スポンジ・ボブの誕生日

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


スポンジ・ボブの誕生日
『スポンジ・ボブ』のエピソード
話数 シーズン12
第13、14話
監督

ブライアン・モランテ(ストーリーボード)
フレッド・オズモンド(ストーリーボード)
デイブ・カニンガム(監督)
アダム・パロイアン(監督)
シェルム・コーエン(監督)

ジョナス・モーゲンスタイン(実写セグメント)
初放送日 2019年10月26日 (2019-10-26)
エピソード前次回
← 前回
???

Biddy Sitting

次回 →
???

SpongeBob in Randomland

『スポンジ・ボブの誕生日』(スポンジ・ボブのたんじょうび、原題: SpongeBob's Big Birthday Blowout)は、アメリカ合衆国のテレビアニメ『スポンジ・ボブ』の254、255話である。

概要[編集]

アメリカ合衆国のテレアニメシリーズ、スポンジ・ボブの2019年のテレビ向け実写アニメーション映画スペシャル[1][2]。カズとミスター・ローレンス氏によって書かれ、ジョナス・モーガンスタインによって監督された。スポンジ・ボブのシーズン12の一環として制作されたこのスペシャルは、シリーズの20周年を祝って、2019年7月12日に米国のニコロデオンで放送された[3][4][5]

スペシャルでは、ビキニタウンの市民がスポンジ・ボブのサプライズバースデーパーティーを計画し、スポンジ・ボブとパトリックが地上の世界をツアーし、実際に彼らを演じているキャストに出会う[6][7][8]。スペシャルの実写部分には、Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found、デビッド・ハッセルホフなどのゲスト出演者もいる。後者はスポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー彼自身として主演した[9][10][11]。スペシャルは、2018年に筋萎縮性側索硬化症の合併症で亡くなったスポンジ・ボブの原案であるステファン・ヒーレンバーグの遺作[12]。放送時に、好評を博した。

あらすじ[編集]

カリフォルニア州エンシーノで海賊パッチーがボートでスポンジ・ボブに誕生日のプレゼントを届けにビキニタウンへ向かおうしていた。しかし、ボートの燃料が不足していたため、目的地まで歩くことにした。

前編[編集]

今日はスポンジ・ボブの誕生日、そこでビキニタウンのみんなは彼に内緒でサプライズパーティーを開く。スポンジ・ボブがバスに乗っている間にみんなはパーティーの用意をする。

ゲイリーがスポンジ・ボブを起こし、彼に特別なクラゲとりの網をプレゼントした。その間、パトリックの家で、サンディがパトリック、カーニ、パフ先生、プランクトン、バブルバス、おじいさんが、サプライズバースデーパーティーの計画をしていた。パトリックはスポンジ・ボブを観光ツアーに連れて行く任務を負い、残りはスポンジ・ボブの家をパーティーのために飾るという計画を説明していた。パトリックがスポンジ・ボブの家まで歩き、プランクトンはポケットに隠れてスポンジ・ボブの鍵をつかむ。しかしパトリックは、話を理解出来ず、困っていた。

そして、ツアーの水族館スタイルのバスが予定どおりに到着し、スポンジ・ボブとパトリックが乗車した。バスのツアーガイドであるルーブが、彼らが地上に行くことを発表した。彼らはナレーターのフレンチーの潜水艦の助けを借りて陸上に到着した[13]。彼らがビーチに到着すると、ツアーガイドはその地域に生息しているビーチキリン(ビーチにいる人間)について誤った情報を提供した。

スポンジ・ボブの家では、イカルドも加わり、パーティーのテーマについて話しあっていた。サンディは、家をそれぞれのテーマ別に分けることにし、カーニはカニカーニをテーマにしたパーティー、パフ先生はボート学校をテーマにしたパーティー、プランクトンは拷問をテーマにしたパーティー、バブルバスはマーメイドマンをテーマにしたパーティー、イカルドは自分自身のことをテーマにしたパーティー、サンディは空手をテーマにしたパーティーをすることにした。

後編[編集]

パーティーが本格的に始まったが、混乱がすぐに起きスポンジ・ボブの家が破壊され始めた[14]

地表に戻ると、ツアーバスは公園(パッチーとポッティーとのコース上での衝突をわずかに避ける)を通った後オフィスビルに立ち寄る。サラリーマンは昼休みに外に出て、観光バスはガニ・ガー二に行く。レストラン内には、(パトリックの声優ビル・ファッガーバッケが演じる)優柔不断な顧客、(イカルドの声優ロジャー・バンパスが演じる)不機嫌そうなレジ係のヒトルド、(カーニの声優クランシー・ブラウンが演じる)オーナーのガーニ、(サンディの声優キャロリン・ローレンスが演じる)せっかちな宇宙飛行士、そして(スポンジ・ボブの声優トム・ケニーが演じる)エネルギッシュな料理人ジム・ボブがいた。ジム・ボブはガーニバーガー(ガニ・ガー二で売られているハンバーガー)のチーズとスポンジ・ボブを間違えてスポンジ・ボブをハンバーガーに入れた。しかし、パトリックが彼を救い、パティなしでガーニバーガーを残す。その直後、レストランは(プランクトンの声優ミスター・ローレンス、が演じる)チャールストンというライバルにジャックされた。しかし、彼はガーニに敗し、ゴミ箱に向かって飛ばされた。

