Welcome to EverybodyWiki ! Nuvola apps kgpg.png Sign in or create an account to improve, watchlist or create an article like a company page or a bio (yours ?)...

北島虎

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

北島 虎(きたじま たけし、1948年2月21日 - )は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組の2次団体、二代目杉組組長。

人物[編集]

生い立ち[編集]

1948年(昭和23年)、和歌山県御坊市生まれ。

略歴[編集]

  • 1993年11月に引退した杉重夫初代杉組の組長跡目を継承して直参に昇格した。
  • 元々は和歌山で地盤を構築していたが、二代目を継承すると同時に、和歌山から名古屋に移り急速に組織を拡大させ、全国各地に系列組織を持っている。
  • 名古屋に自らの名を冠した北島ビルがある。

エピソード[編集]

  • あの、神戸淡路大震災のあった直後の早朝、名古屋から1機のヘリコプターが神戸に向かっていた。機上にはそのヘリコプターを急遽チャーターした司忍が乗り込んでいた。目的地は山口組本部である。山口組五代目組長渡辺芳則は、震災直後に本部を心配し、文字通り飛んできた司忍の顔を見て、その行動力と忠誠心に強く心を打たれたものであった。すぐさま二人は大震災の状況を分析して山口組として何をすべきかを話し合った。そして現場の総責任者として名古屋の二代目杉組組長北島虎を指名し、山口組全力を挙げての震災救援活動を開始したのである。北島は司会長の命を受けすぐに名古屋から神戸市灘区の栄公園に到着し、そこを拠点として炊き出し、救援物資の配給などの支援を始めたのであった。北島たちが現地に到着したとき地震の強力なパワーによって建造物全てが破壊され、あたかも空襲爆撃を受けた直後のようであった。山口組の救援拠点とした栄公園には自衛隊の一隊が到着していたが、本部からの何らの指示もなく、隊長は何も手を打つことができず部隊を動かさずにいた。北島は自衛隊隊長と交渉し、まず道路を塞いでいる倒れた電柱などの撤去を指示した。隊長も一民間人の北島の申し出を快く受け入れ、その熱い心に打たれて部隊を動かし道路の確保を行ったのである。この自衛隊に対する北島の的確な指示がなかったら、相当の期間の救援活動が遅れていたことは察しがつくであろう。この後、北島は栄公園キャンプの総責任者として三月半ばまで、極寒のキャンプ内のテントに寝泊りし救援活動を続けるのである。どんな仕事でも率先してやった。髭を生やして少し強面見えるが、誰にでも笑を絶やさないその人柄は被災者達に大人気であり、尊敬を集めていた。屋台村を設置しラーメンや焼きそばを提供し、全国理容コンクール優勝の経験を持つ散髪屋さんを名古屋から呼び被災者たちの散髪をした。述べ三百人がその恩恵に与った。全国のヤクザ組織から送られてきた物資や、五代目が自ら調達した毛布を、司会長がトラックから降ろし、五代目が被災者に手ずから渡すという光景もみられた。北島を隊長とする救援活動は三月半ば迄続いた。
  • 2016年4月16日 「九州熊本地震」「神戸山口組」は熊本で毎日炊き出し支援。大変な時期に皆さま不安な時期に皆様に愛情・笑顔でフライデーデビューそして伝説へ!


This article "北島虎" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:北島虎.


Compte Twitter EverybodyWiki Follow us on https://twitter.com/EverybodyWiki !

Farm-Fresh comment add.png You have to Sign in or create an account to comment this article !<comment-streams/>