学校創立記念誌

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 学校創立記念誌とは、学校の節目となる年に、年表形式の学校沿革史、学校や生徒の集合写真、卒業生・教師・関係者の回顧談、教育委員会や校長・学長や地元の市長・知事・政治家らの祝辞などをもって編纂される学校史あるいは学校書誌のことである。

学校創立記念誌・事業所記念誌と商業出版界[編集]

学校創立記念誌は、学校あるいは学校OBが主体となり編集・発行されている。21世紀のこんにち、利潤追求を目的とする商業出版界は、いわゆる電子書籍・デジタルブックでも出版することが多くなってきた[1]

学校創立記念誌の歴史[編集]

日本に近代的な学校ができたのは、一般的には明治時代以降である。具体的には、明治5年(1872年)当時の文部省が正式に学制を頒布して以降である。しかし、古代・中世・江戸時代においても、もちろん教育機関は存在してきた。古くは、701年(大宝1年)に制定された大宝律令(学令)による大学寮がある。828年(天長5年)弘法大師空海が、日本最初の私立学校・私立大学と言われる綜芸種智院 (しゅげいしゅちいん)を設立した[2]。これはいったん廃校となったが、戦後、学校法人綜藝種智院が種智院大学を設立し、現代大学となった。校名は弘法大師空海の綜芸種智院からとられた。[3]。江戸時代になると、教育機関として寺子屋や藩校などが盛んであった。明治時代以降は、東京帝国大学、京都帝国大学など国立の帝国大学が官学として隆盛を極める一方、私立大学も次々と勃興した。第二次世界大戦後、1946年(昭和21年)、新憲法が発布された年に、当時の文部省が「新学習指導要領」を発表、いわゆる「六・三制」を制定した。それ以降、小学校・中学校だけではなく大学も新設あるいは旧帝国大学等から名称変更して、再出発することになった。しかし、創立記念誌の「創立」は戦前にまで遡ることが多い。確かに、1946年(昭和21年)に学制が戦前とはまったく変わったが、多くの学校は創立の時点を戦前旧学制時代、あるいは幕末明治初頭にまで遡って、創立以来何年と計算している場合が多い。[4]

参考文献[編集]

  • 『日本書籍出版協会 50年史』日本書籍出版協会, ed. (2007), 日本雑誌協会 日本書籍出版協会 50年史, 日本書籍出版協会 (2007-11-21発行), モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-4-89003-120-7 

出典[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

  1. (平成経済)第2部・昭和モデルの崩壊:6 日本アニメ、配信が鍵 ネット時代、米中が覇権(2018年03月04日「朝日新聞」)
  2. 日本国語大辞典(小学館)
  3. 日本大百科全書(小学館)
  4. 『東京大学百年史』(1987年、東京大學編)、『慶應義塾史辞典』(2008年、慶應義塾)等参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1] 社団法人日本書籍出版協会
  • [2] 製本用語解説 日宝綜合製本


This article "学校創立記念誌" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:学校創立記念誌.