酒類密輸

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



酒暴動 1925年 カナダ、オンタリオ州エルク・レイク(Elk Lake)

酒類密輸(さけるいみつゆ、Rum-running あるいは bootlegging)は、アルコール飲料の輸送が法律で禁止されているところにおける、輸送の違法な事業(密輸)である。密輸は通例、特定の管轄区域内の税法または禁止法を回避するために行われる。『rum-running』という用語は、より一般的には水上での密輸に適用され、『bootlegging』は、地上の密輸に適用される。

bootlegging』という用語は、南北戦争中に始まったと考えられている。そのとき、兵士らはブーツの中あるいはズボンの脚の下にパイント・ボトルを隠すことによって軍キャンプに酒をこっそり入れた。また、PBSのドキュメンタリー『Prohibition』によると、『bootlegging』という用語が広まったとき、何千人もの都市居住者らがフラスコから酒を売り彼らは主要都市と農村地域全体で密輸酒を保っていた[1][2]。『rum-running』(酒類密輸)という用語は、1916年までにおこなわれていた[3]し、アメリカの禁酒法時代(1920年–1933年)に使用されていたし、そのときバハマ西部のビミニからの船は、安いカリブのラム酒をフロリダのもぐり酒場に輸送した。しかしながら、ラム酒の安価は、それを酒類密輸業者らにとって低収益の品目にしたし、彼らはすぐにカナダのウイスキー、フランスのシャンパン、そしてイングランドのジンをニューヨーク市、ボストン、そしてシカゴのような主要都市に密輸するようになったし、そこでは価格が高騰した。一部の船はたった1回の走行で密輸品として20万ドルを運ぶと言われた[誰によって?]

歴史[編集]

酒類密輸スクーナー『Kirk and Sweeney』、密輸品が甲板に積み上げられている

だれかがアルコールを密輸し始めたのは、アルコール飲料に最初の税金が課されてから間もなくのことであった。イギリス政府は、早くも16世紀に密輸業者らを阻止するための「密輸監視艇」("revenue cutters")を持っていた。海賊らはしばしば、重く課税された植民地にラム酒を流して余分な金銭を稼いだ。開拓時代西部およびカナダ開拓時代西部でのアメリカン・インディアンらへの販売を禁止する法律、あるいは1901年から1948年の間にプリンス・エドワード島であったような地元の禁止、その他の理由で酒類の販売が制限される場合があった。

産業規模の密輸は、20世紀初頭のさまざまな時点で、主にオンタリオ州ウィンザーとミシガン州デトロイトとの間でカナダとアメリカとの国境を横切って双方向に流れた。カナダは真の全国的な禁止をけっして持っていなかったけれども、連邦政府は、「戦時措置法」(1914年)に基づいてアルコールを禁止する簡単な手段を諸州に与えたし、ほとんどの州とユーコン準州は1918年までにすでに地元で禁止を制定していた。その年、連邦内閣によって発行された規則が州間の貿易と酒の輸入を禁止した。アメリカの禁酒法は1920年になってようやく始まったけれども、それ以前は多くの州で全州、禁酒法が制定されていた。2年のインターバルで、カナダでの禁止の支持の下を掘るのに十分なアメリカの酒がカナダの中に不法に入ったし、そのためにそれは、1919年のケベックとユーコンから始まり、1930年までにプリンス・エドワード島を除くすべての州を含めて、ゆっくりと持ち上がった。そのうえ、カナダ版の禁止は、輸出用の酒の製造の禁止をまったく含んでいなかった。すぐに闇市場の取引は逆転し、カナダのウイスキーとビールが大量に米国に流れた。ふたたび、この違法な国際貿易は、受け入れ国における禁止への支持の下を掘ったし、アメリカ版は1933年に(国レベルで)終了した。

酒類密輸入の最も有名な時期の1つは、1920年1月16日に禁酒法が開始されたアメリカで始まった。そのとき、修正第18条が発効した。この期間は、1933年12月5日に修正21条の批准によって修正が廃止されるときまで続いた。

