Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

山口トンボ

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

山口 トンボ
誕生 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
職業 放送作家
タレント
活動期間 NUTS (2000年 - 2002年)
代表作 カジサックの部屋
オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。
ガチャムク
活動期間 2000年-
テンプレートを表示

山口 トンボ (やまぐち トンボ、1979年7月16日 - ) は、日本の放送作家。元吉本興業所属のお笑い芸人で、YouTuber・カジサックのチャンネル「カジサックの部屋」では声の人・カメラマンとしても携わっている。 ピカイチチャンネルのピカゴローの声もやっている

略歴[編集]

NSC名古屋校の11期生。友近、ムーディ勝山、チーモンチョーチュウ、ガリガリガリクソン、中川パラダイス(ウーマンラッシュアワー)、とにかく明るい安村などと同期になる。2000年4月に横井剛と漫才コンビ・NUTSを結成、2002年に解散。その後佐藤あんまきと漫才コンビ・けんだまを結成するも再び解散、放送作家へと転身する。

YouTuber・カジサックのチャンネルにはチームカジサックの一員として2018年10月のデビュー当初より携わっており、動画にも度々登場している[1][2]

人物[編集]

キングコングとはメ〜テレ『キングコングのあるコトないコト』で構成を担当した頃からの付き合いで、その後も一緒に仕事をすることが多い。「トンボ」という芸名も西野亮廣による命名である。

涙もろい部分があり、カジサックチャンネルでは「はじめてのおつかい[3]」や「100万人登録記念生配信[4]」等の動画で号泣している。またお調子者な部分もあり、毎週キングコングで度々指摘されている[5]

YouTuberの人脈も広く、カジサックチャンネルに縁のあるゲストを招聘することもある[6]

2019年9月から交際している12歳年下の一般女性と2020年8月に婚約した。

担当番組[編集]

テレビ番組[編集]

  • オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。(2012年4月8日 - 、中京テレビ)
  • ガチャムク (2018年7月8日 - 、BSフジ)
  • おぎやはぎのハピキャン 〜キャンプはじめてみました〜 (2019年4月25日 - 、メ〜テレ)
  • キングコングのあるコトないコト (2009年10月27日 - 2014年3月28日、メ〜テレ)

インターネット番組[編集]

  • 猫舌SHOWROOM (2018年6月19日 - 、SHOWROOM)
  • 恵比寿マスカッツ 真夜中の運動会 (2019年10月1日 - 、AbemaTV)
  • 会議を見せるテレビ (2015年10月31日 - 2017年6月24日、ニコニコ生放送)
  • 恵比寿マスカッツ 真夜中のワイドショー (2017年11月9日 - 2019年8月27日、AbemaTV)
  • カジサックの笑顔でハイタッチ (2020年1月24日 - 1月26日、AbemaTV)

ラジオ[編集]

  • 出会いの渋谷 (2017年4月12日 - 2018年3月7日、渋谷のラジオ) - パーソナリティ兼任[7]
  • カジサックのオールナイトニッポン0 (ZERO) (2019年11月9日、ニッポン放送)

YouTube[編集]

  • 毎週キングコング[8]
  • カジサック KAJISAC
  • カジサックの小部屋

*フィッシャーズ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

  • 山口トンボ (yamaguchitombo07) - Instagram
  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "山口トンボ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:山口トンボ.