オフリド文学校

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


オフリド文学学校で作成された可能性がある写本、グラゴル文字で書かれた古代教会スラヴ語のテキストの初期の例であるコーデックス・アセマニウス

オフリド文学校 (ブルガリア語:Охридската книжовна школа)は、プレスラフ (プリスカ)文学校と並び第一次ブルガリア帝国の2つの文化の中心地の一つであった [1]。学校はオフリド(現在の北マケドニア)に設立され、もう一つの文化的中心地となったデボル(現代のアルバニア)そしてデバルツァ (Drembica)、グラヴィニツァ(Glavinica)と同様、司教 (ヴェリカ)の支配下にあった。すべての学校施設は、クトゥミチェヴィツァ (Kutmichevitsa)として知られている当時の州に集約されている [2]。オフリドの聖クレメントによって、プレスラフ文学校の設立と同時または設立直後に、ブルガリアのボリス1世の命令で886年に設立された歴史を持ち、クレメントが893年にデバルツァの司教 (ヴェリカ)に叙階された後、学校長の地位はプレスラフのナウムによって引き継がれている。

オフリド文学校は、設立当時から12世紀まではグラゴル文字を使用し、9世紀の終わりからはキリル文字も併用する。また 990年から1015年の間、オフリドはブルガリア帝国の首都であり、同時にブルガリア総主教区の本拠地でもあったため強い影響力があった [3]

参考文献[編集]

  1. Steven Runciman, A history of the First Bulgarian Empire, Appendix IX - The Cyrillic and Glagolitic alphabets, (G. Bell & Sons, London 1930)
  2. Florin Curta, Andrew Holt as ed. Great Events in Religion: An Encyclopedia of Pivotal Events in Religious History ABC-CLIO, 2016, モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 1610695666, pp. 446-447.
  3. T. Kamusella and Peter Burke, The Politics of Language and Nationalism in Modern Central Europe, Contributor Peter Burke, Springer, 2008; モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 0230583474, p. 249.

参照元[編集]

座標: 北緯41度06分45秒 東経20度47分27秒 / 北緯41.1125度 東経20.7909度 / 41.1125; 20.7909座標: 北緯41度06分45秒 東経20度47分27秒 / 北緯41.1125度 東経20.7909度 / 41.1125; 20.7909{{#coordinates:}}: 各ページで primary のタグは複数指定できません


This article "オフリド文学校" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:オフリド文学校.