当初は、海上で多くの行動があったが、しかし数か月後に、沿岸警備隊は密輸活動の減少を報告し始めた。これがビミニ―バハマのラム酒取引の開始とビル・マッコイの紹介。

酒類密輸犯William S. McCoy、1900年から1920年までのフロリダ地域

禁酒法の開始とともに、キャプテン・マッコイはビミニとバハマ諸島の残りとからガバメント・カット(Government Cut)を通じて南フロリダにラム酒を持ち込み始めた。沿岸警備隊はすぐに彼に追いついたために、彼は違法な商品をアメリカ領海のすぐ外に持ち出し始めたし、より小さなボートらやハバナ・ジョー(Habana Joe)のような他の船長らに、それを岸に運ぶ危険を冒させた。

酒類密輸入業はとても良かったし、マッコイはすぐに競売で『Arethusa』という名前のグロスター・ノックアバウト・スクーナー1隻を購入し、その名前を『Tomoka』に変更した。彼はより大きな補助装置1つを設置し、隠された機関銃1つを甲板に取り付け、船が持つことができる限り多くの密輸品を収容するために下の魚の囲い複数を再装着した。彼女は主にアイルランドのとカナダのウイスキー、その他の高級酒とワインをメインからフロリダまでの港に運ぶ彼の他の2隻の船と一緒に、酒類密輸業者の中で最も有名な人の1隻になった。

酒類密輸入の時代には、船長らは、利益を伸ばすためにボトルに水を追加し、より良い商品としてラベルを付け直すのがふつうであった。しばしば、安価なスパークリング・ワインは、フランスのシャンパンまたはイタリアのスプマンテ(Spumante)になったものであった。ブランド化されていない酒は、最高級のブランドになった。マッコイは、自分の酒にけっして水を加えないことと、トップ・ブランドのみを販売することで有名になった。このフレーズは1882年に印刷されたけれども、これは、「リアル・マッコイ」("The real McCoy")という用語の由来のいくつかの民間語源の1つである。

1923年11月15日に、マッコイと『Tomoka』は、アメリカ領海のすぐ外でアメリカ沿岸警備隊カッター『Seneca』に遭遇した。搭乗隊が乗り込もうとしたが、しかしマッコイは機関銃で彼らを追い払った。 Tomoka tried to run, but Seneca placed a shell just off her hull, and William McCoy surrendered his ship and cargo. 『Tomoka』は逃げようとしたが、しかし、『Seneca』は船体のすぐ外にシェル1つを置いたし、ウィリアム・マッコイは船と貨物を引き渡した。

アメリカ沿岸警備隊カッター『Seneca

ラム・ロウ[編集]

マッコイは、大型ボートをアメリカ管轄区域の3マイル(4.8km)の境界の端に持ってきて、そこで自分の製品を「コンタクト・ボート」ら("contact boats")、地元漁師ら、そして小型ボート船長らに販売するという着想の功績がある。それら小さく速いボートは、沿岸警備隊の船をより簡単に追い越し、小さな川や渦でドックし、貨物を待機中のトラックに移すことができた。それらはまた、フロート飛行機や飛行艇を積み込むことでも知られていた。すぐに他の人々が追随し、3マイル(4.8km)の制限は「ラム・ライン」("Rum Line")として知られるようになり、待機中の船は「ラム・ロウ」("Rum row")と呼ばれた。ラム・ラインは、1924年4月21日の米国議会の法により、12マイル(19.3km)の制限まで延長された。そのため、小型で耐航性の低い船は旅行をするのが難しくなった[4]

