LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ 2

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索
LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ 2
Lego Marvel Super Heroes' 2 '
ジャンル アクションアドベンチャーゲーム
対応機種 PlayStation 4
Nintendo Switch
Xbox One
Windows
開発元 TT Games
発売元 ワーナー・ブラザース
Feral Interactive (OS X)
人数 1 - 4人
発売日 アメリカ合衆国の旗 2017年11月14日
日本の旗 2018年1月22日
対象年齢 CERO:B(12才以上対象)
コンテンツ
アイコン
暴力・犯罪
テンプレートを表示

LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ 2』(Lego Marvel Super Heroes 2 )は、2017年に発売されたアクションアドベンチャーゲームで、TT Gamesが開発し、ワーナー・ブラザースよりPlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One、Windows用ソフトとして発売された。OS X版のみFeral Interactiveからの発売となっている。日本ではこのうち、PlayStation 4、Nintendo Switchで2018年1月22日に発売された。

概要[編集]

『レゴシティ アンダーカバー』(以下前々作)のように大部分がレゴブロックで作られたオープンワールドの世界を舞台に、アベンジャーズやファンタスティック・フォー、X-メンなどマーベルのスーパーヒーローたちを操作し、地球征服を狙うドクター・ドゥームやロキらを始めとするヴィランたちの野望を阻止する。舞台となるのはアメリカのニューヨークシティ・マンハッタンで、前々作のように各地に散らばるコンプリートアイテムを集める事ができる(但し前々作と違いレゴブロックアイテムは無く、これは従来のレゴゲームシリーズと共通している)。Wii U版は前々作同様、マップがゲームパッドに常時表示される仕様となっている。広さは前々作と比べて狭く、背景には映っているがストーリーをクリアしても開放されない橋が存在する(永久に終わらない工事作業で封鎖中という設定である)。ゴールドブロックの数は前作『LEGO ムービー ザ・ゲーム』から大幅に増え、250個となった(但しやはり前々作よりは数が少ない)。この個数は次回作や、国内未発売の次々回作にも引き継がれたが、2015年11月5日に国内発売された『LEGO ジュラシック・ワールド』で久しぶりに個数が変更され275個となった。

登場キャラクター[編集]

操作可能なキャラクターは総勢150体。ストーリーを進めると、ヴィラン側のキャラクターも操作することが可能となる(一部のヴィランキャラクターは、100%クリアを目指すためには必要となる)。

ヒーロー[編集]

アイアンマン(声:藤原啓治)
キャプテン・アメリカ(声:丸山壮史)
ハルク
スパイダーマン(声:猪野学)
ソー(声:藤真秀)
ホークアイ
ブラック・ウィドウ
ニック・フューリー(声:手塚秀彰)
デアデビル(声:小山力也)
ゴーストライダー(声:大塚明夫

ヴィラン[編集]

ロキ(声:江藤博樹)
アボミネーション(声:麦人)
サンドマン
ドクター・オクトパス
グリーン・ゴブリン
ヴェノム
マンダリン
レッド・スカル(声:小山力也)
M.O.D.O.K.(モードック)

その他[編集]

スタン・リー

外部リンク[編集]


This article "LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ 2" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ 2.