ヤスタケ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
ヤスタケ
本名 山口 安威 (やまぐち やすたけ)
別名義 ヤスタケコレクション
生年月日 (1979-03-16) 1979年3月16日(43歳)
出身地 日本の旗 日本
血液型 AB型
言語 日本語
方言 共通語、関東方言
出身 NSC東京校8期
トリオ名 ちんぺい (2013年 - 2016年)
ラフコン (2016年 - 2018年)
活動時期 2003年-
同期 スリムクラブ
尾形貴弘(パンサー)
ジョイマン
銀シャリ
ジャルジャル
秋山賢太(アキナ)
プラス・マイナス
野田クリスタル(マヂカルラブリー)
過去の代表番組 芸人同棲
他の活動 カメラマン (チームカジサック)
配偶者 未婚
テンプレートを表示

ヤスタケ (1979年3月16日 - ) は、元吉本興業所属のお笑い芸人。

現在はフリーで、主にYouTuber・カジサックのチャンネル「カジサックの部屋」のカメラマンとして活動している。

略歴[編集]

NSC東京校8期生。トリオ経験後、ヤスタケコレクションという名前でピン芸人として活動する。その後テレ朝動画のドキュメンタリー番組『芸人同棲』内でちんぺいという漫才トリオを結成するが、2016年3月に脱退。2016年5月にラフ・コントロールというコンビに加わりラフコンと改名してトリオで活動するも[1]2018年3月にヤスタケが脱退する形でトリオ解消、吉本興業を退社する。

所属フリーとなった後はMC業を経てカジサックのカメラマンを手伝うようになり、コラボ動画の撮影で知り合ったヒカルの後押し等もあり2019年5月から専属スタッフとして活動するようになる[2]。またカメラマンであると同時に声の人・笑い役であり、笑いの空気によっては取り直しを行う場合もある重要なポジションを担っているが、その相槌や笑い方はフジテレビプロデューサーの近藤真広に絶賛されている[3]

人物[編集]

趣味はスニーカー集めで、Oggi.jpで【ヤスタケのSNEAKER ROOM】を連載している[4]
またファッションセンスが評価され、アパレルブランド・S◯XSOCKSのポップアップストアで一日店長を努めたこともある[5]

中学から大学までバスケットボールをしており、その中でNIKEのエア・ジョーダンを好きになったのがスニーカーを集めるようになったきっかけだという[6]

カジサックチャンネルに参加する以前よりキングコングの梶原雄太とは親交があり、梶原の勧めでベビーシッターの資格を取得している[7]

ダウンタウンの浜田雅功とも親交があり、芸人を引退してからも食事や新年会に呼ばれるなどしている[6]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

  • カジサックのじゃないと! (2019年4月5日 - 、くまもと県民テレビ) - 準レギュラー

インターネットテレビ[編集]

  • 芸人同棲 (2012年11月20日 - 2013年5月21日、テレ朝動画)

ラジオ[編集]

  • カジサックのオールナイトニッポン0 (ZERO) (2019年11月9日、ニッポン放送)

YouTube[編集]

  • カジサック KAJISAC
  • カジサックの小部屋
  • カジサックのゲーム部屋

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ラフ・コントロールに新ツッコミ加入、トリオ名「ラフコン」で再出発” (2016年5月27日). 2019年11月8日閲覧。
  2. YouTuberカジサックさんとついにコラボ!初出しトーク連発【50万人突破記念】19:42〜”. 中田敦彦のYouTube大学 (2019年7月27日). 2019年7月27日閲覧。
  3. 【真実】めちゃイケとはねトびについて驚愕の真実が 26:18〜”. カジサック KAJISAC (2019年10月26日). 2020年4月9日閲覧。
  4. スニーカーマニア【ヤスタケのSNEAKER ROOM】男子からも褒められる♡ 女子が最初の1足買うならこれ!”. Oggi.jp (2019年6月22日). 2019年9月18日閲覧。
  5. カメラマン ヤスタケが人気アパレル店で1日店長をしました”. カジサックの小部屋 (2019年8月11日). 2019年8月11日閲覧。
  6. 6.0 6.1 YASUTAKE”. atmos (2020年3月13日). 2020年4月9日閲覧。
  7. とうじとかんな2人で秘密トーク 4:42〜”. カジサックの小部屋 (2019年12月19日). 2020年4月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


This article "ヤスタケ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ヤスタケ.