メープルウォッシング

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


カナダの国旗

メープルウォッシング (maplewashing、「ホワイトウォッシュ」をモデルにした複合語とメープル+ウォッシュのかばん語)は、カナダが社会問題に対処する上で「優れた」把握をしているというイメージを永続させるというメディアの認識された傾向を指す用語。他の国と比較して。同様の用語はカナダの例外主義であり、先住民との関係、人権侵害、人種差別など、他の国(アメリカ)が直面する社会政治的病気に対する「例外」としてカナダを見る傾向を指す。差別の形態、および極右の台頭。[1] この用語は、国とその歴史の望ましくない性質の消毒と隠蔽を意味します。[2][3][4]

2019年、クワントルン工科大学の英語学部と芸術学部が協力して、カナダの歴史をさまざまな視点から検証するさまざまな作品を特集した「メープルウォッシング:混乱」という展示会を開催した。展示会で取り上げられた歴史的なトピックとイベントには、大西洋奴隷貿易へのカナダの参加、駒形丸事件、第二次世界大戦中の日系カナダ人の抑留、そして中国人の頭税、しばしば「カエデ洗い」事件が含まれてた。[5]

Cansplaining[編集]

同様の用語「Cansplaining」(マンスプレイニングから派生)は、コラムニストJ.J.によって使用されている。マッカローは、メディア出版物(国内または海外)の記事、コラム、またはレポートがカナダについての決定的な説明を提供するときに参照。マッカローによれば、そのような作品はしばしばカナダ人によって書かれ、著者によって開発されたカナダの大統一理論を促進している。 Cansplainingの事例は、カナダを比喩、事例研究、および管理された実験として使用して、読者に政治と公共政策について説得するために、国の評判を管理したいという願望を表している。[6]

Cansplainingの部分は通常誇張されているかお世辞であり、世界で一般的に直面している大きな課題(移民や医療など)を解決した国としてカナダを示している。同時に、カナダ経済や雇用、インフラ、住宅の動向などのトピックが議論されたり言及されたりすることはめったにない。最近、これは、他の西側諸国、特にドナルド・トランプアメリカ見られた右翼ナショナリズムの台頭などの動きに対するカナダの明らかな免除を称賛する形をとっている。[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. Marche, Steven (2016年11月1日). “Canadian Exceptionalism”. Open Canada. 2020年10月11日閲覧。
  2. Accounting for Histories: 150 Years of Canadian Maple Washing”. opencanada.org. 2020年10月7日閲覧。
  3. Maple washing: don't be smug about Canada during the U.S election”. cbc.ca. 2020年10月7日閲覧。
  4. Maplewashing”. www.pri.org. Public Radio International. 2020年10月9日閲覧。
  5. English and Ceramics Students at KPU Collaborate to Create Maple-Washing: A Disruption”. runnermag.ca. Runner Magazine. 2020年10月9日閲覧。
  6. 6.0 6.1 J.J, McCullough (2018年7月13日). “Cansplaining 101: How to write about Canada”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/global-opinions/wp/2018/07/13/cansplaining-101-how-to-write-about-canada/ 

関連項目[編集]

  • グリーンウォッシング
  • バンクーバーの日本人街
  • 日系カナダ人


This article "メープルウォッシング" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:メープルウォッシング.