Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

Kevin English Room

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 Kevin's English Room (ケビンズイングリッシュルーム)は2019年11月からSNSを中心に活動している、英語を題材とした投稿を作成しているグループである。音楽活動も行っており、アーティスト名は「掛山ケビ志郎」である。

解説[編集]

グループのコンプセプトは面白おかしく英語を交えてコンテンツを作ろう!

所属事務所はPPP STUDIO株式会社。

TikTokのアカウントは2021年5月3日時点で87万人。Instagramのメインアカウントは18万人、音楽アカウント(掛山ケビ志郎)が3800人。Twitterはメインアカウントが3万人 掛山ケビ志郎が1700人。YouTubeチャンネルの登録者は47万人にのぼる。合計で約166万人のフォロワーを獲得している。

メンバー[編集]

ケビン[編集]

アメリカジョージア州ローム市で生まれ育った日系ネイティブのアメリカ人。日本人の両親のもとに生まれ、高校生活の半年程までをアメリカで過ごしたのち来日し、それ以来日本に住んでいるため日本語も話せる。ただし、日本で育っていないためか文法的な解説は苦手と本人が語っている。

元々日本に親近感があって中学生の時に日本の都会に憧れを抱いて以来、日本で働きたいと思っており、かつては英語を活かして化学品メーカーで働いていた。

主にネイティブ英語のニュアンスや学校で教わらないフレーズを教えている。アメリカ在住中も家庭では日本語で話していたため、日本在住10年程度にしては全く英語訛りのない日本語を話す。しかし時折独特な言い回しや意外に知らない日本語が出現することがあり、その面白さを上手にネタにした解説動画やネタ動画が彼らのコンテンツの売りの一つとなっている。

音楽活動ではラップを担当している。英会話教室を開校している。

映画が好きだが専らビデオレンタル店でのレンタル派であり、引っ越しの際は物件選びの条件として「レンタルビデオ店が近くにあるか」を重要視している。動画配信サービスは「元を取らなきゃってマインドになっちゃって、必要以上に見ちゃう」との理由で利用していない。オススメ映画はクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』[1]

かけ (5月3日生)[編集]

SNS運営・ネタ・企画・動画編集・司会進行を担当。

IQ140。論理的な思考の持ち主で非常に頭の回転が早く、英語解説動画内でケビンにたずねる質問が、一般的な日本人が英語に対し抱く疑問として非常に的を射ていると好評。英語関連のクイズ企画等も、全ての英語を理解しないまでも全体背景や前後のワードなどにより的確に推理するため正答率が高い。英語の共通テストを3人で解くという企画では、ネイティブのケビンやトリリンガルのやま氏を差し置いて91点の高得点を叩き出した[2]。他の二人からも「この人は勘がいい」と頻繁に言われている。

超能力・宇宙等に興味があり幼少時より関連書籍を愛読していた。オススメ映画はクリストファー・ノーラン監督の『インターステラー』[1]

音楽活動では作曲担当。TwitterではYoutube動画のざっくりとしたあらすじと編集状況をユーザーに報告している。声帯模写の上手い妹がいる。

嵐のライブでバックコーラスとして参加した経験がある[3]

顎関節症のためか常にマスクを着用している。

激辛料理への耐性が強く、全国的に有名な激辛ラーメンすら平気で食べる。しかし舌は耐えられても胃が耐えられず病院送りになったことがある。

やま (5月23日生)[編集]

SNSの撮影を担当、音楽活動では編曲と作詞を担当している。

高校生の時にフランスへの留学経験があり、9言語を習得しているマルチリンガルである。

Hippoと言われる語学組織の会員である。

物静かで控えめな印象だが、元サッカー部でサッカーへの愛が強く、サッカーの話題となると非常に元気になる。時折動画内でサッカーの話題をあげるも他の二人が全く興味がないため微妙な反応をされる、という流れは天丼的なネタになっている。

前述のかけとは逆で辛いものが苦手。

オススメ映画は『3 idiots(邦題:きっと、うまくいく)』[1]

活動経歴[編集]

2014年頃に3人は同じ大学(非公表)に入学しアカペラサークルで出会い意気投合。大学時代に2人(ケビン・かけ)でキッチンカーの起業をするも失敗に終わる。その後3人とも就職するがお互いの考え方が合致することから、2019年にSNSと音楽の活動を開始する(ちなみにケビンは化学品メーカー、かけは国内メーカー、やまは旅行代理店に勤務していた)。

SNS開始直後からTikTokで人気に火がつく。

2020年、Spotify他各音楽配信サービスにてポッドキャスト配信を開始。ケビンとやまがトレンドな話題や最近の出来事、リスナーからのお便り等についてオール英語で雑談をし、英語耳に慣れてもらうというコンセプトである。英語リスニング力向上としては勿論、時には食事しながらであったり生活音や環境音をそのまま配信したりと、彼らのリアルな生活の一部を切り取ったような良い意味での飾らなさ、ゆるさがリスナーから高い評価を受けている。

同年、Youtubeの登録者が10万人突破し、銀の盾がYoutube側より発送される。Youtubeにて「Kevin's English Roomの放課後」を新たに開設。

2021年には初の書籍『その英語、本当にあってる? ネイティブならこう答えます』を出版。

活動内容[編集]

TikTokでは気軽にユーザーたちが共感できるような内容となっており、短い動画の中で日米の英語や文化の違いを簡潔にまとめてる。

一方YoutubeではTikTokで取り上げた短い動画をさらに深く掘り下げて解説するという、長・短を組み合わせた新しい配信を試みており、かけ曰く「僕達はTikTok等のショート動画とYouTubeの長尺の動画を完全に別枠でかつどちらもガッツリやっている比較的珍しいクリエイター。未知のジャンルだけどまずは挑戦して試行錯誤して切り拓いていこう」とTwitterにて語っている。

また、毎週月曜日に開催される生配信の他、3人のエピソードや日米の英語や文化に加え衣食住の違いなどをより深く追求している。別チャンネルKevin's English Roomの放課後では収録後の3人による雑談が繰り広げられる。

アーティストとしての活動(掛山ケビ志郎)[編集]

2019年の12月から音楽活動を開始、Youtubeにカバー動画を投稿し始める。

2020年にはカバーアルバムとオリジナルシングルを発表。同年、地上波で「光」を初披露。

ディスコグラフィ[編集]

  • カバーアルバム : Deep Red (2020年5月5日)
  • シングル : 夢で踊って / 光 (2020年7月4日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found


This article "Kevin English Room" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:Kevin English Room.

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。