ラム・ロウが、沿岸警備隊の唯一の前線ではなかった。酒類密輸船はしばしば、カナダを経由して五大湖およびセントローレンス水路を経由し、西海岸を下ってサンフランシスコとロサンゼルスに行った。カナダからの酒類密輸入もまた、特に1900年代初頭の禁酒法を通して、問題であった。カナダには多くの蒸留所があったし、最も有名な存在の1つはHiram Walkerで、Canadian Club Whiskyを開発した。ニューファンドランド島の南に位置するフランスのサンピエール島・ミクロン島の島々は、アル・カポネ、サバンナ・アンノウン、ビル・マッコイをふくむ有名な密輸業者らが使用する重要な基地であった。メキシコ湾はまた、メキシコとバハマから、テキサス州ガルベストン、ルイジアナ沼地、そしてアラバマ海岸まで走る船であふれていた。群を抜いて最大のラム・ロウは、ニュージャージー海岸沖のニューヨーク/フィラデルフィア地域にあったし、そこでは一度に60隻もの船が見られた。最も注目に値するニュージャージーの酒類密輸犯の1人はハバナ・ジョーであった[要出典]し、彼は夜、平底のスキフ船でラリタン湾の遠隔地に駆け込み、浜辺に駆け寄り、配達し、急いで逃げるのを見ることができた。

そんなに多くの競争で、供給者らはしばしば、自分らの製品を宣伝する大きな旗を掲げ、娼婦らと一緒に船上パーティーを開いて顧客らを引き付けた。ラム・ロウは完全に無法であったし、多くの乗組員は政府の船に対してではなく他の酒類密輸犯らに対して武装したし、彼らはときどき、新鮮な物資を求めてカナダあるいはカリブ海に逃げるのでなく、船を沈め貨物を強奪したものであった。

船舶[編集]

CG-100』、典型的な75フィート巡視艇
酒類密輸船『Linwood』、証拠を破壊するために火をつけられた
パシフィック・コーストの域外酒類密輸船『Malahat』、5本マスト・スクーナー

当初は、酒類密輸艦隊は、スクーナー船『Nellie J. Banks』、遊覧船、そして小型商船のような漁船の寄せ集め小艦隊で構成されていた。禁止が進むにつれて、賭け金はより高くなり、船はより大きく、より専門化した。マッコイの『Tomoka』のような改造された漁船はラム・ロウで待機し、すぐにノバ・スコシアで特注の小型モーター貨物船らが酒類密輸に加わったし、低く灰色の船体、隠されたコンパートメント、そして強力な無線機器を備えていた。例は、ReoIIをふくんでいる。特殊な高速船が船から陸への航行のために、建造された。これらの高速ボートはしばしば、強力な航空機エンジン、機関銃、および装甲板を備えた豪華なヨットとスピードボートであった。しばしば、酒類密輸船の建造者らは、フレッドとミルト・スコピニッチのフリーポート・ポイント造船所のような沿岸警備隊の船も供給した[5]。酒類密輸船らはしばしば、密輸監視船から逃げるために煙幕が必要になった場合に備えて、使用済みエンジンオイルのハンディを手元に置いておき高温のエキゾーストマニホールドに注ぎかけた。

政府側では、酒類密輸追撃隊は、巡視船、沿岸パトロール、およびハーバー・カッターという詰め合わせであった。ほとんどの巡視艇は「6ビット」("six-bit")のバラエティであった。最高速度は約12ノットの75フィートの船。またランチ、港のタグボート、その他の小さな船の詰め合わせもあった。

酒類密輸船は間違いなくより速く、より機動性があった[要出典]。それに加えて、酒類密輸入の船長が年間数十万ドルを稼ぎ得たという事実。それに比べて、沿岸警備隊長官は年間わずか6,000ドルを稼ぎ、船員は週に30ドルを稼いだ[要出典]。これらの莫大な報酬は、酒類密輸犯らが大きな危険を冒すことをいとわないことを意味した。彼らは生命と四肢を危険にさらしながら、夜に、そして霧の中を明かりなしで走った。しばしば[いつ?]、海岸には[どこ?]、暗闇の中を高速で砂州またはリーフに当たった後に沈んだ酒類密輸船からのボトルが散らばっていた。

