浜松同居男性殺害事件

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

浜松同居男性殺害事件(はままつどうきょだんせいさつがいじけん)は、浜松市のマンションで内縁の夫が刺殺された事件。

概要[編集]

浜松市東区のマンションで2009年12月11日頃、胸や背部などを85カ所の刺し傷を負って男性Bが刺殺されていた。この事件では内縁の妻Aが逮捕された。

検察側は強固な殺意に基づく犯行としてAを起訴したが、Aは正当防衛を主張。2011年2月2日に1審、静岡地裁浜松支部は認知症に似た難病のクロイツフェルト・ヤコブ病を発症していた可能性が高いBから身を守るためだったとして殺意は認定したものの、積極的なものではなかったとして正当防衛を認定。求刑懲役13年に対して無罪判決を下した。検察は控訴を断念して17日に無罪が確定した。

裁判員裁判の殺人事件の無罪確定は初めてで、無罪判決も2例目だった。

脚注[編集]


This article "浜松同居男性殺害事件" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:浜松同居男性殺害事件.