国家社会主義ドイツ学生同盟

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



国家社会主義ドイツ学生同盟
Nationalsozialistische Deutsche Studentenbund
NSDStB Allgemeine Flagge.svg
ナチ学生同盟の旗
略称 NSDStB
設立 1926年
解散 1945年
公用語 ドイツ語
議長 バルドゥール・フォン・シーラッハ(1928年)
グスタフ・アドルフ・シェール(1936年)
関連組織 国家社会主義ドイツ労働者党
テンプレートを表示

国家社会主義ドイツ学生同盟(こっかしゃかいしゅぎドイツがくせいどうめい、ドイツ語: Nationalsozialistische Deutsche Studentenbund、略称 NSDStB)は国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の学生組織であり、1926年に設立された。他の党組織と同様、同盟はナチズムのイデオロギーに従い組織化され既存の学生諸団体を吸収していった[1]

1933年以前[編集]

国家社会主義ドイツ学生同盟(ナチ学生同盟)は、当時の学生組織に足場を築くことが困難となっていた。特に、学生同盟は当初、グレゴール・シュトラッサー、オットー・シュトラッサー兄弟を中心としたナチス左派の思想に基づいていたため、その性格は反ブルジョア・反資本主義的であった。

しかし、1928年にバルドゥール・フォン・シーラッハが学生同盟の指導を引き継ぐと、伝統的な他の学生団体からメンバーを募るなど組織の拡大に成功を収めた。しかし、こうした同盟による勧誘に多数の抗議が生じていた。たとえば、1930年5月「ドイツ軍団誌(Deutschen Corpszeitung)」は、同盟の党と政治イデオロギーに基づいた組織の性格を非難し、警告を発していた。それにもかかわらず、ナチ学生同盟は1931年1月に『ケーゼン長老修道院協会(Kösener Senioren-Convents-Verband)』の抗議にも関わらず、『全ドイツ決闘自治会(Allgemeine Deutsche Waffenring)』に参加した。しかし、8月には両者の反発により離脱している。

しかし、その後も同盟は躍進を続け、旧理事会からの強い抵抗にも関わらず、 1931年7月のグラーツでの学生大会で『ドイツ学生協会(Deutschen Studentenschaft : DSt)』の執行部を掌握した。協会の前議長、ハンス・ハインリッヒ・シュルツは、別れの演説で、全体主義を主張する同盟を激しく非難し、次のように述べている。

特定の政党が学生組織に独占的に印を付けている現在、もはや学生組織について話すことはない。

1932年7月に、ドイツ学生協会の事実上の解体が完了した。ケーニヒスベルクでの学生大会では、代表者がナチ学生同盟の褐色シャツの制服を着て参加した。同盟は、全国ほぼすべての大学で『一般学生委員会(Allgemeiner Studierendenausschuss : AStA)』のヘゲモニーを掌握していた。

ナチ学生同盟の影響力の拡大は、学生による政治運動の高まりや、授業のボイコットや、教員に対する暴力沙汰などの学生による過激な運動の勃興から見て明らかであった。こうした活動においてナチ学生同盟は先頭に立って行動していたので、他の民族主義団体の学生組織や多数の企業などから支持を集めるようになった[2]

1932~33年の冬、ナチ学生同盟は一般学生委員会の選挙での得票が大幅に減少した。また、ナチ学生同盟の過激な権力志向に対する抗議が再び起こり、協力的な関係にあった企業団体などもこうした同盟の姿勢に激しく反発し、ナチ党の権力掌握の直前に独自の大学学生会による政治組織を設立した。

1933年1月30日にアドルフ・ヒトラーが首相に就任すると、ナチ党の全体主義的な権力主義から身を守るこの試みも時代遅れとなった。

1933年以降[編集]

焚書を訴えるドイツ学生協会のリーフレット

ナチ党の権力掌握後、同盟は『ドイツ学生新聞(Deutschen Studenten-Zeitung) : 後に『運動(Die Bewegung)』に改題)を発刊し、全国的なジャーナリズムを形成していた。

1933年4月、同盟の指導の下にある各学生団体は、各地で『非ドイツ的精神』に対する行動を宣言し、マルティン・ルターの『95ヶ条の論題』を模した『12ヶ条の論題』が配布された。