沿岸警備隊は、仕事を成し遂げるために、ハード・ワーク、偵察、そして大きな銃に依存した。酒類密輸船が裁判の直後に競売で販売され、しばしば元の所有者に戻ることは珍しくなかった。一部の船スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。は、最終的に沈没または退役する前に3、4回捕獲された。そのうえ、沿岸警備隊は他の任務があったし、しばしば沈没船を支援しあるいは別の緊急事態に対処するために、酒類密輸船を手放さなければならなかった[6]

1920年代、1930年代の北ヨーロッパの酒類密輸入[編集]

フィンランド(1919年から1931年までのアルコールの全面禁止)、ノルウェー(1917年から1927年まで20%超のリキュール)、そしてアルコールの販売を大幅に制限したスウェーデンのブラット・システム(Bratt System)におけるアルコール禁止法は、これら3国を国外からのアルコール密輸にとって魅力的なものにした。密輸に使用された主な製品は、中央ヨーロッパ(ドイツ、ポーランド、オランダその他)で生産された精留されたスピリッツであった。アルコールは、ハンブルク、タリン、キール、そして特に自由都市ダンツィヒのような港経由で、非課税の農産物として大型船で合法的に輸出された。アメリカ海岸近くのラム・ロウと同様に、これらの船は通例、公海を離れなかったし、アルコールはより小さなボートに内密に積み込まれたし、それらは目的国に不法に運び込まれた。フィンランドによって導かれた禁制品と戦うためのさまざまな努力にもかかわらず(1925年のアルコール・リキュールの密輸運送の抑制のためのヘルシンキ条約(Helsinki Convention for the Suppression of the Contraband Traffic in Alcoholic Liquors of 1925))、密輸業者らはどうにかして反密輸な諸法を回避した。すなわち、便宜置籍船を使用した[7]

こんにちのアルコール密輸[編集]

複数の理由(税金の回避と最低購入価格をふくむ)のために、アルコール密輸は依然として世界的な懸念事である。

アメリカでは、アルコールの密輸は禁酒法の撤廃とともに終わらなかった。たとえば、アパラチア山脈の諸州では、密造酒の需要は1920年代に史上最高であったが、しかし、乾燥した地域の横行する酒類密輸入の時代は1970年代まで続いた[8]。当時の有名な酒類密輸入者らはもはや実業についていないかもしれないけれども、たとえ小規模にであっても、酒類の密輸入は依然として存在している。バージニア州は、州は違法なウイスキーの密輸によって年間最大2,000万ドルを失っている、と報告している[9]

イギリス政府は、アルコールの密輸活動のために推定9億ポンドの税金を徴収できていない[10]

アブサンは、2007年に合法化されるときまで、アメリカに密輸された[11]。キューバのラム酒はときどき、1960年以来存在する禁輸を回避して、アメリカに密輸されている[12]

脚注[編集]