そして、観光バスはそこを去り、魚を販売するペット店に到着する。(パールの声優のロリ・アランが演じる)陽気な女性が水族館のための水槽と観光バスを勘違いして、店の内の棚の上にそれを置いた。そこから脱出するためパトリックはバスを脇に押し出すというアイデアを思いついた。そして、彼らは店の魚を何匹か連れて店を脱出した。彼らはビーチに戻り、写真を撮った後、水族館から魚を解放し、ビキニタウンに戻った。

バスを出ると、スポンジ・ボブはルーブにスペシャル全体を通して尋ねた誕生日の歌を求める。しかし彼らが歌う前に、ルーブは前かがみになってペダルを踏んでしまい、バスは行ってしまう。パトリックはスポンジ・ボブの家のドアを開けると、家が壊れて中が散らかっていた(パトリックは気づいていない)。こうして、スポンジ・ボブはついにサプライズパーティーに到着した。しかし、スポンジ・ボブが帰って来るとみんな疲れてぐっすりと眠っており、パーティーどころではなかった。すると、そこへ巨大な箱が空から落ちてきた。そして、スポンジ・ボブがそれを開くと海賊パッチー(頭だけ)が現れ、全員でバースデーソングを歌った(オープニングテーマの替え歌)。パトリックが「君、何歳になったの?」と尋ね、スポンジ・ボブが年齢を言いかけたところで終了する。最後に「ありがとう、ステファン・ヒーレンバーグ」とテロップが表記された[12]

登場人物[編集]

  • スポンジ・ボブ
  • パトリック
  • イカルド
  • カーニ
  • サンディ
  • プランクトン
  • パフ先生
  • ゲイリー
  • バブルバス
  • ルーブ
  • ポッティー
  • フレンチー
  • デビッド・ハッセルホフ
  • フレッド
  • マーメイドマン(おもちゃとしての登場)[15]
  • フジツボボーイ(おもちゃとしての登場)[15]
  • スラッピー
  • パーチ・パーキンス
  • 二枚貝
  • チーフ(写真での登場)
  • マン・レイ(おもちゃとしての登場)
  • ダーティバブル(おもちゃとしての登場)
  • フィッシャーマン
  • パイドラゴン
  • ジャック・グリフォー
  • ダニエラ・パーキンズ
  • ケル・ミッチェル(ビーニー・マクビーンズ役)
  • リトルヘレン
  • ツゲグッチー・シメコロシー
  • タフ・ガイ
  • モンティ・P・カネモチ
  • ミンディ姫
  • アンチョビ
  • ミスター・スクエアパンツ
  • ミセス・スクエアパンツ
  • ラリー
  • パール
  • おじいさん(ウォーカー)
  • ジル・ギリアム博士
  • ゴリラのボス
  • 釣り人
  • ナレーターのフレンチー
  • トム・ケニー
  • ビル・ファッガーバッケ
  • ロジャー・バンパス
  • クランシー・ブラウン
  • キャロリン・ローレンス
  • ミスター・ローレンス
  • ロリアラン

日本での放送[編集]

前編 2019年10月26日(日本初放送)

後編 2019年11月2日(日本初放送)

前編・後編 2019年12月31日(再放送)

前編 2020年11月28日(再放送)

後編 2020年12月6日(再放送)

キャスト[編集]

  • スポンジ・ボブ、ミスター・スクエアパンツ - 松野太紀
  • パトリック - かぬか光明
  • イカルド、バブルバス、パッチー - 上田燿司
  • カーニ、ラリー、ポッティー - 奥田啓人
  • サンディ、プランクトン - 松浦チエ
  • カレン、パフ先生、パール、ルーブ - 高橋里枝
  • ビーニー - 辻本達規

スタッフ[編集]

原案[編集]

エグゼクティブプロデューサー[編集]

  • ステファン・ヒーレンバーグ

脚本[編集]

  • カズ
  • ミスター・ローレンス

クリエイティブディレクター[編集]

  • ヴィンセント・ウォーラー

アニメーションディレクター[編集]

  • ミッシェル・ブライアン
  • アラン・スマート
  • トム・ヤスミ

監督[編集]

  • ブライアン・モランテ(ストーリーボード)
  • フレッド・オズモンド(ストーリーボード)
  • デイブ・カニンガム(監督)
  • アダム・パロイアン(監督)
  • シェルム・コーエン(監督)
  • ジョナス・モーゲンスタイン(実写セグメント)

出演[編集]

  • トム・ケニー
  • ビル・ファッガーバッケ
  • クランシー・ブラウン
  • ロジャー・バンパス
  • キャロリン・ローレンス
  • ミスター・ローレンス
  • ジル・タリー
  • メアリージョーキャットレット
  • ロリアラン
  • ケル・ミッチェル
  • ジャック・グリフォ
  • ダニエラ・パーキンス

