愷娛端徒

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。愷娛かいゆう テンプレート:Ruby/styles.cssページに内容がありません。端徒だんとぅー
ニックネーム かいくん
生年月日 (1983-02-21) 1983年2月21日(38歳)
出身地 日本の旗 日本
血液型 o型
身長 cm
言語 日本語
方言 京都弁 大分弁 台湾語
師匠 (故)蔡志豪(チャイ・ズーハオ) ‐2000年
出身 Wing1期生
コンビ名 ほうき星
トリオ名 流星群
相方 ゆーすけ
芸風 漫才
立ち位置
活動時期 1997年 -
作品 映画 新生トイレの花子さん(生徒役)で出演
他の活動 ゲームライバー、企業家
ブロガー、詩人
ゲームイベント企画(妃(ふぇい)として活動)
テンプレートを表示

愷娛 端徒(かいゆう だんとぅー、1983年2月21日 - )は、日本の起業家、ゲームライバー、ブロガー。元お笑い芸人。他にも自身のブログを通して詩人として活動していた。 また医学、調理師、機械整備など様々な分野に絡んで知識を身につけた。 またソロでは(妃(ふぇい))としてリスナーを通してゲームアプリなどのイベント企画を行っている。

略歴[編集]

  • 1983年、生まれてすぐ両大血管右室起始症という病気と診断され、すぐさま手術を受ける。後に再発が繰り返され、入退院を繰り返しながら計4度の治療や手術を行うこととなる。(最終的に中学進学前に完治)その時に手術に必要な輸血などで協力をしてくれた周囲の人間たちの殆どが台湾人だったのと、家に来る知人の殆どが台湾人だった為、本人は「ハーフではないが台湾人の血が混じっている」と公言する事がある。
  • 1997年、小学生の頃から幼馴染だった、ゆーすけから「2人で一緒にやれば何でも出来る!」という言葉から、それ以後、二人で様々な事に挑戦している。その時2人を小学生時代から見守っていたのが瀬里奈。また、周囲から「いつも2人は良いコンビ」や「面白いコンビだ!」と言われていた事がきっかけで、お笑いに興味のあったゆーすけの誘いで、ほうき星を結成。その後お笑いの道を目指す。
  • 当初はボケを担当していたが、ゆーすけのボケの良さから、後にツッコミを担当する事になる。
  • 1999年、バイト先の先輩からブログを進められた事がきっかけでブログを始める。これがきっかけになり、今でもブロガーとしての活動を続けている。
  • 2000年、師匠である蔡志豪(チャイ・ズーハオ)が、肺がんの為死去。それにより、暫く立ち直れなかったが、以前から興味を持っていた医学を学ぶ事に専念。外科医に向けて勉強を始める。
  • 2003年、「色んなことをしてみたい」と相方ゆーすけと話し合いの末、個人での経営や様々な活動の規模を広める。
  • 2003年8月、右の鎖骨と右肩関節の骨折して、全治2年と診断されたが、わずか2週間で完治した。これには担当の医師から驚かれたと話している。
  • 2004年8月、当時交際していた彼女と破局をするが、その彼女との間に長女が産まれた為、戸籍には記されてはいないが事実上、愷娛の長女である。これに関しては破局後、相手からの連絡で出産の話を聞いて、愷娛から養育費等の話を持ち掛けたが拒否られたとのこと。その代わり、相手方から「一目見て、抱っこをしてあげて」と「娘に名前をください」の二つだけであった。
  • 2008年、ゆーすけの提案により活動拠点を大阪堂山町に移す。2人でキャバクラを経営する。
  • 2011年、仕事やゆーすけとの活動の両立をしながら、趣味や興味を持った事に対しても専念していたが、「帰ろう、東京へ」と急な発言により、ゆーすけと東京へ戻る。
  • 2019年11月、ゆーすけを誘い、ゲーム配信アプリ『Mirrativ』にてゲーム実況ライバーとして活動を始める。
  • 2020年9月28日、事務所を通じて配信アプリ『17Live』にてゲーム実況配信先を変更。

人物[編集]

愛称はかいくん。昔からの付き合いからはまーくんまぁちゃんと呼ばれている。 幼い頃からの付き合いで、年上の人からは、「まぁちゃん」と呼ばれることが多いとのこと。また「まーくん」と「まぁちゃん」という呼び方は特定の人で、 それ以外は大体、本名やかいくんである。地元の友達からは本名で呼ばれることが多いとのことだが、相方のゆーすけからは、本名や活動に応じての呼び方で 「かいゆう」と呼ばれる。しかし瀬里奈からは本名で呼ばれることが多く、故 蔡志豪からは「愷娛」若しくは「端徒」と呼ばれていた。

  • 興味を持つことが多く、また多趣味である。そのせいか知識に関しては 豊富で万能な才能の持ち主。

「資格を取って 仕事で活かしたいとは思わない。好きな時に辞めて、好きな時にやりたい。」と話していて「俺は自由 がいい」と話している。 また、学んできた才能や能力、知識はむやみに明かさない様にしている。 その理由は「自分の手の内や才能や能力を、わざわざ自分からペラペラ話す筈がない。」と言っていて、またそれ以外の事に関しても自身の事を話すことが少ない。

  • 別名で妃(ふぇい)という名前で活動もしている。

性格[編集]

  • 自由奔放で、また人見知りな性格。様々な面で 知識を持っているが、知識や能力を明かさないことが多く、また 好奇心が強い。
  • 冷静でマイペースな性格で、あまり動じない。相方のゆーあからは、「冷徹で冷血」と自己紹介時に、何度か付け加えられた事がある。[1]
  • ゆーすけと組んでいる時はツッコミ担当だが、普段は天然な性格で、天然ボケと言われている。
  • 宴好きで知られているが、周囲とはあまり関わらない性格で、また人と接することが少ないと言っている。それは「付き合う相手を選んでいる」[1]と言っている。
  • 台湾が好きで「移住したい」とまで言っている。
  • 日本人に対してかなり気嫌いをする事もある。理由としては「過去に俺にした事を思えば当然だ。」と公言している。また日本人に対して差別とも取れる発言をする時もある。
  • 人と会話をする事が少なく聞き手と言っている。人見知りだが「慣れれば五月蝿いほど話す。」と相方ゆーあから言われた。[1]
  • 悪ふざけを時々するが、その度合いが酷い。また『永遠の二十歳』と本人は口にしていて、「一生、少年の心を持っていたい。」と言っている。
  • ONE PIECEの熱狂的なファンで、ONE PIECEに対してはかなりのオタク。また連載されてからずっと見ていて、グッズなどが大量にある。本人曰く「俺の人生の半分以上はONE PIECE。」とまで言っている。 その為ONE PIECEを侮辱する様な人に対しては容赦ない。
  • 怒ると誰であろうと喰ってかかり、更に怒りが頂点に達すると、物を投げたり殴り掛かり、動けなくなった相手を更に気が済むまで攻撃を続ける他、止めに入った人にも危害を加える。 相方、ゆーすけ曰く「キレたら新世紀エヴァンゲリオンの暴走した初号機」[1]と例えた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 “SHOWROOM“『星屑』トーク内より[要文献特定詳細情報]

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "愷娛端徒" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:愷娛端徒.