ゆりつん

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

ゆりつん
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
出身地 日本の旗 日本
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
学歴 相模女子大学中学部・高等部
昭和音楽大学
昭和音楽大学大学院修士課程
職業 歌手

ゆりつん(1995年10月25日 - )は、日本の女性アイドル、DJ。4人組アイドルグループ・作者Qのメンバー。担当カラーは「炸裂イエロー」。グループの運営や作詞を担当している。

略歴[編集]

桐光学園寺尾みどり幼稚園に通っていた頃にはピアノを習い始めていた。

相模女子大学小学部、相模女子大学中学部・高等部を卒業。小学生時代は鼓笛隊の活動でパーカッションを担当していた。

昭和音楽大学音楽学部音楽芸術運営学科舞台スタッフコース、2年次にアートマネジメントコースに転科し、卒業。

2021年、昭和音楽大学大学院修士課程(音楽研究科音楽芸術運営専攻アートマネジメントコース)を卒業。

小学生時代に小澤征爾、中学生時代にUVERworldの影響を強く受け、音楽業界への就職を志している。

高校生時代に学生向けフリーペーパーに掲載されたことがきっかけでローカルCMに数本出演している。

自らの鍵盤楽器、弦楽器、打楽器の演奏について、2020年のSHOWROOM配信中に「真剣に取り組んでいる楽器はドラム」と答えている。

ライブハウスでの活動[編集]

2015年、studio aya撮影会に所属し活動する。

同年9月13日、東京・渋谷CHELSEA HOTELにてバンド「厨二病」のボーカルとして初ライブ出演。

バンドのメンバーとして、東京のライブハウスに出演した他、岩手・the five morioka、愛知・今池3STAR、大阪・アメリカ村DROP、千葉・DOMe柏等に出演した。

ReVision of Sence、FABLED NUMBER、Xmas Eileen、ANARCHY STONE、ANGRY FROG REBIRTH等との対バン形式が多かったが、DJイベントへの出演をきっかけにDJとしての活動も始める。

2016年1月12日、東京・渋谷GARRETでのワンマンライブに出演したのち、バンドを脱退している。脱退までに自主制作盤のミニアルバムを2枚手売りしていた。

その後は、女性アイドルのライブやDJイベントを中心にソロ活動を続け、DJをしながらオリジナル曲を歌うライブが多くなる。

2019年、アイドルグループ「Que.」に加入。2020年11月1日、グループ名が「作者Q」に改名される。

ライブハウスでの活動を続ける他、サーキットイベントにも多数出演。2021年にはタワーレコード渋谷店にてCDを販売。

自主制作盤の1stアルバム「1st act.」、他CD2枚をリリース。

作詞を担当した曲は「Who」「未完:私小説」であり、後者の曲ではMVの考案や構成担当をしている。

職歴[編集]

学生時代は、都内の音楽スタジオやライブハウスでアルバイトをしていた。

ライブイベントの制作スタッフとして経験を積み、これまでに複数の女性アイドルグループのマネジメントを担当している。

趣味・エピソード[編集]

  • 「ゆりつん」は中学生時代のあだ名であり、そのまま芸名になった。
  • 芸術祭やクラシックコンサートにボランティアスタッフとして参加している。

脚注[編集]


This article "ゆりつん" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ゆりつん.