松岡広明

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

松岡 広明
人物情報
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
出身校 長崎大学工学部工学研究科
学問
研究分野 ロボット工学
学位 修士
学会 情報処理学会
テンプレートを表示

松岡 広明(まつおか ひろあき、1990年11月24日 - )は、日本の実業家、システムエンジニアである。株式会社レボーン代表取締役社長。第8回RoboCup世界大会準優勝。


人物[編集]

福岡県生まれ、北九州市永犬丸学校出身。父親が明け方に会社から帰って早朝に出社するような経営者だったせいか、自身もとことん熱中するタイプの子ども時代を過ごす。小学生の時よりロボット製作を開始し、北九州市ロボカップ会に所属。また、2004年ポルトガルで行われた第8回RoboCup世界大会に参加し、僅か13歳で準優勝。「学校の授業中はほとんど寝ていて周囲からは白い眼で見られていたのに、世界第2位になった途端に「すごいね、信じてたよ」と言われるようになったので、他人の言うことは信じられなくなり、大人の評価なんて気にしなくなりましたね。」と語る。長崎大学工学部に進学後、主にドローンなどを使った災害時におけるシステムの研究・開発を行う。[1]東日本大震災が起きたと時、大学1年の松岡は自衛隊や米軍よりもいち早く長崎大学保有の水産練習船長崎丸で救援物資を運びつけ、被災者の支援を行った。支援後彼は被災地から長崎に戻り、被災状況などの体験を150人の聴衆を前に、実際に現地に入った時の様子や放射線測定の話などを発表した。「帰ってきたら、非常事態の被災地と日常生活の長崎の差がすごくて混乱した」と語った。[2]世界30カ国以上渡航経験がある。学生時に、早くから最新技術を学ぶため、東芝研究所で学んだ。大学院在学中に株式会社レボーンを創業した。「ロボットには目(カメラ)と耳(マイク)があるのに、鼻がないのが気持ち悪いと思ったのがこの事業のスタートラインでした。」と語る。香りに関するAIシステムやエッジデバイスの研究開発、IoTやハードウェア領域における研究開発やソリューション開発を行う。趣味はダイビング。[3][4][5]

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 2006年3月 北九州市永犬丸中学校卒業
  • 2009年3月 八幡南高校卒業
  • 2013年3月 長崎大学工学部工学部卒業
  • 2015年3月 長崎大学大学院工学研究科修了

職歴[編集]

学会活動[編集]

全学サークル連合会長、長崎大学生協理事、長崎Sip-S 東日本大震災学生団体所属、情報処理学会

論文[編集]

『災害救助活動支援のための飛行型情報共有システム』

受賞[編集]

第8回Robocup世界大会 2位

出演[編集]

  • WBS トレンドたまご

“画像処理”,“自然言語処理”,“匂い解析AI”を用いて、思い出の品と花束をマッチングするシステムを取材

  • NHK「ひるまえほっと」

人工知能を用いたハーブティ制作のプロジェクト"Kaoritabi"を取材

  • NHK-Eテレ「人間ってナンだ?超AI入門」

呼気による個人識別技術の取材

  • テレビ大坂

"キヲクノカヲリ"を取材

  • TBSラジオ「AI時代のラジオ 好奇心プラス」

登壇[編集]

寄稿[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. THE TSUMUJI” (日本語). idealump.com. 2017年11月20日閲覧。
  2. CHOHO Vol.36(夏季号:2011年7月発行)|長崎大学”. www.nagasaki-u.ac.jp. 2020年5月25日閲覧。
  3. 香りAIスタートアップのREVORN、世界No.1の香りデータベースとAIを活用した「iinioi® Project」を開始”. 2018年11月20日閲覧。
  4. 講義資料】Revornにおける研究開発とビッグデータについて”. 2017年12月20日閲覧。
  5. 香り×AI×IoT|レボーン”. revorn.co.jp. 2019年11月16日閲覧。


This article "松岡広明" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:松岡広明.