デービッド・ウッダード

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

デービッド・ウッダード
David Woodard (Seattle, 2013).jpg
基本情報
出生名 David Woodard
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 サンタバーバラ, カリフォルニア州
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
ジャンル ポストモダン
職業 指揮者、作家

デービッド・ウッダード (英: David Woodard, 1964年4月6日生まれ, サンタバーバラ, カリフォルニア州) 昭和三十九年四月六日に生まれてアメリカンの筆者と指揮者であります。平成二年中かれは「プレクイエム」と言うコンプセットを作り上げた、レクイエムとプリエンプティブの鞄語で彼の作者の死亡中それとも前に作曲された音楽を流されると言う仏教的な習慣を述べるために作り上げた。[1][2]

ウッドワードは指揮者や音楽担当者として努めているロサンゼルス追悼会が亡くなったLeon Praport (リオン・プラポルト)と傷された寡婦のLola(ロラ[3][4]:125)のために既に無くなくなった「エンゲル・フライット・鋼索鉄道で平成三十年にシビック儀式を行いました。野生生物のためのレクイエムも行うことがありその中に海辺にある路肩に落ちたカッショクペリカンのために行いました。[5]

ウッドワードは世界中の博物館で発揮されたやんわりのシコアッチブ・ランプのレプリカでしらせている。「デル・フルンド」への寄付特に種間カルマの書類や植物の意識やパラグアイにある定住「ヌエヴァ・ゲルマニア」でドイツとネパールで知らせている。[6]

教育[編集]

ウッダードはニュースクール大学とカリフォルニア大学サンタバーバラ校で教育を受けた。[7]

ヌエヴァ・ゲルマニア[編集]

平成十五年にウッドワードはジュニパル・ヒールス(ロサンジェルス・カウントリ)カリフォルニアで参事会として選ばれたんだ。この役を務めながらヌエヴァ・ゲルマニア/パラグアイと姉妹都市関係を提案しました。その企画を進めるためウッドワードは元ベジタリアン/フェミニスト神学ユウトピアに行って市政と会った。その初会いによってその関係を求めるを諦めることにしたですが将来の書類に参考になるポイントをその社会の中に見つけました。特に気になる事は投機的プランナーRichard Wagner(リヒャルト・ワーグナー)と夫Bernhard Förster (ベルンハルト・フェルスター) 明治十七/二十年コロニーに過ごしたElisabeth Förster-Nietzsche(エリーザベト・フェルスター=ニーチェ)のプロと・トランスヒューマニストの考えであった。[7]

平成十四/十六年までウッドワードがヌエヴァ・ゲルマニアへ多数な探検を行って、アメリカ副大統Dick Cheney(ディック・チェイニー)[8] の応援を引き込んだ。平成二十三年彼は瑞西人ノベリスト Christian Kracht (クリスティアン・クラハト)[9]:113–138 の応援を引き込んだ。平成二十三年彼は瑞西人ノベリストChristian Kracht(クリステイアム・クラッヅ)に彼との無数な個人的な文通をハンオバー大学インプリン「ウェルハンム・ヴェルラッグ」の元に二冊で発行する事を許可した。[10]:180–189 文通にFrankfurter Allgemeine Zeitung(フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング)が「ウッドワードとクラッヅは命と芸術の境界を抹殺る」[11] と言ってました。「デル・エスぴグル」では初冊の「五年間vol. 1」[12] はクラッヅ次の小説「インぺりアム」の「Imperium」だとおしゃっています。[13]

Andrew McCann (アンドルー・マックカン)によって「クラッヅがウッドワードと共にその場所に旅に出てそこで元開拓者の子孫が大変違う状況で生きていく。文通の内容の通りにクラッヅがウッドワードの社会の文化的なプロファイルを進行させると言う顔貌を支えた事で元エリザベート・フォルタ・ニッチェの家が建った場所でバイロット・ミニ・オペラハウスを立ち上げた」。[14][注 1] 近年にヌエヴァ・ゲルマニアが旅館や朝ご飯と俄造りの歴史的博物館でもっと理想的な旅先になって来ました。

キャバレー・ヴォルテールで読むウッダード。[15]

