和沙with

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

和沙with(なぎさウィズ)は、日本のシンガーソングライター、女優、東京都出身。身長154cm。血液型B型

来歴[編集]

東京都福生市で産まれる[要出典]。小学生からバレエ・ジャズダンスを習っていた。先生に進められ、お台場P-kiesワンダーランドにてチアダンスに参加、その時の公演がフジテレビの『ひらけ!ポンキッキ』で放送された[要検証]

歌手になるきっかけは元歌手であるCazacyで、中学時代、エイベックスアーティストアカデミーのボーカルコースに1年間通い、詞や曲を作り始めた。

高校生の頃に日焼けサロンに週2、3回通っていた。ヤマハ、着うたサイトメロディックラバーにてイメージガール募集を見て自ら応募し、一般投票で勝ちぬきイメージガールを務める。イメージガール=メロギャルとして雑誌RANZUKI(ぶんか社)に掲載される等、又、スーパーRANZUKIトランスをRANZUKIモデルとメロギャルコラボでCD発売。

2011年4月に和沙withとMalcomとの音楽ユニット「pまほろばq」を結成。

2012年8月31日にpまほろばqを解散し、ソロで活動。埼玉県・千葉県・神奈川県を中心にインストアライブを行い、祭り会場での野外ステージにも参加。

2013年9月、病気療養のため活動を中止。以降は作詞、作曲に専念して復帰を目指した。

2014年4月末日をもって、専属していた事務所シュガー・スポットから業務委託契約に変更。

2014年5月、北海道稚内市の釣りプロ、ラジオパーソナリティ、フィッシングライターとして活動している釣り太郎とともに、音楽・タレント・釣りプロのマネジメント、プロモーション事務所「NTドリーム企画」を開設した。

人物[編集]

性格は喜怒哀楽が激しく、笑い上戸でいったんつぼに入るとなかなか抜けられず、小学校の頃、授業中先生に度々叱られていた。また、多くの人から歌う時に吐息混じりが特徴、声が癒し系と言われている。自身で書いているオリジナル曲の歌詞では、過去に実際経験した切ない恋愛や人生を綴っている、楽曲はユニットのCazacy、ハマモトヒロユキ、宇田さんじに提供してもらっている楽曲も多々ある。

2009年、真熟娘『収穫祭』というコンピレーション・アルバムにてソロデビュー曲となった「熱い吐息」(作詞:Cazacy、作曲:ハマモトヒロユキ)を歌唱。

大の犬好きで、シベリアン・ハスキーを飼っていた。2009年ヨークシャテリア×マルチーズのMIXを飼い始め、溺愛している。

姉が1人いる[1]

作品[編集]

CD[編集]

  • インディペンデントレーベル オムニバス/スーパーRANZUKIトランス。(2006年6月23日)MeLGalとして5曲収録。
  • 収穫祭 (R2 RECORDS/エイベックス・マーケティング 2009年06月10日発売) 真熟娘。ソロ『熱い吐息』が収録されている。2009年6月新星堂1位
  • 歌舞伎町へ行こう!(発売元:Wing、販売元:ファーストディストリビューション 2009年6月3日)
  • ユニット花園小町の『アシタ』収録。2009年6月15日付けオリコンチャート10位。
  • ファーストシングル「愛する君へ」全6曲収録(発売元:PURE LILY WHITE/販売元ファイルレコード)

着うた(R)[編集]

  • 収穫祭 (R2 RECORDS/エイベックス・マーケティング 2009年06月10日発売) 真熟娘。『熱い吐息』ARTIST DELI
  • 歌舞伎町へ行こう! (発売元:Wing、販売元:ファーストディストリビューション 2009年6月3日)花園小町で『アシタ』レコ直
  • ファーストシングル「愛する君へ」「Paradise」「涙の力」全6曲収録(発売元:PURE LILY WHITE/販売元:ファイルレコード)iTunes レコ直

カラオケ[編集]

  • カラオケDAM『アシタ』

出演[編集]

TV[編集]

  • ひらけ!ポンキッキ(1997/フジテレビ) チアガール、ラインダンスに参加。

インターネットTV[編集]

