Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

波多野昌昭

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

波多野昌昭
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
教育 青山学院
職業 株式会社DroneFutureAviation代表取締役社長
配偶者 波多野愛奈

[1]波多野 昌昭(はたの まさあき、Masaaki Hatano、1981年3月6日 - )はインドネシア生まれの日本の起業家である。

株式会社BeSomebody 代表取締役社長

株式会社DroneFutureAviation代表取締役社長

2013年にオンラインプログラミングスクール、株式会社BeSomebodyを起業。

主な提携先はエンジャパン、ベネッセコーポレーション、シェアウィズアクトなど。

2016年、大型のドローンを取り扱う会社として株式会社[2]Drone Future Aviation を起業、200kg以上のペイロードをもつ

ドローンメーカーGriffAviation社のアジア独占販売権を保有。ドローン配送、人命救助、物資輸送などの分野の先端分野に取り組んでいる。[3]

略歴[編集]

[2]インドネシアで生まれ、小学校高学年までオーストラリアで育つ。青山学院大学卒業。タイのチュラロンコン大学院卒業。イギリス資本の「PTSコンサルティング」に就職。

リーマン・ショックを機に退職し、Web・IT系のスタートアップを複数創業したものの殆どはうまくいかず、従業員の給与を払うため自身のカードで可能なかぎり借金をし、厳しい時期を過ごす。

2009年末、偶然知り合ったインドのガーガンシン「ハーバード大学出身、元ペンタゴンITエンジニア」と漫画「ドラゴンボール」のつながりで意気投合、

その後漫画専用YouTube[VizMedia]を創業する。2011年頭に同社を小学館へ売却、しばらく放浪の旅にでる。

2011年、楽天入社。海外スタートアップ企業とのアライアンスを担当。このとき世界中の優秀なスタートアップのCEOと会いプログラミングの大切さを知る。

実は楽天にいながらプログラミングのスクール作る準備をしていたらしい。

2014年、リクルートホールディングス入社。投資部門にて国内外の教育関連投資も担当。

副業としてオンライン教育サービス、BeSomebodyや航空機のキャビンアテンダント向けスケジュールアプリSorasukeを提供するSorasuke Inc.を起業。

2016年、大型ドローン事業の会社Drone Future Aviation Inc.を起業。

2016年、オンラインスクールBeSomebody、熊本県の地震被災地住民のIT教育を無償化[4]

影響を受けている人[編集]

リチャード・ブランソン、ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、スティーブ・ジョブズ、大地舜

趣味[編集]

カイトサーフィン、テニス

住まい[編集]

2017年セーシェル諸島へ移住[5]

出典[編集]

外部リンク[編集]


This article "波多野昌昭" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:波多野昌昭.

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。