ドリンマチン[編集]

平成一/十九年でウッドワードはBrion Gysin(ブリオン・ガイソン)とIan Sommerville(アイアン・ソマービル)が作られたドリンマチン[16]のレプリカを作り上げた。[注 2] ドリンマチンとは目が閉じるままでを見ながら薬種陶酔や夢程の心理的な収差状を起こされ同や紙で作られたスロット・シリンダがランプの当たりに曲がるものである。William S. Burroughs(ウィリアム・S・バロウズ)の1996ラックマ・ヴィシュアル・レトロスペクティブ・「Ports of Entry[17] ポットス・オフ・エントリーでドリンマチンを寄付して、彼はその機械の作者を尽くして「ボヘミアン・モデル」(紙)ドリンマチンを第八十三と最後の誕生に差し上げました。[18][19]:23ソテバイはその機械を平成十四年にプライベート・コレックターに競売してその後スペンサー博物館でブッロウッグス・エステートに長期で借りて置いた.[20]

脚注と注釈[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

注釈[編集]

  1. 瑞西人クラシカル博言学者 トマス・スミット はウッダードの書簡文的なアイデアを トマス・ピンチョン の小説のバックグラウン・キャラに繋がった。
  2. 平成二年にウッダードはドリンマチンの真逆の効果が与えられる「フェレリミナル・リカンツロパイザー」を作り出しました。

脚注[編集]

  1. カルピンテーエス., "In Concert at a Killer's Death", ロサンゼルス・タイムズ, 平成十三年五月9日。
  2. ラッピング, エイ., ウッダードの肖像 (シアトル: ゲッティイメージズ, 平成十三)。
  3. ライック, カイ., "Family to Sue City, Firms Over Angels Flight Death", ロサンゼルス・タイムズ, 平成十三年三月十六日。
  4. ダウンソン, ジェイ., Los Angeles' Angels Flight (マウントプレザント: アルカディア・プブリシング, 平成二十年), 125 ページ
  5. マンザー, テイ., "Pelican's Goodbye is a Sad Song", プレス・テレグラム, 平成十年十月二日。
  6. カロジー, アイ., "La storia di Nueva Germania", イル・ポスト, 平成二十三年十月十三日。
  7. 7.0 7.1 リニケル, シ., "Autorschaftsinszenierung und Diskursstörungen in Five Years", German Monitor 79 (ライデン: ブリル, 平成十八年)。
  8. エップスタイン, ジェイ., "Rebuilding a Home in the Jungle", サンフランシスコ・クロニクル, 平成十七年三月十三日。
  9. シュルター, ジェイ., "Interpretive Problems with Author, Self-Fashioning and Narrator", Author and Narrator (ベルリン: デ・グリーター, 平成二十七年), 113–138 ページ
  10. ウッダード, デイ., "In Media Res", 032c, 夏平成二十三年, 180–189 ページ。
  11. リンク, エンム., "Wie der Gin zum Tonic", フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング, 平成二十三年十一月九日。
  12. クラッヅ, シ., と ウッダード, Five Years (ハノーファー: ヴェルハンム・ヴェルラッガ, 平成二十三年)。
  13. デイエス, ジ., "Die Methode Kracht", デア・シュピーゲル, 平成二十四年二月十三日。
  14. マックカン, エイ. エル., "Allegory and the German (Half) Century", シドニー・リビュー・オフ・ブックス, 平成二十七年八月二十八日。
  15. ドリンマチン, キャバレー・ヴォルテール, 平成二十。
  16. アレム。エム., "Décor by Timothy Leary", ニューヨーク・タイムズ, 平成十七年一月二十日。
  17. ナイト, シ., "The Art of Randomness", ロサンゼルス・タイムズ, 平成八年八月一日。
  18. アメリカ・エンバシー・プラグ, "Literary Centenary", 平成二十六年八月。
  19. ウッダード, "Burroughs und der Steinbock", スアイザー・モナット, 平成二十六年三月, 23 ページ。
  20. スペンサー美術館, "Welcome to the Spencer Collection", カンザス大学。

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "デービッド・ウッダード" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:デービッド・ウッダード.