  1. Mary Murphy. "Bootlegging Mothers and Drinking Daughters: Gender and Prohibition in Butte Montana." American Quarterly, Vol 46, No 2, 1994.
  2. Prohibition (miniseries), Episode 1, "A Nation of Drunkards". Directed by Ken Burns & Lynn Novick. Distributed by PBS.
  3. "rum, n.". Oxford English Dictionary (3rd ed.). Oxford University Press. September 2005.モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。): citing Munsey's Magazine, vol. 58 (July 1916), p. 259, for "rum-running"; and Portsmouth Herald (Oct. 1, 1917), p. 6, for "rum runner".
  4. Kelley, Katie (October 1, 2014). “Episode 28 Rum Runner”. A History of Central Florida Podcast. http://stars.library.ucf.edu/ahistoryofcentralfloridapodcast/29/ 2016年1月30日閲覧。. 
  5. History Alive:Rumrunners, Moonshiners and Bootleggers Trivia and Quotes (television). History Channel.. (2007年2月23日). http://www.tv.com/history-alive/rumrunners-moonshiners-and-bootleggers/episode/988813/recap.html?tag=episode_header;recap 2011年3月11日閲覧。 
  6. "X-boats War On Smugglers" Popular Mechanics, August 1932
  7. Mitter, Adrian (2019). “Rum Runners of the Baltic — The Rise of Transnational Liquor Smuggling Networks in Interwar Europe” (PDF). Zeitschrift für Ostmitteleuropa-Forschung / Journal of East Central European Studies 68 (4): 527–550. https://www.zfo-online.de/portal/index.php/zfo/article/view/10687/10691 2020年11月10日閲覧。. 
  8. Peine, Emelie K.; Schafft, Kai A. (2012). “Moonshine, Mountaineers, and Modernity: Distilling Cultural History in the Southern Appalachian Mountains”. Journal of Appalachian Studies 18: 98. 
  9. Moonshine in Virginia creates loss of $20 million: Havocscope Black Markets”. 2010年4月17日閲覧。
  10. Alcohol smuggling in the United Kingdom: Havocscope Black Markets”. 2010年4月17日閲覧。
  11. Asimov, Eric (2009年5月13日). “Absinthes to Go Mad Over”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2009/05/13/dining/reviews/13wine.html?pagewanted=all 2012年1月27日閲覧。 
  12. Swift, Aisling (2008年5月24日). “Two charged with smuggling Cuban rum, cigars into Southwest Florida”. Naples Daily News. http://www.naplesnews.com/news/crime/two-charged-smuggling-cuban-rum-cigars-southwest-f 2015年2月27日閲覧。 

読書案内[編集]

  • Allen, Everett S. The Black Ships: Rumrunners of Prohibition. Little, Brown. 1979. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-316-03258-1.
  • Carse, Robert. Rum Row.
  • Cohen, Daniel. Prohibition: America Makes Alcohol Illegal. Millbrook Press. 1995.
  • Frew, David. Prohibition and Rum Running on Lake Erie (The Lake Erie Quadrangle Shipwreck Series, Book 4) Erie County Historical Society; 1ST edition (2006) モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-883658-48-9.
  • Gervais, Marty. The Rumrunners: A Prohibition Scrapbook. Biblioasis. 1980, Revised & Expanded 2009. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。978-1-897231-62-3.
  • Hunt, C. W. Whisky and Ice: The Saga of Ben Kerr, Canada's Most Daring Rumrunner. Dundurn Press. 1995. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-55002-249-0.
  • Mason, Philip P. Rumrunning and the Roaring Twenties: Prohibition on the Michigan-Ontario Waterway. Wayne State University Press, 1995.
  • Miller, Don. I was a rum runner. Lescarbot Printing Ltd. 1979.
  • Montague, Art. Canada's Rumrunners: Incredible Adventures and Exploits During Canada's Illicit Liquor Trade. Altitude Publishing Canada. 2004. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-55153-947-0.
  • Moray, Alastair. The diary of a rum-runner. P. Allan & Co. Ltd. 1929, Reprint in 2006. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。0-9773725-6-1
  • Snow, Nicholas. "Law of the Rum-Runners: Self-Enforcement Mechanisms Given Weak Focal Points". Grove City College. October 2007.
  • Steinke, Gord. Mobsters & Rumrunners Of Canada: Crossing The Line. Folklore Publishing. 2003. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。978-1-894864-11-4. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-894864-11-5.
  • Willoughby, Malcolm F. Rum War at Sea. Fredonia Books. 2001. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。1-58963-105-6.
  • Mark Thornton, The Economics of Prohibition, Salt Lake City, UT: University of Utah Press, 1991.
  • Yandle, Bruce. Bootleggers and Baptists: The Education of a Regulatory Economist. Regulation 7, no. 3. 1983: 12.

外部リンク[編集]

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "酒類密輸" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:酒類密輸.