制作[編集]

  • ニコロデオン

[編集]

エンディングテーマ[編集]

『ONE WAY』

歌:BOYS AND MEN

作詞:向井太一

作曲:向井太一 SELSIOR COUPE

編曲:SELSIOR COUPE

放送と反響[編集]

視聴者数[編集]

「スポンジ・ボブの誕生日」は米国で、2019年7月12日、ニコロデオン、ニックトゥーンズ、およびティーンニックで同時に放送された。3つのネットワークのプレミア公開は、合わせて米国の220万人が視聴した[16]。スペシャルの初放送日は、1999年7月17日に行われたシリーズの公式の初放送の20周年の5日前に行われたことで注目された。

2019年7月12日[17]と7月13日[18][19][20][21]トム・ケニーの57歳の誕生日に他の地域で放映された。

評価[編集]

「スポンジ・ボブの誕生日」は、好意的な評価を受けた。現在、このエピソードのインターネットムービーデータベース(IMDB)のスコアは9.1 / 10であり、このエピソードのちょうど17年前(2002年7月12日)に初放送された「スポンジ・ボブクラブ (Club SpongeBob) /ボクのシーホース (My Pretty Seahorse)」以来最高のスコアとなっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. Nast, Condé (2019年7月13日). “"Spongebob Squarepants" Taught Us the Power of F.U.N.” (英語). Teen Vogue. 2021年7月14日閲覧。
  2. At age 20, 'SpongeBob SquarePants' is still soaking up the love”. Star Tribune. 2021年7月14日閲覧。
  3. Lawler, Kelly. “Incredibly sweet 'SpongeBob Squarepants' 20th anniversary special has a human Krusty Krab” (英語). USA TODAY. 2021年7月14日閲覧。
  4. Roush, Matt. “Worth Watching: Spongebob's Birthday Blowout, 'Point Blank' on Netflix, Showtime's 'Shangri-La'” (英語). TV Insider. 2021年7月14日閲覧。
  5. ‘SpongeBob SquarePants’ turns 20 with an episode that’s surreal, even for him” (英語). The Salt Lake Tribune. 2021年7月14日閲覧。
  6. Flores, Terry (2019年7月10日). “‘SpongeBob’ Voice Cast on Acting Together in Live-Action for the First Time for 20th Anniversary Special” (英語). Variety. 2021年7月14日閲覧。
  7. Owen, Rob (2019年7月10日). “Behind the Business of ‘SpongeBob’s Big Birthday Blowout’” (英語). Variety. 2021年7月14日閲覧。
  8. Lang, Jamie (2019年6月10日). “Nickelodeon’s Ramsey Naito Talks ‘SpongeBob’s Big Birthday Blowout’ at Annecy” (英語). Variety. 2021年7月14日閲覧。
  9. David Hasselhoff makes a splash in 'SpongeBob' 20th anniversary special” (英語). EW.com. 2021年7月14日閲覧。
  10. Celebrate 20 years of ‘SpongeBob SquarePants’ with a Krabby Patty showdown at brewery”. 2021年7月14日閲覧。
  11. Worth Watching: Spongebob's Birthday Blowout, 'Point Blank' on Netflix, Showtime's 'Shangri-La' | Television | nwitimes.com”. web.archive.org (2019年7月15日). 2021年7月14日閲覧。
  12. 12.0 12.1 原案を務めたヒーレンバーグの遺作。物語終了後にて「ありがとう、ステファン・ヒーレンバーグ」のテロップが表記された。
  13. SpongeBob turns 20 and heads for dry land, plus Rupert Friend on this week’s eventful Strange Angel” (英語). The A.V. Club. 2021年7月14日閲覧。
  14. 'SpongeBob's Big Birthday Blowout': Funny and funky” (英語). Newsday. 2020年7月16日閲覧。
  15. 15.0 15.1 バブルバスの作ったケーキにのっていた。
  16. Andreeva, Nellie (2019年7月17日). “‘SpongeBob SquarePants’ Renewed For Season 13 By Nickelodeon On Heels Of Strong Ratings For Anniversary Special” (英語). Deadline. 2021年7月14日閲覧。
  17. YOU'RE INVITED!”. www.facebook.com. 2021年7月14日閲覧。
  18. SpongeBob Schwammkopf S12E13: SpongeBobs große Geburtstagssause (1) (SpongeBob’s Birthday (1)) – fernsehserien.de”. web.archive.org (2019年7月23日). 2021年7月14日閲覧。
  19. 20 χρόνια Μπομπ Σφουγγαράκης”. web.archive.org (2019年7月13日). 2021年7月14日閲覧。
  20. A Nickelodeon júliusi újdonságai”. www.gyerek-vilag.tk. 2021年7月14日閲覧。
  21. Bob l'éponge fête ses 20 ans sur Nickelodeon”. 2021年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "スポンジ・ボブの誕生日" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:スポンジ・ボブの誕生日.