活動内容”. 神田聖子オフィシャルサイト (2008年8月21日). 2019年12月1日閲覧。
  7. “7人の“松田聖子”が集結 痛みに耐え、根性で熱唱する”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年5月11日). https://mdpr.jp/news/detail/1583968 2019年12月1日閲覧。 

関連項目[編集]

  • ものまねタレント一覧

外部リンク[編集]


This article "神田聖子" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:神田聖子.