3軸改善

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

3軸改善

3軸改善(さんじくかいぜん)とは、製造業の改善活動を行う上で必要な3つの視点(組織業務改善、組織横断改善、教育・意識改善)を組み合わせた改善体系である。特に「人」に焦点をあてながら従業員のモチベーションや意識改革を通じて行動改革に繋げていく特徴がある。

概要[編集]

製造業の改善力を「組織業務改善軸」「組織横断改善軸」「教育・意識改善軸」の3軸で定義した場合、それぞれの企業の改善力は、一般にはその企業が於かれている環境、業種・業態、歴史・風土などにより大きく異なる。例えば、現場改善には他社よりも随分、力を入れているつもりだが、生産管理改善には手を付けられていない場合や従業員教育も座学研修のみであり、実際の現場改善や生産管理改善を実践する活動に繋げられていないという場合である。

各企業の目指すべき姿と実態を3軸で分析し、改善フェーズに応じて必要とされる活動テーマを設定して実践し、企業の実態毎に各改善軸にかける力の比重や取組み内容を設計して改善を進める体系である。従来、製造業の改善活動の主流であったIEや作業改善、もしくはQC活動的な改善活動や座学研修では、3つの改善軸それぞれが個別に設定されていた事が多かったために実現できなかった「仕組み改善」「生産計画改善」や、組織間をまたぐ課題解決にも取り組む事が出来る。

3軸改善は、2015年10月23日にアステックコンサルティングが商標登録している[1]

便益[編集]

3軸改善で得られる成果としては、現場改善、作業改善による生産効率向上や生産管理改善による生産計画変更の削減、生産負荷に合わせた人員体制の早期設定を通じて得られる生産性向上。生産計画精度の向上による製造リードタイム短縮、無駄な停滞の排除、工程間の同期化、調達タイミングの改善による在庫削減。直接労務費の低減、不良率低減による材料コスト低減、多能化の推進、部門を越えた応援体制の構築による製造コスト低減。教育・意識改善に根ざした継続して改善できる企業体質への転換を通じて低コスト体質の構築が上げられる。

3軸改善の体系[編集]

3軸改善の体系

3軸改善を進めるにあたっては、組織内部の業務改善を基軸に置いたチーム改善と構造的な課題を解決する仕組み改善としてプロジェクト改善、そして管理職やリーダーに対する教育・意識改革の3つを組み合わせた改善手法で取り組む。これら3軸を並行して進めることで、生産性向上や意識改革、従業員レベルの底上げを図る。

3軸改善の種類[編集]

3軸改善の種類

3軸改善には、製造部門、工場部門を対象とした「製造・3軸改善」と、設計や開発部門を対象にした「設計・3軸改善」、いわゆる間接部門やスタッフを対象にした「間接・3軸改善」が用意されている。通常の製造部門改善に加えて、これまで改善のメスの入らなかった設計・開発部門や間接部門の改善活動に取り組む。さらに、これらの3軸改善を組み合わせて活動することで、同じ視点で社内のすべての部門の改善を進める。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. 「3軸改善」の商標登録について”. アステックコンサルティング (2015年11月11日). 2018年5月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


This article "3軸改善" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:3軸改善.