ハンス・エブラハムセン

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

2019年1月、ロンドン交響楽団によるLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundの演奏後、サイモン・ラトル、バーバラ・ハンニガンとともに一礼するエブラハムセン

ハンス・エブラハムセン(Hans Abrahamsen、1952年12月23日-)は、デンマークの現代音楽の作曲家である。

略歴[編集]

デンマークのコペンハーゲン近郊のLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found出身。1969年から1971年にかけて、コペンハーゲンの王立デンマーク音楽院でホルン、音楽理論、音楽史を学んだ。アカデミー在学中、彼の音楽は師匠であるペア・ノアゴーの影響を受けた。1980年代には、ジョルジュ・リゲティのセミナーに参加して勉強を続けた[1]

エブラハムセンの最初の作品は、1960年代に流行した「新しい単純性」の運動の教義、特にダルムシュタット楽派を中心としたサークルに沿ったものであった[2][3]

この頃、音楽家が「新しい音楽をオルタナティブな形で演奏する」「社会的・政治的にコミットした音楽を発展させる」ことを目的とした「Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found」というグループにも参加していた[4]。これらの理想は、原題に「Anti-EEC Sats (反EEC運動)」と銘打たれたハ調の交響曲に見られる。このタイトルは後に「作曲家が "音楽は反対できない "と悟った後」に変更された[4]

彼のスタイルはすぐに変化し、オーケストラ作品「ナハトとトロンペテン」に見られるような、ロマン主義との個人的な対話へと発展していった[4]。1982年には、この作品がベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で演奏され、早くも成功を収めた。この時の指揮者である著名な作曲家ハンス・ヴェルナー・ヘンツェは、すぐにエブラハムセンの音楽の支持者となった[1]

1990年から1998年にかけて、エブラハムセンが完成させた作品は、短い曲の1つだけだった。作曲家によると、「自分の作りたいものを作る方法が見つからなかった」のだという。その後、彼はヨハン・セバスティアン・バッハの新しい編曲に取り組み始めた。これらの編曲のオーケストレーションには、エブラハムセンの音楽の美学的変化を予感させるミニマリストの作曲家への言及が多く含まれていた[1]

作曲家に復帰した後、彼の音楽は根本的に変化した。それは、初期の芸術的態度と、モダニズム的な厳格さと経済性を備えた新しい芸術的目標とを組み合わせて、より大きな個々の音楽の世界へと導いたのである[4]

作曲活動を再開してからの代表作には、妻アンネマリー・アビルドスコフのために書かれたピアノ協奏曲や、素材の削ぎ落としが極限に達したかのような長大な室内楽作品「Schnee(雪)」などがある[5]

主要作品[編集]

オペラ[編集]

  • Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found(2019)

管弦楽作品[編集]

  • Drei Märchenbilder aus der Schneekönigin (2018)
  • 管弦楽のための3つの小品(2017)
  • バンバーガータンツ(2014)
  • テンシンフォニア(2010)
  • Nacht und Trompeten (1981)
  • 階層化(1975)
  • 交響曲(1974)
  • EEC Satz (1972)

協奏曲[編集]

  • ホルン協奏曲 (2019)
  • 左、一人 (2015)– 左手のためのピアノ協奏曲
  • Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found(2013) – ソプラノとオーケストラのための歌曲集
  • 二重協奏曲 (2011)–ヴァイオリン、ピアノ、オーケストラのための協奏曲
  • ピアノ協奏曲 (1999)

大規模なアンサンブル[編集]

  • Schnee (2008)–フルート、オーボエ、クラリネット、パーカッション、2台のピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ用
  • 秋に嘘をついた(1987)–チェロと13の楽器用

室内楽[編集]

  • Ten Studies(1998)–ピアノソロのために
  • Hymne (1990)–チェロまたはビオラソロ用
  • Six Pieces(1984)–ヴァイオリン、ホルン、ピアノ用
  • Walden(1978、1995)–木管五重奏曲用
  • Winternacht (1978)–フルート、クラリネット、ホルン、コルネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ用
  • デンマークの歌(1976)–ソプラノ、ビオラ、フルート、クラリネット、パーカッション、ピアノ用
  • 10プレリュード(1973)–弦楽四重奏のための
  • Flowersongs (1973)–3フルート用
    • フルート、オーボエ、クラリネットの2012年版
  • ユニバースバード(1973)–10ソプラノのために
  • ラウンドとその中間(1971)–金管五重奏用

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 Robin, William (2016年3月9日). “Hans Abrahamsen: Fame and Snow Falling on a Composer” (英語). The New York Times. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2016/03/13/arts/music/hans-abrahamsen-fame-and-snow-falling-on-a-composer.html 2019年9月24日閲覧。 
  2. Michelsen (2008年). “Hans Abrahamsen”. Chester Music Ltd. Novello & Company Ltd.. 2010年1月11日閲覧。
  3. anon (2010年). “Hans Abrahamsen”. Dacapo Records. 2010年1月11日閲覧。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 Anders Beyer, "Abrahamsen, Hans", The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell (London: Macmillan Publishers, 2001).
  5. Schell, Michael (2018年10月22日). “Abrahamsen's Schnee at Seattle Symphony”. Sequenza 21. http://www.sequenza21.com/2018/10/schnee/ 2018年10月23日閲覧。 

参考文献[編集]



This article "ハンス・エブラハムセン" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ハンス・エブラハムセン.