1933年5月の初め、トランペットの鳴り響く中、同盟によって煽動されたベルリンの学生は、1919年に設立された科学研究所を占拠した。学生らは、図書館から文学作品などの本を収奪し、オラニエンブルガー通り(de)の学生寮に集められた。そこには他の図書館から集められた本もあり、一部は力ずくで盗まれたものもあった。5月10日の深夜、学生寮から本の一部がブランデンブルク門を通ってオペルン通り(Opernstraße)に向かう列車に運ばれ、いわゆる焚書として燃やされた。焚書の会場ではヨーゼフ・ゲッベルスが学生に向けて演説を行い、これらの行動は、1933年中に他の大学などでも同様に行われた。

ベルリンのヴィルヘルム通り(de)を行進するナチ学生同盟(1934年2月7日)

ゲッティンゲンでは1934年、同盟議長のアルベルト・デリヒスヴァイラー(de)に煽動された学生と伝統的な学生団体との抗争が勃発していた。 1935年9月の初めに、ケーゼン長老修道院協会は「アーリア化への原則的な実施」を自発的に実施しなかったため、学生団体の自治会から除名された。

1935年、『学生自治会共同体(Gemeinschaft Studentischer Verbände : GStV)』が設立され、国務長官兼首相官房のハンス・ハインリヒ・ラマースがその指導者となった。これにより、1935年10月20日までに、伝統的な学生諸団体との関係は崩壊した。

組合か企業か、政治的人種か非政治的ペリシテかという問題は、学生をあらゆる決断の前に置くという我々の意志により、交渉や議論の時代は終わりを告げた[3] — アルベルト・デリヒスヴァイラー ― 『民族物見』

1936年に、ナチ学生同盟は全ての学生団体を解散させた。同年、グスタフ・アドルフ・シェールが全国学生指導者(Reichsstudentenführer)に任命され、あらゆる学生組織は統一された。

戦後の1945年10月10日の管理理事会法第2号により、ナチ学生同盟は連合国によって禁止され、その財産は没収された。

ギャラリー[編集]

歴代議長[編集]

  • ヴィルヘルム・テンペル(de) ― (1926年~1928年)
  • バルドゥール・フォン・シーラッハ ― (1928年~1932年 : 1931年以降より全国青年指導者)
  • ゲルト・リューレ(de) ― (1932年~1933年)
  • オスカー・シュテーベル(de) ― (1933~1934年 : 臨時議長)
  • アルベルト・デリヒスヴァイラー ― (1934年~1936年)
  • グスタフ・アドルフ・シェール ― (1936年~1945年)

脚注[編集]

  1. Strafgesetzbuch: § 86a Verwenden von Kennzeichen verfassungswidriger Organisationen, auf: dejure.org.
  2. Michael Grüttner: Nationalsozialistische Gewaltpolitik an den Hochschulen 1929–1933, in: Jahrbuch für Universitätsgeschichte 21 (2018), S. 183–195.
  3. Hermann Emil Kuenzer: Aus meinem Leben, Teil III. Frankenzeitung (Corps Franconia Tübingen), Nr. 157, S. 121–134.

参考文献[編集]

  • Anselm Faust: Der Nationalsozialistische Deutsche Studentenbund. Studenten und Nationalsozialismus in der Weimarer Republik, 2 Bde. Düsseldorf 1973. ISBN 3-7895-0153-0 und ISBN 3-7895-0152-2.
  • Michael Grüttner: Studenten im Dritten Reich, Paderborn 1995. ISBN 3-506-77492-1.
  • Michael Grüttner: Nationalsozialistische Gewaltpolitik an den Hochschulen 1929–1933, in: Jahrbuch für Universitätsgeschichte 21 (2018), S. 179–201.
  • Holger Zinn: Hochschulpolitik am Ende der Weimarer Republik: Der NSDStB Marburg, sein Aufstieg und seine Bedeutung im hochschulpolitischen Spektrum bis 1933, in: Einst und Jetzt. Jahrbuch des Vereins für corpsstudentische Geschichtsforschung, Band 50 (2009), S. 325–384.

関連項目[編集]

  • 民族共同体
  • 階級協調
  • 強制的同一化
  • ヒトラー・ユーゲント(ナチ党の青少年組織)
  • マルティン・ハイデッガー

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "国家社会主義ドイツ学生同盟" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:国家社会主義ドイツ学生同盟.