作られた「物語」を越えて

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found作られた「物語」を超えて』とは、霊長類学者である山極寿一によって書かれた論理文で、光村図書の『国語3』に掲載された。

内容[編集]

この論理文はまずゴリラが人間によって誤解された事例をあげ、その後人間によって作られた善悪の話を「物語」として語っている。

ゴリラが受けた人間からの作られた物語[編集]

作者は「ゴリラが我々と接しているのは、当たり前であるからにしてこれまでのゴリラが射殺されたり動物園で頑丈な檻に入れられたのはゴリラへの人間が勝手に作り出した『物語』である」とメッセージを伝えた。

歴史[編集]

発見時
ゴリラが作られた物語によって悲劇を受けたのは19世紀の中頃に初めてアフリカでゴリラに出くわしたヨーロッパの探検家達が「ゴリラは好戦的で凶暴な動物である」と解釈したからである。
現代
ニシローランドゴリラの「シャバーニ」はその「鋭い眼光」や「凛々しい表情」から〈イケメンゴリラ〉として話題になった。だが、これも人間の価値観によって作られた「物語」の1つではないだろうか。
映画史
1933年に公開された映画『キングコング』は先述のヨーロッパの探検家の誤解を基に製作された。キングコングがポスターで左手に女性を掴み右手に飛行機を掴んでいるのは先述の人間が作った物語による物だと作者は語る。


This article "作られた「物語」を越えて" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:作られた「物語」を越えて.