Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

北澤孝太郎

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
きたざわ こうたろう
北澤 孝太郎
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
出身校 神戸大学経営学部
職業 東京工業大学大学院特任教授、レジェンダコーポレーション取締役、著述家、営業研究家、研修講師

北澤 孝太郎(きたざわ こうたろう、1962年9月23日- [1] )は、東京工業大学大学院(MBAクラス、営業戦略、組織担当)の特任教授[2]。レジェンダコーポレーション取締役、著述家、営業研究家、研修講師である[3][4][5]

人物[編集]

京都の白生地店の老舗 槌屋萬右衛門(名字は北澤)の10代目として生まれる[3]。家は、代々、京都御所御用達の大店を営んでいたが、父(9代目北澤萬右衛門)の代になって写真商に商売変えした[6]。ヴィアトール学園洛星中学高校では野球部に所属しレギュラーとして活躍。1978年京都府中学軟式野球選手権で優勝。1980年秋季京都府高等学校野球大会で決勝リーグ進出の経験がある。1981年4月に神戸大学経営学部に進学。大学時代は体育会空手道部に所属。経営学部では田村正紀ゼミ(マーケティング、流通システム論)のゼミ幹として活躍。大学卒業後、1985年大学時代よりアルバイトをしていた株式会社リクルートに入社。2005年、親交のあった現株式会社シグマクシスの会長の倉重英樹、社長の富村隆一に誘われ、日本テレコム(現ソフトバンク)に転身。執行役員法人営業本部長、音声事業本部長などを歴任。その後、モバイルコンビニ株式会社取締役社長、丸善株式会社執行役員、フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社VPなどを経て、2015年4月に、東京工業大学大学院理工学研究科 特任教授に就任。MBA科目である「営業戦略、組織」を担当。営業を学問にした授業を行っている[7]。自ら提唱する「北澤モデル」をベースに、大企業から中堅中小企業に至るまで研修を実施している[8]。兼任で採用アウトソーサーのレジェンダコーポレーションの取締役に就任。『人事部長の想い切りトーク』のインタビューアとしても活躍中[9]。趣味で嗜む小唄は菊地芳月師匠の下で名取り(菊地萬月)。日本小唄連盟賛助会員による演奏会にも出演している[10]。また、登山では、日本100名山に40峰以上登り、キリマンジャロのウルフピーク登頂にも成功している[11]

経歴[編集]

  • 1962年 、京都市に生まれる[4][3]
  • 1981年 、ヴィアトール学園洛星高等学校卒業[3]
  • 1985年 、神戸大学経営学部卒業[4][3]
  • 1985年04月 、株式会社リクルートに制作担当(コピーライター)として入社。
  • 1998年10月 、同、採用、教育の大手営業部門の責任者となる。
  • 2001年04月 、同、学び事業(高校生の大学進学と「ケイコとマナブ」に代表されるスクール事業)の中部地区(のちに関西も)を担当。中部大学人文学部コミュニケーション学科にてキャリア学の非常勤講師となる。
  • 2005年04月 、日本テレコム(現ソフトバンク)第一営業本部長に就任。
  • 2006年04月 、執行役員営業本部長となり、その後執行役員音声事業本部長を歴任。
  • 2008年04月 、モバイルコンビニ株式会社 取締役社長に就任。
  • 2010年10月 、丸善株式会社 執行役員に就任。
  • 2013年04月、 フライシュマンヒラードジャパン バイスプレジデントに就任。
  • 2015年04月、東京工業大学大学院理工学研究科特任教授に就任。兼任で採用アウトソーサー会社であるレジェンダコーポレーションの取締役に就任。

著書[編集]

  • 『営業部はバカなのか』 新潮社 2014年10月

  2014年10月22日日本経済新聞新書部門ベストセラ―第一位[12]

  • 『優れた営業リーダーの教科書』 東洋経済新報社 2015年9月
  • 『人材が育つ営業現場の共通点』 PHP研究所 2016年7月
  • 『営業力100本ノック』 日本経済新聞出版社 2017年9月
  • 『頂尖業務培訓手冊:從心態養成到價值、風格創造徹底訓練!』(譯者 蘇聖翔)台灣東販股份有限公司 2018年3月[13]

  『営業力100本ノック』が台湾語に翻訳され台湾で出版

  • 『経営参考BOOK 誌上研修 お客さまをガッチリつかむ!営業力養成講座』 みずほ総合研究所 2018年4月
  • 『まんがでわかる 営業部はバカなのか』(原作:北澤孝太郎 マンガ構成:西尾竜一 作画:菜々月) ゴマブックス 2018年11月
  • 『マンガ営業力100本ノック』(著:北澤孝太郎 シナリオ:西尾竜一 作画:藤山浩伸)日本経済新聞出版社 2019年2月
  • 『「場当たり的」が会社を潰す』 新潮社 2019年3月

  本書の一部が2020年明星大学経営学部の入試問題として出題された。 [14]

  • 『サラリーマン人生100本ノック プロとして働くためのトレーニング』  日本経済新聞出版社 2020年2月

雑誌[編集]

  • 東洋経済(東洋経済新報社)2017年6/3号『営業リーダーが創る優れた営業戦略・戦術とは何か』
  • 東洋経済(東洋経済新報社) 2017年12/9号『営業改革 進化する営業リーダーの役割』
  • BOSS(㈱経営塾)2019年3月号『営業の達人モノを売る極意とは』
  • Liberty(幸福の科学出版)2019年3月号『勝ちグセ「営業組織の作り方」』[15]
  • THE21(PHP研究所)2020年3月号『部門間対立を乗り越え、組織の「全体最適」を目指す』[16]
  • 『SQUET』(三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱)2020年5月号『市場が縮小しているいまこそ会社一丸で顧客接点に集中せよ』
  • 月刊『理念と経営』(コスモ教育出版㈱)2020年10月号「変える」営業(第1回)『コロナ禍に求められる営業スキルとは何か』[17]


出演番組[編集]

  • Lovocハッピー経営塾(渋谷クロスFM 2018年1月4日)ゲスト出演 [18]
  • 本の雑談プレミアム(日経ラジオ社 ラジオNIKKEI第1 2019年4月3日・10日 11:35 - 12:00)『「場当たり的」が会社を潰す』について後藤裕二(新潮社編集者)と共演[19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found


This article "北澤孝太郎" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:北澤孝太郎.

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。