リモーネ先生

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
人物
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
YouTube
チャンネル
活動期間 2007年-
ジャンル ゲーム実況
音楽
登録者数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
総再生回数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年9月1日時点。
テンプレートを表示

リモーネ先生(リモーネせんせい)は、ニコニコ動画で活動する男性の歌い手、ゲーム実況者、生放送主である。

人物・来歴[編集]

声真似や歌ってみたの動画を投稿しながら、ゲーム実況や生放送での活動を主に行っている。活動サイトは主にYouTube、ニコニコ動画、OPENREC、Mildomなど。主に声優・神谷浩史がCVを務めるキャラクターの声真似が得意で、多くの声真似動画が投稿されている。

声優である花江夏樹とは花江夏樹が高校生(16才)の時からの友人であると、YouTubeで発言している。

語録[編集]

・『ブトゥーカ』

2020年7月2日のMildom配信内で、ゲーム仲間であるしるこから勧められた「週刊ヤングジャンプ」連載の「バトゥーキ」の作品名を「ブトゥーカ」と言い間違えたことから始まる。作品の内容が気になったリスナーが「ブトゥーカ」を検索をするもヒットせず、似た言葉のタイトルである「BTOOOM!」の間違いではと指摘されたが否定した。その後にリモーネ先生当人が「バトゥーキだった」と発言し、記憶が曖昧で間違っていた事を認めた。その後勘違いから生まれた「ブトゥーカ」という造語を当時聞いていた多数のリスナーが気に入り、チャット欄にその単語がよく書きこまれる事となった。
2020年7月3日の配信では「ブトゥーカ」がTwitterトレンドの6位にまで入った。しかし実際に意味を持たない単語である「ブトゥーカ」とは一体何なのかという話題になり、チャット欄ではあらゆる議論が交わされた。最終的に「ブトゥーカ」は都市伝説形態が採用され、リモーネ先生曰く“午前3時55分から午前4時の間、手鏡の横に携帯を置き手鏡に向かってブトゥーカと連続して5分間唱え続けると、バグで時計がおかしい数字を示すようになり、また携帯電話の待受に異変が起こり異次元へ連れて行かれる”という話になった。
しかしその単語の定義は未だ曖昧かつ不正確で、配信を切る際には「ではさようなら、ブトゥーカ!」で締まり、挨拶など色んな場面で使われる。
2020年7月5日配信のマインクラフトのプレイ中に遭遇したパンダに付けた名前で、2020年8月1日配信でネザー経由で家に運ぶ途中不慮の事故で圧死してしまう。なお、その後ネザー経由で連れてきたパンダ2匹をティティとチャチャ、その2匹の間に生まれたパンダにブトゥーカと名付けた。

外部リンク[編集]


This article "リモーネ先生" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:リモーネ先生.