フェロモン香水ラボ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

フェロモン香水ラボ
URL https://www.prosty.com/pheromone/
使用言語 日本語
タイプ 通信販売サイト
運営者 株式会社プロスティ
設立日 2007年11月

フェロモン香水ラボ(ふぇろもんこうすいらぼ)は、フェロモン香水「ラブアトラクション」シリーズのECサイト。東京都武蔵野市の株式会社Prostyが運営している。

歴史[編集]

2000年、アメリカの通販雑誌に掲載されていたフェロモン香水の取り扱いを開始。当初は、日本に輸入してカタログ販売会社やネット通販会社へ卸事業を行っていた。

2003年、日本での販売強化を理由に、アメリカの製造メーカーから正規代理店契約の依頼を受ける。その後、日本での独占販売契約を結び、製造販売元としてライセンスを取得。アメリカ向けに販売されていた香りの強いタイプから、日本人向けの微香量タイプに改良を行った。その後、無香料も開発され、「スウィートアトラクション」の名前で、主にカタログ通販で販売されていた。

2004年9月、原液タイプの商品が発売された。自分が使用してる香水に混ぜて使える原液として売り出したが、市販の香水に混ぜる工程が品質の低下を招く恐れがあることを理由に、2年ほどで販売中止となっている。

2005年4月、男性用のフェロモン香水の販売を開始。従来の女性用も配合やボトルが改良され、「パーフェクトラブ」という商品名に変更された。また、同時期に、香り付きフェロモン香水の「ラブハンター」も発売された。

2007年11月、オリジナル通販サイト「フェロモン香水研究所」の立ち上げとともに、卸事業を停止し、自社通販サイトのみでの販売形態に転換した。

2008年10月、アルコール臭を抑えた成分配合に商品改良が行われた。

2011年4月、商品名が「ラブアトラクション」へ変更された。同時に、アロマテラピーアドバイザーが監修したアロマ入りの香り付きタイプが発売された。

2011年5月、ヒトフェロモンを従来の2倍の濃度で配合した「ラブアトラクション・プレミアム」が発売された。限定商品として販売されたが、販売継続の要望が多かったことから、正式に「ラブアトラクション」シリーズに追加された。

2013年1月、アルコールフリータイプのフェロモン香水が発売された。[1]

2015年1月、サイト名が「フェロモン香水ラボ」へ変更された。[2]

2020年、オリジナル通販サイト「フェロモン香水ラボ」のほか、姉妹サイトとして楽天店、yahoo店、Amazon店がある。

無香料のものは、女性用、男性用ともに「無香料」「プレミアム」「アルコールフリー」の3タイプ。香り付きの商品は、女性用は16種類、男性用は11種類が販売されている。

ラブアトラクションシリーズ[編集]

「ラブアトラクション」シリーズに配合されているフェロモンには、デービット・バーライナー博士によって発見され、アメリカと日本で特許が取得されているヒトフェロモンが使用されている。

また、一般的なフェロモン香水と異なり、女性用には男性フェロモンを、男性は女性フェロモンを多く配合している点を特徴としている。女性用の商品は、男性フェロモン75%:女性フェロモン25%で配合され、男性用の商品は、女性フェロモン75%:男性フェロモン25%で配合されている。

デービット・バーライナー博士[編集]

1950年代、ユタ大学 医学部で解剖学教授として勤めていたデービット・バーライナー博士は、人の行動に影響を与える人由来の物質の研究を開始。

1987年頃、ヒトフェロモンの存在を発見したバーライナー博士は、その後ヒトフェロモンのメカニズムを研究し、人工的にヒトフェロモンを作り出すことに成功した。

1990年、ヒトフェロモンを使用した商品の研究開発を行う会社を設立。

1991年、パリで開催されたヒト・フェロモン国際シンポジウムにおいて、ルイス・モンティ医師により、ヒトフェロモン研究に関する論文が学術誌に発表され、博士が発見したヒトフェロモンが、人間に対して作用することが科学的に実証された。

1992年、アメリカで「フレグランスを含む複合体」と「臭いを含む複合体」という2つの分野で特許を取得。

2000年、日本で製法特許を取得した。

出典[編集]

  1. ラブアトラクションにアルコールフリーが新登場」株式会社プロスティ2013年2月5日、2020年8月30日閲覧
  2. フェロモン香水ラボがリニューアルしました!」株式会社プロスティ2015年7月23日、2020年8月30日閲覧

異性を惹きつけるフェロモン香水とは?」フェロモン香水ラボ2020年8月30日閲覧

Human Nose May Hold An Additional Organ For a Real Sixth Sense」The new york times Sept. 7, 1993、2020年8月30日閲覧


外部リンク[編集]


This article "フェロモン香水ラボ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:フェロモン香水ラボ.