  • 山本晋也のランク10国(2009年04月15日 あっ!とおどろく放送局)
  • やまチャンネルリターンズ(2011年9月14日 あっ!とおどろく放送局)
  • 鳴海だだもれ★~収録風景ナマ放送(2011年10月18日 SugerSpotTV)出演:鳴海なのか、和沙with
  • バラエティ料理番組「なのかふぇ★」(2011年11月5日 SugerSpotTV)出演:鳴海なのか、和沙with
  • 見えちゃうラジオ(2014年7月~10月)出演;釣り太郎、和沙with

雑誌・新聞[編集]

  • RANZUKI(ぶんか社)
  • エイベックス無料音楽情報電子マガジン「beatfreak」avex/256-02号
  • R25(2009年6月)
  • 朝日新聞(東京版)(2009年6月11日)
  • 西多摩新聞掲載
  • 鉄道雑誌 Uu (遊々) RAIL [ユーユー レール](2009年8月29日/モーターマガジン社)
  • フリーペーパーPinhead
  • フリーペーパーPOPUNITED
  • プレス空知(2018年10月3日)

ラジオ[編集]

  • 北海道稚内 エフエムわっかない(FMわっぴ~)『釣り太郎のパワフルラジオ』(2009年~)
  • 埼玉県朝霞すまいるエフエム(2009年/)
  • 馬の耳にヘッドフォン(レインボータウンFM 79.2Mhz)
  • BIG TIMEシリーズ (FMやまと)やまとで777『うぃずてぃーのHOTにmusiccheck!』(2012/4月‐11月)
  • BIG TIMEシリーズ (ラジオNIKKEI)『ラジオNIKKEI生放送 イケてるラジオ!』(2012/12月‐)
  • 発するFM (2018/6/24)
  • FM G’Sky(2018/10/8)
  • FMわっぴー(2018/10/17)
  • 湘南まじっくうぇいぶ(2018/10/23)

舞台[編集]

  • バーチャル社員(2011年8月 劇團コダワリ)(原作:有馬譲 脚本:清水境一・神佑輔 演出:神佑輔 出演:小沼努、鳴海なのか、他)りえ役
  • まさかの坂(2011年10月 劇團アドレナリン21+劇團コダワリ=コダワリン21)(脚本・演出:神佑輔 出演:西条結子、鳴海なのか、白鳥一輝、Azuki、他)萌役
  • 夜に咲く花(2011年12月 劇團アドレナリン21)(脚本・演出:神佑輔 出演:鍛代典佳、西村陽里、鳴海なのか、和沙with、他)プ―子役
  • 劇團チョコリンゴ『BACK STAGE 1959』)(脚本・演出:神佑輔 出演:河野ひかる、岩間香織、鍛代典佳、鳴海なのか、和沙with、他)ミケ役
  • 劇團チョコリンゴ『たそがれウインキー~BACKSTAGE1961」』)(脚本・演出:神佑輔 出演:和沙with、岩崎未来、柳原優、坂本匡在、原えりこ、金子一夫他)主演・香織役
  • アドレナリン21&劇團チョコリンゴ『妖怪奇譚・お菊の願い』)(脚本・演出:神佑輔 出演:石田暁子、和沙with、もりありさ、橘あるひ、チャップ他)早紀役
  • アドレナリン21&劇団チョコリンゴ『悪妻身に付かず』栗島すみこ役(脚本:神佑輔 演出:神佑輔)
  • アドレナリン21第29回公演&劇團チョコリンゴ第17回公演「水銘館炎上」女将役(2013.7. 脚本:神佑輔 演出:神佑輔、鳴海なのか)
  • アドレナリン21&劇団チョコリンゴ『夜に咲く花』早苗役(脚本:神佑輔 演出:神佑輔、鳴海なのか)

ライブ[編集]

  • 2018.10.7 北海道稚内北星学園大学『最北祭』ワンマンライブ
  • 2016.9.13 北海道札幌市 ガチャ 和沙withワンマンライブ
  • 2012.10.6 北海道 稚内北星学園大学『最北祭』ワンマンライブ
  • 2009.1.23 「歌舞伎町ハイジアライブ」(初ライブ)

脚注[編集]

  1. 姉ちゃんの誕生日! - 和沙withブログ「なぎさうぃず」(2011年7月21日)

外部リンク[編集]


This article "和沙with" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:和沙with.