プレスラフ文学校

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


プレスラフの玉座の間から残っている柱

プレスラフ文学校(ブルガリア語: Преславска книжовна школа )、別名'' 'プリスカ文学学校' ''または'' 'プリスカ-プレスラフ文学校' ''は、中世のブルガリア帝国で最初の文学学校である。ボリス1世によって、ブルガリアの首都プリスカで885年または886年に設立された。 893年、シメオン1世は、学校の座席を第一次ブルガリアの首都プリスカから新しい首都のプレスラフ(意訳-「大いなる栄光」)に移すが、スヴャトスラフ一世がブルガリアに侵攻した後の972年頃、プレスラフがビザンチン帝国の皇帝ヨハネス1世によって占領、焼き打ちされるのに伴い自然消滅している。

歴史[編集]

古いブルガリア語のアルファベット

プレスラフ文学校は、その存続中はブルガリア帝国内、およびすべてのスラブ人コミュニティの中で最も重要な文学的および文化的中心地だったのであり、 893年までプレスラフのナウムを含む多くの著名なブルガリアの作家や学者が学校を拠点に活動を見せていた。その代表格にはプレスラフのコンスタンチン、エグザクのジョン (Joan Ekzarh)、 とりわけチェルノリゼツ・フラバールなどが挙げられる。学校はまた、ビザンチン文学の翻訳の中心地であり、詩作、絵画、塗装を含む陶芸の拠点でもあった。

学校はキリル文字を開発した:

オーリドの教会員とは異なり、プレスラフの学者はギリシャ語文法にはるかに依存し、現在はキリル文字として知られているスラブの字体に中世ギリシャ語文法を合致させるために、グラゴル文字を放棄した。 [1]

データ化が可能な、最も初期のキリル文字の碑文がプレスラフの地域で発見されたこともこれを裏付た。それらは中世の主要都市と近接するパトレイナ修道院や、現在のシュメン州に位置するラブナ修道院、ヴァルナ修道院のなどで発見されたものである。

ラヴナでは、330の落書きのインスタンスの形で、古いブルガリア語や他の言語で書かれた非常に多くの碑文が見つかった。多くは一般の人々によって書かれたもので、一部は猥褻物もある。キリル文字と他のアルファベットの両方で書かれたものもあり[2] 、ウンベルト・エーコにラヴナを「10世紀の言語研究所」と名付けるよう促した。その他の10世紀のキリル文字に関する重要な遺物は多数の鉛の首飾りの形で発見され、その大部分は、ブルガリア北東部のプレスラフとヴァルナの間の地域から現在のルーマニア南東部まで北に伸びた地域で発掘された [3]

プレスラフ文学校写字室にあった作品が作られた25の教会の遺跡は、プレスラフにあるの教会や修道院を含め、多くは現代の北東ブルガリアにあたる地域に散らばっていた。他にはプリスカ、パトレイナ (Patleina)、それらを含むカーン (Krum)、及びチェルニウツィー (Chernoglavtsi)など現代のシュメン州内のすべての地域である。ヴァルナ県のラブナ、現在はルーマニアに属するドブルジャのムルファトラルなどもこれにあたる [4] [5]

文献[編集]

学校の中心部では、旧ブルガリア語文学の創作が行われ、いわゆる三か国語の擦れ違いを事実上終わらせた[要出典]。修道院で聖書、フラウィウス・ヨセフス、ユダヤ古代誌、アレクサンダー・ロマンスの翻訳が行われていたためでもある[要出典]

参照元[編集]

  • キリル文字
  • 初期のキリル文字
  • 第一次ブルガリア帝国
  • ブルガリアの歴史
  • オフリド文学校
  • キリル文字とグラゴル文字の関係

参考文献[編集]

 

  1. Curta, Florin (18 September 2006). Southeastern Europe in the Middle Ages, 500–1250 (Cambridge Medieval Textbooks). Cambridge University Press. pp. 221–222. https://archive.org/details/southeasterneuro00curt 
  2. Silent Communication: Graffiti from the Monastery of Ravna, Bulgaria. Studien Dokumentationen. Mitteilungen der ANISA. Verein für die Erforschung und Erhaltung der Altertümer, im speziellen der Felsbilder in den österreichischen Alpen (Verein ANISA: Grömbing, 1996) 17. Jahrgang/Heft 1, 57–78.
  3. Curta, Florin, Southeastern Europe in the Middle Ages, 500–1250 (Cambridge Medieval Textbooks), Cambridge University Press (September 18, 2006), p. 222.
  4. "The scriptorium of the Ravna monastery: once again on the decoration of the Old Bulgarian manuscripts 9th–10th c." In: Medieval Christian Europe: East and West. Traditions, Values, Communications. Eds. Gjuzelev, V. and Miltenova, A. (Sofia: Gutenberg Publishing House, 2002), 719–726 (with K. Popkonstantinov)
  5. Popkonstantinov, Kazimir, Die Inschriften des Felsklosters Murfatlar. In: Die slawischen Sprachen 10, 1986, S. 77–106.

外部リンク[編集]


Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "プレスラフ文学校" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:プレスラフ文学校.