宇宙を駆けるよだか

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

宇宙を駆けるよだか
ジャンル 少女漫画、学園漫画
漫画
作者 川端志季
出版社 集英社
掲載誌 別冊マーガレット
レーベル マーガレット
発表号 2014年10月号 - 2015年2月号
巻数 全3巻
話数 全15話
テンプレート - ノート

宇宙を駆けるよだか』(そらをかけるよだか)は、川端志季による日本の漫画、およびそれを原作としたドラマ。『別冊マーガレット』(集英社)にて、2014年10月号から2015年2月号まで連載された。単行本は集英社のマーガレットコミックスから全3巻が刊行されている。

あらすじ[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 明るくて容姿端麗な小日向”あゆみ”は、幼馴染で長年の思い人であった水本公史郎こと、”しろちゃん”に告白をされる。家族にも、友達にも、恋人にも恵まれたあゆみは順風満帆とも言える生活を手にし、期待を胸にしろちゃんとの初めてのデートの日を迎える。赤い月が出ている空の下、待ち合わせ場所に向かうあゆみに非通知の電話が掛かる。電話の相手は同じクラスの決して容姿が優れているとは言えない女子の”海根”然子。彼女の自殺予告に驚くあゆみは助けに行こうとするも、ビルから飛び降りる彼女の自殺現場に遭遇する。そして目を覚ますと、あゆみと海根の身体は入れ替わってしまっていた。

彼氏であるしろちゃんに、家族、そして友達まで奪われてしまったあゆみ。周りの誰からも入れ替わってしまった事に気付かれず、その容姿も相まって、みんなから疎まれ虐げられる学校生活を送る羽目になるが、文化祭準備の日、転機が訪れる。学年の人気者でしろちゃんの親友である”火賀”俊平があゆみと海根が入れ替わっている事に気付いたのだ。

元に戻る方法を模索しているうちに距離を近づけて行くあゆみと火賀。そんな二人の前に現れるのは入れ替わりを研究しているという宇金真緒。宇金によれば、入れ替わりをした人物は多数存在し、自身もまた入れ替わりをしたのだと語る。入れ替わりの条件は「赤月の日に行うこと」「なりたい相手に見られていること」「かならず死ぬこと」の三つ。しかし、それと同時に彼女が語るのは「同じことを繰り返しても元には戻れず、どちらかが死んでしまう」という衝撃の事実だった。

登場人物[編集]

小日向 あゆみ(こひなた あゆみ)
演 - 清原果耶
本作のヒロイン。容姿端麗で、家庭環境にも恵まれており、友達も多く、順風満帆とも言える生活を送っている。
人を容姿で判断する事や、容姿に関して全く考えてた事がなかったが、海根と入れ替わることで中身ではなく、人は容姿で決めつけられてしまう事実に苦しむこととなる。幼少期、用具入れに閉じ込められてしまった事が原因で暗所恐怖症。
海根 然子(うみね ぜんこ)
演 - 富田望生
あゆみとは真逆とも言える生活を送っているクラスメイト。太っていて顔も整っておらず、周りからはブスと言われ続け、中学時代からいじめを受け続けている。また父親がある日突然自身と母親を捨てて家を出て行ったっきり戻ってこなくなった。現在は母親と二人でアパートに暮らしているが、その母親からも疎ましく思われており、コンプレックスを抱えている。
火賀 俊平(かが しゅんぺい)
演 - 重岡大毅
学年で人気者の男子。しろちゃんとは親友であり、よくつるんでいる。あゆみに片思いをしているが、打ち明けるより先にしろちゃんがあゆみに告白したため、あゆみに対する気持ちはあったものの、一歩引いていた。しかし、一番最初にあゆみと海根が入れ替わっている事に気付く。
水本 公史郎(みずもと こうしろう)
演 - 神山智洋
あゆみの幼馴染。あだ名は”しろちゃん”。テストでは学年一位の座を獲得するほど勉強が得意なのに加えて、体育の成績もよく、運動も得意。
誰に対しても優しく接する人物で、クラスから虐げられていた海根にも平等に接するなど、所謂八方美人。
火賀ほどではないものの、学年での存在感は大きい。文化祭にて、あゆみと海根が入れ替わっている事に気づくも、あゆみと入れ替わった海根に対し、中身はどうでも良く、その姿のまま戻らなくても良い事を告げる。
宇金 真緒
演 - 関めぐみ
入れ替わりの原因となる赤月を研究している女性。
彼女もまた入れ替わりを経験しており、彼女と入れ替わった相手が元の体に戻ろうとして、そのまま入れ替わりが成功せずに死亡した事から同じことを繰り返しても元には戻れない事をあゆみ達に語る。
海根 京子
演 - 中島唱子
然子の母親。夫に家を出て行かれてからというもの、然子に対しては冷たく接しており、便宜上は自殺未遂を起こした然子に対しては、家に帰ると共に引っぱたくなど、キツく当たっている。
あゆみの母
演 - 霧島れいか
あゆみの母親。ガーデニングが趣味。愛情を込めてあゆみを育てており、彼女の好物であるブロッコリーをたくさん入れたシチューを振る舞う。
あゆみの父
演 - 六角慎司
あゆみの父親。16歳にして、恋人を作り、初デートだという愛娘のあゆみのネックレスを隠す。
稲木 律
演 - 鈴木美羽
土屋 マリア
演 - 久田莉子

ドラマ[編集]

宇宙を駆けるよだか
監督 松山博昭
脚本 岡田道尚
原作 川端志季「宇宙を駆けるよだか」
製作 清水一幸
間宮洋介(Que)
坂本和隆
保原賢一郎
西坂瑞城
飯島章夫(Que)
出演者 重岡大毅
神山智洋
清原果耶
富田望生
関めぐみ
中島唱子
霧島れいか
六角慎司
鈴木美羽
久田莉子
音楽 Ken Arai
主題歌 ジャニーズWEST「アカツキ」
配給 Netflix
公開 日本の旗 2018年8月1日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2018年(平成30年)8月1日に、Netflixオリジナルドラマが公開された。監督は松山博昭。キャッチコピーは「愛されるべきは外見か中身か」。全6話。

外部リンク[編集]


This article "宇宙を駆けるよだか" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:宇宙を駆けるよだか.