一気通貫生産方式

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

一気通貫生産方式(いっきつうかんせいさんほうしき)とは、多品種少量生産の進展や商品ライフサイクルの短期化に伴い、短納期化のニーズが高まっている時代背景の中から生まれた生産方式である。初工程から最終工程まで停滞を排除し一気に生産を進めることから一気通貫生産方式と命名された。

概要[編集]

一気通貫生産方式は、社会の成熟に伴って少品種大量生産時代から多品種少量生産時代に移行する中で、次第に厳しくなる製造業の収益改善を目的に生産革新手法として編み出された。  製造業の主として収益改善を指導していた岩室 宏(株式会社アステックコンサルティング代表取締役社長)が、クライアント企業を実践指導する中で実施し成果を上げた改善手法を体系化したものである。その改善手法は2006年4月に書籍「一気通貫生産方式」(日刊工業新聞社刊)として上梓されている。

便益[編集]

一気通貫生産方式は、緻密な生産計画を立案し、工程間の停滞を削減した計画通りに製造を行うことによって圧倒的な製造リードタイム短縮を機軸としている。その成果は仕掛在庫削減、製品在庫削減および原材料の削減となって現れる。また、リードタイムが短縮されると、仕様変更や設計変更に伴う製造現場への不要な情報伝達や段取り替えなど生産指示変更による影響は極小に抑えられるため、製造現場の生産性が向上すると共に間接部門の見えないコストも削減され、収益向上に寄与する。そして納期短縮は、顧客の信頼感獲得につながり企業の競争力を強化するというメリットをもたらす事になる。

生産思想[編集]

一気通貫生産方式は、停滞排除と情報制御を基本思想としている。停滞排除とは工程内および工程間の停滞時間を排除、削減する事によりリードタイムを短縮しスムーズにモノや情報が流れていく状態を作りだしていくことをさしている。 一方、情報制御は需要情報、在庫情報、生産能力、調達能力などあらゆる情報を関連部署に提供し生産計画をコントロールする事で全体最適なスループット向上を目指す。これらの思想は、製造直接部門だけでなく間接部門に対しても適用される。

生産管理の手法[編集]

一気通貫生産方式の生産管理手法は、大きく分けて生産計画体系と基準日程系の二つからなる。  生産計画体系は、大日程・中日程・小日程計画のことで生産活動を行う上での大きな枠組みを決める重要な仕組みに位置づけられている。  基準日程とは、製品をどのように流して完成させるかという視点での計画であり実際の日程計画や生産指示に反映させる指示系の計画を指している。  生産管理部門から製造部門への指示は、納期指示型(いつまでに生産せよという指示)ではなく着手指示型(いつ生産を開始せよ)であるべきで、工程に投入された材料や部品は停滞することなく一気に作りあげる生産計画を立案する。また、必要な時に必要なものだけを生産するために投入規制という考え方を用いて生産をコントロールする。 生産計画は、より詳細な時間単位で工程通過時間を規定・管理することと工程間の同期化を図ることによりリードタイムはさらに短縮されることになる。

生産安定性の5要素[編集]

一気通貫生産を実現するためには、生産安定性の5要素を高度な管理状態にすることが不可欠であり生産管理レベルの向上と共に重要であるとされている。

  1. 設備安定性 設備稼働が安定しないと仕掛要求が強くなるし、設備性能が品質決める場合もあるので徹底した保全が必要である。
  2. 品質安定性 品質が不安定だと確定型の受注生産は出来ない。ロスコストの発生や生産工程を乱す要因を排除する必要がある。
  3. 労働安定性 安定した生産の実現には、必要なスキルをもった安定した労働力が必要である。
  4. 調達安定性 短納期調達と小ロット納品を安定した納期で調達する仕組みが重要である。
  5. 計画安定性 生産開始直前や生産工程の途中に計画変更を行うと多大なロス工数を発生する。信頼できる計画の策定が必要である。

関連書籍[編集]

  • 岩室 宏『一気通貫生産方式』日刊工業新聞社
  • 岩室 宏『強い製造 強い設計の作り方』日刊工業新聞社
  • 横川知之『工場管理 一気通貫生産方式の基本的な考え方』2012Vol.58No.3日刊工業新聞社
  • 岩室 宏『安く作る「技術」』日刊工業新聞社

関連項目[編集]

  • リーン生産方式
  • 生産革新

外部リンク[編集]


This article "一気通貫生産方式" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:一気通貫生産方式.