海老沢由紀

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

日本の旗 日本の政治家
海老沢由紀
生年月日 (1974-02-08) 1974年2月8日(48歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
出身校 千里金蘭大学短期大学部
法政大学法学部
前職 プロスノーボーダー
広告代理店社員
森下仁丹会長秘書
衆議院議員秘書
所属政党 (旧日本維新の会→)
日本維新の会/大阪維新の会

Flag of Osaka, Osaka.svg 大阪市会議員
選挙区 東成区選挙区
当選回数 1回
在任期間 2019年4月 - 現職
テンプレートを表示

海老沢 由紀(えびさわ ゆき、1974年2月8日 - )は、日本の政治家、元プロスノーボーダー。大阪市会議員(1期)。

経歴[編集]

大阪府大阪市出身[1]。金蘭短期大学卒業後[2]、プロスノーボーダーを目指し、1997年にはスノーボードクロス日本チャンピオンとなる。プロ選手引退後は広告代理店の社員[2]や森下仁丹の会長秘書を務めた[3]。2011年には「国民的美魔女コンテスト」のファイナリストに選ばれた[1]

2012年3月、橋下徹が塾長を務める維新政治塾に第1期生として入塾、応募総数3326人中69人に選ばれ、同年12月の第46回衆議院議員総選挙では夫の実家が水戸市であった縁により[1]茨城1区から日本維新の会公認(みんなの党推薦)として立候補し落選した[4]

2013年6月23日に行われた東京都議会議員選挙では日本維新の会より公認候補(世田谷選挙区)として立候補し、落選した。

2017年7月2日に行われた東京都議会議員選挙に日本維新の会より公認候補(町田市選挙区)として立候補し、落選した。

2018年法政大学法学部を卒業。また、この頃衆議院議員秘書を務めた[5]

2019年4月7日に行われた大阪市議会議員選挙に大阪維新の会より公認候補(東成区選挙区)として立候補し、当選した。

2022年4月9日、日本維新の会が第26回参議院議員通常選挙東京都選挙区に海老沢を擁立すると発表[6]

政策・主張[編集]

憲法・皇室[編集]

  • 憲法改正に賛成[2][3]
  • 改憲による一院制に賛成[2]
  • 女性宮家の創設に反対[2]

経済[編集]

  • 「当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだ」という意見にどちらかと言えば反対[3]
  • 消費税の10%への引き上げはやむを得ない[2][3]
  • 環太平洋パートナーシップ協定に賛成[2]

安全保障[編集]

  • 普天間飛行場は名護市辺野古へ移設すべきだ[2]
  • 今後の国際情勢によっては日本の核武装を検討すべきだ[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • 海老沢由紀 website
  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "海老沢由紀" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:海老沢由紀.