安賽泰史

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 安賽 泰史 (あんさい たいし、1981年1月5日- ) は日本の小説家。作品は『アンドロギュノス[1]

経歴[編集]

1981年東京都生まれ。マサチューセッツ大学大学院経営学修士課程在学中。

中高一貫のキリスト教主義学校出身。これまでに社会人キャリアを八年海外で積み、上海、シンガポール、ニューヨークでの勤務を経験[2]

日本語、英語、北京語を話す。

アンドロギュノス 』は著者が大学在学中に執筆したものに加筆改稿したもの。

作品[編集]

アンドロギュノス 』 出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎

単行本   

   出版年月日 2016/10/18

文庫本   

   出版年月日 2019/1/15

内容紹介[編集]

<作品紹介>

閉ざされた孤島に立つ全寮制のミッションスクール。 そこで交差する、秘密を抱えた少年たちの孤独と罪。性とは? 死とは? 生命とは?

俗世から隔絶された孤島にそびえ立つ、全寮制の聖東学院。 そこに通う少年レイは、日々同級生との間にある「ズレ」を感じて過ごしていた。そんなある日、校医の亜佐美から自分の身体の秘密を知らされ彼の日常は一変する。 その頃、レイの同級生水野もまた誰にも言えない秘密を抱えたまま一人で生きていた... どこにも行けない彼らが出会ったのは運命か、それとも悲劇か―現 代のタブーに問いかける異形の⻘春群像劇。


内容(「BOOK」データベースより)

閉ざされた孤島に立つ、全寮制のミッションスクールで交差する少年たちの孤独と秘密。ジェンダー、セックス、宗教、そして命の重さ...神の無言の怒りに触れた少年の罪は赦されるのだろうか。現代のタブーに問いかける異形の⻘春群像劇。

内容紹介[編集]

俗世から隔絶された孤島にそびえ立つ、全寮制の聖東学院。

そこに通う少年レイは、日々同級生との間にある「ズレ」を感じて過ごしていた。

そんなある日、校医の亜佐美から自分の身体の秘密を知らされ彼の日常は一変する。

その頃、レイの同級生水野もまた誰にも言えない秘密を抱えたまま一人で生きていた…

どこにも行けない彼らが出会ったのは運命か、それとも悲劇か―

現代のタブーに問いかける異形の青春群像劇。

インタビュー[編集]

テーマのひとつは、聖母マリアが処女懐胎をした医学的背景を考察する事で、神話的なおとぎ話ではなく、現代科学的見地でも可能性を説得させること。

テーマのもうひとつは、様々なものに白黒をつけたり、境界線を引いたりする世の中に、「線引きなんて本当に意味のあることなのだろうか」という思い。

出典[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]


This article "安賽泰史" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:安賽泰史.